Pocket

名器 セフレ
画像はイメージです

 

セックス体験をしゃべったら男子が触ってきた

 

私は中学生の時は結構不良少女で、同じような派手な女子達&男子達と一緒に夜まで遊ぶこともしょちゅうでした。

 

繁華街にも頻繁に行っていましたが、学校の先生たちに目を付けられて、パトロールされて注意されることも多くなりました。

 

やがて、親が夜働いている友達の家に行くようになり、泊まったりもしていました。

 

一番よく泊まったのは、タクミという男子の家でした。

 

タクミの家は、母親が小学校低学年の頃に離婚して家を出て行きました。

 

お父さんがタクミを育てているのですが、夜勤も多くて、その夜勤の日に合わせて、みんなで遊びに行ったり泊まったりしていました。

 

家の中で大人の目も無いからやりたい放題で、中学生なのにお酒やタバコも好きなようにやってました。

 

そのうちやっぱり思春期の男女なので、みんなエッチなことに興味津々みたいで、話がそういう方向になってきちゃいます。

 

最初は、知ってるエロ知識を披露するとか、トークだけでしたが、自分に関するエッチな事とかも話すようになっていました。

 

お酒でかなり酔っていたせいもありますが、

 

「初めてオナニーしたのいつ?」

 

とか、恥ずかしげもなく話す子もいて、盛り上がっていました。

 

そんな中で実は私は、中1の夏休みの時、一定期間だけ来てもらっていた大学生の家庭教師と初体験を済ませていて、ついついその話をしてしまいました。

 

他のみんなはセックスまでは経験してなかったんで、相当ビックリされて、根掘り葉掘り突っ込んで質問されました。

 

私も酔った勢いで赤裸々にしゃべり、

 

「最初は痛かったけど、2回目からは気持ちよかった」

 

「オナニーなんかより、超気持ち良いんだよ~」

 

なんて話しちゃいました。

 

この時はそれで終わり、みんな気に入った部屋で適当に寝ていたんですが、私は夜中に喉が渇いたので水を飲もうと、1階の台所へ向かいました。

 

すると台所にタクミが居て私が、

 

「喉が渇いちゃった」

 

と言ってたら、タクミが

 

「俺、なんだか眠れなくなっちゃった、ちょっと話さねえか?」

 

と言われて別に構わなかったので、そのまま一緒に和室に行きました。

 

タクミの他にショウジとマサも起きてて、最初は普通に話をしてました。

 

そしたらタクミが、

 

「なあ、前から思ってたんだけど、ルミって胸でけえよなあ」

 

と言ってきたんです。

 

タクミ「なあ、ちょっと、見せてくれよ」

 

私「やだ~」

 

そしたら、ショウジが私を後ろから羽交い絞めにしてきました。

 

と同時に、タクミが私のTシャツを上に捲り上げたんです。

 

寝巻き代わりでブラジャーは着けてなくってキャミソールだけだったので、そのまま胸が露わになってしまいました。

 

タクミ「うわっ、やっぱデケェなあ、ちょ~興奮する」

 

私「だめだよっ!」

 

私は抵抗して足をバタバタさせました。

 

その足をマサが押さえてきました。

 

もう一切抵抗できない状態にされてしまいました。

 

タクミは胸を両手で、おそるおそる触ってきました。

 

タクミ「は~、やわらけぇ」

 

そう言いながら、感触を確かめるようにおっぱいをモミモミし、乳首も舐められました。

 

私「あん、はぁ・・・」

 

抵抗していたはずなのに、気持ちよくなってしまって、思わず声が漏れてしまいました。

 

抵抗しながら実はオマンコ濡れてました

 

タクミ「感じてんじゃん」

 

タクミは嬉しそうに言いました。

 

ショウジ「俺にも触らせろよ」

 

と言って、足を押さえていたショウジが私のおっぱいを揉み、その次はマサが揉んだり舐めてきたりしました。

 

私も気持ちよかったので、

 

(胸ぐらいならいっか・・・)

 

と思って彼らに身を委ねてしまい、気がつくと布団の上に横にされてました。

 

そのうちタクミが、

 

「マンコも見せろよ」

 

と言って、ショートパンツとパンティーを一緒に脱がせようと手をかけていました。

 

「そこはだめっ!」

 

と体を捻って抵抗しましたが、2人に手足を押さえられ、簡単に脱がされてしまいました。

 

やっぱり男子3人に見られるとなると、超恥ずかしかったです。

 

タクミ「おお~、すげぇ!」

 

タクミは私の足を広げて、オマンコをじっくり見つめ、手を伸ばして指で広げてきました。

 

タクミ「へ~、こうなってんのか、エロいな~」

 

タクミはそう言うと、オマンコに指を入れてきて、弄り始めました。

 

実は3人におっぱいを揉まれている時から、興奮してオマンコはすでにグチョグチョに濡れていました。

 

なので、吸い込むようにタクミの指が入ってきました。

 

クチュッっていやらしい音がして私も、

 

「はああん・・・」

 

って喘ぎ声を出してしまいました。

 

もうその頃は抵抗もせずに押さえつけもなくなり、タクミにオマンコを弄られ、ショウジに胸を揉まれて、私の体は快楽で我慢できなくなって、

 

「いやあんっ」

 

って言いながらイッてしまいました。

 

その瞬間、タクミの指がオマンコから押し出されました。

 

