Pocket

 

家庭教師先のお母さん
画像はイメージです

 

家庭教師先のお母さんが欲求不満

 

僕は大学生の時に、女の子の家庭教師のアルバイトをしていました。

 

途中でお父さんが転勤することになり、女の子は高校入試を控えている関係で、お父さんだけ単身赴任することになりました。

 

「月に一回は帰宅するから」

 

と言って単身赴任したものの、お父さんは忙しそうでなかなか帰って来ていません。

 

ゴールデンウィークに一回帰ってきましたが、それ以降は夏休みに入っても帰ってこれず、数ヶ月もの間帰宅できずにいました。

 

それでお母さんは寂しい思いをしているのか、たびたび誘惑するかのような、エロい視線を僕に送ってくるようになってきました。

 

短めのスカートを穿いたり、ボディラインが出るような服を着たりすることもあります。

 

(お母さんはもしかして欲求不満?ひょっとして・・・)

 

と期待しつつ、ある日女の子に勉強を教えていたら、

 

「今日は一緒に夕飯食べていかない?」

 

とお母さんからお誘いがありました。

 

お言葉に甘えてOKしたら、想像以上に豪華な食事に、ビールまで出してくれました。

 

僕はいい具合に酔っぱらって、ソファーに横になってしまいました。

 

ふと気がついたら、夜11時を過ぎていました。

 

お母さんは、

 

「こんな時間だから、今日は泊まっていったら?マキはもう自分の部屋で寝ちゃったし、シャワー浴びてきたら?」

 

恐縮しながらも泊めてもらうことにして、浴室へ入りました。

 

シャワーを浴びていたら、なんとお母さんが入ってきたではありませんか。

 

それも素っ裸なんです。

 

「背中流してあげるわ」

 

って言って、ボディーソープをスポンジにつけ、僕の背中を洗い始めました。

 

時々肌が触れるたびに興奮して、すぐにビンビンに勃起してしまいました。

 

恥ずかしくって、股間を隠すようにモゾモゾしていたら、お母さんはチラチラ僕の勃起チンポを確認していたみたいです。

 

「うふふ、もうこんなに大きくなっちゃって、童貞なの?」

 

と聞かれたので正直に、

 

「はい」

 

と答えました。

 

童貞を捧げて何度も中出し

 

お母さんは僕に立つように促し、恥ずかしくて股間を手で覆っていたら払いのけられ、勃起チンポを凝視しています。

 

その後は、まるでアダルトビデオの世界みたいでした。

 

僕好みの可愛らしいお母さんは、僕の顔を見ながらチンポを咥え、ゆっくりと舐めまわすフェラチオをしてくれました。

 

僕もたまらずおっぱいに手を伸ばし、ぎこちない手つきで揉みまくりました。

 

お母さんも欲求不満だったのか、すぐにチンポを催促してきて、導かれるまま生でオマンコに挿入しました。

 

挿入して数回腰を動かしただけで、すぐに射精感が昇りつめ、オマンコの中にドピュッと発射してしまいました。

 

あっという間の童貞喪失でした。

 

でも憧れのお母さんに童貞を捧げることができて、めちゃくちゃ嬉しかったです。

 

シャワーで綺麗にしてもらって、今度は寝室へ移動です。

 

大きなダブルベッドを見たら、少しお父さんに嫉妬してしまいました。

 

(いつもココでご主人とセックスしてたんだ)

 

と想像したら、またチンポはビンビンに勃起してきました。

 

お母さんはベッドに仰向けになり、僕は導かれるままに、顔をオマンコに近づけていきました。

 

目の前で初めて見る女性のオマンコです。

 

そして初のクンニリングス。

 

僕好みのお母さんだけれど、オマンコはすごいグロテスクに感じました。

 

でも、唇と舌で一生懸命にむしゃぶりつくと、お母さんは

 

「は~ん、いいわ~、上手よ、もっと、もっと舐めて」

 

と感じてくれていました。

 

僕の唾とお母さんの愛液で、オマンコはグチョグチョになってます。

 

お母さんは我慢できなくなったのか、

 

「入れて」

 

と懇願してきました。

 

そのまま正常位で挿入します。

 

一度射精していますが、オマンコの締め付けと柔らかさがあまりにも気持ちよすぎて、またすぐにドピュッと発射してしまいました。

 

さすがに中出しはやばいと思ったので、

 

「コンドームしなくて大丈夫ですか?」

 

と聞いたら、

 

「ピル飲んでるから大丈夫よ」

 

と答えるお母さん。

 

チンポを抜かずに合体したまま、多少話をしました。

 

そのうち僕のチンポはまた元気になってきたので、そのままピストン運動を開始しました。

 

そんな感じで、明け方まで中出しセックスしまくりでした。

 

6発ぐらいやったと思います。

 

それ以来、生のオマンコの気持ちよさを知ってしまったので、自分の手でオナニーする気になれなくなりました。

 

そこでマキちゃんが学校に行っている間や、家にいない時に呼んでもらって、お母さんにセックスを教えてもらいながら、女体を堪能していました。

 

娘が大学へ進学して処女を貰いました

 

そんな関係が、マキちゃんの大学受験まで続きました。

 

もちろん家庭教師も続けています。

 

マキちゃんが大学に入学した直後のゴールデンウィークに、マキちゃんから

 

「会いたい」

 

って連絡が来ました。

 

会って夕食を食べながらいろんな話をして、

 

「さあ帰ろうか」

 

という時に、マキちゃんの口から、

 

「アパートに来て」

 

って言われたんです。

 

もちろん僕は行き、想像通りマキちゃんの処女をいただきました。

 

しかもマキちゃんはお母さんの教えで、大学入学と同時にピルを飲み始めたんだそうです。

 

ということで、マキちゃんの処女のキツキツマンコに、生チンポを挿入して、たっぷりと中出ししてあげました。

 

僕が童貞を捧げた、あの時のお母さんへのお礼を込めて、お返しの6発やりました。

 

それ以来、マキちゃんと付き合うようになって、実は昨年の春に結婚しました。

 

今も僕が童貞を捧げた人を、

 

「おかあさん」

 

と呼んでいます。

 

もちろんマキには内緒です。

 

しかし、親子のオマンコの味って、結構似てますよ。

 

マキのオマンコも最高だけど、お母さんのオマンコもよかったです。