Pocket

女性恐怖症
画像はイメージです

 

女装コンテストで優勝後・・・

 

僕は女性恐怖症なのですが、その原因になった出来事についてお話ししたいと思います。

 

高校2年生の時のことです。

 

自分で申し上げるのも何ですが、高校の時は女子から意外と人気がありました。

 

でも恋愛の対象というわけではなく、いじられてるみたいな感じでした。

 

おそらく僕が背が低くて華奢な体で、女っぽいというか中性的な顔をしていたからだと思います。

 

僕の学校は毎年文化祭の時に、恒例行事の1つに、女姿コンテストというものがあったんです。

 

各学年で代表を3人決定し、本気で女姿をして投票で優勝を決めるという、毎年非常に盛り上がっている企画なんです。

 

それで女っぽい僕は、文化祭前には女子から、

 

「栄治は絶対に女姿コンテストに出すからね」

 

と言われてました。

 

僕は内気だし、正直言うと嫌だったんですが、断る勇気もないので出場することに決まってしまいました。

 

そして文化祭当日になると、女子達は気合いを入れて、セーラー服やメイク道具を持ってきて、キャッキャとはしゃいでいました。

 

僕は女子達にされるがまま、女姿させられました。

 

小一時間ほど時間をかけて女姿が終わると、

 

女子「やばい!!栄治めっちゃ可愛い」

 

「絶対優勝じゃない?だって誰よりも可愛いもん」

 

「女の子に生まれてたら、モテモテだったかもねー?」

 

僕「そんなわけないよ」

 

そうは言ったものの、化粧後の顔を鏡で見ると、女の子にしか見えなくてビックリしてしまいました。

 

そして実際に文化祭の女装コンテストでは、女子の言う通り圧勝で優勝することができました。

 

無事にコンテストが終わってほっとしましたが、まだメイクを落とす作業が残っています。

 

女子から、

 

「メイクを落とすんだけど、ちょっと体育館裏のトイレに来て」

 

と言われて行ったんですが、後から考えると、この時点でおかしいと思わなければいけませんでした。

 

体育館裏にあるトイレというのは、男女兼用なんですが、校舎からも離れた位置ということもあって、ほとんど使う人はいませんでした。

 

しかし僕は、

 

(メイクを落とすのが、他のみんなの邪魔になるからかな?)

 

とあまり深く考えずに、女子に言われた通り、体育館裏のトイレに行きました。

 

そこには同級生の千佳と里美と由紀、そして3年生の直子先輩と玲子先輩と由美先輩がいました。

 

この3年生女子3人は、学校でも結構有名でした。

 

ヤンキーと言うほどでもないのですが、多少の怖さはあり、しかし3人とも美人ということで、生徒からは一目置かれている存在の人達でした。

 

女子達に囲まれて無理やりキス

 

僕は先輩女子がいることに驚き、

 

僕「どうして先輩達もいるんですか?」

 

と聞くと、

 

玲子先輩「別にいいじゃん、君が可愛いから見に来ただけだよ」

 

直子先輩「近くで見たら本当可愛いねー」

 

由美先輩「私たちがいたら困るのかなー?」

 

とか言って先輩達はニヤニヤしてて、かなり不気味でした。

 

そしたら千佳が、

 

千佳「栄治、メイク落とすから、トイレの中に入って!」

 

(変だな~)

 

と思いながらも僕がトイレに入ると、先輩達もみんな入ってきて、何故か鍵を閉められてしまいました。

 

そんなに広くないトイレなので、7人も入るとさすがに窮屈です。

 

僕「な、何で先輩達も入ってくるんですか?」

 

由紀「みんなでメイク落とすの手伝ったほうが早く終わるでしょ」

 

里美「ほらほら、そこに座って」

 

僕は便座に無理やり座らさせられました。

 

玲子先輩「いやー、ほんと可愛いねー、メイク落とすのもったいないね」

 

由美先輩「メイク落とす前に楽しんじゃおっか」

 

由美先輩のその言葉と同時に、僕は6人がかりで押さえつけられました。

 

僕「な、何するんですか!」

 

僕は抵抗して暴れましたが、トイレは狭いし、便座に座っているので、思うように力が出ません。

 

それに華奢で小柄な僕には、6人の女子の力には勝てませんでした。

 

玲子先輩「女の子がそんな言葉使っちゃダメでしょ」

 

由美先輩「そうだよ、キャーとか、やめてよっ、とか言わないと」

 

僕「ふざけないでください、本当に止めてください」

 

