Pocket

 

近親相姦 騎乗位
画像はイメージです

 

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

インポが治り、姉が勃起したチンポをフェラチオ

 

「よかった、苦労した甲斐があったってもんだわ」

 

「ねぇ、姉貴。せっかくだしさ、最後まで面倒見てくんない?」

 

「え?最後まで?どういうこと?」

 

「あの~、その~、もうちょっと・・・お口でしてくんない?」

 

「まあっ!勃起した途端にそんなこと言って。勇二はインポを治してって相談してきたわけでしょう?もう目的は達成したじゃないの!」

 

「それはそうなんだけど、姉貴のフェラチオ、すっげー気持ち良かったからさ、もう一回だけ、お願いします。お姉さまっ!」

 

「まったく、もうっ!しょうがないわね。じゃ、もう一回やってあげるわ。だけど、お口の中で出したりしたら承許さないからね、イク時はちゃんと言いなさいよ」

 

「本当?やったぁー!じゃ、お願いします、お姉さまっ!」

 

俺はビンビンのチンポを姉の顔の前に突き出した。

 

「本当にすごいおちんちんね、青筋が立ってるわ、なんだか男らしい」

 

そう言うと姉は、顔を横にして、竿を挟むように咥えた。

 

「あっ、くはぁっ!」

 

想定外の快感に、俺の体は仰け反った。

 

姉の顔が、俺のチンポに沿ってスライドしている。

 

(き、気持ちいい!)

 

俺は立っていられなくなり、ソファにくずれ落ちるように座った。

 

再び姉が俺の下半身に近づく。

 

「ふふっ、気持ちいい?ハーモニカフェラって言うのよ。次は今度はこんなのはどう?」

 

そう言うと姉は、思い切り俺のチンポを喉奥まで咥え込んだ。

 

ジュルジュルッ!

 

音を立てて、姉の口いっぱいに吸い込まれる俺のチンポ。

 

姉の頬が大きく凹んだ。

 

口の中の舌と粘膜がチンポを締め付け、ジュルジュル擦られて、たまらなく気持ちいい。

 

そのバキュームフェラが何度も続いたかと思うと、今度は姉の唇が先端部分で止まり、舌をカリ首に這わせながら亀頭全体を刺激してきた。

 

カリ首と亀頭が同時に責められて、気持ちよすぎて俺の腰はモゾモゾしっぱなしだった。

 

様々なフェラチオテクニックを駆使され、俺は射精感が込み上げてきた。

 

興奮した姉ちゃんがオマンコに・・・

 

「あ、姉貴!そろそろ、やばいかも」

 

姉は俺のチンポから口を離し、俺のことをじっと見つめる。

 

「何言ってるの、お楽しみはこれからでしょう」

 

「・・・?」

 

姉の言ってる意味が分からず、返答に困る俺。

 

「勇二のおちんちんがスゴすぎて・・・ちょっと、試してみたくなっちゃったわ。お姉ちゃんとじゃ、嫌やかしら?」

 

「ええっ?・・・それって、どういう?」

 

「んもうっ、分かるでしょ?私、入れたくなっちゃったの。だって、こんな立派なおちんちんなんだもの、ね、しちゃおうよ、セックス」

 

「本当に?いいの?」

 

「いいわよ、でも勇二は初体験なんでしょ?お姉ちゃんでいいの?」

 

「もちろんに決まってるよ。姉貴は美人でスタイルもいいし、全然OKだよ!」

 

「嬉しい。じゃ、私が上になってリードするから。勇二、初めてだから、分からんないでしょ?」

 

「やったー!お、お願いします。お姉さまっ!」

 

「都合のいい時だけ、そんな呼び方して!いい?それじゃいくわよ」

 

そう言って姉は、俺の腰に跨ってきた。

 

「ふふっ、本当にインポが治ったのか、お姉ちゃんの体で確かめてあげる」

 

姉はそう言うと、オマンコを俺のチンポに沈めてきた。

 

すでに充分に濡れている姉のオマンコ。

 

ズリュズリュと、音を立てるかのように、挿入されていく俺のチンポ。

 

「はぁっん!すごいっ!」

 

「ああっ、姉貴ぃ!はあっ、何これ?ほおぉーーっ!」

 

初めて女性のオマンコの中に入った俺のチンポ。

 

