Pocket

巨根の虜
画像はイメージです

 

セフレの友達が俺の巨根に興味津々

 

俺は大学4年生で名前はシゲル。

 

正直言ってヤリまくっている。

 

特に4年になってからは単位もほとんど取っていたので、女遊びばっかりしてた。

 

合コンで知り合って、そのままお持ち帰りでセックスってパターンが多い。

 

4年になってから20人以上はセックスしたかな。

 

女子大生とOLが中心で、ナースとかもいた。

 

この前、俺のセフレの紹介で、同い年の女の子と知り合った。

 

実はこの子もセフレにしちゃった。

 

セフレの友達もセフレ。

 

俺のセフレの名前をナオミ、今回知り合った子をアイとしておく。

 

ナオミはとある女子大に通う4年生で、合コンで知り合った。

 

お持ち帰りして、そのままセフレにした。

 

ちなみに、俺はテクニックには自信があって、常に3人ぐらいのセフレはいる。

 

よくチンポが大きくて気持ちいいって言われる。

 

長さは20センチぐらいあるかな。

 

ナオミも俺の巨根のとりこになって離れられなくなり、いつも週1ぐらいで会ってセックスしてた。

 

今まで4人しか経験がなかったらしく、初めてイッタというのも俺とのセックスらしかった。

 

もう他の人とエッチできないって言ってたな。

 

ナオミとセフレになって1ヶ月ぐらい経った頃、ナオミから相談があった。

 

どうやら仲良しの友達に俺のことを話したみたいで、その友達が俺に興味津々なんだとか。

 

どうやらチンポのデカさやセックスの内容まで話しちゃったらしいんだ。

 

その友達アイは彼氏がいるんだが、彼氏だけじゃ満足できないっていう性欲旺盛の子みたい。

 

今はセフレには間に合ってたんだが、Fカップの巨乳と聞けば、会ってみたくなるのは当たり前。

 

関心あるなら連絡してくるようにと、ナオミに言っときました。

 

ナオミとしては、自分の友達に巨根のセフレのことはあまり教えたくなかったみたいだが。

 

自分から話してしまったんだから自業自得。

 

すぐにアイからメールが来て、1週間後2人で飲みに行くことになった。

 

初対面で、しかも友達のセフレなんで、アイはかなり緊張していたみたい。

 

会ってみるとチョースタイルのいい女の子。

 

ギャルっぽい雰囲気で髪も明るめだったけど、ニットの上から盛り上がる巨乳に目を奪われた。

 

2人で居酒屋へ・・・話は最初から下ネタ全快だった。

 

「ナオミが凄いって言ってたよ」

 

「まじで?確かにあの感じ方だとそうだね」

 

「すごそうだね。どんなことしてるの?」

 

「どんなって、普通のエッチだと思うよ」

 

「本当に?ナオミが他の男と全然違うって言ってたよ」

 

「そうかな?まあ経験多いからかな」

 

「何人ぐらいとしたの?」

 

「50人以上はヤッテるかな」

 

「まじで?やばいね」

 

「アイちゃんは?」

 

「えー?ヒミツだよ」

 

「実は結構ヤリまくってんじゃない?」

 

「そんなことないよ!まあ10人ぐらい?」

 

「結構多いじゃん」

 

「シゲル君ほどじゃないでしょ!普通だよ」

 

話を聞くと、以前はセフレとかもいたみたい。

 

今はいないみたいだけど。

 

「そういえば彼氏いるって聞いたけど、満足できないの?」

 

「うーん、、下手ってわけじゃないんだけどね」

 

「アイちゃんの性欲が強いの?」

 

「正直言うと、そうかも」

 

こんな感じで下ネタは盛り上がりました。

 

巨根に驚いてしゃぶりついてきた

 

居酒屋を出た後は、なんとアイちゃんがうちに来たいと言ってきました。

 

これはもうセックスOKってことだけど、途中コンビニで酒とつまみを買って帰宅した。

 

さて、酒を飲みながら下ネタの続き。

 

「どういうエッチが好きなの?」

 

「う~ん、時間が長いのがいいかな」

 

「彼氏のエッチは短いの?」

 

「そうでもないんだけどねー、やっぱ長ければ長いほどいいじゃん」

 

「そんなもんかねー?ナオミはあんまり長いのは好きじゃないみたいだけど」

 

「そうなんだ、人によるのかな」

 

「まあ俺がナオミをイかせまくって、疲れさせてるのかもしれないけど」

 

「マジで?!本当にすごそうだね」

 

30分ぐらい喋ったところで、俺はトイレに行った。

 

トイレから帰ってくると、何やらアイがニヤニヤしている。

 

