Pocket

姉の彼氏を寝取る
画像はイメージです

 

姉の彼氏の家に強引に付いて行きました

 

私は19歳の女で、大学1年生です。

 

私には21歳になる2歳上の姉がいて、姉は大学3年生です。

 

でも姉と私は顔も性格もあまり似てなくて、姉はどちらかと言えば父親似で、私は母親似です。

 

絶対に私の方が美人で可愛いはずなんですが、姉には交際して1年以上になる彼氏がいます。

 

姉の彼氏は、我が家にも何度か遊びに来たこともあり、私も一緒に遊んだこともあるので、気心も知れています。

 

でも両親が留守にしている時に家に来たときは、二人だけで姉の部屋に閉じこもったまま、ずっと出て来ません。

 

おそらく、

 

(セックスしてるんだろうな)

 

と思っていました。

 

そういう時は、凄い嫉妬してしまいます。

 

別に姉に彼氏がいるのはいいんですが、私に彼氏がいないことが腑に落ちないんです。

 

そういう日を何度か重ねていき、姉への嫉妬心が増幅していったんです。

 

私は幼い頃から姉に対抗心を持っていましたので、姉が彼と部屋にこもる度に、

 

(私も彼氏欲しいし、セックスしたい)

 

と思うようになっていきました。

 

そこで私は、姉の彼氏にもっと近づいて、あわよくば寝取ってやろうと思いました。

 

彼も大学生で、アパートで一人暮らしをしているということは知っており、彼の住む部屋の近くの書店でアルバイトしているということも知っていました。

 

私は思い切って、バイトに入っている日を狙って、その書店に行ってみました。

 

姉の彼は、その書店のレジにいました。

 

私を見るなり、彼も驚いていました。

 

「真樹ちゃん、どうしたの?」

 

「近くに用事があって、ついでに寄ってみちゃった」

 

「ああ、そうなんだ」

 

「バイト何時まで?」

 

「9時までだよ、あと10分だね」

 

知っていました。

 

勤務時間も聞いていたので、わざとバイトが終わる直前の時間を狙って行ったんですから。

 

「そうなんだ、じゃ待ってるね」

 

彼は気さくないい人で、彼女の妹ということもあって、まったく疑ってもないようでした。

 

バイトが終わった彼と、近くのカフェに行ってコーヒーを飲んで普通に会話し、カフェを出た後でした。

 

私は意を決して言いました。

 

「ねぇ、部屋見にいってもいい?どんな所かなと思って、ちょっとだけ」

 

「ええ?汚い部屋だよ」

 

「平気、平気!男の一人暮らしなんて、そんなもんでしょ」

 

彼女の妹でもあるし、無下に断ることもにもできないと思ったのか、彼はすんなりとアパートに連れていってくれました。

 

2階建ての小さなアパートでしたが、思ったよりも部屋の中は綺麗に片付いていました。

 

姉もここには頻繁に来ているはずです。

 

そう思うと、また私の中で強烈な嫉妬心と対抗心が沸いてました。

 

私はさらに決意しました。

 

私は部屋の中にあるベッドの上に腰かけ、ピョンピョンと飛び跳ねました。

 

結構なミニスカートを履いていたので、パンティーが見えたかもしれません。

 

もちろんそれも狙いでした。

 

お姉ちゃんのどこが好き?私じゃだめ?

 

私は親には、

 

「友達の家に泊まり込んで、試験勉強をするから」

 

と言ってきていました。

 

ハナから私はここに泊まることを決めて来たんです。

 

つまり、姉の彼氏を寝取ることが目的です。

 

だから出かける前には、家でシャワーも浴びて来ていました。

 

彼はそんな私に気をつかってくれて、食べ物と飲み物を出してくれました。

 

「思ってたより綺麗な部屋だね、私、泊まってっちゃおっかなぁ」

 

とふざけた感じで言ってみました。

 

「だめだよ、ちゃんと帰んなきゃ、後で送って行くから」

 

と彼は言いました。

 

それも想定の範囲内で、私は

 

「え~」

 

と言って口を尖らせ、スネたフリをしました。

 

そしてベッドから降り、床に座っている彼にぴたっとくっついて座り、

 

「ねぇ、お姉ちゃんのどこが好きなの?私じゃだめ?」

 

と思い切って聞いてみました。

 

「えっ?いや・・・」

 

私はさらに彼の胸に顔を寄せました。

 

おそらく、私のロングのサラサラヘアーからは、シャンプーの良い香りがしたはずです。

 

私は、彼のズボン越しにおちんちんが大きくなっているのを確認しました。

 

これで、

 

(寝取れる)

 

と確信しました。

 

すると彼は私の肩に手を回してきて、私の顔を上げてキスしてきました。

 

私は思い通りに彼をその気にさせることができて、興奮してきました。

 

舌を絡めているうちに感じてきてしまい、

 

