Pocket

浴衣 バック
画像はイメージです

 

元カノのお母さんと再会

 

僕は高校を卒業後、地元のスーパーで社員として働くことになりました。

 

青果部に配属されたので、早朝の市場へ出掛けることもしょっちゅうです。。

 

仕事も朝早いのもなんとか慣れてきたころ、スーパー内で40代と思われる女性が僕を見て手を振っていました。

 

(誰?)

 

よく見てみると別れた彼女のお母さんでした。

 

「久しぶりね」

 

「は、はい、そうですね」

 

びっくりして、うまく返事できませんでした。

 

付き合ってる時は、何度か彼女の自宅にお邪魔したことがありますが、半年くらいで別れたんです。

 

お母さんの話にから、彼女は専門学校へ行ったことを知りました。

 

「あれから次の彼女出来た?」

 

「いいえ、今はそんな余裕ないです。やっとここに採用してもらったばかりだし」

 

「そう、君ならすぐに彼女できるわよ。あの時よりカッコよくなってるよ」

 

それからは頻繁に元カノのお母さんがスーパーに来るようになりました。

 

僕もお母さんが来るのが楽しみだったんです。

 

そこまで綺麗というわけでもない普通の熟女なんですが、いつも笑顔で可愛らしく感じるんです。

 

それでいて、大人の雰囲気も持っています。

 

そして夏がやってくると、お母さんの服装が変化してきました。

 

最初のころは地味で、いかにも普通のお母さんと言う印象でしたが、夏頃には胸元が見えたり、短いスカートを穿いた格好で来ることが増えました。

 

意識してるのかどうか、お母さんはだんだん若作りしているように見えます。

 

でも無理にではなく、40歳は過ぎてるはずですが、30代にも見えます。

 

棚の下にある品物を見ているお母さんの胸元から、白いぷるんとした双丘が見える時があり、バレないように覗き込んだこともあります。

 

僕はいつの間にか、お母さんを女性として意識するようになっていたようです。

 

数日来ないときなんか、どうしたんだろうともどかしい思いをしてしまいます。

 

そしたら、その数日後です。

 

いつもよりも短いスカートでお母さんが店にやって来ました。

 

ムチムチした太ももがそそるくらい露出していて、綺麗な足でした。

 

僕は冗談気味に、

 

「綺麗ですね、お母さんじゃなかったら誘いたいぐらいですよ」

 

「あら嬉しい、じゃあ誘ってくれる?」

 

「ええ~!本当ですか?」

 

「一度ゆっくりお話したいって思ってたの」

 

僕は嬉しくなって、休みの日と連絡先を書いたメモを渡しました。

 

今日はダメと拒否されました

 

そして休みの前日に、お母さんが買い物に来ました。

 

人のいない所で小さく手招きされたんで行くと、

 

「明日休みでしょ?会える?」

 

と聞かれ、

 

「大丈夫です」

 

と言うと、

 

「11時に○○のコンビ二に来て」

 

と言われました。

 

「分かりました」

 

とOKしました。

 

お母さんは微笑むと、

 

「じゃ明日よろしくね」

 

と言ってそのまま店を出て行きました。

 

その日は興奮していたのか、なぜか早朝に目が覚めてしまいました。

 

しばらく起きていましたが、また眠くなってしまい、ウトウトしていると携帯が鳴り、出るとお母さんでした。

 

「どうしたの?待ってるのよ」

 

と言うのです。

 

時計を見るとなんと11時20分でした。

 

ついいつい二度寝してしまっていました。

 

「すいません、二度寝してしまいました。すぐ行きます」

 

コンビニに走って行くと、軽自動車の中から手を振るお母さんがいました。

 

「遅れてすみません!」

 

と息を切らしながら謝って車に乗り込むと、なんとお母さんは白のミニスカ姿なんです。

 

太ももは半分ぐらい露出しています。

 