「シゲルく~ん、見つけちゃったよ」

 

「何?どうしたの?」

 

「ほら、コレ」

 

と言ってアイが取り出したのはコンドーム。

 

俺が無防備に棚に置いていたのを見つけてしまったみたい。

 

「ちょ!」

 

「ナオミが言ってたこと、本当だったんだ」

 

「なにが?」

 

「サイズがXL、本当に大きいんだね、ちょっと見てみたいかも」

 

「そういうことか、じゃあ見る?」

 

「え?ここで?」

 

と言いながらアイは俺のチンポに興味津々の様子。

 

俺はズボンを脱いで下半身はボクサーパンツ1枚の姿になった。

 

アイはちょっとびっくりしてたけど、俺が脱ぐのをじっと見ていた。

 

「すごーい!チョーもっこりしてる!パンツの上からでもおっきーのが分かるよ!」

 

そう言って、色んな角度からガン見してくるアイ。

 

「触ってもいいよ」

 

「えー、なんか恥ずかしいな」

 

と言いながらおそるおそる触ってきた。

 

「あれ?まだフニャフニャだ。勃起してるかと思ったのに」

 

「さすがにまだ勃起する要素がないだろ」

 

「そうだよね、でもおっきいから勃ってるのかと思った」

 

「直接見てみる?」

 

「え~~~?」

 

と言いながら笑顔のアイ。

 

俺は自分でボクサーパンツを下ろした。

 

「すごい!勃ってないのにこんなにおっきい!」

 

「彼氏のよりも?」

 

「そうだね、でも彼氏のは普通だけどね」

 

そう言うとアイは俺のチンポを握り、しごいてくれた。

 

徐々に勃起していく。

 

「凄い!めっちゃおっきい!」

 

「そう?」

 

「XLってすごいね。こんなおちんちん初めて見たよ」

 

「そっか」

 

「すごーい!指まわんないんだけど」

 

と嬉しそうに言って亀頭をチロッと舐めてから、そのままフェラチオへ。

 

唾液も絡ませながら、舌の使い方がいやらしい。

 

フェラチオ好きなんだろうな。

 

「彼氏いるのに他の男のチンコしゃぶっていいの?」

 

「意地悪!こんなおっきいの見たら、舐めたくなるじゃん」

 

ジュプジュプ音を立てながら、ちょーエロいフェラチオ。

 

亀頭から根元、金玉まで全部舐めてくれる。

 

「凄い!大きくて口に入らない」

 

亀頭もでかいので、普通の女の子なら亀頭までしか口に入らない。

 

「シゲル君のおちんちんすごいね、ナオミがハマっちゃうのも分かるなー」

 

「でかいチンコ好きなの?」

 

「うん、好き」

 

「アイちゃん、めっちゃエロいね」

 

「やーん」

 

入れてと言われても焦らしまくり

 

ずっとフェラチオしてもらうのも悪いので、今度は俺がアイを責めることに。

 

ニットを脱がすと、色白でキレイな巨乳が登場。

 

でも巨乳にはまだ触らず、耳や首元からゆっくり責めていく。

 

たっぷり時間をかけて全身を触りまくってから、ブラジャーを取る。

 

焦らしすぎだね。

 

この頃にはもう、オマンコビチョビチョに濡れまくってたはず。

 

ブラを外すと、ちょっと大きめの乳首だった。

 

でも、おっぱいの形はちょー綺麗。

 

焦らしまくったせいか、乳首を軽く触っただけで声が漏れた。

 

「うあっ、あ~ん」

 

さらに焦らしながら乳首を舐め、同時に膝でオマンコをスリスリ。

 

「なにっ?ああっ、はあっ、気持ちいい、うあんっ、こんなの・・・初めて」

 

思いっきり乳首を責めるとすごい反応がきた。

 

「ああん!すごい!いい!もっと!うああっ、あああ・・・」

 

さらに俺はパンツの中に手を入れ、オマンコをグチュグチュかき回す。

 

するともうアイはイキそうになってた。

 

「ああぁ!だめえ!イクっ!イッちゃうっ!ああぁ!イク!あぁぁぁ!」

 

そう言って、体をビクビク痙攣させながらイっちゃった。

 

「はぁ、はぁ、シゲル君すごい!こんなに上手い人初めて」

 

「マジで?まだまだ終わらないよ」

 

「もう入れて欲しい」

 

そう言うと俺のチンポを握って、シコシコ手コキし始めた。

 

「あぁ、おっきい、こんなの入るのかな」

 

「けど入れたいんでしょ?」

 