「んん、ふうん」

 

と鼻から息が漏れていました。

 

彼は私の服の上から、胸を触ってきました。

 

そして、彼の手が服の中に入ってこようとした時は一応、

 

「いや・・・」

 

と拒むふりをしました。

 

彼はブラジャーの上から、Eカップの私のおっぱいを揉んできました。

 

そのまま服の中でブラを外し、直接胸を揉まれると、乳首を指先で摘まれました。

 

「あんっ・・・」

 

と声が出てしましました。

 

私はどんどん興奮していき、愛液が溢れてくるのが分かりました。

 

彼の手は下へ伸び、スカートの中に入ってパンティーの上からオマンコの割れ目を愛撫し始めました。

 

私はすごく気持ちよくて、

 

「ああん、いや~ん、ああっ」

 

とまた声が出てしまいました。

 

そしてパンティーの脇から直接指が入ってきて、オマンコやクリトリスを弄られました。

 

「もうこんなに濡れてる」

 

「やん、恥ずかしい」

 

彼は私を抱きかかえてベッドに寝かせ、覆いかぶさって来て、キスしながら体中を愛撫してくれました。

 

特にクリトリス周辺を指で触られたり舐められたりすると、あまりに気持ち良くなって、すぐにイキそうになってしまいました。

 

いつのまにか服はすべて脱がされてスッポンポンになっていて、彼も全裸になっていました。

 

姉への嫉妬心で彼を寝取りました

 

彼は私の体をおっぱいから下腹部にかけてじっくり舐めてくれ、ついにオマンコの中に舌を入れてきました。

 

舌先が一番感じる所や、オマンコの入り口付近を舐めあげてくると、私はあまりの気持ちよさに腰をくねらせて大きな喘ぎ声を出してしまいました。

 

そして彼は私の背中に手を回し、体を起こしました。

 

彼の勃起したおちんちんが、ピンと上を向いてそそり立っているのが、暗がりの中でもはっきりと分かりました。

 

私はすぐにでもむしゃぶりついて、ベロベロとフェラチオしたかったんですが、少しためらうふりをしてから、ゆっくり彼のおちんちんを咥えました。

 

今までセックスしてきた男の子たちの誰よりも、彼のおちんちんは太くて立派でした。

 

私は亀頭を舌先でペロペロしてから咥えこみ、唇で締め付けるように吸い上げながらフェラチオしました。

 

彼もかなり気持ちいいみたいで、

 

「はあっ、はっ」

 

と息が乱れていました。

 

しばらくフェラチオしてから彼が、

 

「そろそろ入れたい」

 

と言ってコンドームを取り出しました。

 

暗がりの中でベリッっとコンドームの袋を破る音がしました。

 

当たり前のことですが、コンドームがあるということは、いつも姉とセックスしているということです。

 

私はまた嫉妬心が沸いてきて、ますます興奮してしまいました。

 

姉から彼氏を寝取っているという実感があったからです。

 

そして彼はおちんちんにコンドームを装着し、私のオマンコに挿入してきました。

 

優しくゆっくりと動いてくれましたが、淫乱だと思われたくなかったので、思いっきり喘ぎたいところを抑えました。

 

私のオマンコは洪水のように愛液で溢れていたので、暗闇の中でグチュグチュといやらしい音がしていました。

 

ゆっくりと突かれても、こんなに気持ちいいんだと知りました。

 

時々彼のことを思いながらオナニーしていましたが、それよりもはるかに気持ちのいいものでした。

 

特におちんちんを引かれる時、大きなカリ首がGスポットを刺激するみたいで、白目を剥いてしまうほどの快感でした。

 

姉もいつも、彼のおちんちんでこんな気持ちいい思いをしてるのかと思うと、また嫉妬心が沸き起こりましたが、その彼を寝取っていると思うと、ますます興奮してしまいました。

 

私は彼の耳元で囁きました。

 

「私の方がいいでしょ?」

 

「とってもいいよ」

 

凄く嬉しかったです。

 

たとえその時の流れで言ってくれたとしてもです。

 

そして何度か体位を変えて突いてもらい、最後の正常位の時、

 

「ああっ、いいっ、イクッ、イッちゃうぅーーーっ!」

 

と叫んでしまい、ビクビクと体を震わせて絶頂してしまいました。

 

私がイッたのを確認した後、彼は腰のスピードを早めて、

 

「俺もイクッ!」

 

と言いました。

 

私はその時、自分からも思いきり腰を動かし、彼にギュッツと抱きつきました。

 

彼も私を抱きしめながら、射精する瞬間に、

 

「あぁっ!」

 

と声を出していました。

 

彼はセックスした後もとても優しくて、ティッシュで私のオマンンコも綺麗に拭いてくれました。

 

そして抱き合ったまま寝ました。

 

(姉と別れてほしい・・・)

 

本気でそう思いました。