Pocket

立ちバック
画像はイメージです

 

女副社長のパンチラ見てたら目が合った

 

僕が20歳のころの体験談です。

 

僕は高校を卒業して、社員20人ぐらいの小さな会社に就職しました。

 

僕と同期の男もいたんですけど、半年持たずに辞めていきました。

 

会社は半数以上の従業員が、40歳を越えています。

 

女性もいますが、それはパートのおばちゃんとかです。

 

でも、一人だけ綺麗な女性がいます。

 

社長の奥さんで副社長なんですが、まだ34歳です。

 

女副社長は結構若く見えて、20代後半ぐらいに見えます。

 

社長とは20歳ぐらい離れていて、副社長は26歳の時に結婚したそうです。

 

でも副社長と言うのは役職だけで、やってる仕事はパートのおばちゃん達と同じような事務をしていました。

 

でも僕からしてすると、当然上司です。

 

僕が入社して2年目の夏の時でした。

 

社長や職場の先輩達がゴルフコンペに行きました。

 

僕はゴルフをしないので行ってませんが、終わったら宴会をするとの事で、その宴会の準備を僕と女副社長とですることになりました。

 

女副社長とは昼ごろに会社で待ち合わせをし、車で買い出しに行きました。

 

女副社長の私服姿は、これまで何回か見たことありますが、夏ということもあってか、その日は今まで見た中で一番薄着でセクシーでした。

 

生足に白のミニスカートで、上半身はスケスケのブラウス姿です。

 

ブラウスの中は黒のキャミソールで、かなり色っぽいんです。

 

直視するのも恥ずかしくて、目のやり場に困りながらも、何とか買い出しが終了しました。

 

会社に戻り、職場内の机を端っこに移動させます。

 

いくらなんでも僕一人で机は運べないので、女副社長がサポートしてくれて、二人で机を移動させました。

 

エアコンは付けていましたが、動いていると汗が出てきます。

 

机を1つ運び終えた時、

 

「暑いわねぇ」

 

と女副社長はブラウスを脱ぎ、キャミソール姿になりました。

 

前屈みになると、胸元から白いブラジャーが見えています。

 

胸はCカップぐらいでしょうが、しっかりとおっぱいの谷間も見えるので、今まで以上に目のやり場に困りました。

 

でも僕は、これまで何度も副社長をオナネタとしてせんずりこいていましたので、脳裏に焼き付けようと、バレないように何度もチラ見していました。

 

ようやく机も片付け終わり、宴会用のテーブルをセットして一段落です。

 

予想以上に早く終わったので、女副社長と椅子に腰を座ってゆっくりと休憩しました。

 

僕の向かいに女副社長が座っていますが、脚が凄い気になります。

 

パンツが見えそうなんですが、なかなか見えません。

 

しかし、副社長が自然に足を組む動作をした時に、ミニスカートの中がチラッと見えました。

 

白いパンティーでした。

 

副社長と向かい合って話をしていましたが、僕はパンチラを見るのに必死で、何を話したのかほとんど覚えていません。

 

その後も足を動かす度に、何度かパンチラを拝むことができました。

 

しばらくすると、女副社長の携帯が鳴りましたが、社長からでした。

 

終わるのが予定よりも遅くなったみたいで、帰りはあと2時間ぐらいはかかるとのことです。

 

僕達は準備はほとんど終わっていたので、やる事もなく、そのまま話し込んでいました。

 

というよりも僕はパンチラ目的でしたけどね。

 

足を組み替える時に見えたパンチラも、女副社長が椅子に奥ぶかく座り直したことで、
常に見える状態になりました。

 

僕はドキッとして、おそらくこの時はかなり挙動不振な状態で、目が泳いでいたと思います。

 

時々、女副社長と目が合いますが、バレていないか凄いドキドキしました。

 

そして次に目が合った時、途中で女副社長は話を止めて、ピタッと脚を閉じました。

 

(やばい!パンツ見てたのバレた!)

