Pocket

強制せんずり
画像はイメージです

 

包茎を馬鹿にされて扱かれました

 

僕の通っていた高校は男女比が1:9で、クラスに男子が4、5人くらいしかいない商業高校でした。

 

当然のごとく女子が主導権を握っていました。

 

入学してからすぐに、3年生の女子5人に声をかけられました。

 

とてもヤンキーとはいえない、可愛い女子達でした。

 

僕は卓球部に入るつもりだったんですが、先輩女子達は、自分達の所属しているテニス部に入部するように誘ってきたんです。

 

部員が少ないし、男子も少ないからということでした。

 

「とりあえず話だけでも聞いて」

 

としつこかったので、話だけならとテニス部の部室に付いて行くと、中から鍵をかけられてしまいました。

 

怖くなったので部室を出ようとしたら、先輩女子達が、いきなり僕の服を脱がし始めました。

 

すぐに素っ裸にされて、包茎チンポを見られて馬鹿にされました。

 

そのあと、先輩女子5人に代わる代わるチンポを扱かれ、射精させられました。

 

それだけじゃなく、僕がテニス部に入ると言うまで止めてくれず、3回続けて射精させられました。

 

僕は辛くて泣きそうでしたが、その様子を楽しそうに見ていて、射精し終わって萎えた僕の包茎チンポや、飛び散った精液の写メをたくさん撮られました。

 

「テニス部に入らなかったら写メをバラ撒く」

 

と脅迫されて、仕方なくテニス部に入部することになりました。

 

入部してからも写メをネタに脅され、女子テニス部員15人の前で、全裸せんずりショーをやらされたりました。

 

女子の中に、小学5年生の弟がいる子が僕のチンポを見て、

 

「弟のおちんちんと同じ」

 

とか言われて悔しかったです。

 

女の子達にチンポを扱かれる時、手を上下させるたびに、亀頭が出たり隠れたりするのを面白がっていました。

 

皮オナニーと同じで亀頭が刺激されるので、すぐに気持ちよくなって射精してしまいます。

 

でも寸止めを10回以上された時なんかは、我慢汁が出まくって女子達の手が汚れていましたが、別に嫌がる様子もなく、面白がって扱いていました。

 

扱くたびに、ニチャニチャといやらしい音がしていました。

 

他校の女子に呼び出されました

 

他校と試合をして負けたことがありました。

 

試合で負けた日から一週間後に、僕は学校近くの公園に呼び出されました。

 

行ってみたら、知らない女子達ばかりが6人いました。

 

どこの学校で、何年生なのかも分かりません。

 

夕方だったんですが、彼女達は暗くなりかけた公園内のトイレに、僕を連れていきました。

 

人気のない公園だったので、嫌な予感がしてすごく不安になりました。

 

僕は、トイレの奥の方の壁に押し付けられました。

 

「何するんですか?僕に何の用ですか?」

 

と思い切って言ったんですが、自分でも震えているのが分かりました。

 

「こいつ男のくせに震えてるよ。知らないみたいだから教えてあげるけど、この前の試合でうちの学校があんたの学校に勝ったでしょ。うちが勝った場合は、あんたを好きにしていいって約束してたわけ」

 

なんて無茶苦茶なこと言われました。

 

僕は当然知りませんでしたが、約束だからと言って、ズボンのベルトに手をかけてきました。

 

「やめて!」

 

と大声を出して抵抗しましたが、

 

「大きな声出すな」

 

と言われて、チンポに蹴りをくらいました。

 

一番体格のいい女子に、後ろから羽交い絞めにされ、ベルトを外されました。

 

そのベルトで後ろ手に縛られ、ほとんど抵抗できなくなりました。

 

もう諦めて従わざるをえませんでした。

 

ズボンを下げられて、白のブリーフが女子達の前に晒されました。

 

「こいつ、高校生のくせに白のブリーフなんて穿いてんの、お子ちゃまみたい」

 