「うん、入れてほしい、こんなに大きいおちんちん見たことないし。ねえ、もう入れて?我慢できないの」

 

けど、俺はまだ焦らすつもり。

 

それからさらに2回ほど手マンでイカせた。

 

「はぁ、はぁ、まだ入れられてないのに、こんなにイカされたの初めて・・・」

 

「焦らされたらもっと気持ちよくなれるよ」

 

「そうかも、でももう限界、ねえ、お願い、早くきて・・・」

 

10回以上イカせて巨根の虜にした

 

さすがに俺も入れたくなったので、アイを寝かせ、コンドームを着けて亀頭をアイのオマンコにヌプッと入れました。

 

「んあっ、すごいっ!ああっ、うわっ、太っ!」

 

「このまま入れちゃっていい?」

 

「ダメ、待って、ああん!ゆっくり・・・」

 

「アイちゃんめっちゃ濡れてるよ、エロいね」

 

「そんな、あっ、あっ、はっ、ダメ、ゆっくり、あん、おっきい、あっ!」

 

「まだ先っちょしか入ってないよ」

 

「ああ、はぁ、すごい、こんなの無理」

 

アイはかなりきつそうでした。

 

と言ってもどの女の子も最初はこうだけどね。

 

オマンコに馴染ませるために、浅く挿入してゆっくりピストンを始めた。

 

「はあぁ、はっ、あっ、すごい!」

 

「だんだん慣れてきた?そろそろ全部入れていい?」

 

「うん、気持ちいいの、入れて、ゆっくりね、はぁ、ああぁぁん!」

 

「おお、すごい締まる、気持ちいい~」

 

「あっ、あっ、はっ、おっきい、おっきい、あっ!あんっ!すごい!いい!」

 

「どう?」

 

「あぁ、はぁ、すごい、今までの人と、全然違う、おっきい、ああん」

 

ぐーっと奥まで入れて、子宮に亀頭を押し当て、回すように腰をグラインドさせていった。

 

「あっ、はっ、すごい!奥まで入っきた!」

 

アイの腰をガッチリ掴み、グリングリンと腰をローリングさせる。

 

そして腰を少し持ち上げて、強く動かす。

 

アイの巨乳がたぷんたぷん揺れる眺めに興奮。

 

「ああっ!そんなのっ!だめっ!マジだめっ!んあぁぁーっ!ダメダメダメっっ!!」

 

そう言ってアイは腰をグーッと反らして挿入後の初イキ。

 

アイは息があがってたけど、そのままピストンを続た。

 

そして何度もイカせた。

 

「お願いっ!もうヤメて、無理なのっ!ああん!」

 

「長くしたいって言ってたじゃん」

 

「だって、こんなに激しいなんて、ダメ!ああ!イイからもうだめ!死んじゃう~」

 

死ぬわけない。

 

お構いなしに、ズボズボピストンを続ける。

 

「いやっ!もうだめっ!マジだめっ!んあぁぁーっ!イクううう!」

 

この時点でもう10回はイってたと思う。

 

普通の女の子ならもう限界のはずが、さすが性欲旺盛のアイ。

 

ダメと言いながらも、耐えられることはヤリながら分かった。

 

「すごかった?」

 

「ちょー凄かった、ナオミが虜になるはずだよ」

 

「またしてほしい?」

 

「うーん、彼氏にバレなければ」

 

これはOKってことだね。

 

アイも俺の巨根の虜になったな。

 

少し時間が経過したところでセックス再開。

 

今度は正常位で、激しくピストン。

 

アイはずっと絶叫してた。

 

「ああぁ!だめぇ!またイク!イッちゃう!ああぁぁ!イクーっ!!あぁぁ!」

 

「そろそろ俺もイキそう!」

 

「うん、いいよ、出して、はあ、はあ」

 

俺はオマンコの奥のほうをガンガン突いていった。

 

「顔に出していい?」

 

「いいよ、いっぱいかけてぇ、あぁぁ!またイク!」

 

「よし、いくぞ!」

 

「あぁ!もう!あぁぁぁぁ!またいくぅ!」

 

いい感じのタイミングでチンポを引き抜き、アイの顔にドピュドピュ射精した。

 

「きゃん!ああ、あったかい、すごい、多いね」

 

そう言ってお掃除フェラしてくれた。

 

「こんなに何度もイカされたの初めてだよ」

 

「ナオミみたいに離れられなくなるかもよ」

 

「やばいね、すごいおっきいし、ちょー気持ちよかった」

 

「今度ナオミと3Pしようよ」

 

「えー、それはやだよ」

 

結局3Pはまだ実現してませんが、俺の巨根に嵌ったアイとは今もセフレ継続中。