Pocket

男の潮吹き
画像はイメージです

 

カリデカチンポにおばさんはうっとり

 

とある団地に住む高校2年生です。

 

俺が童貞を奪われたのが、団地内に住む男好きなおばさんでした。

 

高校1年の夏休みの時ですが、まさか団地内のおばさんとセックスするとはまったく思ってもいませんでした。

 

俺が住む隣の棟の佳子さんと言うおばさんで、当時は40歳で年の割には若くて綺麗なんですが、化粧が濃くて、ちょっとケバイ感じもするおばさんでした。

 

男好きの佳子さんは、特に若い男が好きで、童貞狩りで高校生を中心に食い漁っているみたいなんです。

 

その中でも気に行った男には、セックスのテクニックや変態プレイも教え込んでいたそうです。

 

俺が佳子さんに喰われた時は、ちょうど新しい若い男を探していたようです。

 

しかも、男に潮を吹かせるテクニックをエロ仲間に教えてもらったそうで、それも実験したかったみたいです。

 

俺が童貞を奪われた当日は、たまたま団地で佳子さんと出会い、平日の昼間に部屋に連れていかれました。

 

童貞狩りをしているせいもあってか、若い男の扱いには慣れている感じでした。

 

部屋に入ると佳子さんは体を密着させてきて、ズボンの上からチンポを撫でてきました。

 

びっくりしましたが、おばさんといえども綺麗な女性に触られると、あっという間に勃起します。

 

佳子さんは勃起したのを確認すると、ズボンのチャックを下ろし、手を入れて直接俺のチンポを握ってきました。

 

「16歳でこのおちんちんは初めてだわ。太くて長いの男の子はいるけど、こんなにカリが太いのは初めてよ」

 

と俺の顔を見ながら言いました。

 

しばらくパンツに手を突っ込まれたままチンポを扱かれると、俺はすぐに逝きそうになりました。

 

「まだ出しちゃダメよ」

 

と言って手の動きを止めたんですが、その後は俺の表情を見ながら、手の動きを速めたり、緩めたりと強弱をつけて手コキされました。

 

「どんなおちんちんか見せてちょうだい」

 

と言って、チャックから俺のチンポを引っ張りだしました。

 

すると佳子さんは、一瞬ハッとした表情で、

 

「いやだぁ・・・こんなにいやらしいおちんちんだったのね・・・おばさんビックリだわ」

 

と嬉しそうに言って、

 

「カリデカチンポだわ・・・素敵」

 

と言いながら、チンポに頬ずりしてきました。

 

そして、

 

「いただきます」

 

と言うと、口を開けて俺のカリデカチンポを咥えました。

 

フェラでごっくん後に男の潮吹き

 

佳子さんは唾を絡ませながら、卑猥な音を出してしゃぶりついています。

 

亀頭を中心にチュポチュポされると、摩擦でカリ首が擦れてめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

しかも片手で竿を扱き、もう片手で金玉を揉んでいます。

 

これだけでもたまらないのに、佳子さんのフェラチオはさらに凄くなります。

 

チンポを吸い込む吸引力が増し、手の動きも激しくなります。

 

童貞の俺が我慢できるはずもなく、たまらずに佳子さんの頭を両手で持ち、つい腰を動かして絶頂を迎えてしまいました。

 

そのまま佳子さんのお口に、ドクドクとザーメンを流し込みました。

 

佳子さんは平然と俺の精子を飲んでいましたが、量が多かったみたいで、口からは俺の精子が溢れて床に落ちました。

 

とてもエロい光景です。

 

佳子さんは、精子をごっくんしてもチンポに吸いついたままで、お掃除フェラで残りの精子を絞り出しました。

 

ようやくチンポから口を離すと、今度は俺の後ろに座って両足を俺の腰の辺りに絡め、後ろから手を伸ばして左手で竿を持ち、右手はカリ首の部分を握りました。

 

佳子さんは、

 

「もっと気持ちいいことしてあげる」

 

と言うと、左手は竿を扱き、右手はカリ首を捻るように動かし始めました。

 

「ちょっとくすぐったいかもしれないけど、我慢してね、気持ちよくなれるから」

 

と言われましたが、俺は想像以上にくすぐったかったので、悶えて少し暴れましたが、足でホールドされていて逃げられません。

 