「若い人とデートだし、がんばって若作りしちゃった」

 

少し照れた様子の笑顔で、舌を出すお母さん。

 

その顔が可愛くて色っぽく感じました。

 

知ってる人に見られないように、少し遠くへドライブします。

 

車中は昔話をすることが多かったですが、お母さんは僕と彼女が別れた事には触れませんでした。

 

「迷惑じゃなかったの?こんなおばさんで」

 

「そんな、お母さん若いですよ、僕、興奮していたのか昨夜あんまり眠れませんでしたもん」

 

お母さんは、

 

「本当?嬉しいこと言ってくれちゃって」

 

と本当に喜んでるみたいでした。

 

お昼は普通のファミレスで食事をし、その後は見晴らしのいいい展望台に行きました。

 

階段を上がる時、お母さんはスカートが短いことを気にして、

 

「ミニで来ちゃったけど、下から見えないかな?」

 

と言うので僕が、

 

「下から確認しましょうか?」

 

と言って下から見たんです。

 

すると太もも全体が見え、白いパンティーもちらちら見えました。

 

「大丈夫ですよ」

 

と思わず嘘をついてしまいまいました。

 

お母さんは、

 

「よかった」

 

と少し安心したようです。

 

僕はほっとしましたが、ドキドキでした。

 

お母さんの白いパンティーが脳裏に焼きつき、勃起してしまったんです。

 

それを隠す為に、多少腰を引きながら誤魔化していました。

 

なんとかバレずにやりすごし、今度は海の方へ車を走らせました。

 

海に着くとお母さんは、

 

「せっかくだから、手繋ごうよ」

 

と言ってきたので、手を繋ぎながら誰も居ない砂浜を歩きました。

 

年の離れたカップルみたいです。

 

お母さんはサンダルを脱いで、海水に足をつけると、

 

「気持ちいい~」

 

と笑顔で子供みたいにはしゃいでいました。

 

遠くにサーファーがいるくらいで、あとはお母さんと僕だけでした。

 

少し歩くと松林があり、そこに入ると僕は周りに人が居ないことを確認し、お母さんの腰に手を回して引き寄せました。

 

お母さんもそれに応えるように、僕の腰に手を回してきました。

 

そして顔を上に向け、目を瞑りました。

 

もう僕は心臓がドキドキと音を立てるぐらい緊張しながら、キスをしました。

 

キスをしながらお尻を撫でると、大きくて柔らかいんです。

 

お母さんも

 

「んっ、んん」

 

とくぐもった声を出しています。

 

そして手をスカートの中に入れようとしました。

 

すると、

 

「今日はダメよ」

 

言われ、笑顔で手を遮られてしまいました。

 

「さあ、そろそろ帰りましょう」

 

仕方なく、その日はそのまま帰る事にしました。

 

コンビニ前に着くと、

 

「今日はありがとう、楽しかったよ。また会ってくれる?」

 

と言うので、

 

「もちろんです」

 

と言うとお母さんは、とびきりの笑顔で帰って行きました。

 

旦那がいない日に誘われました

 

僕は家に帰っても、しばらくボーッとしていました。

 

今まで一緒だったお母さんと別れると、なんだか切なくなってくるんです。

 

どうやらお母さんを好きになってしまったようでした。

 

それから何回か店に来ていたんですが、僕も忙しくて挨拶程度でしか出来ませんでした。

 

夜は旦那さんがいるので会えません。

 

そして数日後の土曜日でした。

 

珍しくお母さんから携帯で電話がありました。

 

「ねえ、今夜会えない?」

 

と聞かれました。

 

旦那さんが趣味の夜釣りに出かけるので、朝まで帰らないとのことです。

 

その日僕は、18時に仕事が終わることを伝えるとお母さんは、

 

「本当?じゃ、19時にあのコンビニで」

 

と言われて会う約束をしました。

 