温かくて柔らかいものに包まれ、そこはめくりめく快楽の世界だった。

 

肉襞がうごめき、それが収縮を繰り返して、俺のチンポを締め上げてくる。

 

「勇二っ!これが、セックスよっ!私たち、今繋がってるのよぉ!あんっ!あんっ!ああぁぁんっ!気持ちイイィっ!」

 

「こ・・・これが・・・オマンコ・・・セックス・・・」

 

これまで自分がしてきたせんずりとは別次元の気持ちよさ。

 

「あ、姉貴ぃぃっ!!ああっ!イィッ!あぁっ、くはぁっ!」

 

「まだよっ!まだ出しちゃ駄目だからね!」

 

「そ、そんなんこと言ったって、そんなに激しく動かれたら、俺、俺我慢できないよぉっ!」

 

「何が激しいのよ。これ位で激しいなんて、情けない!激しいって言うのは、こういうのを言うのよっ!」

 

そう言うと姉は、腰の動きを、前後左右にグリングリンと、激しくグラインドするように動かしてきた。

 

親父にもぶたれたことないのに

 

まるでロデオにでも乗っているかのように、俺の腰の上で腰を動かしまくる姉。

 

「あぁっ!もう駄目だぁ。姉貴っ!そ、そんなぁっ!」

 

俺はめちゃくちゃ気持ちが良く、もう射精寸前だった。

 

俺は射精してしまう前に、姉からいったん離れようと腰を回転させようとした。

 

「まだまだーっ!」

 

姉は俺の動きを読んでいたかのように、腰を押し付け、俺を押さえ込んできた。

 

「抜こうとしたってダメよ。まだまだこれからなんだから・・・あっ!」

 

さらに激しくなる姉の腰振り。

 

「そ、そんな・・・、俺もう無理だよ、うぅっ、我慢できない・・・」

 

姉の猛攻の前に、泣きそうになる俺。

 

その時、姉の手の平が俺の頬を引っぱたいた。

 

バシィッ!

 

「痛てっ!な、何すんだよっ!」

 

「男だったら、ちゃんと最後まで女の子を満足させなさい!お姉ちゃん、もう少しでイキそうなんだから」

 

「そ、そんなこと言ったって・・・俺初めてだし・・・姉貴が、そんなに激しく腰動かすから・・・」

 

俺が口答えすると、さらに姉の手の平が飛んできた。

 

バシィッ!

 

「もうちょっとなのよっ!もうちょっとで、私だってイキそうなんだから。我慢しなさい勇二っ!男でしょっ!」

 

そう言いながら、腰を激しくグラインドさせ続ける姉。

 

「二度も・・・親父にもぶたれたことないのに!」

 

「勇二がだらしないからでしょ!ほらっほらっ!こういうのもあるわよ!」

 

姉は俺の身体の上で、グルリと回りだす。

 

チンポは姉のオマンコに挿入されたままだ。

 

「えっ!姉貴、一体何を?」

 

姉は180度体を入れ替え、向こう側を向いた。

 

(これって、バックでしてるってこと?)

 

俺の疑問などどうでもよく、姉は腰を上下に動かす。

 

じゅぽっ、じゅぽっ、じゅぽっ。

 

リズミカルに姉の身体が上下に動く。

 

姉の尻の肉が、たぷんたぷんと俺の体にぶつかり、恥骨も刺激されて、言いようのない気持ちよさだ。

 

姉は喘ぎながら、前かがみの体勢になった。

 

姉の腰が少し宙に浮くようになり、結合部がくっきり見えた。

 

(す、すげえ。俺のチンポと姉のマンコが出入りしてる。丸見えでいやらしすぎる。これはエロ動画ではなく、現実のセックスなんだ)

 

姉が体勢を変えたことで、膣内での具合が変化した。

 

膣壁深くまで、亀頭が押し当たる感じがする。

 

「勇二っ!すごい!すごいのっ!奥にっ、奥に当たってるのぉっ!」

 

姉の両手がぶらぶらしていて手持ち無沙汰だったので、俺はそれを掴んだ。

 

「いやんっ!何ぃ?何なのぉっ?」

 

体位を変えたおかげで刺激される部分が変わり、先ほどの射精感は薄れてきた。

 

多少は姉の身体を楽しむ余裕ができた。

 

姉貴のオマンコに大量中出し

 

