Pocket

 

精子大好きおばさん
画像はイメージです

 

お隣の奥さんは保険の外交員

 

僕が大学へ入学した時の話です。

 

大学への入学が決まりましたが、自宅から遠かったために一人暮らしをする事になり、アパートを探していました。

 

大学からは少し遠かったのですが、家賃が相場よりも安く、周辺が割と静かだったアパートがあったので、そこに決めました。

 

引っ越しも無事に済ませたところで、同じ階の住人へ挨拶をしようと、一軒一軒訪ねて回りました。

 

私が住むことになったアパートは、2階建ての1階で、一番奥でした。

 

順番に、

 

「よろしくお願いします」

 

と挨拶を交わし、最後に僕の隣の部屋を訪問しました。

 

「こんにちは、先日隣へ引っ越してきた大西義弘と申します」

 

「こんにちは、学生さん?」

 

出て来たのは40歳ぐらいでしょうか、普通のおばさんです。

 

化粧っ気もない、どこにでも居るようなおばさんで、体型もそれなりです。

 

「はい。○○大学です」

 

「あら、そうなの、今どき挨拶なんて感心ね、頑張ってね、私、吉村幸子って言うの」

 

「初めての一人暮らしで、色々とご迷惑をお掛けするかも知れませんが、よろしくお願いします」

 

「一人暮らしだと何かと大変だから、困った事があったら何でも相談してね」

 

「はい、ありがとうございます」

 

こんな感じでひと通り挨拶を済ませ、いよいよ大学生活がスタートしました。

 

大学生活にも少しずつ慣れてくると、あらためて一人暮らしの大変さを感じ始めていた時でした。

 

玄関のチャイムが鳴ったので、覗き窓から確認すると、お隣の吉村さんでした。

 

「こんにちは、どうかされましたか?」

 

とすると吉村さんはこう言いました。

 

「大西君って保険とか入ってない?」

 

そうです、吉村さんは保険のおばちゃん、つまり外交員でした。

 

正直いって保険には興味が無く、鬱陶しく思ったんですが、隣の方に失礼な態度を取るわけにもいかず、しぶしぶ話を聞く事にしました。

 

吉村さんの方が話は上手いので、いつの間にやら部屋へと上がられてしまいました。

 

「随分綺麗にしてるじゃない、彼女が掃除に来てくれるの?」

 

「いえいえ、彼女は居ないです、それよりも、話の方なんですけど…」

 

話を聞くだけ聞いて、とっとと帰ってもらいたかったんです。

 

「この保険はね~・・・」

 

とおすすめの保険を説明する吉村さんです。

 

適当に相槌を打ってたんですが、頭には入ってないし、いい加減疲れてきました。

 

「あの~こんなに長時間話をしてても大丈夫なんですか?夕食とかお子さんの事とか…」

 

と僕が言うと、

 

「あら、うちは大丈夫よ、主人は出張中だし、子供は居ないのよ」

 

と言われ、一向に帰る気配がありません。

 

まぁ、契約する気もないし、適当に話だけ聞いてその日は一旦帰ってもらい、ようやく解放されました。

 

ミニスカートに爆乳、色仕掛けで迫られた

 

それから3日後の夕方、再び吉村さんが僕の部屋を訪ねてきました。

 

「この間の保険なんだけどさぁ、どう?考えてくれた?」

 

(やっぱりか・・・)

 

そうだろうと思いました。

 

正直保険に入る気なんてさらさら無かったので、断る事にします。

 

しかし、保険の外交員は断られる事に慣れているものです。

 

「こんなのもあるのよ~」

 

と鞄から何か取り出そうとしてる時に初めて気がついたんです。

 

吉村のおばさん、スカートが短すぎなんです。

 

鞄から取り出すときに、ミニスカートが少しずり上がって、パンツが見えました。

 

それに香水の匂いがちょっとキツイかな…化粧も今までより明らかに濃いし・・・

 

(水商売か!)

 

って思いました。

 

保険の女性外交員が、多少の色仕掛けをすることは聞いたことがありましたが、実際に目の前でそんな服装をされると、テンション下がりました。

 

(若い女性ならまだしも、ただのおばさんだし・・・)

 

これまでも良い印象が無いのに、少し不快に思い始めてきました。

 

「この保険はね~」

 

とお構いなしに話を進める吉村のおばさん。

 

今度は、胸元を見せるように前のめりになってきました。

 

(あれっ?結構おっぱい大きい・・・いや、めっちゃデカい!)