と馬鹿にされ、笑われました。

 

そのブリーフも一気に下げられると、恐怖で縮こまった包茎チンポがポロンと出ました。

 

「うわー!皮被ってるよこいつ!包茎だ~」

 

とまた馬鹿にされました。

 

チンポの皮を剥かれて扱かれると、みるみる勃起していきました。

 

フェラチオまでされました。

 

「イキそうになったら言え」

 

って言われた時は、すでにイキそうだったので、

 

「イキそうです」

 

って言ったらパッと口からチンポを離し、しばらくゆっくりとしごき、また激しくジュポジュポフェラチオをされ、寸止めを何回も繰り返されました。

 

女子って寸止めが好きなんでしょうか、すぐには射精させてもらえませんでした。

 

最後は、自分でせんずりするように命令されました。

 

右手でチンポを扱きながら、左手で金玉を揉むように命令されたりしました。

 

寸止めされまくったので我慢汁が溢れ、トイレの床に滴り落ちるほどになっていました。

 

「こいつ女子に見られながらオナニーして興奮してるよ。変態だね」

 

って言われてしまいましたが、興奮していたのは事実です。

 

僕はそのまま扱き続けて、思いっきり射精しました。

 

射精の瞬間を見た女子達は、キャーキャー言いながら喜んでいまいた。

 

性教育の授業

 

テニス部には男子が3人しかいなくて、しかも僕以外の2人は、ほとんど部活に顔を出しませんでした。

 

もしかしたら僕と同じような勧誘をされて逆レイプされ、無理矢理入部させられたのかも知れません。

 

僕も入部当初は行きたくなかったので、週に数回しか部活に行きませんでした。

 

そしたら、僕を勧誘した3年の先輩女子が、

 

「毎日部活に来ないとオナニーの写メをみんなに送信する」

 

と言って脅してきました。

 

僕は仕方なく毎日部活に行きました。

 

僕以外はみんな女子部員で、女子20人ぐらいいる中で、男子は僕一人だけです。

 

顧問の先生がいない時は、僕だけフルチンで部活をやらされたりもしました。

 

ブラブラ揺れる僕のチンポを見て、女子達は笑っています。

 

部活が終わってからも、部室で全裸にされます。

 

それもほとんど毎日です。

 

そのうち、

 

「性教育の授業」

 

とか言って、1年生の女子部員たちの前で、せんずりもやらされました。

 

同じクラスの女子もいました。

 

恥ずかしくなかなかて勃起しない時があって、そういう時は3年の女子部員達に扱かれて、強制勃起させられました。

 

無理やり激しく扱かれて、真っ赤な亀頭が見え隠れすると、それを見た1年の女子部員が

 

「グロテスクで気持ち悪い」

 

って言いました。

 

お手本とか言って、3年の女子部員に、交替で扱かれて射精します。

 

次には1、2年生が練習ってことで、交替で扱きます。

 

それで2回目の射精をします。

 

それでもまだ終わらずに、今度は強制せんずりです。

 

連続3回も射精すると、クタクタになります。

 

しかし、そんな僕の上に3年の女子部員が跨ってきたんです。

 

その先輩女子は、みんなが見ている前でパンツも脱ぎ、下半身スッポンポンになりました。

 

僕のチンポはまた扱かれて、無理矢理勃起させられ、騎乗位でグリグリ腰を動かしてきます。

 

また別の女子が僕の顔の上に跨り、パンツ越しにオマンコを舐めさせてきました。

 

僕が射精しそうになるとチンポを引き抜き、寸止めを何度も繰り返されます。

 

寸止めを繰り返されると、辛くて気が狂いそうになりますが、女子達はそんな僕の様子を見て楽しんでいるようでした。

 

一番多い時で、女子部員達7人に逆レイプされました。

 

初めに3年生の先輩女子が、手本と称してチンポの扱き方を下級生に伝授します。

 