タクミ「あれ?どうなってんの?」

 

タクミはまた私のオマンコをじっくり観察し始めました。

 

タクミ「ルミのマンコ、ビクビクしてる」

 

そう言って、しばらく不思議そうに眺めてました。

 

マサ「俺にも見せろよ」

 

そう言うと、今度はマサがオマンコに触ってきました。

 

イッたばかりのオマンコにマサは触ってきて、少しずつ指を入れてきました。

 

マサ「なんか、ギュウギュウしてる」

 

タクミ「俺が入れたときは、ヌルヌルしてたけど」

 

なんだかそんなことを2人で言っていました。

 

そしたらマサが、

 

「あれ、なんか尖ったのがある、なんだ?」

 

と言って、クリトリスを軽く突きました。

 

私「あんっ!」

 

オマンコに指を入れられ、クリを弄られて、また気持ちよくなって喘いでしまいました。

 

3人のおちんちんが何度も入ってきました

 

しばらくクリを触られてたら、どんどん気持ちよくなっていって、すぐさままた濡れてきて、簡単にマサの指を吸い込んでいきました。

 

マサ「すっげえ、ジュブジュブ濡れてきた」

 

ショウジ「たまんねぇ、俺、勃ってきたよ」

 

タクミ「俺も、とっくに勃起してる」

 

マサ「俺だってもうギンギン」

 

私は興奮して感じながら、

 

(ヤバイかなあ・・・)

 

と思いつつも、こんなに気持ちよくなったのも久しぶりだし、もうされるがままになってましたし、本心はおちんちんを欲しがっていました。

 

タクミ「ルミ、入れていい?」

 

タクミが聞いてきました。

 

オマンコや胸を触られて、グショグショに濡れていた私はもう我慢できなくなって、

 

「うん、ちょうだい・・・」

 

って言ってしまいました。

 

タクミは私の足を広げて、ビンビンになったおちんちんを入れようとしたのですが、うまくいかずどうして良いのか分からないみたいでした。

 

私は自分から腰を少し浮かせて、おちんちんを入れやすいようにしてあげました。

 

私「入れていいよ」

 

早く挿入してほしくて、つい口走っていました。

 

タクミがそのまま腰を沈めると、今度はすんなり入ってきました。

 

私は1年ぶりに味わうおちんちんの感触に、めちゃくちゃ気持ちよくて、

 

「ああ~ん、気持ちいい~!」

 

と喘ぎ声を出していました。

 

私はもうたまらず、自分の欲望のままに腰を動かしていました。

 

タクミも初めてのオマンコに興奮してか、メチャクチャに動いてました。

 

タクミ「おおおっ!すっげぇ、たまんねぇよ!」

 

タクミはそう叫ぶように言うと、

 

「うっ!」

 

と言って少し慌てたようにおちんちんを抜いて、私のお腹にドピュッと射精しました。

 

ショウジ「こ、今度は俺な」

 

とかなり興奮した様子で、ショウジが私の上に重なってきました。

 

私はまた同じように腰を上げて、おちんちんを入れやすいようにしてあげました。

 

そしてマサの時も同じように・・・。

 

一人一人の挿入時間は短かったけど、さすが中学生男子の回復は早くて、何度も交代で挿入されました。

 

その内に私のほうがバテてしまっていましたが、お互いに何度もイッてしまいました。

 

最後には4人とも、いつの間にか失神状態のような感じで寝てしまったんだと思います。

 

私のオマンコは名器だったのでセフレに・・・

 

朝、私が最初に目覚めて、あまりの状況ビックリして我に返りました。

 

4人とも全裸で布団はメチャクチャだし、ティッシュは散乱してるし・・・

 

それに何より私の体中、男子3人の精液を大量に浴びたので、乾いてバリバリになっていました。

 

他の女子が起きてくる前に、私は3人に急いで布団を被せてシャワーを浴びに行きました。

 

バリバリに固まった精液は、なかなか落ちませんでした。

 

お風呂から出たら友達が起きてきて、

 

「あれ?どうした?」

 

って聞かれて、焦りました。

 

(友達の中に、タクミを好きな子がいたんで)

 

その日以来、タクミ、ショウジ、マサと私は、お互いヤリたい時に会ってセックスしていました。

 

「今日、やろっか?」

 

みたいな軽い感じで。

 

ただ、

 

「友達には絶対内緒ね」

 

って頼んでました。

 

1対1だったり、3Pだったり4Pだったり、いっぱいセックスしましたが、タクミと相性がいいのか一番気持ちよかったですね。

 

タクミとは高校も一緒だったので、一番長く続いてました。

 

でも彼氏彼女の関係じゃなくて(タクミは高校行ってから彼女できたので)、完全にセフレ関係でした。

 

タクミには、

 

「お前のマンコ、メチャクチャ気持ちいいから、時々ヤラしてくれよ」

 

て言われていました。

 

詳しく聞いたら、

 

「中が吸い付くように、うごめく感じ。そんで、イボイボやザラザラ感があって、しかもお前濡れやすいし、凄くてたまんねぇ」

 

というような事を言われました。

 

ミミズ千匹とかカズノコ天井とかいうそうですね。

 

これは、その後もセックスした人からよく言われました。

 

なので、私と肉体関係を持った男性たちは、名器の私からなかなか離れられないみたいです。

 

私もセックス大好きなので、たくさんの男性を自慢の名器で虜にしたいと思ってます。