Pocket

 

バック
画像はイメージです

 

酔った勢いで課長の家に・・・

 

私は22歳のOLです。

 

実は入社するまで処女だったのですが、同じ会社内の男性と交際することになり、ようやく初セックスもできて、女になることが出来ました。

 

初エッチから半年くらいたって、会社の飲み会がありました。

 

飲み会は二次会、三次会と続きましたが、同僚でもある彼氏は先に帰ってしまっていました。

 

三次会あたりでエッチな話になり、彼氏の名前は出さなかったですけど、いつも部屋でエッチしてるとか、旅行先の旅館でエッチしたとか、そんなことを話したと思います。

 

気がつくと終電も無くなっていて、かなり酔って足元もふらついていた私は、他部署の課長の家に泊めてもらうことになりました。

 

課長には奥さんもお子さんもいらっしゃいます。

 

一緒に飲んでいた同期の女の子も課長の家に泊まるって言ってるので、なんの疑いもなく課長のマンションに付いて行きました。

 

部屋に入ると、先にシャワーを浴びてくるように言われました。

 

すっきりして浴室を出てみると、いつの間にか同期の子が帰ってしまっていました。

 

リビングにいるのは課長のみです。

 

「じゃ、俺も風呂入ってくる」

 

と課長もシャワーを浴びに浴室に行きました。

 

残された私は、

 

(帰ろうか・・・どうしよう)

 

と悩みましたけど、酔ってるしタクシー代も馬鹿にならないので、

 

(まぁ、いっか)

 

とソファに横になっていました。

 

いつしか私は寝てしまっていて、なんだかこそこそと体を触られている感覚があって、目が覚めました。

 

リビングの電気は消えおり、キッチンの蛍光灯が届いてるので真っ暗ということではありませんが、誰が何をしているのかはすぐに分かりました。

 

課長が私のシャツを捲り上げ、乳首を吸っていたんです。

 

ちょっとだけ気持ちよかったし、眠たいのもあって、抵抗せずに触られ続けました。

 

課長は、

 

「はぁはぁ」

 

と興奮しているのか、チュパチュパといやらしい音を立てて、私の乳首を舐めたり吸ったりしています。

 

おっぱいを揉みながら指で乳首をコリコリしたり、腰やお尻あたりを撫でたりしています。

 

腰を撫でられるとくすぐったくて、つい腰を浮かしてしまいました。

 

その時に、

 

「うん・・・ん」

 

とかすかに声も出てしまったのですが、課長は気にする様子もなく、手でまさぐり続けています。

 

何度か腰を撫でられて私が腰を浮かすと、その隙にパジャマのズボンが一気に下ろされました。

 

課長はおっぱいから口を離し、今度は私の脚の方へ移動します。

 

太ももの内側を撫でられ、下の方へ行きつつスリスリと触られました。

 

その感じがゾクゾクして、私は自然と足を開いてしまいました。

 

課長の顔がオマンコに近づき、フッと温かい息がかかりました。

 

そしてパンティーに手が掛けられ、私はまた腰を浮かせます。

 

もう、なすがままです。

 

課長は私の両足を開き、太ももを持ち上げてマングリ返しの体勢にしました。

 

脚の先はキッチンに向いており、明りにオマンコが照らされているのが分かります。

 

(課長が、私のオマンコをじっと見てる・・・)

 

それがすごいエッチに感じられ、とても興奮しました。

 

課長の愛撫に感じてしまいました

 

そして課長は舌を出して、オマンコをペロペロ舐め始めました。

 

私は気持ち良くなり、

 

「はんっ」

 

と思わず小さな声を出してしまいました。

 

課長は低い声で、

 

「もっと声を出していいんだよ」

 

と言います。

 

「でも、奥さんは?」

 

と私が言うと、

 

「妻は子供と一緒に実家にいるよ」

 

と言いました。

 

私はようやく理解出来ました。

 

最初から私を狙って、この部屋に連れ込まれたんだと気がつきました。

 

でも、そんなのどうでもいいんです。

 

課長の巧みな愛撫が気持ちよくて、はっきり言って彼氏よりも断然うまいんです。

 

もっとやってほしくて、身を委ねようという気持ちになりました。

 

髭がチクチク当たりながら、

 

(あぁ、エッチな課長が、私のオマンコを舐めてるんだわ)

 

と思うと余計に興奮しました。

 

課長は私の顔を見ると、

 