 

と思い、僕は目を逸らして焦っていました。

 

オナニー見ながらせんずり

 

こわごわ女副社長を見ると、僕をじっと見たまま黙っています。

 

すると女副社長は、ゆっくりと脚を開き始めました。

 

当然、白いパンティーが丸見えです。

 

僕が驚いていると女副社長は、

 

「見たいの?さっきからずっとチラチラ見てたよね?」

 

まさかの女副社長の言葉に、僕はオロオロして何も答えられずに、生唾を飲み込みました。

 

「ふふっ、可愛いわね。まだみんな帰ってくるまで時間あるし、エッチな事しよっか?」

 

と女副社長は誘ってきたんです。

 

さらに股を大きく開き、僕に堂々とパンティーを見せ付けてきました。

 

女副社長はにっこりとして、

 

「私を女として見てくれてたのね、嬉しいわ」

 

と言って一旦脚を閉じると、腰に手をあてて、パンティーをずらし始めました。

 

パンティーを下ろすと、また脚を広げて、

 

「ほら見てっ!あなたがいやらしい目で見るから、こんなになっちゃったじゃない」

 

と言って指でオマンコを広げ、濡れているのを見せてくれました。

 

すでに僕のチンポは、ガチガチに勃起していました。

 

「私にもあなたのおちんちん見せて」

 

女副社長に言われて僕は、恥ずかしかったですがズボンとパンツを脱ぎました。

 

「凄い大きくなってる。やっぱり若い子のおちんちんは元気ね。ほらっ、もっと私のオマンコ見て・・・」

 

と、女副社長は僕の目の前でオマンコを触り、オナニーし始めました。

 

「あ~ん、もっと見てぇ、人に見られると、凄い興奮するの」

 

女副社長は、オマンコをニチャニチャと音を立てながらオナニーしています。

 

僕は女副社長がこんなにもエロいなんて思いもしなかったので、ギャップに驚くとともにめちゃくちゃ興奮しました。

 

自分でも副社長のオナニーを見ながら、自然とチンコを扱き始めていました。

 

普段は女副社長の事を「奥さん」と呼んでいたので、

 

「お、奥さんて、エロいんですね、興奮します、たまんないです!」

 

と言うと、

 

「エロいだなんてイヤ~ン、もっと興奮して、もっと私を見て、あ~ん」

 

副社長はオマンコの中に指を入れ、クチャクチャとさらに激しくオナニーをしています。

 

僕もそれを見てせんずりのスピードを上げ、チンポをゴシゴシ扱きました。

 

「はあっ、奥さん・・・も、もうイキそうです、あぁ、はぁ・・・出るーっ!」

 

僕は椅子から立ち上がり、女副社長の方に向けて、ビュッ、ビュッと射精しました。

 

ヤバイ!社長達が帰ってくる

 

ザーメンは勢いよく飛び、僕と女副社長の間にある机にも飛び散りました。

 

僕が射精したのは、チンポを扱き始めてから3分も過ぎてなかったと思います。

 

「もう出しちゃったの?早いわよ。じゃあ今度は私の舐めて」

 

女副社長はオマンコから指を抜き、僕に命令しました。

 

僕は女副社長に近付き、しゃがみ込みました。

 

目の前には、ぐっちょり濡れたオマンコがあります。

 

「オマンコいっぱい舐めて、気持ちよくして」

 

女副社長は、大きく脚を開いて催促してきます。

 

僕は最初にクリトリスにキスをして、舌を使って夢中でオマンコを舐めました。

 

「ああん・・・す、凄い、気持ちいい・・・はあん、こんなの久しぶり・・・もっと舐めて、お願い・・・あん、あん」

 

女副社長は僕の頭を抑えながら、腰をクネクネさせて感じていました。

 

「奥さん、そんなに気持ちいいんですか?社長とはエッチしてないんですか?」

 

僕はクンニしながら聞いてみました。

 

