Pocket

逆痴漢
画像はイメージです

 

逆痴漢でお尻を擦りつけたおじさんが私に触ってきました

 

本当に満員電車には痴漢がいっぱいいます。

 

でも、中には痴女もいるんです。

 

わざと逆痴漢で男性の股間にお尻を押し付けたりして興奮させ、勃起するの確認して面白がったりしている女性がいます。

 

そんなことを何度かされると男性の方は、

 

「この女、俺に気があるんじゃないか?」

 

なんて勘違いするおじさんもいて、今度は当然のように同じ車両に乗ってきてお尻を触ったり、おちんちんを押し付けてくることがあります。

 

でも、女性にはひどい子もいます。

 

初めに意図的に男性に自分のヒップを押しつけて、そのままお尻を擦り付けてズボンの中で射精までさせておいたにも関わらず、痴漢呼ばわりして男性を駅員や警察官に突き出す女の子もいるんです。

 

ちなみに私はそういうのって嫌いなんです。

 

だから私は気に入ったタイプの男性にしか、逆痴漢でお尻を押し付けたりはしないんです。

 

去年の春も、そうでした。

 

いつも通り、電車が凄く混んでいたときでした。

 

私が前日、わざとお尻を擦りつけた好みのおじさんに、再会することができたんです。

 

嬉しくなって、わざと隅っこの逃げられない場所に移動して、おじさまが来るのを待ちました。

 

そうしたら、おじさんが次の駅で私を狙ってすぐ背後に立ち、お尻に自分の股間を擦り付けてきたんです。

 

おじさんのおちんちんは徐々に勃起していき、電車の揺れに合わせながら、体を密着させてお尻に擦りつけてきます。

 

おじさんは右手にカバンを持っていて、それで腰の辺りが見えないように、うまく隠してるんです。

 

さらにおじさんは、左腕を使って私を抱きしめてきました。

 

そのままゆっくりと、私のおっぱいを触ってきたんです。

 

私も興奮してるし、抵抗するつもりはないんですが、わざと下を向いてモジモジして、恥ずかしそうにしてみせました。

 

おじさんは私が抵抗しないことが分かると、嬉しそうにいやらしい笑みを浮かべながら、わたしの胸を揉み出しました。

 

私はじっとしてまま動きませんでした。

 

おじさんはしばらく私の胸を揉んだ後、手を下の方に移動させきて、スカートの中に手を入れてきました。

 

お尻や太ももを撫で回し、ついに私のオマンコを触り始めました。

 

おじさんはパンティーの上から指でオマンコの割れ目をなぞり、クリトリスにも触れました。

 

はあはあと興奮した息遣いも聞こえます。

 

私も感じてしまって、体がピクンと反応してしまっていました。

 

気持ちよくなって愛液が出てきて、パンティーにシミが付いていくのが、自分でもはっきりと分かりました。

 

おじさんも私が濡れてきたのが分かって、ヌルヌルしてきた私のオマンコやクリトリスをいやらしく指で弄り回しました。

 

満員電車内で中出しさせました

 

私は気持ち良すぎて体がピクピクと震え、立っているのが辛くなって、壁にもたれかかるような体勢になりました。

 

おじさんは、はあはあと息遣いを荒げながら、ズボンのチャックを下ろし、私のお尻に取り出したおちんちんを押し付けてきました。

 

おじさんのザーメンが、スカートに付着するのは避けなければいけません。

 

白いザーメンを付けられてしまうと、それこそ人に見られたら恥ずかしいです。

 

スカートは高校の制服ですし、ザーメンが付いてしまうと、ママにバレて何があったのか、心配するに決まっています。

 

勃起して固くなったおちんちんを私のお尻に擦りつけ、電車の揺れに合わせるようにリズミカルに腰を動かしているおじさんの鼻息は、ますます荒くなっていきました。

 

私はおじさんのおちんちんがオマンコの中に入りやすいように、自分でスカートの裾をそっと引き上げました。

 

おじさんは私のお尻に触れてそれに気づいたみたいでした。

 

おじさんは、余計に鼻息を荒くしながら、私のオマンコの中におちんちんを挿入してきました。

 

私はこの後のことを考えて、鞄の中から取り出したタンポンを右手で握ります。

 