「気持ちいいのか?彼氏にもこんなことされているのか?」

 

と言ってきました。

 

私は答えず、オマンコが疼いて腰を動かしてしまいました。

 

課長は指をオマンコに入れ、クチュクチュと刺激してきました。

 

課長が興奮して

 

「はぁはぁ」

 

と言う声が聞こえ、背筋がゾクゾクっとしました。

 

課長はオマンコを弄りながら、また乳首をレロレロ舐めてきました。

 

さっきよりも敏感になっていたので体がビクッと反応し、

 

「はああん!!あんっ、あっ、あーっ」

 

と高い喘ぎ声を出てしまいました。

 

体もクネクネしたり、仰け反ったりしていたと思います。

 

課長は私が感じているのを確認してか、オマンコを触る指の動きに拍車がかかってきました。

 

ヌチャヌチャと卑猥な音が響き、お尻の辺りまで濡れていました。

 

誰もいない部屋にもかかわらず、大きな声を出すのは恥ずかしかったので抑えていたんですが、この頃にはもう我慢できなくなって、本能のままに大声で喘いでいたと思います。

 

オマンコに入れられた指が、気持ちいいところばかり刺激してきて、

 

「あーっ、あんっ、あんっ、ダメっ!イっちゃう!あっ、イヤン!」

 

と淫らに喘いでしまいました。

 

横にあったクッションをギュッと掴んで、首を振りながら、

 

「んあっ!あっ!あっ!あーっ!」

 

と声が出て腰が浮き、頭がポワーっとなって、体がピクピク痙攣してイってしまいました。

 

私は

 

「はぁはぁ」

 

と息を切らして、心臓がドキドキしていました。

 

課長はまた続けてオマンコを舐めてきます。

 

クリトリスを舌先で舐められると体がビクビク反応します。

 

「あんっ、イヤっ、ダメ、やめて、もうダメ、あん」

 

と言ってるのに課長はやめてくれません。

 

私は体を仰け反らせると、ソファから滑り落ちるようにカーペットにお尻をつきました。

 

すると私はシャツも脱がされ、全裸にさせられました。

 

今更のようですが、全裸にされた瞬間はとても恥ずかしかったです。

 

課長は私の腰を掴んで四つんばいにさせ、バックの体勢になりました。

 

私はその時、

 

(課長に裸を見られてしまった)

 

なんてことを考えて、ドキドキしていました。

 

後背位がこんなに気持ちいいなんて

 

当時の私はロンゲで、後背位になると髪が邪魔なので、右手で片側に髪を分けました。

 

すると課長が、髪から出た耳付近を触ってから、キスをしてきました。

 

さらに耳も舐められた時にビクッと仰け反ってしまい、私のお尻が課長のお腹に当たりました。

 

課長は後ろから片手で私のおっぱいを揉んでいます。

 

その時、私のオマンコには課長の勃起したおちんちんが当たっていて、課長は擦り付けるように上下に動いていました。

 

オマンコはヌレヌレで、おちんちんがヌルヌルと擦られるたびに、亀頭がクリトリスに触れます。

 

これがめっちゃ気持ちいいんです。

 

クリトリスだけでなく、オマンコの割れ目を擦られるのも気持ちいいです。

 

これはは初めての経験で気持ちよさがやみつきになり、その後は他の男性とセックスする時は、必ず要求するようになってしまいました。

 

課長の硬いおちんちんが割れ目を擦るたびに、

 

「あん・・・あぁ」

 

と喘いでしまいました。

 

課長の手はおっぱいを揉みながら、乳首をつまんだり、クリクリしたりしています。

 

そして手が離れ、腰からお尻、脚を撫で、背中に舌を這わせています。

 

もうゾクゾクして、どんどんオマンコが濡れていきます。

 

そんなねちっこい愛撫が当分の間続き、私の体は何処を触られても感じてしまうほど敏感になってしまって、クネクネとよじらせていました。

 

(早く入れて!)

