Pocket

巨漢女
画像はイメージです

 

彼女が巨漢女にボコられ、俺はビンタされて全裸に・・・

 

俺の彼女は女子プロレスラーに入門していて、まだ新人の見習いです。

 

身長こそ160cmぐらいですが、さすがに体つきはガッシリしています。

 

顔は結構可愛い感じで、名前は仁美にしておきます。

 

俺は仕事が休みの日、彼女を驚かせようと思って、練習が終わる20分前ぐらいに車で迎えに行き、練習場の横に車を停めて、終わるのを待っていました。

 

すると、かなり大柄というか、巨漢女と呼ぶにふさわしいマツコデラックスのような体型の女が近づいてきて、俺に話しかけてきました。

 

「ここで何してんの?」

 

いきなり高圧的で、ちょっとビビりましたが、

 

「あっ、すいません!邪魔でしたかね、すぐ移動させます」

 

と言うとマツコは、

 

「ここに何の用だよ!」

 

と凄んできました。

 

さらにビビった俺は、

 

「彼女の仁美がここで練習していると聞いて迎えに来たんです」

 

と正直に答えましたが、それが間違いでした。

 

マツコは、

 

「だったら中に入って待ってろよ。もうすぐ終わるから。」

 

と断れる雰囲気ではなかったので、中へ入りました。

 

見ると、リングの隅でスクワットをしている彼女を発見。

 

彼女の練習している光景は初めて見るものでした。

 

マツコは、

 

「仁美!ちょっと来い!お前の男が来てるぞ!」

 

と彼女を呼びました。

 

彼女はかなり驚いた様子で、慌てて走ってきました。

 

「ちょっとマズイよ!ここは男子禁制なんだから!」

 

彼女の動揺する姿を見て、

 

(マズかったかな?)

 

と後悔しましたが、マツコから

 

「あと少しだから、最後まで見ていけよ!」

 

と言われ、もうバレたことだし、この際だからと端っこの方で見学する事にしました。

 

すると彼女がマツコに呼ばれ、リングに上がりました。

 

どうやらスパーリングをする様子です。

 

彼女も普通の女性よりは体格がいいんですが、一回りも二回りも体の大きいマツコに投げられ、ボコられ、正直見ていられませんでした。

 

(これが女子プロレスの世界か)

 

と一人圧倒されていました。

 

しかし、しばらく見ていると、どうも様子がおかしいんです。

 

彼女の着ていたTシャツは破られ、おっぱいが見えてます。

 

しかも彼女の履いているスパッツの股間部分に、親指を突っ込んで投げ飛ばしているみたいでした。

 

彼女は股間を抑えながら、

 

「痛い、痛い!」

 

とうずくまってもがいていたんです。

 

マツコは彼女に、

 

「男子禁制って知ってるよな!」

 

と言いながら彼女を蹴りあげます。

 

さすがにこれはやりすぎだろうと思ってマツコに、

 

「ちょっと、いくらなんでもやりすぎじゃないんですか!」

 

と抗議すると、マツコは無言でリングから降りてきて、思いっきり俺をビンタしました。

 

俺は吹っ飛び、クラクラして意識が飛びそうになりました。

 

マツコは他の女子レスラーに命令し、俺を押さえ付けさせました。

 

そして俺のお腹に馬乗りになり、顔面に何度もビンタをくらわしてきました。

 

彼女は俺がボコられる姿を見て、

 

「すみません!許して下さい!」

 

と叫んでいましたが、他の女子レスラーに抑え付けられていました。

 

するとマツコは、

 

「こいつの服を脱がせ!」

 

と他の女子レスラーに命令し、俺は屈強な女たち5人がかりで全裸にされました。

 

巨漢女やブスどもに散々逆レイプ

 

マツコは俺のチンポを見て、

 

「へぇ~、いいもん持ってんじゃん!」

 

と言って俺のチンポを掴み、しごき始めました。

 

女性らしさのかけらも無いマツコに無理やりチンポをしごかれましたが、情けない事に勃起してしまいました。

 

固くなったチンポを見てマツコは、

 

「仁美!!お前の彼氏、感じすぎて勃起してんぞ!アタシとヤリたがってんじゃん!」

 

と言うと、着ていたレオタードとスパッツを脱ぎ始めました。

 

彼女は、

 

「マツコ先輩!ヤメテ下さい!お願いです!」

 

と泣きながら訴えていましたが、他の女子レスラー達に抑えられ、身動きできずにバタバタしているだけです。

 

マツコは全裸になりましたが、ホントに醜い体です。

 

胸は垂れ、乳首はドス黒いし腹も出ています。

 