佳子さんの手の動きは、どんどん激しくなるばかりです。

 

俺は精子とは違う何かが込み上げてくるのを感じ、

 

「出ちゃう!出ちゃいます、あーーーっ!」

 

と言うと佳子さんはカリ首を刺激するのを止め、手の平で亀頭の先を擦り始めると、精子とは違うものがピュッ、ピュッと吹きだしました。

 

頭はボーっとして、体はグッタリになりました。

 

さっきから俺は佳子さんにされるがまま状態です。

 

しばらくの間、男潮を吹かされっぱなしでした。

 

俺の口元からは、ヨダレが垂れまくりの骨抜き状態です。

 

俺はか細い声で

 

「もう無理です」

 

と何度も言ってました。

 

佳子さんは、

 

「まだまだ出るはずよ、カリデカチンポなんだから・・・」

 

と容赦ありません。

 

すでに体は腑抜けで抵抗もできませんが、潮吹く時だけは腰が動きます。

 

団地のおばさん達とセックスしまくり

 

佳子さんは

 

「頑張ったご褒美あげる」

 

と言うと、責められてぐったりしてる俺の横で、スカートの中に手を入れてパンツを脱ぎました。

 

俺をソファーに座らせると、佳子さんは俺の上に股がり、勃起したままの俺のチンポに手を添え、亀頭を挿入すると腰を下ろし、根元まで咥えこみました。

 

佳子さんは腰を上下に動かし、オマンコにカリが引っ掛かるたびに、喘ぎ声を上げています。

 

俺は座っているだけのマグロ状態で、完全に佳子さんに責められ続けています。

 

佳子さんはカリと根元をきつく締めつけながら、ガンガングイグイ腰を振るので、俺はまたすぐに逝きそうになります。

 

カリがパンパンに膨らみ、俺が

 

「もう無理です、出そう・・・」

 

と言うと佳子さんは、俺のチンポを抜いて外で射精させます。

 

それを何度か繰り返していると持ちこたえられるようになり、佳子さんが勝手に逝くこともありました。

 

その日は5時間ほど、佳子さんの性処理相手をさせられました。

 

童貞だった俺は、最初からあんな変態で淫乱な熟女の相手をしたことが衝撃でした。

 

それからというもの、夏休み中は2日に1回は性処理をさせられました。

 

辛いといえども、俺も熟女の淫乱セックスが病みつきになっていってます。

 

その結果俺は、肉食系にもなり、熟女が大好きになりました。

 

佳子さんにいろいろテクニックを仕込まれ、夏休みの終わりになるころには、俺が佳子さんを逝かせまくるほどになっていました。

 

夏休みが終わっても、たまに平日の午前中は授業をさぼって、佳子さんと朝から数回セックスして学校に行くこともありました。

 

さらに佳子さんに、団地内の男に飢えたおばさん達を紹介してもらって、セックスすることもありました。

 

俺の体を使って、佳子さんがおばさん達に、男の潮の吹かせ方をレクチャーしてあげることもありました。

 

おばさん達は俺が潮を吹くと、キャーキャー喜ぶ人もいれば、驚いて目を丸くする人もいて反応が面白いです。

 

ハーレムセックスも何度か経験し、最大で一度に7人もの団地内のおばさんを相手したこともありました。

 

中には、友達のお母さんもいたり、隣のおばさんもいます。

 

極めつけは、俺の通っている高校の女教師2人が同じ団地に住んでいるんですが、2人も俺とは知らずに佳子さんが連れてきて、セックスしたこともあります。

 

佳子さんのお蔭で、団地内のおばさん連中20人ぐらいとはセックスしました。

 

類は友を呼ぶというか、淫乱なおばさんには淫乱な仲間がいるんですね。

 

というか熟女というのは、性に対して貪欲なのかもしれません。

 

普段は大人しそうなおばさんでも、俺とのセックスの時はカリデカチンポを求めて淫らに喘いでいます。

 

俺にとっては最初から普通のセックスではなかったので、ノーマルなセックスをするとそれが新鮮に感じます。

 

変態的なセックスが多いですからね。

 

でも今では、俺が責めたり責められたりと、おばさん達の要望通りのセックスができるようになり、佳子さんには感謝しています。