Pocket

双頭バイブ
画像はイメージです

(前回の続き・・・)

 

↓ ↓ ↓

 

 

レズビアンに気をつけろ

 

僕は来る日も来る日も、部活の前には部室でせんずりさせられ、アンダースコートの中に強制射精させられていました。

 

精液で汚れたアンダースコートは、毎日家に持って帰って、洗濯しなければなりません。

 

親にバレたくないので、こっそりと自分で洗っていました。

 

部室でのせんずりの後は、女子のテニスウェアを着せられて、部活をやらされていました。

 

スカートの下は、何も穿かせてもらえず、フルチン状態です。

 

女子部員達は、スカートの下で揺れるチンポを見て、笑っていました。

 

ある時、1年生の女子部員が僕に、

 

「毎日あんなエッチなことさせられて、嫌じゃないんですか?」

 

って聞いてきました。

 

僕は、

 

「嫌だけど、部活辞めたくても辞めさせてもらえないし、仕方ないんだ」

 

と答えました。

 

「嫌なのに、どうしてアソコが大きくなるんですか?男の人って、みんなそうなんですか?」

 

と不思議そうに聞かれると、困惑してしまいました。

 

なんとも答えようがないんです。

 

恥ずかしいし、嫌なんだけど、やっぱり女子に見られたり、触られたりしたら感じるし。

 

「男はみんなそうなんですか?」

 

て聞かれると、絶対とは言わないけれど、おそらく、ほとんどの男はそうなんじゃないかと思う。

 

でも1年生の女子相手に、そう答えることは出来ませんでした。

 

変態だと思われても困りまししね(もう思われてるかもしれないけど)。

 

だから屁理屈をこねて、適当に誤魔化しておきました。

 

そんな話をしている中で、僕はつい言ってしまったことがあります。

 

「卒業した先輩女子の中には、レズビアンの子もいたんだ。今の部員の中にもレズの子がいるよ。そういう趣味がないなら、気をつけた方がいいよ」

 

馬鹿なことを言ったなと、後になって後悔しましたが、まさに後の祭りでした。

 

ある土曜日のことです。

 

部活が終わったのは午後4時頃だったんですが、その日は部室でのせんずりは強要されなかったし、
女子のテニスウェアを着てフルチンで部活をやらせられることもありませんでした。

 

何だか不気味でした。

 

日課のようになっていて、僕も毎日覚悟していたことですから・・・。

 

そしたら部活が終わった後、先輩女子2人に、

 

「ちょっと今から付き合いなさいよ」

 

と誘われました。

 

レズプレイでまたしても寸止め

 

仕方なく付いて行くと、あの忘れられない場所に近づいて行ったんです。

 

それは、去年卒業した先輩女子達に、レズプレイを見せ付けられたラブホテルでした。

 

僕はまたしても、そのラブホに連れ込まれてしまいました。

 

卒業した先輩と同様に、2人はレズビアンの関係だったのです。

 

部屋に入ると、素っ裸にされました。

 

先輩2人も全裸になり、3人で浴室に入りました。

 

「いつも部活の時にいじめてるから、今日は優しくしてあげる。体洗ってあげるわ」

 

と言われました。

 

「まずはおちんちんを綺麗にしようね」

 

と言ってボディーソープを付け、チンポを洗い始めました。

 

皮も剥かれて揉み洗いされていると、徐々に勃起してきました。

 

もう1人の先輩も、ボディーソープを泡立て、僕の金玉からアナルを洗い始めました。

 

くすぐったくてゾクゾクしましたが、かなり気持ちよかったです。

 

でも恥ずかしかったので僕は、

 

「自分で洗うからいいですよ」

 

って言ったんですけど、止めてくれずに、チンポをモミモミされ続けました。

 

しばらくすると、1人の先輩が浴室から出て行きました。

 

戻って来ると、手にはバイブレーターを持っていました。

 

黒くて20センチ以上あったと思います。

 

リアルなチンポの形をしていて、僕は実物を見たのは初めてでした。

 

「これ知ってる?」

 

と1人の先輩が僕に聞き、もう1人の先輩も、

 

「高校生なんだから知ってるよね?」

 

と聞いてきました。

 

僕は黙っていました。

 

そしたら先輩が、

 

「知らないの?これはバイブレーターって言って、女の子がオナニーする時に使うのよ、おちんちんの形してるでしょ?」

 

と言いました。

 

それから先輩達は、萎えかけていた僕のチンポを、再び扱き始めました。

 

ボディーソープが付いたままの、ヌルヌル状態だったので、またすぐに気持ちよくなってしまいました。

 

