Pocket

巨乳揉み
画像はイメージです

 

妹の彼氏にノーブラのおっぱいを見られました

 

私は20歳の女子大生です。

 

私には中学生の妹がいます。

 

私の通う大学は家から遠いので一人暮しをしているんですが、長期の休みの時期は実家に帰って過ごしています。

 

これは、この前の夏休みの時の話です。

 

7月に前期試験が終わり、実家に帰省した私はのんびり過ごしていました。

 

中学生の妹にはいつの間にか彼氏が出来ていて、夏休み期間中ということもあって、妹はよく彼氏を自分の部屋に呼んでいるみたいでした。

 

そんなある日、妹は遊園地でデートだといって彼氏と出かけ、両親も出かけていたので、家には私ひとりになりました。

 

私が居間でテレビを見ていると、まだお昼だというのに、妹が彼氏を連れて家に帰ってきました。

 

しばらくは帰ってこないだろうと思っていた私は、短パンにキャミソールというラフな格好でいました。

 

妹と目が合ったので、彼氏を紹介されて軽く挨拶をしたら妹が、

 

「やだ!お姉ちゃんノーブラじゃん、乳首出てるよ」

 

と言ってきました。

 

(しまった、忘れてた!)

 

と思ったときにはもう手遅れです。

 

妹の彼氏、ユウト君も私のおっぱいを見たのを確認しました。

 

自分で言うのもなんですが、私はスレンダーで巨乳なので、

 

(中学生の男の子には多少刺激が強すぎたかなぁ)

 

と思い、ユウト君の方を見ると、慌てて目を逸らしていました。

 

その日はそれで終わったのですが、数日後のことです。

 

ユウト君が妹を尋ねて家にやってきました。

 

どうやらデートの約束をしていたようなのですが、妹は完全に忘れて買い物に出かけてしまっていました。

 

慌てて妹に電話をすると、

 

「ごめん!あと1時間くらいして帰るから、ユウトに待っててもらって」

 

と言いました。

 

でも、妹のいる場所から家までは、どんなに急いでも2時間くらいはかかります。

 

仕方ないので、ユウト君をとりあえずリビングに案内しました。

 

ユウト君に、

 

「妹はあと3時間くらい帰ってこない」

 

と言うと、少し怒ったような顔をしましたが、待ってると言いました。

 

ユウト君に飲み物を出し、妹が帰ってくるまで、のんびりと居間で二人でテレビを見ていました。

 

まだ先日紹介されたばかりなので、そんなに会話もなく、重い空気が漂っていたので、私はユウト君に妹との交際について、どんな感じなのかを聞いてみることにしました。

 

照れてなかなか話そうとしないユウト君ですが、私はからかうように、

 

「妹とはどこまでいったの?」

 

と聞いてみると、恥ずかしそうに

 

「キスはしました」

 

と答えました。

 

「エッチはしてないんだ?」

 

と聞くと、

 

「まだそこまでは・・・させてもらえません」

 

と言いました。

 

我が妹よ、なかなか固いわねぇ。

 

私はウブなユウト君に意地悪な質問をしてみました。

 

「ユウト君この前、私の胸見たでしょ?」

 

するとユウト君は、

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

と言い、顔を真っ赤にして下を向いてしまいました。

 

すごく可愛く思えました。

 

私はさらに、

 

「謝らなくてもいいよ、私が見せたようなもんだし・・・で、どうだった?」

 

と聞くと、

 

「え?・・・いや・・どうって聞かれても・・・」

 

「なぁに?」

 

「大きいなぁと・・・思いました」

 

ユウト君はモジモジして、恥ずかしそうに答えました。

 

「本当?」

 

「は、はい」

 

「大きい胸は好き?」

 

と聞くと、ユウト君はコクンと頷きました。

 

「ユカリ(妹)は小さいもんね?」

 

と言うと、ユウト君は首を振って、

 

「胸は関係ないです!僕、ユカリのこと好きですから」

 

とキッパリと言いました。

 

もう、ユウト君がすっごく可愛くて、キュンキュンしちゃいました。

 

巨乳で誘惑したらむしゃぶりついてきました

 

すっかりユウト君が気に入った私は、もっと誘惑してやろうと思いました。

 

「私の胸、また見たい?」

 

さらに真っ赤になって下を向くユウト君。

 

「見したげる」

 

「え?い、いや・・・」

 

私はシャツの前ボタンを外しました。

 

今日はきちんとブラジャー付けてます。

 

「どう?」

 

「ちょ、ちょっと・・・困ります!」

 

あたふたするユウト君ですが、しっかり私の巨乳を見ています。

 

「結構おっきいでしょ?Eカップあるんだよ」

 

「お、おっきいです・・・でも・・・」

 

「でも・・・何?」

 

「ど、どうしてこんな?」

 

「だって、ユウト君がちらちらおっぱい見てたから」

 

