Pocket

熟女 巨乳
画像はイメージです

 

家庭教師先の女の子のお母さんが巨乳すぎて

 

大学3年生の時の話です。

 

当時僕は家庭教師のアルバイトをしていました。

 

美智子さんの住まいに初めて伺ったのは初夏の頃でした。

 

小学校1年生の女の子を教えることになったからです。

 

僕は以前にも家庭教師を経験しており、あまり緊張することもなく、お宅へ伺いました。

 

玄関に出て来られたのは、おそらくお祖母さんだと思います。

 

2階にある女の子の部屋へ案内されて、早速勉強をみてあげました。

 

初日はすんなりと終わり、帰ることにしましたが、ご両親の姿が見えなかったので、

 

(共働きなのかな)

 

と思っていました。

 

週2回の予定で伺うことになっていましたので、2日後にまた訪問しました。

 

その日もお祖母さんが出てきて、応対してくれました。

 

勉強をみてあげている途中で僕はトイレに行きたくなったので、女の子にトイレの場所を聞き、用を足しに行きました。

 

行くときは気が付かなかったんですが、トイレから出て部屋に戻る途中、女性のブラジャーが見えました。

 

途中には少し広めの部屋があるんですが、その部屋には洗濯物がいっぱい干してあり、その中にブラジャーもあったんです。

 

僕はおっぱい星人で、AVを見る時も巨乳ものばかりです。

 

大き目のブラジャーだったので触ってみたかったんですが、手に取る勇気はなく、そのまま女の子のいる部屋へと戻りました。

 

それから2週間ぐらい経った頃、初めて女の子のお母さんとお会いしました。

 

お母さんは30代半ばぐらいだと思います。

 

一見普通の女性ですが、胸が結構盛り上がっています。

 

(やっぱり、あのブラジャーはお母さんのだ)

 

胸ばかり見るわけにもいかず、軽く挨拶をした程度でしたが、話のなかでお母さんは看護師をしており、夕方の時間帯は留守にしていることが多いということが分かりました。

 

その日は、女の子ともだいぶうち解けてきた僕は、お父さんのことも聞いてみました。

 

すると、お父さんはいないとのことでした。

 

離婚していたのです。

 

女の子に

 

(辛いことを聞いてしまったな)

 

と申し訳なく思いました。

 

でもその日の本音を言うと、お母さんのボリュームのあるおっぱいが忘れられませんでした。

 

次の家庭訪問の時は雨でした。

 

僕は雨ということに少し期待しながら、女の子の家へ行きました。

 

そうです、雨ということは、またあの広い部屋にブラジャーが干してあるかもしれないのです。

 

巨乳好きな僕には、ブラジャーにしか興味ありませんでした。

 

その日、お母さんはいつものように留守みたいでした。

 

早く確認したかった僕は、女の子の部屋へ入り、勉強を始めるとすぐにトイレを借りることにしました。

 

そしたら・・・青色のブラジャーがありました。

 

お祖母さんは1階にいます。

 

女の子がこちらへ来ることはないでしょう。

 

僕はおそるおそるブラジャーを手に取ってみました。

 

そしてサイズを見ます。

 

「G」という表示がありました。

 

今の僕なら、

 

(アンダーはいくつなんだろう?)

 

とか気にしたはずですが、当時の僕にはそんな知識もなく、ただ「G」というアルファベットに興奮していました。

 

(これがお母さん、いや美智子さんのおっぱいに・・・)

 

それからというもの、時々美智子さんにお会いしたとき、僕は頻繁に美智子さんの胸を見ていました。

 

これから真夏ですが、より薄着になります。

 

美智子さんがしゃがんだ時に見えた胸の谷間に目が釘付けになり、

 

(手を入れたい!)

 

と激しく思いました。

 

美智子さんの巨乳に触りたくてたまらない僕は、あるとき廊下ですれ違うときに、さりげなく肘を胸にあてることに成功し、その感触を味わいました。

 

あくまで偶然を装って。

 

一瞬でしたが、柔らかくてボリューミーな感触にとても興奮しました。

 

僕が巨乳好きなのがバレていた

 

でも当然ながらそれ以上のことは出来ず、月日は流れて12月を迎えました。

 

師走に入り、そろそろ僕は就職活動が始まる時期でもあります。

 

そのため僕は、年内で家庭教師を辞めることを、事前に女の子やお祖母さんに伝えていました。

 

そして12月も半ばになり、美智子さんにお会いした時、

 

「せっかく彩(女の子の名前)も慣れてきたのに、残念ですね」

 

と言われました。

 

僕は嬉しかったです。

 

そして、もう美智子さんに会えないかもしれないという思いから、

 

「僕もお母さんに会えないのが残念です」

 

と冗談ぽく言いました。

 

すると、

 

「あら、私に会えないのがじゃなくて、私の胸を見れないからじゃないの?」

 

と笑って返されてしまいました。

 

どうやら僕の視線は気づかれていたみたいです。

 

(もしかして偶然を装っておっぱい触ったことも?)