「はぁはぁ、奥さんって呼ばれると、凄い興奮するの・・・あんっ、あの人は、年だから、長いことしてないの・・・んあっ、あん、だから、男の人に、こんな事されるの、久しぶりなの・・・ああっ、そんな事より、もっと舐めて・・・あん、あは~んっ」

 

女副社長は欲求不満だったみたいです。

 

僕はベロベロ舐め続けました。

 

「あっ・・・そこ、そこが気持ちいいの・・・ああぁ~ダメ、ダメダメッ・・・イッちゃうっ・・・あああぁぁ・・・」

 

女副社長は腰を浮かすようにしながらイッてしまいました。

 

はあはあと息を切らして、しばらく放心状態だった副社長でしたが、

 

「今度は私が舐めてあげる」

 

と言って、僕のすでに回復していた勃起チンポを握り、

 

「さっき出したのに、もうこんなに大きくなってるの?」

 

と嬉しそうに言って咥えてくれました。

 

女副社長は僕を、下から眺めるようにフェラチオしてくれます。

 

僕は恥ずかしいんですが、女副社長はその様子を楽しんでるみたいです。

 

その時でした。

 

女副社長の携帯が鳴ったんです。

 

一瞬、ドキっとしました。

 

電話は社長からで、あと30分ぐらいで着くということでした。

 

立ちバックで高速ピストン

 

副社長は電話中もチンポを握り、扱いてくれました。

 

電話を切ると、

 

「あんまり時間ないから、もうおちんちん入れて」

 

と副社長は立ったまま机に手を突き、お尻を向けてきました。

 

僕は言われるまま、立ちバックの体勢でチンポを挿入しました。

 

これほどスリルのあるセックスをするのは初めてでした。

 

「あんっ、ん~・・・凄い・・・入ってるぅ~、久しぶりなの・・・あん、あん、はぁ、はぁ・・・」

 

女副社長は挿入して、オマンコの奥までチンポが入ると、さらにエロい喘ぎ声を出しました。

 

僕は社長達がいつ帰って来るか不安だったので、入れて2、3回ゆっくり動かした後、腰をおもっきり振って高速ピストン運動をしました。

 

それが女副社長には良かったのか、

 

「ああんっ、いやっ・・・凄い、激しい・・・ああん、あん、き・・・気持ち・・・いい・・・」

 

と、かなり気持ちいいみたいで、喘ぎ声も大きくなっていました。

 

一回射精した後でしたが、高速ピストンで5分以上も腰を振り続ければ、またイキそうになりました。

 

「奥さん…またイキそうです・・・はぁ、はぁ」

 

「あん・・・私もイキそう・・いいわよ、出して・・・はぁ、はぁ、中はダメよ・・・あん、あん、あん・・・はぁ~ん・・・あっ・・・あは~ん・・・」

 

僕はチンポを引き抜き、女副社長のお尻に向けてドピュッとザーメンを放出しました。

 

女副社長は、

 

「はあ、はあ・・・立ってられない・・・」

 

と言って、その場に崩れるように座り込みました。

 

僕はティッシュで、女副社長にかけたザーメンと、自分のチンポを拭きました。

 

女副社長は、しばらく放心状態でした。

 

「奥さん、社長達もうすぐ帰ってくるんじゃないですか?」

 

と、僕の声に反応してパンティーを穿き、乱れた服を整えました。

 

お互いに落ち着きを取り戻し、社長達の帰りを座って待っていました。

 

僕は、

 

(ヤバイことをしてしまったんじゃないか)

 

と多少後悔していましたが、

 

「凄い気持ち良かったよ。絶対に誰にも内緒だよ。でもまた機会があれば相手してね」

 

と、女副社長に今日のエッチな関係の事を念を押されました。

 

そして、社長達が帰ってくると、僕達は何事もなかったかように宴会をしました。

 

会社の人達は当然、まさか僕達がさっきまで会社内でセックスをしてたなんて、誰も疑う人はいませんでした。

 

その後も、女副社長から時々呼ばれて、セックスの相手をしています。