急いで家に帰ってシャワーを浴びてからコンビニへ向かうと、お母さんの軽自動車はありましたが、車には乗っていませんでした。

 

コンビニを見ると、浴衣を来たお母さんが買い物をしていました。

 

僕を見つけると、

 

「あら来たのね。ちょっと飲み物を買おうと思って」

 

と言うと、

 

「この浴衣どう?」

 

と僕に見せつけてきました。

 

浴衣姿でニッコリと微笑むお母さんを見ると、可愛くて色気も一段と増して見えました。

 

「綺麗ですよ」

 

と言うと、

 

「浴衣が?」

 

と自分で言って笑っていました。

 

その様子がめちゃくちゃ可愛く思えました。

 

「今夜、花火大会でしょう?知ってた?」

 

「あれ、そうなんですか?知りませんでした」

 

「あら~ダメじゃない、そういう情報は知っとかないと、一緒に花火見に行くのよ」

 

そう言われて出発し、花火会場から少し離れた丘の展望台へ行きました。

 

誰も来ないと思って行った場所でしたが、家族連れや恋人が数組来ていました。

 

まだ花火が始まる前なので、みんな車の中でした。

 

僕達も車の中でしゃべりながら待っていました。

 

狭い車内には、お母さんの香水のいい匂いがしています。

 

しばらくすると、ドーン、ドーンと花火の音が聞こえてきました。

 

浴衣にノーパンで来てた?

 

車からあちこちから人が降りてきました。

 

10人ぐらいでしたが、もう辺りはすっかり暗くなっていました。

 

僕とお母さんは、自然とお互いの腰に手を回しながらくっつき、花火を見物していました。

 

「綺麗ね~、花火なんか見るの久しぶりよ」

 

「旦那さんとは行かないんですか?」

 

「あの人は花火よりお酒って感じだもん、最近は会話も少ないし」

 

それを聞いて、僕はなんだか嬉しくなりました。

 

(今でも夜は旦那さんとセックスしてるのかな?)

 

と想像して嫉妬する事もあったんです。

 

腰に回した手を少し下げ、お母さんのお尻を触ってみました。

 

「ダメよ」

 

と言いながらも笑顔なんです。

 

なので、構わずお尻全体を撫で回していると、下着のラインが無いみたいなんです。

 

(あれっ?下着穿いて無いの?)

 

と気になったので、思い切って聞いてみました。

 

「穿いて無いんですか?」

 

聞くと、お母さんは何も言わずに、ニコニコと笑っているだけなんです。

 

田舎の花火なので、20分ほどで終わりました。

 

他にいた人たちは、花火が終わると帰っていき、残ったのは僕とお母さんの二人だけになりました。

 

夜景を見ながら、お母さんとキスをしました。

 

キスしながらお尻を撫でるとお母さんが、

 

「さっきの答えよ」

 

と言って僕の手を取ると、浴衣の前を少し開き、手を導いたんです。

 

超ビックリでした。

 

いきなり陰毛に触れたので、やっぱりお母さんはノーパンだったんです。

 

僕はそのままオマンコに触れ、確認するように指で割れ目をなぞると、脚を少し開き気味にしてきました。

 

オマンコはすでに濡れていました。

 

指を中に入れ込むと、

 

「あんっ」

 

とお母さんは声を漏らしました。

 

二本の指でゆっくり出し入れすると、僕の肩を掴んだ手に力を入れて耐えているようでした。

 

クチュクチュと卑猥な音が聞こえています。

 

お尻を突き出してきました

 

お母さんは、ズボンの上から僕のチンコを撫でてきました。

 

すでにギンギンの勃起状態でした。

 

「ねえ、ここでしよう?」

 

お母さんは手すりに手を付き、浴衣の裾を捲ると、暗い中でも分かるくらい真っ白で大きなお尻を出して突き出してきました。

 

僕は興奮してお尻をしばらく撫で回していましたが、

 

「や~ん、恥ずかしいから早く~」

 

