Pocket

昼寝中の義姉にいたずら
画像はイメージです

 

昼寝中の私の体をいたずらしてくる義弟

 

この間の夏の時期の話です。

 

義父が急な体調不良で入院する事になり、義母が付き添いで介護をすることになりました。

 

そうなると、実家には祖母と義弟だけになってしまうため、私が家事とか身の回りのお手伝いをしに行く事になりました。

 

夫は仕事があるので、私1人で手伝いに行きました。

 

私と夫が住む家からは、車で3時間くらいかかるので、泊まり込みで行きました。

 

お手伝いに行って、5日目の事です。

 

祖母はデイケアに行ってて、高校1年の義弟は部活で、家には誰もいませんでした。

私は一人でお昼ご飯を食べ、疲れてちょっと横になって昼寝をしていました。

 

しかし、寝ている途中で、何だか息苦しくなってきたんです。

 

しかも、誰かが上に乗っかっているような気が・・・

 

シャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたいなんです。

 

まだ寝ぼけていた私は、

 

(夫が触ってるのかな?)

 

って思ったけど・・・

 

(そう言えば、ここは夫の実家だ)

 

と我に返って、急に怖くなりました。

 

薄目を開けて見てみると、なんと義弟でした。

 

義弟はいつの間にか帰ってきていて、寝ている私の上にのしかかる様な体勢でシャツを捲り上げ、恐る恐るおっぱいを揉んでいました。

 

まだ僅かに寝ぼけ気味の私は、

 

(ヤバイヨ、ヤバイヨ)

 

と何故か出川哲朗の物まねを頭の中でしつつも、ひとまず寝たふりをしていました。

 

義弟は手の平でゆっくりと両方のおっぱいを揉み、乳首をクリクリと転がしながら触っています。

 

時々、おっぱいの谷間に顔を埋めて、スーッと息を吸って匂いを嗅いでいるみたいでした。

 

(どうしよーっ)

 

て困っていたら、義弟はとうとうスカートを捲り、パンティーの中に手を入れてきました。

 

しかし、どこをどう触っていいか分からないみたいで、指でオマンコをなぞったり、思いつきで弄っています。

 

そのぎこちない指使いが、焦らされているみたいに感じて、私は興奮してしまってオマンコが濡れてきちゃいました。

 

こんな状態で、

 

(濡れてるのがバレたらヤバい!)

 

って心配してたら、指が動く度にニチャッと音がし始めちゃって、義弟も濡れた事に気がついたみたいです。

 

手を抜いたと思ったら、一気に足首までパンティーを脱がされてしまいました。

 

「ごくんっ」

 

とつばを飲み込む音が聞こえて、興奮している義弟の息がオマンコにかかり、私は思わず声が出そうになりました。

 

そして私のオマンコを指で開き、じっくり見ているようでした。

 

オマンコの匂いも嗅いでいるみたいで、私の愛液を指で触って音を立てたり、舌先で突ついたりしていました。

 

そしてゆっくりと、オマンコに指を入れてきました。

 

頑張って声を押し殺していましたが、もう限界です。

 

「あぁん!」

 

と喘ぎ声が出て、腰を反らして反応してしまいました。

 

義弟はかなり驚いて、オマンコから指を抜きました。

 

私が身を起こすと、

 

「お、お義姉さん!起きてたんですか?」

 

相当に動揺しているみたいでした。

 

夢中で腰を振って何度もセックスを求められました

 

「あんなに大事なところ弄り回されたら、目が覚めちゃうわよ」

 

と言うと、

 

「ご、ごめんなさい・・・」

 

と謝って、しゅんと下を向いてしまいました。

 

でもその姿が可哀想でもあり、とっても可愛く思えてきて、

 

「今日だけなら許してあげるわ・・・お義姉ちゃんも気持ちよくなってたし」

 

と言うと、

 

「本当に気持ちよかった?」

 

と、パッと顔を明るくして聞いてきたので、思わす笑ってしまいました。

 

「でも、女性の大事なところは、もっと優しく触らないとダメだぞ」

 

とちょっと怒ったように言うと、

 

「お義姉さんをもっと気持ちよくさせたいから、触り方を教えて下さい」

 

と言って指を伸ばしてきて、オマンコをさわさわと触ってきました。

 

「もうちょっと力を入れてもいいよ、お義姉ちゃんはこの辺をこうすると気持ちよくなるの」

 

と義弟の指を持って直接誘導し、オマンコの入り口やビラビラの弄り方を教えてあげました。

 

今度はクリトリスの位置も教えて、

 

「こうやって優しく撫で上げるみたいに擦ってみて」

 

と言って触らせました。

 

「初めての女の子だったら、最初のうちは中はあまり感じないから、クリちゃんから可愛がってあげるといいよ」

 

と教えつつ、クチュックチュッといやらしい音を立てながら、オマンコを擦られたり、弄られたりしました。

 

私はどんどん気持ちよくなって喘ぎ声を出してしまい、喋れなくなってしまいました。

 

「お義姉さん、俺、もうたまりません、入れてもいいですか?」

 

とお願いする義弟は、ズボンがパンパンに膨らんでいました。

 

初めて目の前で女性のオマンコを見て触って、相当に興奮したみたいです。

 

私も触られて、おちんちん入れて欲しくなっていたので、

 

「今日だけだよ」

 

と再度約束をして、セックスさせてあげることにしました。

 

夫が来た時のために持ってきておいたコンドームを取り出して、着け方を教えてあげました。

 

私は足を開き、義弟のおちんちんを握ってオマンコの入り口に当て、

 

「ここに、こうして・・・腰を押し込むように、入れてごらん」

 

って言うと、義弟はズブズブと押し込んできて、

 

「ふあぁぁ~」

 

と鼻から抜ける、気持ちよさそうな声を漏らしました。

 

2、3回ゆっくりと動かしてから、ガンガン腰を動かしてきたので、私は両足で腰を抱え込んで固定して、

 

「女性の中はどんな感じ?」

 

と童貞喪失した義弟に、感想を聞いてみました。

 

「温かくて、すごい柔らかくて、ヌルヌルしてて、はぁー、気持ちいいです・・・も、もぉ、たまんないです」

 

と、トロンとした表情ですぐにでもイキそうだったので、私は足を離しました。

 

義弟はもう夢中で腰を動かして、おちんちんを私のオマンコに何度も出し入れしました。

 

何のテクニックもありませんが、むしゃらに腰を振る姿が可愛くて、私も想像以上に気持ちよくなりました。

 

童貞だった義弟はあっけなく射精してしまって、たくさんコンドームの中に放出しました。

 

射精した瞬間に私の上に被さってきたので、可愛くて頭を撫でてキスしました。

 

さすがに若いだけあって回復が早く、

 

「今日だけはいいんですよね?」

 

と言われ、休む暇なく2回戦に突入です。

 

結局何度もセックスをしたがり、その日のうちに、合計5回もセックスしてしまいました。

 

しかも最後の1回は、夜這いみたいに私の部屋を訪れてきました。

 

正直、私も若い男の子に夢中になりそうでしたが、義弟なので本当に今回だけで関係は終わらせました。

 

そんな義弟も、この冬に彼女ができたそうです。

 

私の教えた事が、役に立っていればいいなぁ。