Pocket

ポルチオイキセックス
画像はイメージです

 

恋愛感情のない男友達と二人きりに

 

私はお酒を飲むと、必ずというほどエロくなってしまってしまい、勘違いされて今まで何度もお持ち帰りされた経験があります。

 

目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔してまったく覚えてないとか、そういう記憶がなくなるとかではないんです。

 

ちゃんと覚えてるし、酔うとエッチになるというか、人肌恋しくなってセックスしたくなるんです。

 

私って、寂しがり屋さんなのかもしれません。

 

彼氏がいる時は、当たり前だけど彼氏とセックスします。

 

浮気なんかしたこともありません。

 

問題は彼氏がいない時なんです。

 

でも酔っぱらいながらも、相手を選んでいるみたいなんです。

 

初対面とかは無理だけど、多少は私に興味を持っている人だとついつい・・・。

 

私からじゃなくて、男性から言い寄られると、酔ってエロい気持ちになってるし、断れずに後は勢いっていうか、付いていっちゃうんです。

 

自分でも

 

(もっと相手を選べよ)

 

って後から思う事もあるけど、お酒が入ると駄目なんです。

 

男性とキスしたり、抱き合ったりしてセックスしたくなっちゃうんです。

 

決して痴女ってわけじゃないですよ。

 

そんな私ですが、先日置き去りにされました。

 

仮にK君としておきます。

 

K君は、友達の彼氏の友達です。

 

その友達の家でホームパーティがあり、そこで初めて会って紹介されたのがK君で、他に何人かいた中の一人です。

 

その友達を中心とした集まりは、みんな仕事もバラバラで個性的な人が多く、結構楽しくて、時々集まっては遊んだり飲んだりしてました。

 

いつも同じ顔触れってわけじゃなくて、K君もいたりいなかったりです。

 

その頃私には彼氏がいたから、飲んでエロくなっても、その仲間の誰かとエッチな関係になることもありませんでした。

 

K君はバックパックにカメラを詰めて、海外を放浪して写真に撮り、お金が無くなると日本に戻ってきてアルバイトしてお金を貯め、そしてまた放浪の旅に出るというアグレッシブな男性でした。

 

そのK君が、私に関心があるっぽい気配は、うすうす感じていました。

 

海外に行った時の話なんかは面白いし楽しい人だけど、恋愛感情とかは全然なくて、セックスしたりってのもありえないと思っていました。

 

ただ、一緒にいて楽しい仲間の一人って感じです。

 

しばらく月日が経って、私は彼氏と別れることになりました。

 

そんな中ある日、何人かで集まって飲んでて、K君の海外放浪話で盛り上がり、その時の写真を見せてもらおうということになり、流れでみんな一緒にK君のアパートに押し掛けたんです。

 

今思えば、あれは仲間の作戦だったのかもしれません。

 

みんな私が彼氏と別れたのを知ってましたし・・・。

 

K君の家で飲んで話しているうちに、いつの間にか他の仲間は一人二人と帰ってしまって、気が付くとK君と二人っきりになってたんです。

 

襲われたけど酔って抵抗できない

 

そうなる前に帰れよって話なんですけど、その時点でわたしはかなり酔っぱらってたんです。

 

だって、酔ってなければ二人っきりになる前に帰ってたはずですし。

 

自分でも

 

(緩い女だな)

 

と思います。

 

これじゃ私から誘ってるのと一緒ですよね。

 

おしゃべりがだんだん途切れてきて、目が合いました。

 

K君目がマジです。

 

(やばい、どうしよう)

 

とか思うんですけど、酔っぱらってて行動が取れません。

 

(このままじゃ襲われる、まだ間に合う、立ち上がれ)

 

と頭の中で自分を奮い立たせようと考えるんですが、酔ってエロくなってるので本気で思ってないんでしょうね。

 

そしてついにK君にキスされました。

 

K君も恐る恐るみたいで、控えめな軽いキスでした。

 

そこで拒否すれば、おそらくK君は遠慮してくれたと思います。

 

だけど私は、いつものように酔ってエロくなってました。

 

キスに応えちゃったんです。

 

だってキスなんかされたら、ビリビリッて電流が流れちゃったんですもん。

 

あ~んもう、引き返せないじゃないですか。

 

K君はいったん顔を離し、私の目を見つめて探っている様子でした。

 

私は

 

(なにか言わなきゃ)

 

って思ってはいるんだけど、何も反応できず、何も言えず、K君と見つめ合ったままでした。

 

そして、無言で目を合わせたままの状況に耐えられなくなって、目をつぶっちゃいました。

 

男性からしたら、そこでOKもらったと思いますよね。

 

案の定、K君にギュッと抱きしめられ、さっきの軽いキスとは違って濃厚なディープキスされました。

 

(だめーっ)

 

と心の中では叫んでいるのに、全然行動がともなってません。

 

というより、エロくなってる私もディープキスに応えてます。

 

キス好きなんですよね、パンツも濡れてきちゃいました。

 

K君に強く抱きしめられてディープキススしてると、段々息が苦しくなってきました。

 

唇が離れた時にようやく、

 

「K君痛いよ」

 

と言いました。

 

でもそんな言い方って、次へ進んでってお願いしてるようなもんですよね。

 

K君は

 

「ごめん」

 

って言って腕の力を緩めてくれたんですけど、私は素早く抱き抱えられて、ベッドに連れて行かれちゃいました。

 

一瞬冷静になって、

 

(下着は何色だっけ?)