 

僕は、

 

「そんなことないですよ!」

 

と笑って誤魔化しましたが、図星なので内心は冷や冷やでした。

 

すると予想外にも、

 

「触ってみる?」

 

と言われました。

 

僕はビックリして美智子さんの言葉に少しためらいましたが、

 

「いいんですか?」

 

と興奮しながら聞き返しました。

 

「いいわよ、服の上からね、最後ですもの」

 

美智子さんのその言葉を聞くと、僕はもうためらいなく、その大きな胸を触りました。

 

そして揉みました。

 

(柔らかい!大きい!)

 

僕はたまらず服の中に手を入れました。

 

ブラジャーをくぐり抜け、直接触りました。

 

温かくてすべすべしてます。

 

(これがGカップか~)

 

もう酔いしれていました。

 

そして調子に乗って、下の方へ手を伸ばしました。

 

(濡れてる!)

 

僕はますます興奮し、美智子さんをベッドに寝かせようとしました。

 

「ダメ!」

 

美智子さんのその言葉で我に返りました。

 

いくらなんでも、セックスまでさせてもらえるはずがありません。

 

そして、

 

「すみません」

 

と謝って帰ろうとしました。

 

すると、

 

「違うのよ、下にお祖母ちゃんたちがいるから」

 

そう言われましたが、僕はまだ言葉の意味が理解できていません。

 

「ベッドだと、下に揺れが伝わっちゃうの、だからこのままシテ、立ったままで」

 

僕はやっと理解できました。

 

すぐにズボンとパンツを脱ぎました。

 

巨乳を揉んだ興奮で、僕のチンコはギンギンに勃起していました。

 

美智子さんは机に手をつき、パンツを下げています。

 

後ろから美智子さんのオマンコ目掛けてチンコを挿入しました。

 

ヌルっと入りました。

 

「あ~久しぶり、気持ちいいわ~」

 

美智子さんは声を漏らします。

 

「美智子さんの中、あったかくて気持ちいいです」

 

僕は激しく突き上げます。

 

そして服の中に手を潜り込ませ、巨乳を揉みます。

 

ちょっと体勢がキツイですが、夢中でモミモミしました。

 

やっぱり柔らかくて揉み応えがあります。

 

乳首を摘むと、

 

「はぁ~ん」

 

と官能的な声を漏らす美智子さん。

 

僕はあっという間にイキそうになりました。

 

「イッっていいですか?」

 

「うん、そのまま中にいいわよ」

 

僕は美智子さんのオマンコに目一杯チンコをぶち込み、ドクンドクンといっぱい射精しました。

 

すると美智子さんは、何事もなかったかのように身支度を調え、

 

「下に行きましょう」

 

と言いました。

 

(女の人は変わり身がすごい)

 

と圧倒させられました。

 

僕はまだ膝がガクガクしてるのに・・・

 

なんとか僕も服を着て、1階にいたお祖母さんや女の子に挨拶をして、その日は帰宅しました。

 

フェラチオの最中に揺れる巨乳に興奮

 

12月も下旬となり、いよいよ最後の家庭教師の日がやってきました。

 

冬休みということもあって、昼過ぎに伺いました。

 

僕は一つだけが気がかりでした。

 

そうです、美智子さんが在宅しているのかどうかです。

 

居て欲しいけど、この前のことを考えると顔を合わせづらい気もするし、でもやっぱりあの巨乳をもう一度見たいという思いが強かったです。

 

そう思いながら玄関を開けると、いつも出迎えてくれるお祖母さんがいません。

 

女の子一人だけの出迎えでした。

 

僕は正直がっかりしました。

 

「今日は彩ちゃん一人?」

 

「お母さんがお祖母ちゃんを送りに行ってるの」

 

その言葉に僕は舞い上がりました。

 

(今日は仕事じゃないんだ、帰ってくるかも)

 

家庭教師の途中で、期待通りに美智子さんが帰宅しました。

 

勉強が終わりました。

 

女の子は、この後友だちの家に遊び行く予定らしいです。

 

ということは・・・女の子が出かければ美智子さんと二人っきりになれます。

 

僕は、今までの過程や彩ちゃんの勉強のことについて、お母さんと話をすることにしました。

 

もちろんそれは口実で、すぐ帰りたくないためです。

 

その話も終わろうとする頃、ようやく彩ちゃんは出かけてくれました。

 

そして美智子さんとの話も終わり、お別れの時になりました。

 

僕は意を決して言いました。

 

「美智子さん、もう一度触らせて下さい!」

 

美智子さんは、

 

「いいわよ、今日は本当の最後の日だものね」

 

と微笑んで言ってくれました。

 

「今日はお祖母ちゃんもいないし」

 

僕はその言葉の意味をすぐに理解しました。

 

