Pocket

 

尿道責め
画像はイメージです

 

家庭教師だったドSお姉さんと再会

 

私は結婚3年目の27歳で、妻は9歳年上の36歳です。

 

若くして結婚した私の妻は、なんと童貞を捧げた初体験の相手なのです。

 

妻は女優の菅野美穂に似た美人で、ここでは美穂と呼ぶことにします。

 

初体験をしたのは私が中学1年の時で、美穂は私の家庭教師でした。

 

まだ精通したばかりの仮性包茎チンポの皮を剥かれ、カリ首に石鹸を付けて恥垢を洗い落としながら、

 

「ここはちゃんと毎日剥いて汚れを落とさないとダメだよ」

 

そう言って綺麗にすると、亀頭責めをされました。

 

美人女子大生の家庭教師にチンポを弄られて、

 

(美穂先生の前で射精したい、射精するところを見られたい)

 

と思っていた私も変かもしれませんが、美穂先生も変態ではないかとも思いました。

 

チンポを責められっぱなしで、ビクビクして射精が近くなると寸止めして焦らされ、普通の中1男子が体験できないような快楽地獄へと導かれ、最後にはおもいっきり暴発させるように射精しました。

 

「利雄君、あなた中1なのにいいおちんちんね。味見させてちょうだい」

 

コンドームを被せられて、童貞を卒業しました。

 

美穂先生とは、その後10回くらいセックスしたと思いますが、女性やセックスに対する自信がついて、中2の時に同級生の女の子と交際して処女を貰い、彼女とは中学卒業まで付き合いました。

 

中学卒業後は私は高等専門学校(高専)に進み、その彼女とは別れましたが、高専時代も知り合った女の子には積極的にアプローチしていました。

 

時は流れて、私が高専を卒業して新社会人となった1年目の夏、街で偶然美穂先生に再会しました。

 

「利雄君じゃない?」

 

「美穂先生・・・ですよね?」

 

当時私は21歳、美穂先生は30歳でしたが、女子大生の時とそれほど変わらない美人でした。

 

そんな先生と再開して思い出すのは、勉強を教えてもらったことよりも、もちろん童貞喪失の事でした。

 

「利雄君、彼女とセックスしてる?」

 

「今年、高専を卒業して地元戻ってきたばかりなので、まだ彼女いません。先生こそ、ご結婚はされてるんですか?」

 

「今年30歳なのにまだ結婚してないのよ~、それどころか彼氏もいないし、男日照りでウズウズしてるの。利雄君じゃ若すぎるしなぁ・・・」

 

「美穂先生だったら、付き合いたいぐらいですよ」

 

「本当?三十路女をからかわないでよ」

 

「本当ですよ、だって先生は僕の初めての女性で思い入れも強いですし、これまで数人の女性と付き合いましたけど、美穂先生とのセックスが一番興奮しました」

 

「気づいてると思うけど、私、ちょっと変態なのよね。性癖がバレちゃうと、引かれて振られちゃうのよ」

 

美穂先生は男性を苛めて興奮するサディストでした。

 

しかも男性器を苛めるのが大好きな、変態ドSお姉さんだったのです。

 

結婚して妊娠してもチンポ、アナルを弄られます

 

早速先生とラブホテルに行き、バスルームでお互いの体を洗います。

 

美穂先生は、私のチンポをボディーソープでヌルヌルと揉み洗いしながら、

 

「やっぱり利雄君のおちんちん大きいわね。しかもあの頃より成長してるし、苛め甲斐ありそう」

 

と言って亀頭を執拗に責めてきました。

 

「あぁっ・・・うあぁっ・・・」

 

と腰が引けるほど淫らに狂わせられました。

 

「ふふっ、結構耐えるじゃない・・・これならどうかしら?」

 

美穂先生は自分のバッグからボコボコした棒みたいなものを取り出し、その棒にローションを塗ったかと思うと、

 

「力抜いてね」

 

と言って、私のアナルに棒をゆっくり入れてきました。

 

「うあっ!」

 

それは初めて経験する不思議な感覚で、アナルにボコボコした柔らかい棒をズリュズリュ出し入れされながらチンポを手コキされ、私はまたたく間に絶頂に達し、精液をドピュドピュ発射してしまいました。

 

射精後、私は美穂先生をベッドに仰向けにしてクンニしました。

 

30歳の美穂先生のオマンコには何本の男性器が入ったのか分かりませんが、薄い紫色をしていました。

 

それでもビラビラは小さく、美穂先生はその性癖から、男性とは長続きしなかったんだろうなと思いました。

 

クンニでオマンコがビショビショになった美穂先生は、今度は私を仰向けに押し倒すと、コンドームを被せて私に跨がって騎乗位で腰を振りだしました。

 

「あぁ~~あぁ~~やっぱり気持ちいい~~、利雄君のオチンポはたまんない~~」

 

一度射精しているので、今度は長持ちしたので美穂先生はご満悦の様子です。

 

私24歳、美穂先生33歳で結婚しました。

 

結婚して毎日子作りセックスに励み、その甲斐あって翌年には娘が生まれました。

 

「若い旦那様でいいわね~」

 

「ほんと、若い夫は最高なんだから」

 

と、出産祝いに来る美穂先生の友人に、私のことを自慢していました。

 

現在、美穂先生は第二子を妊娠中です。

 

医師からはセックスを禁じられていますが、美穂先生は私を苛めてきます。

 

私を仰向けにしてコックリングでチンポを締めつけ、アナルにエネマグラ(前立腺を刺激する医療器具)を挿入し、私を快楽の地獄へと落とします。

 

アナルからの前立腺責めは気持ちよく、青筋が浮き出たチンポがビクンビクン反応します。

 

「ああ、早くこの硬いオチンポ入れたいなぁ、でも、生まれてくる子のために我慢しなくちゃ」

 

そう言って、美穂先生はお腹を撫でます。

 

我慢汁をダラダラ垂らしている亀頭に、美穂先生はカテーテルをゆっくり出し入れさせます。

 

私は串刺し状態のチンポから、鳥肌が立つほどの快楽を得られるのです。

 

絶妙な力加減で射精を抑えながら寸止めされ、焦らしの快楽地獄に私は口をパクパクさせて悶えます。

 

コックリングで圧迫されたチンポは、尿道カテーテルという内側からの刺激も加わって血管を浮き立たせ、痛いほどの勃起をします。

 

「利雄君は私のオチンポ奴隷だね。私以外の女で射精したら、どうなるか分かってるわよね」

 

「僕は美穂先生のチンポ奴隷です。美穂先生以外で射精したら、どんなチンポお仕置きでも受けます。他の女性だけじゃなく、オナニーもしません」

 

そんなことを言わされ、カテーテルを抜かれてエネマグラでグイグイ刺激されながらチンポをしごかれ、大量の精液をドピュドピュ噴射するのです。

 

射精の瞬間を美穂先生は嬉しそうにガン見しています。

 

私は腰が抜けるほどの快感で、射精後はグッタリするのです。

 

きっと今夜も美穂先生に股を広げられ、チンポ、金玉、アナルを1時間以上に渡って責められ、快楽の地獄へと落とされることでしょう。