「い、いや、そんな・・・僕は・・・別に・・・」

 

「触ってみたい?」

 

「え・・・?」

 

私はユウト君の手を掴み、自分の胸に引き寄せて触らせました。

 

「う、うわぁ・・・でかい!・・・はぁ・・・柔らかい・・・」

 

最初は触ったままじっとしていたユウト君でしたが、ニッコリと微笑んであげると、ゆっくりと揉み始めました。

 

「あん・・・どう?大きいおっぱいは?」

 

と聞くとユウト君は、

 

「はぁ・・・はぁ・・・凄いっす」

 

と興奮し、巨乳を凝視しながら揉んでいました。

 

「ブラのホック外してくれる?このままだとちょっと痛いから」

 

と私が言うと、ユウト君はずっと

 

「はぁはぁ」

 

言いながら、手間取りましたが、なんとか背中のホックを外しました。

 

ユウト君の目の前に、私の巨乳がポロンと露になると、ユウト君の視線は私の乳首に釘付けになりました。

 

「はぁはぁ・・・すごい・・・本物だ・・・初めて見た・・・」

 

と言い、すぐに乳首を触ってきました。

 

「いやん・・・だめぇ」

 

と言って軽く拒否すると、

 

「あっ!ご、ごめんなさい・・・つい・・・」

 

と慌てて手を離すユウト君。

 

ちょー可愛い。

 

「嘘よ、触ってもいいよ」

 

ユウト君相変わらず

 

「はぁはぁ」

 

言いながら、ずっと胸を揉み続けていました。

 

「舐めても・・・いいですか?」

 

と初めてユウト君からお願いされました。

 

「え~?、どうしよっかな?」

 

と私が焦らすと、我慢し切れなくなったのか、ユウト君は私の乳首にむしゃぶりついてきました。

 

「あんっ!・・・まだいいって言ってないのに・・・もう」

 

必死でユウト君は、私の乳首を舐めまわします。

 

勃起したおちんちんを舐めてゴックンしました。

 

時計を見ると、妹が帰ってくるまで、まだ2時間以上あります。

 

「ユウト君?エッチしちゃおっか?」

 

私はユウト君の顔を胸から離し、思いっきりキスをしました。

 

舌を入れると、ユウト君も応えてくれて、ぎこちないながらも舌を絡めてきました。

 

たっぷりとキスをしたところで、ユウト君の股間に触れると、ズボンがもっこりと膨れ上がっていました。

 

「あらら、ユウト君、私のおっぱいで興奮しちゃった?」

 

と言うと、

 

「はい・・・すいません」

 

と言い、また下を向いてしまいました。

 

「舐めてあげよっか?」

 

と言うと、

 

「え・・・?そんな・・・いいんですか?」

 

恥ずかしがるユウト君のズボンのベルトを外し、ズボンとパンツを下げると、勃起したおちんちんがピョコンと現れました。

 

中学生にしては、かなり大きいと思います。

 

太さはそれほどでもないけど、すごく長いんです。

 

もう立派な大人のおちんちんて感じでした。

 

「すごい、おっきいおちんちんだね」

 

私はユウト君のおちんちんを口に入れ、ゆっくりとフェラチオを始めました。

 

ユウト君の口から、

 

「ああっ・・・ほうっ・・・ふほぉ・・・おおっ・・・」

 

と荒い息遣いが聞こえてきます。

 

舌を使って亀頭を丁寧に舐めてあげると、

 

「あ、もう・・・やばいっす・・・」

 

と言って、すぐにユウト君は私の口の中でイってしまいました。

 

口の中にドバっと広がる生暖かい精液。

 

すごい量で驚いたけど、全部ごっくんしてあげました。

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

とまた謝るユウト君。

 

「謝らなくていいんだよ、気持ち良かった?」

 

ユウト君は、恥ずかしそうに頷いていました。

 

オマンコ舐めてもらいました

 

「でもずるいなぁ、ユウト君だけ気持ち良くなっちゃって」

 

と私がすねたように言うと、

 

「あ、あの・・・どうすればいいですか?」

 

ユウト君は困ったような顔をして聞いてきました。

 

私は穿いていたスカートを脱いでパンティーのみの格好になり、ユウト君にお尻を突き出すように四つん這いになりました。

 

「今度は私を気持ちよくして」

 

とお願いしながらお尻を振ると、ユウト君はおそるおそる手を伸ばし、パンティー越しに私のオマンjコを触ってきました。

 

「うわ・・・すごい・・・濡れてる」

 

とユウト君は、ビックリしながら言いました。

 

「そうだよ、女の子は興奮すると濡れるんだよ」

 

「脱がしても・・・いいですか?」

 

「うん・・・脱がせて」

 

ユウト君の手が私のパンティーにかかり、一気に下ろされました。

 

「うわ・・・初めて・・・見ました・・・」

 

ユウト君は興味深そうに私の大事なとこに顔を近づけて、食い入るように凝視しています。

 