そして3年生4人に交代で騎乗位で跨られ、腰の使い方を実践で下級生に教えていました。

 

2人目の先輩がイッた時に、僕も射精しそうになりましたが、何とか持ちこたえました。

 

でも、3人目の先輩が挿入してすぐに限界がきました。

 

僕が射精しそうになったのを勘づいた先輩が、素早くオマンコからチンポを抜いて扱きました。

 

あっという間に爆発です。

 

精液は勢いよく垂直に高く飛び、おなかの上にボトッ、ボトッと落ちました。

 

それでも勃起したままなので、3人目の先輩が再び騎乗位で跨ります。

 

3人目の先輩もイッて、4人目の先輩もイキました。

 

先輩達がイッた後、今度は2年生と1年生の女子部員3人に、代わる代わるチンポを扱かれたり、金玉を揉まれたりしました。

 

先輩達とは違って、慣れない手つきで扱かれると、逆にそれが興奮しました。

 

「1人1回必ず射精させる」

 

ってことになって、本当に3回射精させられてしまいました。

 

1、2年生とは、セックスまではしませんでした。

 

でもこの時は、部室で全員が全裸になっていました。

 

女子部員の中には、同じクラスの女子もいました。

 

射精した自分の精液を飲まされた

 

入学して2か月くらい経った時、同じクラスの部員の子が、僕が部活で逆レイプされていることを、クラスの女子達にばらし始めたようです。

 

フルチンで部活をさせられた時に、女子の穿いているアンダースコートを見て、勃起していたことなども、ばらしていたみたいです。

 

女子部員達は、わざと僕にアンダースコートが見えるように動いたりしていたので、勃起するのも仕方ないことなんです。

 

そんな話を聞きつけたクラスのヤンキー女子に、放課後に呼び出しをくらいました。

 

そこは当時使われていなかった旧校舎です。

 

「5階にある化学室に来い」

 

って言われて行くと、そこには5人のヤンキー女子がいました。

 

部活での逆レイプをばらした女子はその場にはおらず、同じクラスのヤンキー女子2人と、3年生のヤンキー女子3人がいました。

 

3年のヤンキーは笑いながら、

 

「おめぇ、部活の時フルチンにされて勃起したんだって?」

 

と言ってきました。

 

僕は恥ずかしくて、下を向いたまま黙っていました。

 

そしたら、

 

「今ここでオナニーしろ」

 

と言ってきたんです。

 

嫌なので抵抗していたら、ヤンキー女子5人に押し倒され、全裸にされてしまいました。

 

「早くオナニーしろ」

 

って命令されたけど、恥ずかしくて出来ずにいたら、女子達全員に交替で扱かれました。

 

イキそうになってもすぐには射精させてもらえず、10回以上は寸止めされました。

 

「そろそろ出させてやろうか」

 

と3年のヤンキー女子が言うと、実験室にあった試験管を持って来ました。

 

「この中に射精しろ、ザーメンを採取する」

 

と言いました。

 

チンポの皮を剥かれ、亀頭を試験管に密着させたままで扱かれ、射精しました。

 

寸止めを繰り返された後なので、ビューッ、ビューッと勢いよく射精して、試験管の中にたくさん出ました。

 

試験管の中の精液は、僕が全部飲まされました。

 

レズプレイを見て興奮したチンポを寸止め

 

女子高あるあるかもしれませんが、僕の高校もほとんど男子がいなくて女子高みたいでしたから、レズビアンの女の子もいたみたいなんです。

 

実際にテニス部の女子の中にも、レズビアンやバイセクシャルの女の子がいました。

 

ある時3年生の先輩女子3人が、部活を終えて僕を誘いました。

 

付いて行くと、市内にあるラブホテルでした。

 

入り口で部屋のボタンを押すタイプで、会計も部屋から出来るので、誰とも顔を会わすことがないそのホテルは、先輩達が時々利用しているらしいです。

 