由紀「やめるわけないでしょ、この日のために気合い入れて栄治に女姿させたんだから」

 

千佳「みんなこの日を待ってたんだからね、泣いても喚いても無駄だよ」

 

直子先輩「栄治君は彼女いないんだよね?じゃー童貞かな?」

 

僕は目を逸らして下を向きました。

 

玲子先輩「キスもまだしたことないのかな?じゃあ私がファーストキス奪っちゃお」

 

そう言うと、玲子先輩はいきなり僕にキスしてきました。

 

しかも激しく舌を絡めてくるディープキスをされました。

 

僕は中学の時に短期間だけ彼女はいましたが、手を繋いだぐらいで、キスもせずに別れたので、本当にこれが初めてのキスでした。

 

ただもうびっくりして、訳が分からなくなって頭がボーッとしていました。

 

玲子先輩「あー可愛い栄治君とのキス、とろけちゃいそう」

 

千佳「あれー?栄治涙溜めてんじゃん、そんなに感激した?」

 

僕「誰にも言わないから、もう許して下さい」

 

里美「栄治はバカだねー、そんな泣きそうな可愛い顔で言われたら余計にいじめたくなっちゃうじゃん」

 

直子先輩「次は私!ほらこっち向いて」

 

次は直子先輩にディープキスされ、そのまま他の女子全員にもディープキスされました。

 

勃起したチンコを写真に撮られた

 

僕はあまりに急な出来事だったためか、キスされたことより、恐怖で本当に涙が出てしまいました。

 

しかし、逆にそれが女子達のサディスティックな部分を刺激してしまったようで

 

由美先輩「じゃあそろそろ本番始めよっか」

 

と言うと、千佳がナイフを取りだして、

 

千佳「今から栄治のセーラー服切るから暴れないでね。間違って刺しちゃうかもしれないし」

 

とか言われたので、もう僕は恐怖で震えていました。

 

千佳がナイフで服をズタズタに切り裂きます。

 

僕はミニスカートで、上半身はビリビリになったワイシャツで、肌が露出している恥ずかしい格好にされました。

 

由紀「栄治エロ~い、こりゃ男子が見ても絶対興奮するよ」

 

直子先輩「ほんと肌も白いし、乳首もピンク色だし、おっぱいが小さい女の子にしか見えないわ」

 

玲子先輩「可愛くて嫉妬しちゃうわ~、みんなでこんな子はいじめちゃいましょ」

 

女子達「さんせーい!」

 

次の瞬間、玲子先輩と直子先輩が僕の乳首を舐めてきました。

 

僕「ひあっ!」

 

思わず女子みたいな高い声を出してしまいました。

 

千佳がニヤニヤしながら、

 

千佳「栄治我慢しなくてもいいんだよ?もっと可愛い声で喘いで」

 

とか言って、千佳は由紀と一緒に僕の耳を舐めてきました。

 

女子4人に体中を舐められると、童貞だった僕のチンコはビンビンに勃起してしまいました。

 

それを見た里美が、

 

里美「やだ~栄治ったら~、女の子のはずなのにスカートがもっこりしてる~」

 

由美先輩「あら~いけない子ね~、お仕置きしなくちゃ」

 

すると由美先輩と里美が僕のチンコを握ってきました。

 

僕「はあっ!あっ、んっ」

 

里美がパンツを下ろすと、勃起した僕のチンコが丸見えになりました。

 

里美「やだ~、いやらしい~、こんなに勃起してる~」

 

由美先輩「素敵!これは写真に撮らないと」

 

僕「写真はやめてください!お願いです!」

 

そんなことお願いしたところで、止めてくれるはずがありません。

 

僕を無視して由美先輩は、僕の勃起チンコを中心に、何枚も写真を撮っていました。

 

好きな子がドSで中出しを強要

 

由美先輩「分かってるとは思うけど、誰かに言ったり今からすることに反抗したりしたら、この写真ばらまくからね」

 

里美「そうそう、晴香にも送っちゃうよ」

 

晴香というのは、僕が当時好きだった女子です。

 

何で知られていたのか分かりませんが、晴香に送られるのは本当に嫌だったので、観念して頷くしかありませんでした。

 

しかし、

 

玲子先輩「なになに?栄治君は晴香ちゃんて子が好きなの?」

 

千佳「そうですよー」

 

すると玲子先輩はニヤニヤしながら、

 

玲子先輩「じゃあ、その晴香ちゃんもここに呼んじゃおうよ」

 

