Pocket

 

絶倫、性欲旺盛
画像はイメージです

 

俺をママ友に抱かせる約束をする嫁

 

俺は40歳で嫁は30歳。

 

嫁が20歳の時にうっかり中出しして「できちゃった婚」となり、今ではなんと子供が5人いる。

 

嫁はAV女優の吉沢明歩に似ていて、結構可愛くておっぱいもDカップだし、ほぼ満足している。

 

俺の仕事は肉体労働なので体力はあるし、絶倫といえるかは分からないが、毎晩2回はできる。

 

でも最近は嫁がもたないので、それでも週4ぐらいはセックスしている。

 

一番下の子供も幼稚園に入ったので嫁は比較的自由になり、最近はママ友と時おり飲みに行く様になった。

 

本当に仲の良い3人とばかり行っていて、何でも話せるので気が楽だそうだ。

 

前置きが長くなったが、ここからが本題。

 

そんな仲間で飲んでいて、話の流れで夜の営みの話になったそうで、仁美(29歳2人の子持ち)は2人目が生まれてから2年セックスレスで、智子(31歳3人の子持ち)は月に一回ぐらい。

 

もう一人(名前は知らない)も、やって月一、年に10回もしないそうだ。

 

嫁は驚いて、

 

「ゆきちゃん(嫁)のとこは?結構エッチやってそうだけど月に何回?」

 

と聞かれ、正直に言うか迷いながら、

 

「減って週4回」

 

って言うとめちゃくちゃビックリされたそうだ。

 

それからは質問攻めに合い、わりと細かいとこまで答えたらしく、回数や時間など。

 

以前は毎日で、休み前は朝まで励むのが当たり前、てな事を言ったらドン引きされ、

 

「うそー?さすがに盛ってるよね?」

 

となかなか信じてもらえなかったそうだ。

 

すると仁美が、

 

「いいな~、私も性欲旺盛な方だから、淡白な旦那で欲求不満なんだよね~」

 

と言い、そこからは元彼の話にもなり、

 

「あん時の彼は絶倫だったな~」

 

なんて話をされると嫁は

 

「私は今の旦那が初めての相手なんだけど」

 

と言うと、またしても驚かれ、

 

「初めてが性欲強い人だったんだ~」

 

と言われ、俺と同年代の平均セックス回数なんかの話をされ、逆に嫁がびっくりしたそうだ。

 

話はセックスで盛り上がったところで、仁美が真顔で、

 

「ゆきちゃん、一度旦那さんを貸してくれない?」

 

と言われて、

 

「なに言ってるの?」

 

と冗談と思って笑いながら言うと、

 

「本気なのよ!このままじゃ身体が疼いて浮気しちゃいそうだもの」

 

と真剣に言われ、仁美の本気は感じたそうだ。

 

身体の関係だけだし、お互いの家庭を絶対に壊さないと力説され、

 

「じゃあ叙々苑で焼肉食べ放題でどう?」

 

と言われてあっさり了承したそうだ。

 

お互いの巨根と巨乳を堪能

 

俺は翌日にそのことを話され、

 

(焼き肉も食えて、あの身体も食えるのはたまらん)

 

と思って了解した。

 

しかしその日から、嫁のジェラシーからかセックスが激しかった。

 

翌週の土曜日、俺ら夫婦は叙々苑に連れてってもらい、仁美の旦那と子供は実家に行ったそうだ。

 

たらふく焼き肉を食い、嫁と子供は先に帰り、俺と仁美はラブホテルに向かった。

 

仁美の顔は派手目で、とにかく身体がエロかった。

 

90cmは超えてると思われる巨乳と、ボリュームのある尻。

 

柔らかい巨乳を俺に押し付けながら、

 

「ごめんね、家の旦那インポ気味で・・・バイブでオナニーするのも欲求不満で限界だったの」

 

と言われ、

 

「どんなキャラにする?オラオラ系のドSで攻めようか?」

 

と言うと、

 

「あっ!それが良い」

 

と言うので腰に手を回し、

 

「じゃあ足腰立たないぐらいやってあげるよ」

 

と尻を撫でながらホテルに入った。

 

部屋に入ると仁美から激しいディープキスをしてきて、俺のチンポを撫でて巨乳を押し付けてきた。

 

あっという間に完全勃起すると、

 

「凄い、おちんちん見ていい?」

 

と言いながらズボンのファスナーを下ろし、俺のチンポをボロンと取り出すと、

 

「うわ~、大きいし太いし形も綺麗!それに硬いし、しかも黒光してる。このおちんちんで結構女を泣かせてきたでしょ?」

 

と言われたので、正直に答え、でも今は嫁しか泣かせてないよと言うと、

 

「ゆきちゃん羨ましいな~」

 

と言ってフェラチオしてきた。

 

「凄い雄の匂い、たまんない!」

 

と亀頭に舌を絡めて、カリ首まで濃厚な舌使いでベロベロ舐めまわし、俺の目を見ながら下から裏筋を舐め上げ、亀頭を口に含んだ。

 

そしてグポッグポッといやらしい音を立てながらフェラしている。

 

目はトロンとしていて、

 

「おっきー、お口に入り切らない」

 

と喉の奥まで咥えて、亀頭を擦りあげるようなディープスロートをしてくれた。

 

嫁もそこまでは出来ないので、

 