先輩達は部屋に入ると、すぐに僕を素っ裸にしました。

 

そしてズボンのベルトを使って、僕を後ろ手に縛りました。

 

先輩達は僕の前で全裸になると、浴室に行きました。

 

風呂場からは先輩達の触れ合う声が聞こえてきて、やがて喘ぎ声が聞こえてきました。

 

大きな喘ぎ声もしました。

 

2回は

 

「イッちゃう」

 

って大きな声が聞こえたので、お互いに1回ずつイカせ合ったんだと思います。

 

僕はその声を聞きながら、めちゃくちゃ興奮して勃起していました。

 

でも手を縛られているので、せんずりすることができません。

 

しばらくして先輩達が風呂から出てきて僕のチンポを見ると、

 

「やっぱり勃起してる」

 

って嬉しそうに笑ってました。

 

先輩達はその後、目の前のベッドに寝転がって、レズビアンプレイを始めました。

 

お互いのおっぱいを揉み合ったり、背中や太腿などに舌を這わせたり、体中を舐めまわしていました。

 

喘ぎ声も出しながら、シックスナインの体勢になりました。

 

指でお互いのオマンコを開いて、舌を出し入れしたり、ペロペロ舐めたりしていました。

 

そんな隠微な光景をじっくり見せつけられて、僕のチンポは痛いほどに勃起しました。

 

ガマン汁もどんどん湧き出してきて、手が使えたら間違いなくせんずりしていましたね。

 

先輩達がお互いをイカせ合うと、今度は僕の方に近寄って来ました。

 

「すごいビンビン、ガマン汁がいっぱい出てる」

 

って言って、2人一緒にチンポに触ってきました。

 

一人が竿を扱き、もう一人が金玉を揉みます。

 

すぐにイキそうになりましたけど、やっぱりまた寸止めされました。

 

交替でフェラチオもされて、イキそうになると、口からチンポを離されます。

 

1人が寝転がった僕のチンポを扱いたりフェラチオしたりして、もう1人は僕のチンポを刺激している先輩のオマンコを舐めていました。

 

とてもいやらしく、思い出してもめちゃくちゃ興奮する光景でした。

 

舐められていた先輩がイクと交替です。

 

それでも僕はイカせてはもらえずに、寸止め地獄が続きます。

 

そして舐められていた先輩がイキました。

 

僕はたまらずに、

 

「イカせて下さい」

 

って泣きそうになりながら言いました。

 

もう我慢の限界で気が狂いそうでした。

 

先輩達は、

 

「イカせて下さい、だって」

 

と笑っています。

 

僕はベッドに仰向けに寝かされて、騎乗位で乗っかられてセックスが開始されました。

 

もう1人には、顔面騎乗でオマンコ押し付けられ、舐めさせられます。

 

オマンコはベチョベチョに濡れていました。

 

射精しそうになるとチンポを引き抜かれ、先輩がイクまで我慢させられました。

 

「もし中出ししたら、グラウンドで全裸にしてオナニーさせるからね」

 

と脅されました。

 

僕は顔面騎乗してきた先輩のオマンコを舐めることに集中し、必死に射精を我慢しました。

 

でも何度も寸止めされて、チンポは敏感になっているので、すぐにイキそうになります。

 

先輩女子たちは、顔面騎乗と騎乗位を交代で責めてきます。

 

もう我慢の限界です。僕が

 

「もうだめ!イッちゃう!」

 

って大きな声で叫ぶと、先輩は慌ててチンポを引き抜きました。

 

ギリギリで中出しは免れましたが、大量の精液が噴射しました。

 

顔面騎乗の先輩の背中や床、シーツなどにも飛び散りました。

 

この時は本当に興奮しました。

 

それまでの中でも、最高に気持ちいい射精でした。

 

(次回に続く)

 

↓ ↓ ↓