そして5人がかりで抑え付けられている俺の顔の上に跨り、

 

「舐めろ!」

 

と言い放ちました。

 

俺の目の前には、ドス黒いマンコが迫ってきます。

 

俺は必死に抵抗し、

 

「やめろ!離せ!訴えるぞ!」

 

と暴れましたが、女とはいえプロレスラー集団です。

 

まったく身動きできません。

 

遂に俺の顔にマツコのマンコが押し付けられました。

 

強烈な臭いがします。

 

汗なのか、愛液なのか良く分かりませんが、既に濡れていました。

 

俺は抵抗して口を閉じていましたが、マツコは腰を振って顔にマンコを擦りつけ始めました。

 

「やべぇ、これ気持ち良いわ!」

 

マツコはグリグリと俺の顔に擦りつけながら、

 

「ほうぅ、ほうぅ」

 

と息を漏らしていました。

 

無理やり顔面騎乗させられて、5分位経ったころでしょうか、ようやく解放されました。

 

顔はビチャビチャになり、強烈な臭いが残っていました。

 

しかし次の瞬間、今度は俺のチンポを騎乗位で挿入してきました。

 

「ほおーっ!これ気持ちイイワ!たまんねっ!」

 

とか言いながら、小刻みにグリグリ腰を動かしています。

 

押しつぶされそうなほど重たいんですが、意外と気持ち良いんです。

 

彼女は俺が逆レイプされている姿を見て、

 

「イヤーーーーー!!」

 

と泣き叫んでいました。

 

しかし、いつの間にか彼女も全裸にされ、他の先輩女子レスラーから、

 

「こいつ、彼氏がやられてるの見てマンコ濡らしてるよ!」

 

と言われながら、マンコに竹刀を押し付けられている様に見えました。

 

しばらくマツコは腰を振り続け、

 

「やべぇ、イキそう!」

 

と言うと更にマンコを深く押し付け、ピクピクと震えていました。

 

マツコはイッたのか動きが止まり、ゆっくりと腰を上げて俺のチンポを引き抜きました。

 

俺のチンポは、マツコの愛液でビショビショに濡れていました。

 

そして他の後輩レスラーたちに、

 

「お前らもやっていいぞ!このチンポ気持ち良いぞ!」

 

と言いました。

 

他の女子レスラーたちも下半身裸になり、次々にチンポを挿入されました。

 

ちなみに他の選手も、デブでブスで不細工この上ない奴らばかりでした。

 

でも何故かそんな状況なのにもかかわらず、俺は興奮していましたし、勃起したままでした。

 

すでに抵抗するのを止め、逆レイプという状況を楽しんでいました。

 

そして3人目の、180cmはあるんじゃないかと思われるブス女子レスラーのマンコの中で、思いっきり射精してしまいました。

 

「てめぇ!中出ししてんじゃねぇよ!」

 

と思いっきりビンタされました。

 

その後も3時間ほど逆レイプされ続け、合計4回射精しました。

 

しかもそのうち2回はマツコのマンコです。

 

最後に俺と彼女は、全員の前でセックスを強要されましたが、4回も射精している俺には、もう勃起する力は残っていませんでした。

 

もうチンポが立たない俺を見たマツコ達は、

 

「仁美!お前じゃ勃起しないってよ!」

 

と爆笑していました。

 

ようやく解放されて二人で車に乗ると、彼女が大声で泣き出しました。

 

「どうして!?何で来たの!?」

 

そう言うと黙りこんだままになりました。

 

俺は何も言えず、無言のまま彼女を家まで送り届けました。

 

それ以来、彼女と連絡を取ることはありませんでした。

 

彼女と別れたけど気に入られた俺は性処理係に

 

先日、偶然駅前でマツコと会いました。

 

何故か、そのままラブホテルへ行きました。

 

別に拉致されたわけではありません。

 

この前と違い、俺の方から思う存分マツコを感じさせてあげると、妙に気に入られてしまいました。

 

マツコの話によると、彼女はあの日以来、練習に来ていないらしいんです。

 

俺はそれ以来、たまに練習場に行っては、デブでブスでモテない女子レスラーの性欲処理の相手をしています。

 

男と付き合ったことがない女ばかりなので、ほとんどが処女です。

 

つい先日、いつもの様に更衣室で処女のレスラーを女にしてあげている時に、仁美が荷物を引き揚げるために入ってきたんです。

 

俺がちょうど処女レスラーをバックで突いている時に更衣室に入ってきたため、思いっきり目が合ったんですが、仁美は荷物をさっさと取ると、無言のまま帰って行きました。

 

生でセックスする事が多いので、そろそろ誰か妊娠しちゃうんじゃないかと不安な日々です。