 

って気になったんだけど、K君は下着に興味がないのか、あっという間に服を脱がされ、裸にされちゃいました。

 

覆いかぶさられて、両手首を押さえられ、じっと見つめあうと、明らかにK君は興奮しています。

 

そして唇から首とK君が舐めてくると、荒い息づかいが耳元で聞こえてきます。

 

ここまできちゃうと、

 

(だめだよー)

 

と思ってるんだけど、酔ってエロな私は、体の力が抜けてきていました。

 

私の力が抜けたことが分かったのか、K君は両手を離して裸になり、キスをしながら、わたしのおっぱいを揉み、乳首を摘んできました。

 

痛くはないけど、力が強くてちょっと乱暴なんです。

 

(こんなのいやだ)

 

力任せなのって苦手なのに、その日の私はやっぱり変でした。

 

そこからいきなり乳首に強く吸い付かれて、

 

「んっ」

 

って声が出ちゃいました。

 

K君の指がおっぱいから下へと降りて行きます。

 

ここまできても、頭の中の片隅にはまだ、

 

(K君とエッチしちゃダメ)

 

っていう私がいるんです。

 

本当なんですよ。

 

「いやっ」

 

ってK君の腕を両手で掴んだんです。

 

でも全然力が入ってないし、K君は私がただ恥ずかしがってるだけだと思ったかもしれません。

 

簡単に私の両手は、頭の上でK君の片手に押さえられてしまいました。

 

もう動けません。

 

K君の指はクリちゃんに到達しました。

 

ポルチオイキが気持ちよすぎて中出し

 

自分でもいやらしい液でビショビショに濡れているのが分かります。

 

クリトリスを弄られ、オマンコに指を入れられ、クチュクチュされました。

 

それも結構力任せで、普段だと嫌がるのに、私はどうしちゃったのか気持ちいいんです。

 

K君は手を離して、私の足の間に腰を入れてきました。

 

両腕で私の膝下に手を差し込み、抱え上げながらいきなりおちんちんを挿入してきました。

 

(えっ!もう入れるの?生じゃん!だめっ!)

 

「待って!あっ、んっ」

 

生挿入に抵抗しようと思ったんですけど、K君の硬いおちんちんがいきなりオマンコの中の気持ちいいスポットろに当たって、感じてしまいました。

 

おちんちんの大きさ、形、角度が、私のオマンコにぴったりはまってる感じなんです。

 

こんな気持ちいいおちんちん初めてです。

 

K君はあちこち角度を変えながら、ズンズン突いてきます。

 

「あんっ、あんっ」

 

めちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

抱き起こされて対面座位になります。

 

乳首を舐められながら、腰をクイクイ動かれて気が遠くなりかけました。

 

そして正常位になって深く突かれると、ポルチオに当たって凄まじい快感が訪れました。

 

もう喘ぎ声が止まりません。

 

足をM字みたいに折り畳まれ、膝を押さえられた状態で、K君の腰の動きがスピードを増しました。

 

自分の膝でおっぱいが押しつぶされるような恥ずかしい体勢です。

 

K君はいろいろ角度を変えて、子宮に当たるように奥にもガンガン突いてくるので、ポルチオに何度も当たって気持ちよすぎます。

 

「イッちゃう!イッちゃう!」

 

そう言う私を見たK君は、さらにスピードを上げます。

 

(中に出すのは止めてー!)

 

って頭の中では叫んでいるんですけど、

 

膝を押さえられていて離れられないし、そもそも気持ちよすぎてそれどころじゃないんです。

 

「イクーーっ!」

 

絶叫して絶頂しちゃいました。

 

それと同時にK君も、私のオマンコの中でドクドクって射精していました。

 

あ~あ、結局中出しされちゃった。

 

K君が寝ちゃった後、ふらふらしながら服を着て帰りました。

 

もう夜が明けてたんです。

 

K君とセックスしたのはこの一回だけです。

 

K君は私と付き合いたかったみたいですけどね。

 

私はどうしてもK君に対して、恋愛感情が持てませんでした。

 

妊娠はしなかったですけど、勝手に中出しされたのは、いつまでも引っかかっていました。

 

力任せに一方的に責められ、乱暴なセックスされたのも嫌でしたし。

 

でもK君の硬いおちんちんでポルチオイキできたから、体の相性は良さそうでした。

 

そういう点からすると、恋愛感情を持てないK君とのセックスは虜になる可能性もあり、それは怖いです。

 

セフレが欲しいわけじゃないし。

 

でも、ポルチオイキは超気持ちよかったなぁ~。

 

もう一回セックスしたら、あのおちんちんの虜になっちゃうかもしれません。

 

また酔って二人きりになりたいのか、なりたくないのか、よく分からなくなってきました。