 

気づきませんでしたが、爆乳のレベルです。

 

このおばさん、完全に色仕掛けで加入させようとしています。

 

吉村さんは説明しながら、ちらっと僕を見ると、爆乳に目がいってるところを確認したみたいです。

 

「あら、見えちゃったかしら、そんなつもりは無いんだけどねぇ」

 

嘘付け、私のおっぱい大きいでしょ?とでも言いたかったんじゃないの?

 

「いえ、あの~、大丈夫ですから」

 

すると吉村さんがいきなり、

 

「触ってみる?いいのよ、保険とは関係ないから」

 

「いやいや!結構です!」

 

「いいからいいから、大西君だったらいいのよ」

 

と半ば強引に私の手を取り、自分のおっぱいへ導きました。

 

服の上からだと、あまり感触が分かりません。

 

「あ~興奮してきちゃった」

 

と直接僕の手を服の中に入れようとし、生の爆乳を触らせようとしてきました。

 

「ちょっ!ちょっと、それは勘弁してください!」

 

僕も手を引っ込めようと必死に抵抗したんですが、妙に吉村さんの力が強くて離してくれません。

 

とうとう、生の爆乳に触れてしまいました。

 

しかし、歳のわりには適度に張りがあって、柔らかかったです。

 

不覚にも、おっぱいを触った事で、興奮しちゃいました。

 

精子大好きでフェラチオが上手い

 

「ねぇ~、保険の事なんかどうでもいいからさぁ・・・エッチなことしましょう~」

 

「いや、そんな、それはちょっと・・・本当にごめんなさい」

 

「ふふっ、そんなこと言っても、大西君のおちんちんこんなになってるじゃない」

 

そうなんです、僕は吉村さんの爆乳に触れた時に、勃起してしまったんです。

 

すると吉村さんは僕が穿いていたスウェットを下ろし、パンツの上から勃起したチンコを手の平で撫でてきました。

 

「こんなおばさんのおっぱいで興奮してくれたの?嬉しいわ~、お礼に気持ち良くしてあげるね」

 

と言ってしゃがみ込んでパンツを下ろし、勃起した僕のチンコを咥え込みました。

 

いきなりジュポジュポと音を立てて咥えながら、舌をチンコに絡みつかせて、一気に責めたてられました。

 

僕は童貞じゃありませんでしたが、あまりにも上手いフェラチオで、あっという間にイキそうになり、

 

「ああっ!吉村さん・・・もう・・・ヤバいです」

 

「んん~、いいわよぉ~、気持ちいいんでしょ?イっていいのよぉ」

 

さらに、

 

「私、精子が大好きなの・・・いっぱい、ちょうだい!」

 

と言って、さっきよりもフェラチオの激しさが増します。

 

もう、我慢できるはずがありません。

 

「うっ!うっ!」

 

ビクンビクンしながら、吉村さんの口の中へ思いっきり射精してしまいました。

 

「ん~しゅご~い!まだ出てる~!」

 

と最後の一滴まで搾り取ろうというのか、中々チンコを離してくれませんでした。

 

ようやく離したと思ったら、僕に口の中を見せつけて、精子をごっくんと飲み込む吉村のおばさん。

 

「綺麗にしてあげるわね」

 

と言って再びチンコを咥えてきました。

 

お掃除フェラで綺麗にすると言うか、これはもう一度勃起させようとしています。

 

「いや!もう無理です!吉村さん、勘弁してください」

 

と吉村さんの肩を押して引き離そうとしたんですが、吉村さんは私の太ももから腰をがっちりホールドしていて離そうとしません。

 

しかもその手でお尻を撫で回され、上手いフェラチオで責め立てられれば、簡単にチンコは再勃起します。

 

(もう、どうにでもしてくれ)

 

と半ば開き直り、マグロ状態になりました。

 

しかし、このおばさんのフェラチオは上手すぎます。

 

おちんちんが欲しいと求められて中出し

 

再び僕のチンコが勃起したことを確認し、

 

「ねぇ~、今度は私のも触ってぇ」

 

と言われ、シックスナインの体勢を取ります。

 

吉村さんは歳がいも無く、ガーターベルトにTバックのパンツを穿いていて、はみ出した尻の肉が妙にエロく感じました。

 

僕も興奮していたので、お尻を撫で回し、パンツの上からオマンコを指で触っていると、

 

