Pocket

タイトスカート セックス
画像はイメージです

 

こんなおばさんでもいいの?

 

出会い系で人妻の雪江さんと知り合いました。

 

彼女は40歳で、結構何度もメールをくれました。

 

下ネタもわりと問題ない感じだったので、今後に期待していました。

 

2週間くらいやり取りし、彼女は

 

(平日の昼間なら大丈夫)

 

と連絡をくれたので、それにあわせて有給休暇を取って、彼女と会うことにしました。

しかし、

 

「私アラフォーなんだよ、ガッカリしない?」

 

と躊躇ってるようでしたが、

 

(年上が好きなんです)

 

と返事をし、なんとか誘い出せました。

 

午前11時に大型ショッピングモールで待ち合わせました。

 

俺の車の特徴を教え、しばらくすると軽の車が近くに止まりました。

 

俺が近づくとドアが開き、

 

「雅史君?」

 

と聞かれたので頷き、助手席に乗りました。

 

彼女は長めの黒髪でスカートを履いていましたが、足は綺麗でスレンダーな女性でした。

 

アラフォーといっても十分美しいと思いました。

 

車内は甘い香水が漂っていて、今からのことを考えるとワクワクしてきます。

 

隣町のレストランまで彼女は車を走らせ、食事をしました。

 

面と向かうと、

 

(どっかで見たことあるような気が・・・)

 

気のせいかもしれないと思ってきにせず、そのまま食事をして店を出ました。

 

再び車を走らせ、

 

「何時までに帰ればいいんですか?」

 

と聞くと、

 

「16時ぐらいには子供が帰るから、それまでなら大丈夫よ」

 

あと3時間ほど時間があります。

 

「どこ行こうかな?」

 

としらじらしく言う雪江さんに、

 

「静かな場所ですかね」

 

と言うと、

 

「静かな場所って?」

 

とニコニコしながら聞いてきました。

 

当然ながらラブホテルに着くと、

 

「本当にこんなおばさんでもいいの?」

 

とまた念を押されて、

 

「雪江さんはスレンダーで、美人で、さっきから堪らないんです」

 

と言うと、

 

「嘘でも嬉しい」

 

と言って車を降り、ホテルの部屋に入りました。

 

おちんちん食べたい

 

ソファに寄り添うように座り、会話しながらも

 

(やっぱりどっかで会ったことあるような・・・)

 

またモヤモヤしてきましたが、綺麗な脚を見るとムラムラしてきたので触ると、

 

「エッチ」

 

と言いながらも全然嫌がっていません。

 

「脚綺麗ですね」

 

と撫でながら言うと、

 

「本当?おっぱい小さいし、脚ぐらいしか出せないの」

 

と言いました。

 

お尻を触ると、まあまあ大きいみたい。

 

胸を触ると確かに小ぶりですが、服の上から撫で回すと、

 

「あんっ・・・ん~・・・」

 

と色っぽい吐息を漏らしていました。

 

服の中に手を入れ、ブラジャーもずらして直接胸を撫で回しながら唇を合わせると、舌を絡めて来る雪江さん。

 

「ベッドに行きましょう」

 

と言われて2人でベッドに横たわると雪江さんは、

 

「途中でヤメたとか言わないでよ?」

 

と、自分がだいぶ年上だということを、まだ気にしているようで、

 

「もちろんですよ、もうこんなに勃ってるんですから」

 

と言って勃起したチンポを触らせると、嬉しそうに撫で回して来ました。

 

雪江さんの服を脱がしてみると、スレンダーだけど、下半身は少し太めでした。

 

ブラジャーも取ると、小ぶりだけど形のいい胸が表れました。

 

俺は乳首に吸い付くと、

 

「あんっ、いやんっ」

 

と少女のような喘ぎ声を出す雪江さん。

 

おっぱいの感度も良好みたいなので、チュパチュパ吸ったり、ぺろぺろ舐め回したりしました。

 

スカートに手を入れてパンティー越しにオマンコ触ってみると、既に濡れてきていて、指で割れ目をなぞっていると、更にじわじわ濡れてきました。

 

パンティーを脱がせて脚を開かせると、

 

「やん、恥ずかしい」

 