オマンコもお尻の穴も丸見えで、恥ずかしい体勢の私。

 

ユウト君は最初は指でオマンjコを弄ったりしてましたが、しばらくすると顔を近づけて私のオマンコを舐め始めました。

 

「あんっ!・・・気持ちいい・・・」

 

私が喘いで体をくねらせると、お尻を鷲掴みにされて固定されました。

 

その上で、ユウト君はオマンコとお尻の穴をベロベロと一所懸命に舐めてくれました。

 

おそらく10分くらいは舐め続けられていたと思います。

 

ぎこちない舐め方で、決して上手いとは言えないけど、むしゃぶりつくように夢中で舐められて、めちゃくちゃ興奮した私は2回もイってしまいました。

 

童貞君に3回も中出しされました

 

私も我慢出来なくなり、

 

「ねぇ・・・ユウト君のおちんちん入れて・・・」

 

「い、いいんですか?」

 

めちゃくちゃ興奮した様子で顔を上げるユウト君。

 

「入れる場所分かる?」

 

と聞くと

 

「多分・・・」

 

と言って、バックの体勢でおちんちんを私のオマンコに押し付けてきます。

 

なかなか上手くいかないみたいなので、私がおちんちんに手を添えて誘導してあげると、ユウト君の長くて硬いおちんちんがヌルンと私のオマンコの中に入ってきました。

 

やっぱり大きいんです。

 

「あんっ!・・・すごい・・・おっきー!」

 

「ああっ!・・・んあっ・・・んんん」

 

ユウト君は気持ちよさそうに鼻から息を漏らしながら、ゆっくりと腰を突き入れてきます。

 

根元まで完全に挿入されると、体の奥まで貫かれたような感覚でした。

 

(これは・・・過去最高かも・・・)

 

「なんか・・・すごいっす・・・あったかくて・・・めっちゃ気持ちいいっす・・・」

 

ユウト君も気持ちいいみたいで、ゆっくりと腰を動かし始めました。

 

これがめちゃくちゃ気持ちよくて、とても童貞とは思えませんでした。

 

「ああっ・・・はあん・・・んん・・・あんっ・・・すごい・・・」

 

だんだんと腰を動かすことに慣れてきたのか、ユウト君のピストン運動が激しくなり、腰を突き出すたびに、私は大きな声で喘いでしまいました。

 

童貞の男の子が相手なのに、不覚(?)にもアッという間にイカされてしまいました。

 

ユウト君も限界みたいで、

 

「あ、もうダメっす・・・」

 

とイク寸前の状態です。

 

おちんちんを抜こうとした瞬間、私のオマンコの中にビュッ、ビュッと熱いものが放出されました。

 

「ああっ、やばいっ!」

 

ユウト君は慌てて離れましたが、時すでに遅しです。

 

温かい精液を思いっきり中出しされてしまいました。

 

「あー!中で出したなぁ?」

 

と言うと、

 

「ご、ごめんんさいっ!ど、どうしよう・・・」

 

とオロオロしていました。

 

私は生理直前だったし、

 

「たぶん大丈夫でしょ」

 

と言いましたが、ユウト君は必死に謝り続けていました。

 

「大丈夫だよ、気にしないで、それより一緒にお風呂入ろう」

 

と言って、二人でお風呂に入ることにしました。

 

お風呂では、お互いの体を洗いっこしました。

 

お互い手にたっぷりとボディソープをつけて、手で相手の体を洗いました。

 

ユウト君は私の巨乳が好きなようで、ずーっとヌルヌルした手で揉み続けていました。

 

私がユウト君のおちんちんを洗ってあげると、さっき2回も射精したばかりなのに、もうビンビンに勃起しました。

 

全身ボディソープまみれのまま、お風呂の床でヌルヌルになりながら、またエッチしちゃいました。

 

正常位になったり、騎乗位なったりしながら、狭いお風呂場でいやらしく求め合いました。

 

もう全然中出しも気にならなくなり、ユウト君は3回私のオマンコの中に射精しました。

 

若いとはいえ、ユウト君のタフさにはびっくりです。

 

私も覚えてる限りで5回はイってしまいました。

 

妹が帰ってくるとまずいので、慌てて二人でお風呂からあがりました。

 

急いでお風呂から上がり、髪などを乾かして元通りに落ち着いてから、30分くらいで妹が帰ってくるまで、ずーっと二人でいちゃいちゃしながらキスをしていました。

 

そのころにはユウト君も結構キスが上手くなってきて、積極的に舌を絡ませてきました。

 

まるで本当の恋人同士のような感覚でした。

 

「このことは絶対に妹には内緒だよ」

 

と念を押した所で妹が帰ってきました。

 

平然とした顔で妹を迎え入れると、妹は早速ユウト君と一緒に出かけていきました。

 

「ユウト君もタフだなぁ」

 

と思い、苦笑いしてしまいました。