Pocket

 

覗きがバレて性奴隷になった僕はトラウマだったのにドMになりました
画像はイメージです

 

銭湯を覗いていたらバレた

 

僕がまだ中学2年生だったころの話です。

 

その当時、仲良しの友達数人の間で、覗きが流行ってました。

 

中学校の校区内に銭湯があったので、友達とよく覗きに行っていました。

 

そしてそのことを思い出して、家でせんずりをする毎日でした。

 

僕はせんずりが大好きで(今でも)、毎日2,3回は必ずしてました。

 

ムラムラすれば、駅やデパートのトイレに駆け込んででも、せんずりしてました。

 

ある日、いつものように銭湯に僕一人で覗きに行きました。

 

ボイラー室に忍び込み、友達が開けた小さな穴から、女風呂を覗いていました。

 

これまでも何度か一人で覗きに来ていて、覗きながらチンポを出してせんずりをしていました。

 

その日も、普段と同じように女性の裸を見て興奮しながらチンポを扱いていました。

 

そして、これからイキそうだという時に、背後でガチャッと音がしました。

 

ボイラー室の戸が開く音でした。そして、

 

「何やってるの!」

 

という女性の大きな声がしました。

 

僕は驚きましたが、同時に射精してしまいました。

 

パニックになりましたが、観念したようにゆっくり女性に近づくと、突然ダッシュしてその場から逃げ去ることに成功しました。

 

(顔を見られたかもしれない・・・学校に通報されたら・・・)

 

その後数日間はビクビクしていました。

 

幸い何事もなかったので、ほっとしました。

 

しばらく間を置いて2ヵ月ぐらい経ってから、また例の銭湯に覗きに行きました。

 

これまで何度も覗いてせんずりしていたので、あの時はたまたま運が悪かっただけだと都合のいいように思い込んでいました。

 

そして、これまでと同じようにせんずりを始めました。

 

すると、また背後で扉の開く音がしたんです。

 

そして、

 

「何してるの!」

 

という女性の声。

 

(やばい!)

 

と思い、前回と同じように近づいて逃げようとした瞬間、腕を掴まれてしまいました。

 

僕は必死に振りほどこうとしましましが、

 

「人を呼ぶわよ」

 

と言われ、諦めてひたすら謝りました。

 

おそらく半泣きだったと思います。

 

その女性は、銭湯の裏のアパートに住んでいる人でした。

 

後で分かったんですが、年齢は当時27才で、スレンダーでそこそこ綺麗かなといった印象でした。

 

僕はチンポ丸出しで腕を掴まれたまま、その女性の住むアパートの部屋へと連行されました。

 

せんずりを強要された

 

部屋の中に入ると、

 

「もう絶対覗きはしないので、学校や親へ連絡するのは止めてください」

 

と懇願しました。

 

当時の僕は、学校の成績もよく、周りからは優等生と思われていました。

 

学校や親へ通報されたらと思うと、もうお先真っ暗です。

 

すると女性(今後は真理子さんで)は、続きを見せてくれたら考えると言ってきたんです。

 

「続きって・・・何のですか?」

 

と僕が聞き返すと、

 

「さっきしてたでしょう?その続きよ」

 

と言われました。

 

とてもじゃないですが、中学生の僕が女性の前でせんずりなんて、恥ずかしくてそんなことできるはずがありません。

 

「じゃ、学校に連絡する」

 

と真理子さんに脅され、連絡もせんずりも勘弁して下さいと懇願する僕でしたが、まったく通じませんでした。

 

5分ぐらいごねていると、真理子さんは電話帳を持ってきて何かを調べ始めました。

 

「この辺りは○○中かな?」

 

と独り言のような言い方をしています。

 

いよいよ僕は追い詰められたことを悟り、仕方なく、

 

「やります!やりますから、連絡だけはしないでください!」

 

と必死に言いました。

 

真理子さんはベッドに座り、僕はその正面に立たされました。

 

「逃げないように全裸になりなさい」

 

と言われたので、仕方なく服を全部脱ぎました。

 

でもその時の僕のチンポは、恐怖のあまり縮こまっていました。

 

真理子さんは右手で僕のチンポを触り、モミモミしてきました。

 

女性に触られたことがない中2のチンポは、あっという間に勃起しました。

 

そして真理子さんの前でせんずりを開始しました。

 

真理子さんはTシャツにホットパンツというラフな格好でしたが、ホットパンツを下ろしてパンティーを見せてくれました。

 

せんずりするには、十分なおかずです。

 

