Pocket

巨尻
画像はイメージです

 

巨尻の割れ目にチンポがハマッてしまった

 

俺の会社には、とても魅力的な尻の女性社員がいる。

 

彼女の年は32歳だが、さらりとした髪の毛にショートカットで、顔もちょっぴり童顔なので、年齢よりも若く見える。

 

その上スタイルもいいので、たまらない。

 

上半身はスレンダーなのに、お尻がとってもムチムチしていて大きいのだ。

 

みんな同じ作業着で仕事をしているのだが、作業着というのは動きやすいように少し余裕を持って作られているものだ。

 

その子と同じような体型の女性社員は他にもいるが、お尻のラインが出るようなことはまずない。

 

よほど太っているとか、おばちゃんやデブの女性ならまだしも、彼女はスレンダーでスタイルがいいのだから、いかに巨尻かが分かるというものだ。

 

自分の仕事場から彼女との距離はだいたい4メートルくらい。

 

彼女が直立していても、近くにいる女性社員と比べても、明らかに巨尻であることが分かる。

 

俺は用もないのに、チラチラ巨尻を盗み見ている。

 

サラサラとした髪の毛にスタイルも抜群。

 

そして下半身を見ると、作業着のズボンからヒップラインが出るほどのくっきりした巨尻。

 

ついつい見入ってしまうと、仕事中なのに勃起してしまうくらいだ。

 

さらに強烈なのは、彼女が前屈みになっただけで、なんと巨尻の割れ目にズボンが食い込んで、半端なくエロい光景になることがある。

 

普通は作業着でそこまでなることはない。

 

しかもスタイル抜群の若い女の子なのに、なおさらだ。

 

おそらく他の女子社員たちも気づいているだろうと思う。

 

明らかに自分たちよりお尻が大きいし、仕事中に彼女のお尻の割れ目にズボンが食い込んでいることが。

 

本人も恐らく気づいているのではないだろうか。

 

ある時なんかは、彼女が床に置いてあるものを取ろうとした時、かなり前かがみの体勢になったことがあった。

 

巨大なお尻が思いっきり突き出され、近くにいた俺は、今すぐにでもバックでチンポを挿入したいと思ったぐらいだ。

 

しかもパンティーラインが、くっきりと浮き出ているではないか。

 

(あ~たまんねぇ)

 

これを見るなという方が無理な話である。

 

そしてそんなある日、ちょっとラッキーな出来事があった。

 

棚卸しをしていて、彼女と同じ持ち場になったのだ。

 

そこは階段の下のスペースを倉庫代わりに使っている場所で、少し狭い。

 

ただ小さな部品が置いてあって数は多いので、俺ら二人で作業することになった。

 

彼女が脚立に上がって棚の上の方を確認している時に、バランスを崩して俺の方に倒れてきたのだ。

 

「キャーッ!」

 

という悲鳴とともに背中から倒れてきて、俺は

 

「危ない!」

 

と言ってなんとか背中は押さえたが、とても支えきれるものではなく、二人とも床に叩き

つけられてしまった。

 

俺が下敷きになる格好で、彼女への衝撃は減ったはずだが、こっちは結構痛い。

 

しかしラッキーな事に、彼女の巨尻の割れ目が、俺のチンポにスッポリとハマっているではないか。

 

痛みなんて、なんのそのである。

 

もちろん、すぐに勃起してしまった。

 

ずっとこのままの体勢でいたいと思うくらい、巨尻の感触が気持ちよかった。

 

しかも、彼女の体の柔らかさや、香水の甘い香りも漂ってきていい気分だった。

 

すると彼女が、

 

「あれ?なんか硬いものが当たってるんだけど」

 

と言ってきた。

 

バックで挿入すると巨尻がタプンタプン

 

下敷きになったままの体勢で俺は答えた。

 

「ごめん。お尻に挟まったから勃っちゃった」

 

「いつも私のお尻見てるでしょ?知ってるんだよ。エッチなこと考えてるんでしょ?」

 

いきなり図星だった。

 

「いいよ。少しだけ休憩して、エッチなことしよっか?」

 

まさか彼女にそんなこと言われるとは思ってなかったので、正直びっくりした。

 

「本当に?いいの?」

 

「いいよ。その代わり私もイカせてね」

 

夢の様なアクシデントだったが、彼女が以外にもエロい女で好運だった。

 

「実は私、休憩中にオナニーすることあるんだ。Tバック穿いたまま仕事してる時もあるよ」

 

衝撃発言に言葉を失う。

 

こんな発言を、彼女を抱きかかえる体勢で聞くことになるなんて、想像だにしなかった。

 

こうなったら、やりたいようにさせてもらおう。

 

「じゃあまずは、このままお尻にチンポ擦りつけさせていい?」

 

「いいよ」

 

彼女を真上に抱えながら、クイクイと腰を動かす。

 

お尻の割れ目にハマッたチンポが、どんどん食い込んでいく。

 

「あぁ、たまらん、気持ちいい」

 

俺は我慢できずに彼女を床に寝かせ、体に覆いかぶさり、キスかをして体中をまさぐった。

 

幸いにも今日出勤した人は少ないし、他の人はちょうど昼ごはんに行っている。

 

その間にセックスまで済ませてしまおうと思った。

 

「中にだけは出さないでよ」

 

俺は巨尻を何度も撫で回し、スボンとパンティーを脱がせ、プリップリの巨尻を舐め回し、直にチンポを擦りつけた。

 

そして、バックで挿入した。

 

「はぁ~ん」

 

とても感じやすい子みたいで、喘ぎ声も可愛いし、声はかなり漏れていた。

 

恥骨が当たるほど腰を巨尻に打ち付けると、タプンタプンと波打って眺めもいい。

 

柔らかい体に俺はギュッと抱きつき、彼女もそれに応えるように抱きついてきた。

 

中出しはダメと言ったのに彼女が・・・

 

お互い抱き合いながら、汗をかいて狭い空間でセックスしている。

 

俺が射精しそうになると、彼女はキスをしてきて、さらにギュッと抱き締めてきた。

 

(このままでは中に出してしまう。もうどうにでもなれ!)

 

おれは快楽でとろけそうなまま最後の力を振り絞り、ガンガン腰を振ると彼女もイッたようだ。

 

俺も同時にイッてしまい、やっぱり中出ししてしまった。

 

すると彼女が、

 

「めっちゃ気持ちよかったから、離したくなかった」

 

と可愛い笑顔で俺を見つめてきた。

 

その後も余韻に浸りながら抱き合い、キスをした。

 

セックスが終わって我に返ると、お互いに服を着てまた作業に戻った。

 

結局俺たちは付き合うことにはならなかったが、時々二人でこの場所にやって来ては、こっそりセックスしている。

 

なぜかお互いにこの場所が気に入っていて、彼女も興奮してイキやすいようだ。