と手で隠そうとしますが、手をどかして雪江さんのオマンコをペロペロ舐め回すと、

 

「はあっ、あん、気持ちいい!」

 

と腰を浮かせて悶えています。

 

どんどんマン汁が溢れてきて、俺の口周りはベチョベチョになりながら舐めまくりました。

 

しばらくクンニしていると、

 

「おちんちん食べたい」

 

と雪江さんが起き上がり、チンポを撫でてからズボンを脱がしてきました。

 

さらにトランクスを脱がすと、

 

「ふふっ、もうおっきくなってる」

 

とニコニコしながらチンポを触り、舌先で亀頭を舐め、ゆっくり口の中に含み、裏筋やカリ首を舐め回してきた。

 

絶妙なフェラテクで、舌で舐め回してから、咥えてジュルジュルとしゃぶりつきます。

 

緩急をつけたフェラチオに思わず腰が引けそうになり、このままいくと射精しかねないくらいのフェラテクでした。

 

奥まで来ちゃう

 

「雪江さん、そんなにしたら出ちゃいます!」

 

と言うと、

 

「まだダメよ」

 

と言われ、彼女が仰向けに寝て脚を開かせ、オマンコめがけて一気にチンポを突き入れました。

 

「はんっ!ああっ!スゴい!硬い!」

 

と喘ぎ声を上げる雪江さんにズコズコ出し入れを繰り返していくと、ニチャニチャと卑猥な音が出るくらいオマンコが濡れてきていました。

 

「雪江さん、いっぱい濡れてますよ」

 

と言うと、

 

「だって・・・おちんちん硬くて気持ちいいの・・・あんっ、もっと突いて」

 

とお願いされ、スピードを上げて荒々しく突き上げました。

 

「あっ、あっ、スゴい!気持ちいい!いや~ん」

 

と、感じている姿を見てるとたまりません。

 

しばらくすると、

 

「私が上になる」

 

と言ったので俺が仰向けになり、雪江さんが跨って腰を沈めていきました。

 

「はあ~ん、癖になりそう」

 

と言って、徐々に激しく腰を上下させていきます。

 

おっぱいは乳首がツンとしており、触るとコリコリして硬くなっています。

 

しばらく雪江さんが動いてから俺は体を起こし、対面座位になりながら腰をクイクイ動かしました。

 

「あんっ、あんっ・・・これ・・・気持ちいいかも!」

 

と俺にしがみついてくる雪江さんは、体が軽いからあまり苦にならないので、下からグイグイ突き上げます。

 

「あ~ん、奥まで届いてる」

 

と興奮している雪江さんに下から何度も突き上げ続けました。

 

しかし、段々と俺も気持ちよくなり、射精感が込み上げてきました。

 

「壊れちゃう」

 

とギュッとしがみついてくる雪江さんに、

 

「俺もイキそうです、イッていい?」

 

と言うと頷いたので、下から思いっきり腰を突き上げ、込み上げて来た精子をそのまま雪江さんのオマンコにビュッ、ビュッと吐き出しました。

 

「いや~ん!スゴい、おちんちんビクビクしてる!」

 

と満足そうに言いました。

 

そして彼女を寝かせてチンポを抜き取ると、大量の精子がダラリ流れてきましたが、雪江さんは目を瞑ったままです。

 

「大丈夫ですか?」

 

と話すと頷き、

 

「超気持ち良かったよ」

 

と抱きついてきて、キスされました。

 

あの時の先生?

 

しばらくして、彼女もうつ伏せになりながら話をし始めました。

 

名前について聞いてみると、

 

「雪江は妹の名前だよ、本当は厚子って言うの」

 

と言われました。

 

そして仕事の話を聞かれたので話し、俺も尋ねると、

 

「あたしは今は専業主婦よ。以前は学校の先生してたけど」

 

と言われ、そこでようやく思い出しました。

 

「学校って中学ですか?」

 

と聞くと、

 

「小学校もだけど中学の方が多かったかな?」

 

と話しました。

 

「○村厚子先生?」

 

と俺が言うと彼女は驚き、布団に慌てて潜り込みました。

 

「誰?」

 

と言われ、

 