先輩達は僕のチンポとバイブレーターを見比べながら、

 

「もっと大きくなれ」

 

とか言って、更に激しくチンポを扱いてきました。

 

ヌルヌルした滑りでめちゃくちゃ気持ち良くなってしまい、すぐに射精しそうになりました。

 

「もう、出そうです」

 

と言うと先輩達は、

 

「そんな簡単にはイカせないわよ。もっともっと楽しまないと」

 

と言って僕のチンポから手を離し、今度は2人でレズプレイを始めました。

 

女の子って1回イッても終わりではなく、何回でも続けてイクことができますよね。

 

だから女の子の方が、性的なことに貪欲なんだと思います。

 

そして日頃はエッチなことなんかに興味ないといった顔をして、男子がエッチな話をしてるのを聞くと、蔑むような顔をしたりしています。

 

でも実際は、エッチなのを押し殺しているので、反動で男子よりもスケベになれるんだと思います。

 

性に対してのストレスなんでしょうね。

 

ストレスを溜め過ぎると、それが爆発した時には、凄くいやらしくなるんです。

 

と僕は思っています。

 

さて先輩達は、風呂場でお互いのおっぱいを揉み合ったり、キスをしたりしていました。

 

そうして先輩達は体を洗いました。

 

僕の背中も洗い流してくれて、僕も先輩達の背中を洗い流しました。

 

洗い流している時に、勃起したチンポが先輩のお尻に当たってしまいました。

 

スベスベした肌で、思わず擦りつけたくなりました。

 

線お会いは、

 

「すごいカチカチ」

 

と言ってチンポを握り、軽くシコシコしました。

 

体を拭いて浴室から上がると、先輩達はまたキスを始めました。

 

寝転がってキスをしながら、お互いの手で背中を撫でたり、おっぱいを揉んだり、体をクネらせながら動いていました。

 

そのうち、2人とも手が太腿辺りを撫で合い、オマンコに伸びていきました。

 

お互いのオマンコに指を入れてクチュクチュ動かしていて、2人とも少しずつ感じてきていて、声も大きくなって喘いでいました。

 

僕も見ててめちゃくちゃ興奮していたので、たまらずにチンポを扱いていました。

 

ところが、先輩達は僕がせんずりしているのに気づくと、体を起こして僕に近寄り、僕が脱いだズボンのベルトで、後ろ手に縛りつけてきました。

 

卒業した先輩達と、同じようなことをやられました。

 

「どうして縛るんですか?」

 

と聞いたら、

 

「勝手にイカないように」

 

と言いました。

 

またしても寸止めでおあずけです。

 

せんずりもできなくなりました。

 

一晩中続く寸止め地獄

 

僕から手の自由を奪った後、2人はレズプレイを再開しました。

 

するとカバンの中から、見たこともない変な形の物を取り出しました。

 

その当時は知りませんでしたが、レズビアン同士が使うバイブレーターで、長い棒の両端がチンポの形になっているんです。

 

「双頭バイブ」っていうそうです。

 

両端をお互いのオマンコに入れ合って楽しむんだそうです。

 

先輩といえども女子高生なので、

 

(どこでそんな物を手に入れてくるんだろう)

 

と不思議に思いました。

 

後から聞いた話ですと、卒業した先輩達とレズビアンの関係を続けている子もいるみたいで、

 

その卒業した先輩経由で手に入れているようでした。

 

レズプレイを再開し、お互いのオマンコに指を入れて激しく動かしていると、グチュグチュといやらしい音が聞こえてきました。

 

濡れてきていることがすぐに分かりました。

 

そして、凄く可愛い声で喘ぐんです。

 

レズプレイを見て、喘ぎ声を聞いているだけで、射精しそうになるくらいでした。

 

すぐにでもチンポを扱いて射精したいけど、手の自由を奪われているので、とてももどかしいです。

 

チンポはヒクつき、先端からは、我慢汁がタラタラ流れていました。

 

先輩達の指が激しい出し入れを繰り返していると、ついに1人の先輩がイッてしまったようです。

 

「イクッ!イッちゃうーっ!」

 

って絶叫してました。

 

イッた先輩は、当分の間グタッとしていましたが、そのうち体を起こして、もう1人の先輩のオマンコをクンニし始めました。

 

ピチャピチャと、部屋の中にエッチな音が響いています。

 

オマンコを舐めるいやらしい音と、先輩の可愛く喘ぐ声に、僕は興奮しまくっていました。

 

チンポを扱きたくてたまらず、腰をモゾモゾさせていました。

 