と催促されたので、お母さんの尻肉を開き、これ以上ないほどビンビンになった勃起チンコを、オマンコめがけてズブズブ挿入していくと、すんなりと奥まで入っていきました。

 

お母さんは自分から前後に腰を動かしながら、

 

「とうとうエッチしちゃったのね、あたし達」

 

と言いながら、

 

「あんっ、あんっ」

 

と喘ぎ声を出していました。

 

僕はあっという間に限界が来てしまい、

 

「もうイキそうです」

 

と言うと、

 

「中はダメよ、外に出してね」

 

と言われたので腰のスピードを速め、イク瞬間にチンコを引き抜き、外に射精しました。

 

ビュッ、ビュッと凄い勢いで精液が飛び散りました。

 

お母さんは僕の方を振り向くと、しゃがみこんで、なんと射精したばかりの僕のチンコを、お掃除フェラしてくれました。

 

「大きいのね~娘にもこれを?」

 

「それが・・・してないんです。キスも一回だけです」

 

「あら、そうだったの?じゃあ私が初めて?」

 

「いえ、高校卒業する時に、先輩にソープへ連れて行ってもらいました」

 

と正直に話ました。

 

「あら~残念、あたしが筆下ろししてあげたかったな」

 

と言うと、まだ勃起したままのチンコを執拗に舐めてきました。

 

ジュポジュポと頭を上下に動かしながら、金玉もさわさわしてくれます。

 

フェラチオしているお母さんの姿を見ていると、またすぐに射精感が込み上げてきました。

 

「ああっ、また出ちゃいます」

 

と言うと、

 

「いいわよ、このまま出して」

 

と言うとお母さんは、ギュッと力を込めてチンコを握り締め、口をすぼめて亀頭に吸い付き、高速で手コキしてきたんです。

 

我慢できずに、ドクンドクンとお母さんの口の中に射精してしまいました。

 

元カノとはいえ、恋心を抱いてしまったお母さんとセックスできたんです。

 

僕は嬉しくて、お母さんをしばらく抱きしめていました。

 

元カノのお母さんにセフレをお願いしたら・・・

 

車内に戻と僕は、

 

「オマンコ見せて下さい」

 

とお願いしてみました。

 

「エッ、見たいの?もう年だし、綺麗な物じゃないよ」

 

「いいんです、見せて下さい」

 

しつこくお願いすると、

 

「しょうがないわね、確かダッシュボードに懐中電灯があったと思うけど」

 

と言って懐中電灯を取り出しました。

 

そしてお母さんは裾を捲りながら、足を開いてくれたんです。

 

僕は明かりを点けてじっくり覗き込むと、

 

「や~ん、恥ずかしい」

 

と声を上げました。

 

今まで僕のチンコが入ってたオマンコは、まだ濡れていました。

 

ビラビラがいやらしく見えます。

 

指で弄ると、

 

「あ~ん」

 

と、また声を出していました。

 

聞くと、お母さんは3年以上も旦那さんとはセックスしていないそうです。

 

もう完全にセックスレスですね。

 

そこで僕は聞いてみました。

 

「僕がセフレになってもいいですか?」

 

「えっ、セフレ?」

 

「セックスフレンドのことです」

 

「いいわよ、私がお願いしたいくらいよ」

 

嬉しくて飛び上がりそうでした。

 

今では、時々会ってラブホテルでセックスしてます。

 

お母さんの一番好きな体位は、後背位だそうです。

 

下付きのオマンコで、正常位よりバックからの方が気持ちいいそうです。

 

なので、僕は後ろから挿入して、お母さんの揺れるおっぱいを揉みながらズコズコ突いて楽しんでいます。

 

ラブホでは、お母さんは淫らに乱れまくって、ドエロモード全開なんです。

 

今では恋愛感情は薄れてきて、年上で気の合うセックスフレンドとして、楽しくやりまくっています。