「驚かなくていいですよ、元生徒です。1年間だけ産休の先生の代わりに来てましたよね?」

 

と話すと、少しパニクっています。

 

「○○中学です」

 

と話すと、

 

「確かに1年だけ居たけど、生徒少なかったし・・・」

 

と話す厚子先生。

 

「副担任でしたよ」

 

と話すと、

 

「いやだぁ、最初から分かってたの?」

 

と聞かれたので、

 

「すみません、どっかで見たような気がしてたんですけど・・・でもセックスしてても分かりませんでした。今名前と仕事聞いて」

 

と話すと、

 

「ここに1年しか居なかったのに~」

 

と後悔したかのように枕に顔を埋める厚子さん。

 

「昔の話ですし!ねぇ」

 

と体を触ると、

 

「もうダメよ!だいぶ年下だったから迷ったんだよねぇ、初めての出会い系でこんなことになるなんて・・・」

 

と言い、

 

「嘘~」

 

とまだ厚子さんはショックのようで、信じれないといった様子でした。

 

俺の方は、セックスした相手があの厚子先生だと思うと余計に興奮してしまいます。

 

「でもセックスの相性良かったし、気にしないでいいでしょ」

 

と厚子さんに抱きつくと、

 

「ダメだってば!」

 

と言うけど俺は上に乗っかり、

 

「先生」

 

と言いながら即効でオマンコにチンポぶち込みました。

 

「あんっ!」

 

と声を上げ、最初は

 

「ダメッ、ダメッ」

 

と俺の体を払い除けようとしましたが、お構いなしにズコズコ腰を動かしていると、段々厚子さんの抵抗は弱まり、俺の腕を掴んで、

 

「あんっ、あんっ」

 

と快楽に身を委ねるようになりました。

 

俺も相手が先生だったとはっきり分かると、異常に興奮してしまいました。

 

先生も1回目より喘ぎ声が大きくなった気がしたので、興奮していたと思います。

 

イキそうになって先生に抱きつき、腰のスピードを上げて、2回目の射精もオマンコの中にドクドクと精子を流し込みました。

 

「いけない子ねぇ」

 

と言われ、余韻に浸りながら背中を撫で回されました。

 

もう会わないって言われたけど・・・

 

厚子さんもようやく落ち着いて話をしてきました。

 

旦那も教師で、

 

「今ではすっかりセックスレス」

 

という話をしてきたりもしました。

 

でも、俺をまだ思い出せない様子です。

 

1年しかいなかったから無理もありませんが、

 

「俺2学期赤点を取って、3学期のテストの前に、先生に90点以上採ったらオッパイ触らせてって言ったんですよ」

 

と話すと、

 

「ああっ!あの時のエッチな子?確か結局採れなかったよね?それでも触らせろって!」

 

と思い出してくれました。

 

「あの時より私痩せたでしょ?」

 

と話す厚子さん。

 

その当時、男子達は先生の大きめなお尻や、透けたブラジャーの色の話をしたりしてたということを話すと、

 

「そうだったの?私男子達にモテてたのかな」

 

と喜んでいました。

 

「今度さ、あの時みたいなタイトスカートとブラウス姿を見たいです」

 

と言うと、

 

「嫌だ、今回きりよ、もう会わないわ」

 

と言われたので、ならばもう一発と彼女に乗っかろうとすると、

 

「もうバレちゃったから無理よ、今日は帰りましょう」

 

と言われ、セックスは終了しました。

 

俺は熟女が好きだし、先生とのセックスが忘れられないので、翌日以降も何度もメールで会いたいと送信していました。

 

着信拒否にあってもいいと思って、猛プッシュしていました。

 

しばらく先生からの返信はありませんでしたが、メールは届いているみたいでした。

 

1週間を過ぎた頃にようやく返信が来ました。

 

俺の想いが届いたみたいです。

 

そして先生との初セックスから、2週間後に再び会うことができました。

 

遂に念願のタイトスカートとブラウス姿でセックスしました。

 

ピチピチのタイトスカート越しにお尻を撫で回し、スカートを捲り上げてバックで突いて射精する瞬間は最高でした。

 

それから1年くらい経ちますが、まだセフレ関係は続いています。