2、3分ほどチンポを扱くと、射精感が込み上げてきました。

 

そして何も言わずに、そのまま射精してしまいました。

 

目の前でじっと見ている真理子さんのTシャツや太ももにもザーメンが飛び散り、汚してしまいました。

 

仰向けにさせられ、顔面騎乗を強要された

 

射精直後でボーッとしている僕を睨み付けて、

 

「何で勝手にイッちゃうの?」

 

とか、

 

「どこに出してんの!」

 

みたいなことを言われたと思います。

 

僕はひたすら、

 

「すいません、すいません」

 

と謝りました。

 

近くにあったティッシュを借りて、急いでザーメンを拭き取りました。

 

そのとき、真理子さんの胸や太ももに触れたので、僕のチンポはまた勃起していました。

 

それに気づいた真理子さんは、

 

「もう一度自分でシコシコしなさい」

 

と命令してきました。

 

「今度は床に仰向けになってしなさい」

 

と完全に命令口調で言われました。

 

僕は逆らえないので、言われるがまま床に仰向けになり、パンティー姿の真理子さんを見ながら勃起したチンポを扱き始めました。

 

すると真理子さんは立ち上がり、パンティーを脱ぎ出しました。

 

そして、両足を開いて僕の顔の真上に立ちました。

 

初めて直接見るオマンコに、めちゃくちゃ興奮しました。

 

真理子さんは徐々に腰を下ろしてきて、オマンコを僕の目の前に近づけてきました。

 

そして、

 

「舐めなさい」

 

と顔面騎乗を強要されましたが、僕は夢中で舐めまくりました。

 

真理子さんも感じているのか、腰を動かしたり、グリグリ押し付けたりしてきました。

 

僕はクンニしながらも二度目の射精感が込み上げ、それを真理子さんに伝えようとわずかな隙を突いて、

 

「イキそうです!」

 

と言いました。

 

その瞬間、チンポを扱いていた僕の右手が押さえつけられました。

 

「まだダメよ!自分がイクことしか考えてないの?」

 

僕は黙ったまま、何をしていいかも分かりませんでした。

 

すると真理子さんは、先ほど以上に激しく僕の顔にオマンコを擦り付けてきました。

 

僕は、真理子さんの愛液で顔中ビチャビチャにしながら、必死でオマンコを舐めました。

 

真理子さんも感じているみたいで喘ぎ声を出していました。

 

シックスナインで寸止め

 

すると、真理子さんが体を倒した次の瞬間、僕のチンポが今まで経験したことのない感覚に包まれました。

 

なんと真理子さんは、僕のチンポを咥えてきたのです。

 

生まれて初めてフェラチオをされました。

 

僕のチンポを咥えながら、さらにオマンコを押し付けてきました。

 

フェラチオが気持ちよくて、またすぐに射精感が込み上げてきました。

 

「んー!んーー!」

 

と、もがく様な声を出し、射精が近いことを真理子さんに伝えようとしました。

 

それを理解したのか真理子さんはフェラチオを止め、チンポの根元をギュッと握ってきました。

 

チンポが痛いぐらい強く握られました。

 

そして、僕が落ち着いたと思ったらまたフェラチオを開始・・・これを何度か繰り返され、寸止めされました。

 

せんずりでは常に自分のタイミングで射精してましたから、僕にとってはこの寸止めがとても苦痛でした。

 

僕が苦しそうに

 

「うう・・・ううぅ・・・」

 

と唸っていると、

 

「イキたいの?黙ってイッたら怒られるって分かってるんだね」

 

と言ってきました。

 

「ん・・・ん・・」

 

と僕は、必死で動かしづらい首を立てに振って意思を伝えました。

 

(やっとイカせてもらえる)

 

と思いましたが甘い考えで、その後も何度か寸止めされました。

 

僕は射精したくてもさせてもらえない苦痛で、顔に押し付けられているオマンコも舐められなくなっていました。

 

その反応がつまらなくなったのか、

 

「仕方ないわね、イキなさいよ」

 

とぶっきらぼうに言われ、激しくフェラチオされました。

 

何度もチンポは寸止めされていたので、その時の射精はめちゃくちゃ気持ちがよかったのを覚えています。

 

ザーメンを放出するチンポの脈動に合わせて、体がビクンビクンと跳ねました。

 

1分ぐらい痙攣してたんじゃないかと思います。

 

僕のザーメンを口いっぱいに留めながら、恍惚とした表情で、真理子さんはぐったりとした僕を見ていました。

 