しばらくすると、舐められていた先輩も、

 

「ああーっ!イッちゃうー!」

 

っと叫んでイカされていました。

 

クンニでイカされた瞬間でした。

 

先輩達は1回ずつイッたので、すっきりした顔をしているように見えました。

 

そして先輩達は、浴室で見た黒い20センチくらいのバイブレーターを持って、僕に近寄ってきました。

 

後ろ手に縛られたまま、ベッドに寝かされてチンポを触られました。

 

さっきのレズプレイを見せ付けられて大興奮していたので、触られただけで射精しそうになりました。

 

「おちんちん超ビンビンに勃起してるよ、私達のプレーを見て興奮したの?」

 

と言いながら、チンポをギュッと握って、シコシコしてきました。

 

「だめです、もう出そう」

 

と僕が言うと、サッと手を離しました。

 

「ダーメ、まだまだイカせてあげない。あんた1年の子に、レズの先輩がいるから気をつけろって言ったでしょ?目をつけてる子がいたのに、あんたのせいで警戒されたんだからね。バラした罰」

 

と言われ、またしても寸止め地獄の始まりです。

 

先輩達はニヤニヤしながら、黒いバイブレーターのスイッチを入れました。

 

ウィーンと低い音がして、先端がクネクネと動きました。

 

その動きも卑猥に見えます。

 

「これって女の子用だけど、男の子にも効くのよ」

 

と言って、黒のバイブレーターを僕のチンポに当ててきました。

 

振動がもろに伝わってきて、今までに経験したことのない、不思議な感覚でした。

 

黒いバイブレーターで、チンポや金玉を撫で回されました。

 

クネクネと卑猥な動きをするバイブレーター。

 

それがチンポの裏筋あたりに当たった瞬間、強烈な快感に見舞われて、

 

「うあーっ、出るーっ」

 

と派手に叫んで、ドッピュン、ドッピュン射精してしまいました。

 

ベッドの上、自分のお腹や顔、先輩の手や胸などに精液が飛び散りました。

 

「えー?!イッちゃったのー?」

 

と先輩達は言いました。

 

「なんで我慢しなかったのよ?」

 

と責められました。

 

そんなこと言われても・・・

 

その後先輩達は、双頭バイブを使ってレズプレイを堪能していました。

 

可愛い喘ぎ声と、卑猥な音が響く中で、僕のチンポはムクムクと再び勃起し始めました。

 

それからは、卒業した先輩女子達にやられたのと、同じようなことをされました。

 

チンポを扱かれたり、金玉を揉まれたり、フェラチオされたり。

 

何度も責められましたが、やっぱり寸止めでした。

 

やられたことは先輩達と同じでしたが、その時と違う点がありました。

 

それは当日が土曜日だったので、翌日は日曜日で学校は休みなんです。

 

なので、ラブホテルに一泊させられた点です。

 

手を縛られたままホテルに監禁状態で、朝まで何度も何度も、繰り返し寸止め地獄が続きました。

 

夜通しレズプレイを見せられて興奮し、チンポを扱かれ金玉を揉まれ、フェラチオされての繰り返しです。

 

チンポは射精したくてピクピク痙攣し、我慢汁はとめどなく溢れ、もう発狂しそうでした。

 

夜明け近くになってやっとのことで、先輩達に思いっきり扱かれて、射精させてもらえました。

 

精液が垂直に噴き上がり、天井につきそうでした。

 

ビューッ、ビューッと何度も放出し、しばらく快感が続きました。

 

寸止めされるのは辛いですが、その後の射精は、信じられないくらい気持ちいいものです。

 

でもさすがにヘトヘトでした。

 

僕は、性的いじめや逆レイプに遭っていたにもかかわらず、部活も学校も、結局辞めませんでした。

 

それは、ここまで読んでもらえれば分かると思いますが、M気質の僕は、恥ずかしいとか辛いという気持ちはあるものの、心の奥では喜んでいたんです。

 

女子達に囲まれて喜んでいる。

 

チンポを見られて喜んでいる。

 

せんずりするのを見られて喜んでいる。

 

射精する瞬間を見られて喜んでいる。

 

本気で抵抗すれば、男子2人の幽霊部員のように、逃げることだって出来たはずなんです。

 

僕は嫌がりながらも、心の奥底では喜んでいた変態M男です。

 

高校を卒業以来、当時の先輩、後輩、同級生とは一度も会ったことがありません。

 

もし会う事があったなら、僕の方から、

 

「またいじめて下さい」

 

とお願いするかもしれません。