おじさんのおちんちんの大きさと硬さをオマンコで味わい、さらに興奮しました。

 

私もおじさんの動きに合わせるように腰を振り、さらに快感を楽しみました。

 

おじさんは私が声を出さないように、右手で私の口を押さえています。

 

「うっ…」

 

っと小さな声を上げた直後、おじさんは私のオマンコに中出し射精しました。

 

私は、おじさんがオマンコからオチンチンを抜いたと同時に、すぐにタンポンを挿入しました。

 

そして、オマンコや太もも回りに付いた愛液やザーメンをウエットティッシュでさっと拭き取りました。

 

駅の女子トイレに連れ込んで2回戦が終わると・・・

 

そして降りる駅に到着し、おじさんに続いて私も降りました。

 

そして当初の予定通り、私はおじさんに声をかけました。

 

「ねぇ、おじさん、もっと二人で気持ちいいことしませんか?」

 

「きっ、君は何を言ってるんだ?私には何のことだか…」

 

「分かってるから心配しないで、誰にも言わないし、二人だけの秘密よ」

 

私は上目遣いに笑みを浮かべて見せて、おじさんの手を引きました。

 

思った通りに、おじさんはいやらしく笑ってついて来たんです。

 

そして人がいないことを確認して、女性用トイレの個室に二人で入り、わたしはおじさんに抱きつきました。

 

「うれしいなぁ…だけど、私はさっきの一発だけでもう無理だよ」

 

「大丈夫よ、私がおちんちん大きくしてあげる」

 

そう言って、私はおじさんのベルトを外し、ズボンとパンツを膝辺りまで下ろすと、おじさんのおちんちんを咥えました。

 

そして私もパンティーを脱ぎ、さっき挿入したタンポンを取り出して汚物入れに捨てると、おちんちんをジュボジュボとフェラチオしました。

 

オマンコの中に溜まっていたザーメンと愛液が混じり合い、私の太ももに垂れて来ました。

 

私は、その感触に興奮しました。

 

そしておじさんのおちんちんを、知ってる限りのテクニックでいやらしく舐め回しました。

 

「ほうっ…すごい…」

 

おじさんは、気持ち良さそうにうっとりとした顔をしていました。

 

萎えていたおちんちんは、再び硬く、大きく勃起しました。

 

勃起を確認すると、私は黙っておじさんにお尻を突き出しました。

 

おじさんは、両手で私のおっぱいを揉みながら、オマンコの中に硬直したおちんちんを挿入してきました。

 

そして二人でおもいっきり快楽をむさぼりあいました。

 

「あっ…、あっ…、はあっ…、いい、気持ちいいの…、あっ…、あっ…、はあっ…」

 

しばらくズボズボとピストン運動が続き、

 

「うあっ…」

 

っとおじさんは声を上げ、私の中で射精しました。

 

そして、そのまま私の背中にもたれ掛かってきたんです。

 

私は、おじさんがへなへなと腰を落として座り込むのを確認してから、隣の個室トイレに移りました。

 

ザーメンと愛液を拭き取ると、何ごともなかったかのような顔をしてトイレから出て、そのまま自宅に帰りました。

 

帰宅すると、私はいつも通りにシャワーを浴びます。

 

おじさんの鼻息がかかった首筋も、愛液とザーメンにまみれたオマンコも綺麗に洗いました。

 

私は、体全体を心地良い快感が包み込んでくれていることに満足しています。

 

そして、毎日母が用意してくれる夕食を食べながら、学校のことについて両親や妹とも話しをし、いつも通りの楽しい家族の団らんを過ごしました。

 

そして、女性家庭教師に勉強を教わり、受験勉強に向けていつも以上に集中することができました。

 

一日の予定がすべて終わり、私はベッドに入りました。

 

そして、電車の中でのおじさんとのセックス、さらに駅のトイレでのセックスを思い出すと、またムラムラしたので、オナニーをして眠りにつきました。

 

翌朝のテレビには、駅の女子トイレで下半身剥き出しで死んでいたおじさんのニュースを放送していました。

 

新聞では、痴漢行為に興奮して脳卒中を起こし、そのまま死んだのではないか、とも書かれていました。

 

私は、新たなおじさんを探し求めて、いつもの電車に今日も乗りに行きます。