しかし僕の頭の中にあったのは、今経験した快楽ではなく、恐怖でした。

 

完全に女性に支配されたことへの恐怖とでも言うんでしょうか。

 

僕が憧れていた女性とのセックスと、あまりにもかけ離れていたために、恐怖を感じたのかもしれません。

 

抜かずの強制連続中出し

 

真理子さんは僕をベッドに座らせ、冷蔵庫から麦茶を出して僕に飲ませてくれました。

 

ベッドに二人で並んで座りながら、少し話をしました。

 

急に優しくされて気が緩んだのか、いろいろな話をしました。

 

学校のことや覗きが流行っていること、オナニーのこと、クラスの女子のこと・・・などなどです。

 

そして話が途切れると、真理子さんは僕のチンポに手を伸ばしてきました。

 

尿道の先に付いていたザーメンを指ですくい、僕の口元に持ってきました。

 

僕は、

 

「え・・・嫌ですよ」

 

と拒否しましたが、

 

「自分のじゃないの、舐めてみて」

 

と言われました。

 

真理子さんの目は、先ほどの時みたいに戻り、冷たい目をしていました。

 

僕は拒否できないことを悟ると、仕方なく自分のザーメンを舐めました。

 

舐め終わると、真理子さんは上半身も裸になりました。

 

胸は小ぶりでBカップぐらいでしょうか、乳首は若干大きめでした。

 

「おっぱい舐めて」

 

と言われ、僕は乳首を口に含みました。

 

初めて舐める女性の胸です。

 

アダルト動画で見たように、必死で真理子さんの乳首を舐めました。

 

でも真理子さんは、まったくの無反応でした。

 

その後、今度は真理子さんがベッドに仰向けになり、両足を広げてオマンコを舐めるように命令してきました。

 

言われるがまま、僕は真理子さんのオマンコを舐めました。

 

胸の時とは違い、真理子さんは舐める位置の指示をしてきました。

 

後で思うと、クリトリスを集中的に舐めるように言われていたと思います。

 

かなり長時間クンニしていたと思います。

 

アゴが痛くなり、口を開けているのも辛いほどでした。

 

そして、次は僕が仰向けで寝るように指示されました。

 

僕のチンポがビンビンに勃起していることを確認し、真理子さんは僕のチンポの上に腰を落としてきました。

 

ゆっくりとチンポの硬さを確かめるように、腰を前後に動かしてきました。

 

初めて女性のオマンコに包み込まれたチンポは、たまらなく気持ちよくて、僕はすぐにイキそうになり

 

「ああっ・・・出ちゃいます・・・出ちゃう・・・」

 

と言いました。

 

後で聞いたことですが、切なそうな僕の表情に真理子さんは興奮したらしく、さらに激しく腰を動かしてきました。

 

そしてあっけなく真理子さんのオマンコの中で、3回目の射精をしました。

 

しかし、射精しても真理子さんの腰の動きは止まりませんでした。

 

僕のチンポはオマンコに包まれたまま萎える暇もなく、真理子さんの腰使いで勃起を維持していました。

 

真理子さんは前後左右に激しく腰を動かしてきたので、またすぐに4回目の射精をしてしまいました。

 

性奴隷にさせられたのがトラウマでしたが・・・

 

それ以来、僕は真理子さんの性欲処理、つまり真理子さんを満足させるための性奴隷になりました。

 

週に一度くらい電話で呼び出されました。

 

最初は決まって僕は全裸になり、強制せんずりさせられます。

 

射精したザーメンを真理子さんが手で受け止め、僕に飲ませました。

 

これが一番の苦痛でした。

 

セックスは常に騎乗位で、真理子さんが一方的に腰を動かします。

 

真理子さんの性奴隷は、中学を卒業するまで続きました。

 

うらやましいと思う人もいるかもしれませんが、当時の僕にとっては苦痛でした。

 

このまま性奴隷がいつまで続くのか、真剣に悩みました。

 

そこで僕は、高校を他県の全寮制に決めたほどです。

 

この性奴隷経験は、しばらく僕にとってトラウマでした。

 

その後彼女出来て、普通のセックスもしましたが、トラウマになっている騎乗位だけはさせませんでした。

 

自分の中では、思い出したくもない忘れたい過去だと勝手に思っていました。

 

ところが大人になってから、真理子さんの性奴隷だったころを思い出しながら、せんずりをするようになりました。

 

何故かあの頃のことを思い出して、今では興奮する自分に気が付き始めたのです。

 

覗きの代償と引き換えに、僕はドM男の道に進んでいきそうです。