由紀「いいですね。晴香も本当はここに来て、栄治のこといじめたいって言ってましたから」

 

僕「嘘だ!晴香がそんなこと言うわけない」

 

里美「バカだねーあんたは、たいていの女子は栄治のこと逆レイプしたいって思ってんだよ」

 

千佳「そうそう、晴香も栄治に優しくしてたらセックスできるかもって言ってたし」

 

玲子先輩「じゃあ決まりね」

 

千佳が連絡を取って10分後、本当に晴香がやってきました。

 

「晴香だよ~」

 

女子達「はーい」

 

晴香がトイレに入ってきました。

 

千佳「意外と早かったね」

 

晴香「だって早く栄治いじめたいんだもん、あっ、栄治私のこと好きなんだって?付き合ってあげてもいいけど、性奴隷にするよ」

 

女子達はそれを聞いて爆笑し、再び僕の体を舐めてきました。

 

僕は好きだった晴香の本心を知り、ショックで呆然としていました。

 

晴香「私のことが好きなら、私が栄治の童貞奪っていいですよね?」

 

そういうと晴香はパンツを脱ぎました。

 

そして僕のチンコを掴み、マンコに無理やり入れてきました。

 

晴香「あ~ん!やったー!栄治の童貞もらっちゃったー!」

 

女子達「良かったね、栄治、憧れの晴香ちゃんとセックスできて」

 

僕「晴香、やめて」

 

晴香「あ~~栄治、いい顔、その苦痛と屈辱に耐える顔を見ると興奮しちゃうわ、もっともっと泣かしてあげる」

 

玲子先輩「晴香ちゃんてドSだね~、じゃあ私達も始めようか」

 

晴香のマンコの中で激しくチンコを刺激され、6人の女子に体中を舐められている僕は我慢できず、

 

僕「晴香、だめ、我慢できない、どいてくれないと、中出ししちゃうよ!」

 

晴香「絶対どかないわよ、栄治の精子、私の中に注ぎ込んで」

 

僕は我慢できず、晴香にドクドク中出ししてしまいました。

 

晴香「あ~ん、栄治の精子が、私の中に入ってる~」

 

僕「うっ・・・うう・・・」

 

晴香「泣いてもだめよ、始まったばかりなんだから」

 

それから玲子先輩、由美先輩、直子先輩、里美、千佳、由紀全員に中出しセックスを強要され、さんざんいじめられ、搾り取られました。

 

女性恐怖症に・・・

 

直子先輩「あ~~気持ちよかった」

 

玲子先輩「栄治君、逆レイプされてぼろぼろになっちゃったね」

 

由美先輩「ほんとにレイプされた後の女の子みたいだね」

 

玲子先輩「さんざんセックスしたから、おしっこしたくなっちゃった」

 

千佳「先輩、そこに丁度いい便器がありますよ」

 

玲子先輩「千佳ちゃん賢いね、そうだった、ここに肉便器があるんだったわ、栄治君口を開けて」

 

僕は泣きながら、

 

「そ、それだけは、本当に嫌です!やめてください!」

 

と言いましたが、玲子先輩は完全に僕を無視し、マンコを顔に押し付けてきました。

 

息ができず、たまらず口を開けた瞬間に玲子先輩は、僕の口の中にマンコを押し込み、放尿を始めました。

 

玲子先輩「あ~気持ちいいわ~」

 

僕は苦しくて暴れましたが、他の女子に頭を押さえつけられていてどうすることもできず、飲むしかありませんでした。

 

すごい臭いと味で気持ち悪く、本当に吐きそうでした。

 

しかも玲子先輩のおしっこはすごい量で、20秒ほど続いたと思います。

 

終わった時にはもう身も心もぼろぼろで、ただ震えて座り込んでしまいました。

 

最後に僕のぼろぼろの状態の写真を撮られ、誰にも言わないことを念押しされた後、ようやくメイクを完全に落として服を着替え、解放されました。

 

しかしそれからは3年生女子達が卒業するまで、頻繁に体育館裏のトイレに呼び出され、いろいろな格好をさせられて逆レイプされました。

 

3年生が卒業した後は、残りの4人は鬱になりかけていた僕を見てさすがに可愛そうに思ったみたいで、そこからはいじめられることもなくなり、普通の高校生活を送ることができました。

 

しかし、今でもその時のことが時々思い出され、女性に対する恐怖心がなかなか消えません。

 

がんばって、これから少しずつでも、女性恐怖症を克服していきたいです。