Pocket

 

熟女 中出しセックス
画像はイメージです

 

訪問販売先の熟女がフェラチオ

 

数年前のことですが、仕事で浄水器の訪問販売をしていました。

 

一般の家庭を一軒一軒飛び込みで訪問してたんですが、ほとんどが門前払いでとても大変でした。

 

そんな中、訪問先で高木さんという40代後半の人妻とセックスしたことがありました。

 

旦那さんがが還暦近くと言っていたので、10才ぐらい離れてたみたいで、もう何年もインポ気味で役に立たないって嘆いていたんです。

 

(これは誘われてるのかも?)

 

と思いましたが、高木さん宅に2回目の営業で訪れた時に、

 

「浄水器買ってあげたら、あっちの相手してくれる?」

 

と本当に誘惑されたんです。

 

最初は冗談かと思って適当に対応していたんですが、どうやら本気のようで、僕の股間をスラックスの上から撫でてきました。

 

僕はかなり驚いて、

 

「高木さん、マズイですよ!仕事中ですし、旦那さんが帰って来たらどうするんですか!」

 

と断りましたが、高木さんはかまわずに体を密着させてきて、股間を手でスリスリと触ってきます。

 

高木さんは40代後半といっても結構色気があり、多少抵抗しましたが、僕もきっぱり断ることが出来ず、素直にチンコは反応してしまいした。

 

それが嬉しかったみたいで、

 

「もう大きくなってきた、やっぱり若いってだけですごいわ」

 

とにこにこ笑顔で、スラックスのベルトを外して脱がし、パンツ越しに勃起したチンコに頬ずりしてきました。

 

そんな姿に僕は一気に興奮してしまい、もうされるがままで、ただ突っ立っていました。

 

「心配しないで、ちゃんと浄水器買ってあげるから。ほらそんなに硬くならないで、でもこっちは硬くしてくね」

 

興奮はしても仕事中だし、何かあったらと心配でしたので、高木さんのベタなギャグも笑えませんでした。

 

チンコだけは思いっきり反応して、ビンビンに勃起していました。

 

高木さんはしばらくチンコを撫でた後、ついに僕のパンツを下ろし、躊躇せずにパクッと咥えてきました。

 

それもすごい吸引力で、チンチンが引っ張られそうでした。

 

いわゆる、バキュームフェラですね。

 

しかも唾液を絡ませて、ジュポジュポといやらしい音を立ててフェラチオしてきます。

 

これがめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

フェラチオされて3分ぐらいで、イキそうになりました。

 

このままジュポジュポされると我慢できそうになかったので、

 

「た、高木さん…もうイキそうです」

 

と言ったら、高木さんはチンコから口を離し、

 

「いいわよ、このまま口の中で一回出しちゃって…」

 

と言ってまたすぐに咥え、上目遣いでジュポジュポしてきました。

 

簡単に出しちゃ情けないと思って、かなり我慢したつもりでしたが、

 

「あ~っ、高木さん…イッちゃいます!あっ、イク~!」

 

と言いながら、そのまま高木さんの口の中に、ビクビクと脈打ちながら射精してしまいました。

 

欲求不満ですぐにチンコを求めてきた

 

ザーメンを出し切ったあと、高木さんはしばらく口を手で押さえていましたが、ゴクンと僕が放出したザーメンを全部飲み干しました。

 

「うわぁ、濃い~のがいっぱい出たね、やっぱり若いわ~、こんなに出るなんて、溜まってたの?気持ちよかった?」

 

と嬉しそうに聞いてきました。

 

「そういえば、ここのところ忙しくて…。高木さんの口が気持ちよすぎて、すぐ出ちゃいました」

 

ただ、ここで気になったんですが、先ほど高木さんが『このまま口の中で一回出しちゃって』って言ったことです。

 

(一回?ということは…)

 

と頭をよぎりました。

 

ザーメンごっくんした高木さんは、僕の目の前で着ていたニットとシャツ、さらにスカートとパンストも脱いでブラジャーとパンツの下着姿になりました。

 

そして背中に手を回し、ブラのホックを外し、恥ずかしげもなくおっぱいを晒し出しました。

 

Dカップぐらいあるでしょうか。

 

やや垂れ気味ですが、年齢の割には乳首も形も綺麗な方だと思います。

 

高木さんは僕に、

 

「ソファーに座って」

 

と言って僕を座らせると、膝の上に跨ってきました。

 

そして僕の顔におっぱいを押し当て、

 

