Pocket

朝立ち
画像はイメージです

 

寝ている彼が朝立ち

 

私は28歳のOLで、26歳の彼が借りてるマンションで半同棲状態の生活をしています。

 

週に3~5日で泊まりに行ってます。

 

彼の仕事の都合で、一昨日、昨日と泊まりに行けなかったので、早く会いたい気持ちから、朝早くに合鍵を使って、彼のマンションに侵入することにしました。

 

3日ぶりに会えることにワクワクするというよりも、3日もエッチしてなくてムラムラしてます。

 

(私って性欲強いのかしら?)

 

彼が寝ている寝室にそーっと入ると、上半身裸でパンツ一枚で寝ていました。

 

横向きで体を丸めたような格好が可愛くて、ちょっと萌えました。

 

すると、彼は寝返りを打って仰向けになったので、自然と股間に目が行ってしまいました。

 

(あっ!おっきくなってる、キャー!)

 

おちんちんがパンツを突き破りそうに、もっこりと朝立ちしていました。

 

それを見た私はムラムラしてしまい、彼のパンツの上から朝立ちおちんちんを撫でて頬ずりしました。

 

「うーん・・・ダメだよ・・・まどか・・・」

 

(あれ?起きてる?)

 

「すー、すー・・・」

 

(なんだ、寝言か)

 

「ねぇねぇ、マサオ・・・起きてよ~、起きてー」

 

耳元で囁きながら体を軽く揺すってみましたが、彼は起きません。

 

そう言えば、昨日は会社の飲み会だって言ってたのを思い出しました。

 

今日は二人とも仕事が休みなので出掛けようという事になっていたんですが、なかなか起きない彼氏に悪戯してやろうと思います。

 

もう一度、朝立ちしたおちんちんを撫で、彼のパンツを下ろそうとしました。

 

彼は、

 

「ん~・・・ん・・・」

 

と、やはり起きそうにありません。

 

パンツをゆっくり、ゆっくりズリ下げてようやく脱がすと、ピョコンと勃起おちんちんが露わになりました。

 

(キャー、やったー!)

 

起きないのでおちんちんに悪戯

 

寝ている彼氏のおちんちんを擦っているなんて、

 

(私は変態か?)

 

と思ってみたりしました。

 

優しくおちんちんを擦っていると彼は、

 

「うーん・・・うーん・・・」

 

と反応はしますが、起きません。

 

思い切って、彼のおちんちんを咥えてみました。

 

チュパ、チュパ・・・。

 

なんだか犯している気分になります。

 

(男女逆なら訴えられるかも)

 

しかも合鍵とはいえ、勝手に家に入っちゃってるし・・・

 

フェラチオでも彼は起きません。

 

さらに過激なことを思いつきました。

 

(縛っちゃおう!)

 

もう、私は悪魔になりました。

 

私のストッキングで、彼の両手両足を、それぞれベッドの四隅に結びました。

 

さらに彼の口にはガムテープを軽く張りました。

 

これで私のやりたい放題です。

 

(しかし、コレでも寝ているマサオって・・・)

 

とりあえず、再度彼のおちんちんを擦って舐めてみましたが、相変わらず起きません。

 

このまま起きた時の反応を見たいとも思ったんですが、本当に起きないのはある意味たいしたもんです。

 

しばらくぺろぺろとフェラチオしてたんですけど、一向に起きないので、

 

(おちんちん入れちゃえ!)

 

と、パンティーをずらして彼のおちんちんに跨がります。

 

恥ずかしい話ですが、すでに興奮してオマンコはビチョビチョに濡れていましたので、簡単に入りました。

 

私は最初、声を出さないように注意して、

 

(彼を犯そう・・・)

 

と思っていたんですが、3日ぶりのセックスだったので、入れた瞬間に、

 

「あぁん・・・おっきい・・・」

 

と声が出て、軽くイッちゃいました。

 

驚く彼を無視して腰を振り続けました

 

それでもマサオは目を覚ましません。

 

(どういう神経してるんだろ?)

 

と、人格否定をする私。

 

もうこうなっては私も興奮を止められないので、おちんちんを玩具としてオナニーするように味わうことにしました。

 

上下に腰を動かすと、

 

ビチャ・・・ビチャ・・・ヌプッ・・・

 

いやらしい音が部屋に響きます。

 

今度は腰を前後に動かし、彼の恥骨の辺りにクリを押し付けていると、

 

「んっ!?んーっ!?!」

 

と言って目を開け、キョロキョロと周りを見ていました。

 

(わー、かわいい!)

 

彼はかなり驚いている様子でしたが、私は無視して彼のおちんちんを味わい続けます。

 

彼のおちんちんを支点にして、激しく腰を前後に動かしまくりました。

 

「ごめんねぇ、抵抗できないように縛っちゃった(笑)、もうムラムラしてガマンできなくてさぁ・・・あぁん・・・気持ちイイ・・・」

 

と、またイキました。

 

「んーっ!ふごーっ!ふーっ!」

 

何言ってるのか分からないし、可哀想なのでガムテープは取ってあげました。

 

「ちょっと、まどか!何だこれ?あれっ!?縛ってる!?」

 

と、かなり仰天の様子です。

 

そりゃ、起きてこんなカッコしてたら誰だって驚きますよね。

 

それでも私が腰を動かし続けていると彼は、

 

「ああっ・・ちょっと・・・俺・・イキそうだよ・・・」

 

と言うので、オマンコからおちんちんを抜いて、急いでお口に咥えてジュポジュポしてあげました。

 

するとおちんちんから、大量のザーメンが放出されました。

 

私もビックリしてしまいました。

 

「もうー、朝からこんなに出しちゃってー、今夜の分大丈夫なの?」

 

自分から襲っておいて、私はなんと恥ずかしいことを・・・。

 

「でも、マサオのおちんちんキモチよかったぁー、また襲っちゃおっと(笑)」

 

朝から心地いい汗をかいたので、お風呂に入ろうとすると、

 

「おーいっ!!縛ってんの外してくれよー!」

 

あ!忘れてた。