「上手いね。何本もチンポ咥えてきただろ?」

 

と聞くとコクンと頷いた。

 

若い頃は相当ヤリマンだったみたいだ。

 

「風呂でパイズリしてよ」

 

と言うと

 

「いいよ」

 

と言うので一緒に入った。

 

仁美はちょいポチャだがかなりの巨乳で、乳輪も乳首もデカめで焦げ茶色だが、相当エロかった。

 

嫁も巨乳なんだが、ボリューム感というか、全然違って迫力があった。

 

身体を巨乳を使って洗ってもらい、全身洗ってから巨乳でチンポを挟み、両手で巨乳を包み込みながらチンポを扱いてもらった。

 

凄い柔らかさで、泡がローション代わりになり、こんな気持ちのいいパイズリは初めてだった。

 

嫁もパイズリはできるが気持ち良さが違う。

 

俺は遅漏気味なんだけどすぐイキそうになり、

 

「ヤバい!気持ち良すぎて、もう出そう」

 

と言うと泡を流して再びチンポを挟み、巨乳の先からはみ出したチンポを咥え(パイズリフェラ)、激しく口と巨乳を動されて、たまらず口の中に射精してしまった。

 

挿入せずに焦らして手マンでイカせる

 

仁美はザーメンを全部飲み干し、

 

「凄いわ~、たいていの人は先っぽも出ないのに」

 

と言いながらチンポを扱き、

 

「早く入れてほしいから出ましょう!」

 

と風呂から出て、全裸のままベッドに入り、ディープキスをしながら荒々しく巨乳を揉むと、

 

「あ~ん、乱暴にされるのも良いわ~」

 

と言うので、乳首を摘んで引っ張ると、

 

「あんっ!それいいっ!」

 

と叫び、オマンコに指を入れるともうグチョグチョで、

 

「入れる?それとも、もっと遊ぶ?」

 

と聞くと、

 

「入れてほしい」

 

と言うので、意地悪でクンニしてやった。

 

「えっ?あ~ん!おチンポがいいのに~」

 

と言う言葉を俺は無視し、少し形の崩れかかった茶色のオマンコを舐めまくり、指を二本入れてズリズリ掻き回してやると

 

「アヒィーー!ダメダメっ!イッちゃうからっ!」

 

と言うのでさらに早くオマンコを掻き回し、クリを舐めまくると、

 

「本当にイッちゃうっ!イッちゃうっ!」

 

と叫ぶと身体をビクビク痙攣させ、イッてしまった。

 

しばらく肩で息をしてから、

 

「淳さんってドSだね。ゆきちゃんにも意地悪してるの?」

 

と聞かれたので、

 

「おねだりするまで寸止めしてるよ」

 

と言うと、

 

「酷~い!」

 

と言うので

 

「そんな事言うなら入れないぞ」

 

と言うと、

 

「いや~ん」

 

と言って尻を俺の方に向け、

 

「淳さんの太くてたくましいおチンポを入れてください!」

 

と自分からオマンコを広げてきた。

 

一度きりのはずが・・・

 

俺は持ってきたコンドームを装着し、足を抱えて膣口にチンポを当て、ズブズブと押し込んでいった。

 

仁美は、

 

「ああっ!太い!凄い!」

 

と叫び、全部挿入すると奥にぶつかった。

 

「あん!子宮に当たってるー!ヒィー」

 

と奥が気持ちいいみたいなんで、目一杯チンポを押し込んで、子宮口をズンズン突くと泣いて喜んだ。

 

過去には痛がる女も居たけど、仁美にはたまらないみたいで、

 

「そこがいいの!もっと、もっと突いて~!」

 

と喘ぎ、派手に何度もイッた。

 

途中で松葉崩しや、マングリ返しで足を抱えてガンガン突くと、

 

「ダメダメ!オマンコ壊れちゃう~!」

 

と潮を吹きながらイキ、その強烈な絞め付けに耐えられず俺も射精した。

 

しばらく余韻に浸るが、仁美はヨダレを垂らしながらピクピクしていた。

 

俺はオマンコからチンポを引き抜きゴムを外すと、仁美がお掃除フェラでしゃぶりついてきて、

 

「凄かったわ~、今までで一番気持ちよかったかも!」

 

と言いながらチンポに頬擦りし、

 

「これを週4で?ゆきちゃん凄いね。」

 

と言うので、

 

「もう一発やるよ」

 

と言うと、唖然としていた。

 

俺たちはもう一発セックスし、家に帰ると嫁がメソメソしながら、

 

「やっぱり他の人とエッチするのは嫌だよ~」

 

と抱き付いてきた。

 

可愛かったので嫁ともセックスし、やっぱり嫁が一番いいなと思いながら寝た。

 

翌日も嫁はベタベタしてきて、俺から離れなかった。

 

昼頃に仁美がケーキを持ってきて嫁に、

 

「ゴメンね!無理言っちゃって」

 

と謝り、ケーキを食べながら俺とのSEXの話をし出した。

 

「ゆきちゃん凄いね。あんなの毎日だったんでしょ?私もセックス好きで、絶倫の彼氏も居たけど比較にならないもん」

 

と笑い、

 

「それでさ~、月イチぐらいで貸してくんない?今度は高級回転寿司で」

 

と言うと、嫁はあっさりOKしていた。