 

と思いながら、課長のおちんちんに押しつけるように自ら腰を振っていました。

 

亀頭を入口に当て、もう入れて欲しくてたまらないので、お尻を後ろへクイッと動かしました。

 

すると課長はスッと腰を引き、

 

「ん?どうしたんだ?入れて欲しいのか?」

 

と意地悪に聞いてきました。

 

私はもう我慢できないので、

 

「お願いします・・・早く入れて・・・」

 

と懇願しました。

 

自分からお願いするなんて、これも初めてのことでした。

 

課長は、

 

「いやらしい女だな」

 

とまた意地悪な言い方をしながら、ゆっくりと私のオマンコに硬いおちんちんを挿入してきました。

 

課長のおちんちんは大きくて、入ってくる感触がすごかったです。

 

ヌルッ、クチュッ、メリッて感じかな。

 

オマンコの入口が広がり、こじ開けられるような感触です。

 

いっぱい濡れているせいか全然痛くなくて、それどころかめちゃくちゃ気持ちよくて、

 

「ああん・・・あぁ・・・あっ・・・あっ・・・あぁぁぁ・・・」

 

と荒い息遣いのような声が出てしまいました。

 

快楽で目を閉じ、ヨダレまで出ていました。

 

唾を飲み込んでは、

 

「あぁぁ・・・」

 

とまた声を漏らしていました。

 

自分でも何処か分かりませんが、途中で気持ちいいところに亀頭が当たり、その快楽で両手がガクガクとなって倒れそうになりました。

 

「あっ・・・はっ・・・ああん・・・はぁ・・・」

 

と悶えるように声が出ます。

 

挿入だけでこんなに感じたことはありませんでした。

 

奥まで届くと、課長はゆっくりと腰を前後に動かし始めました。

 

動くたびに私は、

 

「あっ・・・あっ・・・あっ・・・」

 

と声が出て、

 

「すごい・・・すごいの・・・あぁ・・・」

 

彼氏とのバックは自分本位みたいで苦痛に感じていたんですけど、課長のは気持ちよすぎてたまりません。

 

課長のせいで淫乱になってしまいました

 

課長は前後に何度か出し入れすると、今度はゆっくり円を描くように動かしたりします。

 

オマンコの内側のいろんなところに当てられて、ものすごい快感なんです。

 

「ああっ!・・・ああん・・・はあっ!」

 

いっぱい喘いでいたと思います。

 

太ももには、溢れ出た愛液が伝っているのを感じました。

 

私は、

 

「あっ、あっ、あん!あん!」

 

と喘ぎ、課長も

 

「ほうっ、ふんっ」

 

と漏らすような声を出していました。

 

目を閉じて快楽を味わっていましたが、薄っすら目を開けてみると、目の前のバルコニーの窓に私たちの姿が映ってていました。

 

バックで後ろから突かれ、おっぱいを揉まれているいやらしい自分の姿が映っています。

 

AVみたいで恥ずかしかったんですけど、すごい興奮して、みるみる体が火照っていく感じがしました。

 

あまりに気持ちよすぎて腕に力が入らなくなってきて、側にあったクッションにしがみ付き、お尻を突き出すような格好になっていました。

 

だんだんと私の中から何かが湧き出るものを感じ、ジーンと熱くなり、

 

「あっ、あっ、ダメっ!あっ、あっ、イクっ、イクっ、イヤっ!イヤっ!イっちゃう!イっちゃう!」

 

もう訳が分からなくなって大きな声を上げていました。

 

それから課長の腰の動きが速くなり、私は

 

「ああああぁーーー!!!」

 

と絶叫しながらイッてしまいました。

 

「はぁはぁ」

 

と息が乱れ、いっぱい汗をかき、体はガクガクして力が入らないんです。

 

挿入でここまでイカされたのは初めてでした。

 

課長は、

 

「イっちゃった?」

 

と満足そうに言い、私を仰向けに寝かせると、今度は正常位でゆっくりと挿入し、腰を動かしてきました。

 

そこからは気が狂いそうなほど何度もイカされ、最後は正常位で課長もイキました。

 

これまで私は彼氏一人としかセックスの経験がなかったので、二人目でこんなにも違うものかと感動してしまいました。

 

優しさと激しさで感じるセックスを知ってしまい、それからというもの彼とのセックスが単調でつまらなくなり、ついには別れてしまいました。

 

それ以降も、課長とは時々会って、ゴムなしの激しい濃厚なセックスをしています。

 

それからはゴムなしの生セックスに病みつきになり、何人もの男性と体だけの関係を持ちましたが、課長とのセックスが一番です。

 

私は、誰とでもセックスしまくるような、淫乱な女になってしまいました。

 

これからも、課長以上の快楽を与えてくれる男性が現れるまで、セックスしまくるつもりですが、それまで課長との関係は続きそうです。