美智子さんに近づき、服を脱がせ、Gカップのブラジャーを外し、おっぱいにむしゃぶりつきました。

 

揉みまくり、舐めまくり、そしてオマンコに手を伸ばします。

 

すると、その手を美智子さんが遮りました。

 

(もしかして今日は生理なのかな)

 

と思ったら、美智子さんは僕のチンコに手を伸ばしてきました。

 

「お願い、入れる前におちんちんしゃぶらせて!」

 

僕は歓喜しました。

 

美智子さんが、自らフェラチオしたいと言ってきたのです。

 

僕はズボンとパンツを脱ぎ、チンコを美智子さんの顔の前に差し出そうとしました。

 

その間に美智子さんは、全裸の上から白衣を羽織っていました。

 

「こういうシチュエーション、好きなんじゃない!?」

 

僕は興奮ボルテージが一気に上がりました。

 

美智子さんはその姿のまま、僕のチンコにペロペロと舌を這わせてきます。

 

そしてスッポリと咥え込み、チュポチュポと頭を上下に動かしてフェラチオしてくれます。

 

その下では、白衣の中で巨乳がゆさゆさ揺れています。

 

もうたまりません。

 

僕は手を伸ばして、白衣の中のおっぱいを揉みました。

 

フェラチオされながらおっぱいを揉むという行為に興奮が高まり、早々と射精感が押し寄せてきます。

 

微かな希望を抱いてオナ禁し、精子を溜めてきた僕は、あっけなく美智子さんの口の中に射精しました。

 

巨乳を揉みながら騎乗位で同時イキ

 

美智子さんは僕のザーメンを飲み干し、

 

「挟んであげよっか?」

 

「は、はい!」

 

ザーメンの残り汁を吸われながら、萎え始めたチンコを再びフェラチオしてくれます。

 

美智子さんの口の中で、すぐにチンコは回復です。

 

それを白衣の中の巨乳がムニュと包み込みます。

 

至福の瞬間とはこのことでしょうか、美智子さんの唾液でベトベトになっているためか、ほどよく滑ります。

 

「は~、気持ちいいです」

 

パイズリってめちゃくちゃ気持ちいいんです。

 

さっき一度射精しているので、すぐには射精の合図は来ません。

 

美智子さんはゆっくり擦ったり激しく擦ったり、巨乳を押し付けるようにグリグリしたりして責めてきます。

 

大好きな巨乳にチンコが包まれて、僕は情けない顔をしながら感じていたと思います。

 

快感に酔いしれながら、美智子さんの髪をかきあげます。

 

艶やかで可愛く見えます。

 

白衣姿の色っぽいうなじに興奮し、射精感が迫りつつあるのを感じます。

 

そして美智子さんの巨乳に包まれたまま、射精しました。

 

「今度は入れてね、若いからすぐいけるでしょ?」

 

白衣姿の美智子さんと、今日はベッドの上でセックスできます。

 

チンコが回復するまで、ベッドの上で美智子さんの巨乳を揉んで舐めまくります。

 

敢えて白衣をかぶせ、その上から乳首を弄ったりしてみます。

 

白衣の上からでも乳首が固くなっているのが分かります。

 

そして、回復したチンコをオマンコの割れ目に擦り付けます。

 

ゆっくりズブズブと挿入していきます。

 

奥まで挿入してから、徐々にスピードを上げながら突き上げていきます。

 

突きながら、白衣の中の巨乳をたっぷりと揉み込みます。

 

(やっぱり柔らかい)

 

その時でした。

 

携帯電話の着信音が鳴ったのです。

 

無視するのかと思いましたが、電話に出るみたいです。

 

美智子さんは起きあがり、電話に出ます。

 

どうやらお祖母さんのようです。

 

迎えにいく約束をしていたらしいのです。

 

僕は仕方なくベッドで仰向けになり、一息つきました。

 

「・・・今ちょっと掃除してて、片付け終わってから行くから、少しだけ待ってて、そんなに時間かからないと思う」

 

と言う言葉で電話が終わりました。

 

携帯を置くと、美智子さんはベッドに膝をつき、上から僕を見下します。

 

「ごめんね、続きしよ、今度は私が上になるわね」

 

言い終わる前に美智子さんはチンコを握り、勃起を確かめると自分のオマンコに引き入れました。

 

僕は受身の状態ですが、こういうのも悪くありません。

 

美智子さんが腰を上下に動かすたびに、巨乳がブルブル揺れています。

 

少し白衣に隠れているところもエロチックです。

 

僕は手を伸ばして白衣をかき分け、美智子さんの巨乳を揉みまくります。

 

美智子さんの息が荒くなり、腰使いが激しくなっていきます。

 

もう我慢できなくなってくると、美智子さんも、

 

「もうダメ、イッちゃう!」

 

と言って一緒にイキました。

 

寂しいけど、彼女とはこれでお別れしました。

 

巨乳をたっぷり揉ませてくれた美智子さん、最高だったなぁ。