「今度は私のおっぱい舐めて」

 

と催促してきました。

 

僕はおっぱいを揉みながら、片方ずつ舐めたり吸ったりしました。

 

高木さんは、

 

「あ~ん、はぁ~」

 

と喘ぎながら体をよじらせて、僕の顔におっぱいを押し当てて来ました。

 

僕も一生懸命おっぱいを愛撫すると、高木さんはさらに興奮したみたいで、オマンコを僕の太ももに擦り付けて、腰を前後に動かし出しました。

 

「あ~っ、気持ちいい!もうダメだわ!久しぶりでおちんちん欲しくなっちゃった」

 

と言ってパンツを素早く脱ぎ、僕のチンコを手で数回しごいて、ソファに座っている僕に跨ってきました。

 

高木さんは、僕のチンコを自分でオマンコに擦りつけながら、ゆっくり腰を鎮めていきました。

 

「あぁ~、大きい!そう、この感じ…おちんちんが入って来る感じ…久しぶりなの。はぁ~ん、やっぱり気持ちいいわ~」

 

高木さんは僕の首に腕を回し、抱っこちゃんスタイルの状態でしばらく動かずに、オマンコでチンコの感触を味わっているみたいでした。

 

訪問する度にセックス

 

そしてしばらくすると腰を前後に動かし出し、さらには両膝を立ててうんこ座りの状態になり、自分で腰を浮かせたり沈めたりを繰り返して、どんどんスピードも早くなっていきました。

 

「あぁ~、擦れる~、はぁ~ん、中がすごい擦れてるの…久しぶりだわ~、あぁ、このおちんちん気持ちいいわ~。あぁ、おちんちんいいっ!」

 

お隣に聞こえるんじゃないかと思うぐらい大声で高木さんは喘ぎ、淫語を叫んでいました。

 

「あぁん、おっぱいも吸って~」

 

もう高木さんはエロエロモード全開です。

 

僕は両方のおっぱいを揉みながら、乳首を交互に強く吸うと、

 

「あ~ん、そう、そうよ…もっと強く吸って~」

 

と言いながら、さらに自分で腰のスピードを上げて、パンパンと僕の太ももに尻肉をぶつけてきました。

 

よく見ると、僕の太腿は高木さんのオマンコ汁でべちゃべちゃになっていました。

 

「久しぶりだから、どうしよう、このままイッちゃいそうだわ、あぁ~ん、あぁ、あっ、でも、でも…、あぁ、イッちゃいそう…」

 

と言って、高木さんは急に僕の膝の上から下りると、ソファの上で四つん這いになって、お尻を突き出してきました。

 

「後ろから入れて…犯すように激しく突いてちょうだい」

 

と言いました。

 

僕は立ち上がり、丸みを帯びたお尻を撫で回してから、催促するように腰を振り振りしている高木さんに、チンコを一気に挿入しました。

 

「あぁん、スゴい!気持ちいい!イッちゃう、イッちゃう~」

 

とすごい気持ちよさそうに叫んだので、僕も期待に応えるべく、高木さんのお尻を掴んで、ひたすらにパンパンパンとオマンコにチンコを打ちつけました。

 

「あぁっ、あっ、あっ、イク、イク、イクッ、イッちゃう~ぅ」

 

ついに高木さんは、背中を反らせながら絶頂に達してしまいました。

 

高木さんの絶頂に伴い、僕もすぐにオマンコの中に2回目のザーメンを放出してしまいました。

 

お互いイッたあと、しばらくソファーの上でゼェゼェと乱れた呼吸を整えていました。

 

そして仕事中だったということを思い出し、高木さんに、

 

「高木さん、大丈夫ですか?気持ちよかったですか?それと…あの・・・浄水器買ってもらえるんですよね?」

 

と言いました。

 

高木さんは、まだゼェゼェ言いながら、

 

「もちろん約束したからちゃんと買うわよ。それにしてもあなたのおちんちん最高ね~、またお願いしちゃおっかしら」

 

と満足したように言いました。

 

すぐにお互い服を着てから、高木さんに浄水器を購入してもらいました。

 

その後のカートリッジ交換やメンテナンスなどで月に一回訪問しましたが、その度に高木さんとセックスしました。

 

そんな関係が1年半ほど続きましたが、僕の転職とともにその関係も終了しました。

 

50歳前のセックスレスで欲求不満の熟女ってすごいなと素直に思いました。

 

今までセックスした女性の中でも、一番性欲旺盛でいやらしく、テクニックもすごかったような気がします。