俺は自分からも腰を突き上げてみた。

 

「ああっ!ひいっ!ひあっ!」

 

姉の喘ぎ声がいっそう大きくなる。

 

「どうした?姉貴!」

 

俺はズドンズドンと下から突き上げ、姉の子宮口に亀頭をぶつける。

 

「ちょ、ちょっと!そんなに・・・突いたら・・・おかしくなっちゃうでしょ!」

 

「おかしくなっちゃえよ!イキたかったんだろう?姉貴?」

 

「いやあんっ!んもうっ、あんっ、あんっ、イヤあっ!」

 

「ああっ!姉貴がそんなに感じてるなんて、俺もヤバくなってきたよ・・・」

 

俺もたまらずに腰の動きを早める。

 

それに応えるように、姉も腰を動かす。

 

「んっ!はぁっ!いいようっ!勇二のっ、おちんちんっ!駄目ェッ!イキそうっ!イヤッ!イヤァッ、イヤッ!」

 

「あっ、うぅっ!姉貴、俺も、俺もイクーーッ!我慢の限界だぁっ!」

 

ついに訪れた射精の瞬間。

 

「イク・・・イク・・・イクーーーーーーっ!」

 

もう止められない。

 

俺は、姉のオマンコの中で、射精を覚悟する。

 

「駄目よぉっ!中はダメーーーっ!」

 

姉はそう言っているものの、抜く気配はなく、腰は密着させたままだ。

 

俺は姉の腰をむんずと掴んで引き寄せ、オマンコの奥にチンポを押し当てながら射精を開始する。

 

「姉貴ぃ、姉貴ぃ!あああああああーーーーーッッッ!!」

 

「イヤァァッ!アァンッ!ダメええぇっ!」

 

姉の膣奥深くに、ものすごい勢いで放出される俺のザーメン。

 

ドクンドクンと何度も俺の肉棒が波打っている。

 

「え?まだ?まだ来るの?まだ来てるの?」

 

姉が驚くのも無理はない。

 

俺だって、こんなに長い射精感と、大量のザーメンを出したのは初めてだ。

 

2週間の間に生産されて溜め込まれた大量のザーメンが、一気に姉のオマンコの中に注ぎ込まれてしまったのだ。

 

またインポになった時は・・・

 

しばらくして、ようやく俺の射精が終わった。

 

ポタポタと姉のオマンコから滴り落ちるザーメン。

 

「もうっ!ダメでしょっ、中で出したりしちゃ。赤ちゃんできたらどうすんのよ!私たち姉弟なのよっ!」

 

「ご、ごめん・・・あまりの気持ち良さに、つい・・・。」

 

「まったく、もう!いけないおちんちんね。さっきまでインポだったなんて、本当に信じられないわ」

 

「姉貴、本当にありがとう。俺、すごく心配だったんだ。このまま、ずっとインポのままなんじゃじゃないかって。でも良かった。姉貴のおかげで治ったし・・・もしも、またインポになっちゃったら、その時も、お願いしていい?ね?」

 

「それって、またインポになっちゃったらってこと?ってことは、普通に勃起する時は、お姉ちゃんに用は無いってこと?」

 

「へ?いや、そういうことじゃ、その・・・」

 

「別にいいじゃん、インポにならなくたってさ。お姉ちゃん、勇二のおちんちん、何か気に入っちゃったんだよね。これからも、気持ちイイことしよ、ね?」

 

「え!いいの?マジで?やったぁ!」

 

「ふふっ!こいつぅ!」

 

姉が俺の頭をポンッと叩いた。

 

「あっ!勇二、また勃起してるじゃない」

 

「そ、そりゃあ2週間ぶりだったからね。1回出したぐらいじゃ、まだまだ物足りないよ」

 

「それじゃあ、私の部屋でもっと楽しみましょっ」

 

そう言うと姉は、俺の唇に自分の唇を重ねてきた。

 

姉とセックスはしたものの、キスは初めてだった。

 

それが俺にとってのファーストキスだった。

 

(俺って、ファーストキスの前に初体験しちゃったんだな)

 

それも実の姉と初セックスなんて。

 

俺は苦笑いした。

 

そんな俺に姉が言った。

 

「勇二、早く行くわよ、私のお部屋に」

 

姉は俺の手ではなく、勃起したチンポを握りながら、自分の部屋に俺を引き連れていった。