「あぁ~ん!直接触って~」

 

と言って自分からパンツを下ろし、催促してきました。

 

僕は指で生マンコを触り、掻き回すと、グチュグチュといやらしい音を立てるようになりました。

 

シャワーを浴びてきてたのか、嫌な臭いもしなかったので、僕も自然と吉村さんのオマンコを舐めていました。

 

しばらく、夢中でお互いの性器を舐め合っていました。

 

そして今度は、吉村さんは自慢の爆乳を使ってパイズリで責めてきました。

 

自分の唾液を垂らし、ニチャニチャと卑猥な音を立てるパイズリです。

 

一方で僕は、吉村のさんのオマンコを指で広げ、舌でクリトリスをチロチロと刺激したり、肉厚のオマンコに吸いついたりとやりたい放題でした。

 

オマンコに吸いつく度に、吉村さんは小刻みに体を震わせています。

 

パイズリを止めると、自らオマンコを広げてきました。

 

「ねぇ、大西君のおちんちん欲しいのぉ」

 

「いやぁ、コンドーム持ってないんです、さすがにマズイですよ」

 

「大丈夫!私、子供がいないし、出来にくい体質なのよ!だから大丈夫、もう我慢できないの!早く入れて!」

 

と本気で求めてきました。

 

「後から保険の話とか、絶対に無しですよ」

 

「そんな事はどうでもいいの、いいから早く挿れて!お願い!」

 

僕も入れたかったですから、吉村のおばさんのオマンコへチンコをズブズブ挿入しました。

 

「あんっ、あんっ、あっ、あ・・・だめっ、だめぇ~」

 

「何がだめ何ですか?気持ち良くないんですか?僕はめちゃくちゃ気持ち良いです!」

 

「だめぇ!イキそう!イキそう!あああっ!イクゥゥゥゥ」

 

と挿れて数回腰を動かしただけなのに、吉村さんはイってしまいました。

 

僕は一度射精しているのでまだ大丈夫でしたから、構わずに腰を振り続けました。

 

吉村さんは涎を垂らし、白目を剥きながら何度も絶頂を迎え、最後の方は言葉にならずに、ただ叫んでいるだけの状態でした。

 

子供が出来にくい体質と言ってたことを思い出し、ダメもとで吉村さんに聞いてみました。

 

「吉村さん・・・中に出してもいいですか?僕もそろそろ限界です」

 

「なっ・・・中に・・・いいわよ・・・出してっ・・・」

 

「本当にいいんですね?じゃあイキますよ!・・・うあぁっ!うっ!」

 

とオマンコの奥へ思いっきりチンコを打ち付けて、人生初の中出しを経験しました。

 

ドクンドクンと吉村さんのオマンコへ、精子が流れるのが分かります。

 

今までにない感覚で、めちゃくちゃ気持ち良かったです。

 

おばさんとのセックスに夢中

 

しばらくしてから、

 

(いくらなんでも中出しはまずかったんじゃないか?)

 

焦りが出てきましたが、吉村さんは、

 

「久しぶりにセックスしちゃった。やっぱり若い男性はいいわね」

 

と言って、満足げな表情を浮かべていました。

 

「旦那とはもう、何年もしてないし、旦那が居ない時は、大西君の事を思い浮かべてオナニーしてたのよ」

 

「そのう・・・中に出しちゃって・・・すいません」

 

「いいって言ったじゃないの、それにこの事と保険の話は別よ、ねぇ、もう一回しましょう?」

 

「え?もう一回ですか?」

 

とまさかの三回戦突入です。

 

僕もすっかり吉村さんの体とテクニックが気に入ってしまい、フェラチオで勃起させてもらってから、爆乳を揉みまくり、熟れたオマンコに腰を何度も打ち付けました。

 

今度は中出しではなく、口内射精で放出し、また精子を飲んでもらいました。

 

吉村さんは精子が大好きと言っていましたが、精子が喉を通る感覚が好きなんだそうです。

 

(ご主人に悪いなぁ)

 

と思いながらも、最初は好感の持てなかった吉村さんでしたが、その後はご主人が出張の度にセックスをしていました。

 

そして何度も精子を飲んでもらいました。

 

ご主人は出張が多かったので、僕が大学を卒業するまでの間、相当な回数のセックスをしました。

 

ちなみに今は僕も結婚し、子供も居ますが、時々吉村のおばさんと会い、今でもセックスを楽しんで、精子を飲んでもらっています。