Pocket

ヤンキー女子高生 逆レイプ
画像はイメージです

 

友達が不良女子に捕まってブルマーを穿かされていた

 

もう昔のことですが、高校生の頃、僕の学校はかなり荒れていました。

 

不良たちがガラスを割ったり、女子は化粧してきたりパーマをあてたりもしてました。

 

女子でも不良に盾突いたりすると、仲間の上級生が呼び出して、イジメや辱めを受けることもあるみたいでした。

 

正直言って僕もたいしてマジメではなかったので、よく旧体育館の裏や用具室で、授業や掃除をサボったりしてました。

 

3年時のの体育大会の日だったんですが、

 

(だるいな~)

 

とか思いながら僕は用具室にやってきたのですが、すでにそこは不良女子たちに占領されていました。

 

(クソッ)

 

と思いながらバレないように運動場へ戻ろうとした時、僕に女子2人が気づいて、

 

「ちょっと待ちなよ先輩、何か用?」

 

と聞いてきたので、正直にサボって寝ようと思ったことを話すと、

 

「私たちがここに居るのチクられちゃ困るんだよね」

 

とか言って近づいてきました。

 

不良女子らしく、ブルマーがすっぽり隠れるほどのダラーンとした体操服でした。

 

昔は、体育の時は女子はブルマーが当たり前だったんです。

 

(ヤバイ!)

 

と思ってすかさず逃げましたが、男子がいたような気がして気になり、準備室の入り口から用具室の中が覗けるので行ってみました。

 

ガラス越しに、中では先ほどの不良女子を含めて10人ほど居ました。

 

しかし、なんとマットの上では同じクラスの友達Yが仰向けに寝かされ、体操ズボンとパンツを脱がされてチンポを触られていました。

 

先ほどの2人の女子は入り口の監視役をしていることも判明しました。

 

助けに行くのも難しいし少々怖かったため、とりあえず様子を見ていました。

 

Yは抵抗して泣きながら、

 

「ゴメンナサイ。わざとじゃありません」

 

て情けない姿で謝っていましたが、女子たちは

 

「今さら遅せーんだよ。お前、ミサト先輩のジャージをみんなの前で下ろしたろ。わざとに決まってるだろーが!」

 

と言うと、囲んでいた女子たちが代わる代わるYのチンポをシゴき始め、ムクムクと勃起するとキャッキャッと楽しそうにしている子もいて、次第にエスカレートしていきました。

 

僕はその様子に興奮して見入っていましたが、そのうちジャージを下ろされたというミサト先輩(別のクラスの女子)が、

 

「私もブルマー見られたんだから、お前にも恥ずかしい思いさせてやるよ」

 

と言うと、なにやら袋を取り出して、中から紺色の布切れみたいなものを取り出しました。

 

それは3年生女子の学年カラーのラインが入ったブルマーであることが、僕の目から見てもハッキリと分かりました。

 

Yはさらに抵抗していましたが、女子といえど大人数に押さえつけられているのでどうにもならず、足をバタバタさせながらも徐々に両足にブルマを通されていき、完全に3年生女子と同じ姿にされてしまいました。

 

逆レイプされる友達を見て射精してしまった

 

Yは抵抗虚しくブルマを穿かせられると、再び女子たちがキャッキャと騒ぎ出し、

 

「エローい!」

 

「この変態!」

 

などと言って笑いながらYを罵っていました。

 

後輩の不良女子たち(ブルマーのラインで分かる)が、さらにブルマーの上からYのチンポを擦り始めたのを見て、僕のチンポも完全に勃起してしまっていました。

 

Yはすでに抵抗する気も失くしていたみたいで、さらに袋から女子のテニススカートを取り出して穿かされ、四つん這いにさせられていました。

 

「はい、先輩男子のブルチラ完成!」

 

などと言われてみんなに笑われています。

 

さらにセーラー服を着させられ、スカートを捲られて顔だけ出させられるという、女子同士でやるイタズラのブルマー茶巾までもされていました。

 

ここまでかれこれ1時間ぐらい経っていたと思います。

 

いいかげんもう開放されるだろうと思いきや、

 

「そろそろフィニッシュにするか」

 

とミサトが言います。

 

冷静になって僕は女子たちを見たのですが、僕やYと同じ3年生のオレンジラインの体操服の女子が2人、2年生の青ラインが5人、1年生の緑ラインが2人でした。

 

僕と同学年のミサトともう1人がブルマ茶巾を解き、スカートを捲ったままYのブルマの裾からチンポを取り出し、高速でシゴき始めました。

 

しかもシゴきながらしゃぶります。

 

僕はその光景にめちゃくちゃ興奮し、自然と自分のチンポをシゴいていました。

 

さらにYのチンポはシゴき続けられ、ビンビンに勃起したところで、

 

「お前らヤッちゃいな」

 

と後輩女子に言うと、再びマットの上に押さえつけられ、ブルマを脱いだ2年生女子たちに跨れて、逆レイプされ続けていました。

 

Yは2人目の時に射精してしまったために、再びフェラチオされて勃起させられ、再び挿入されています。

 

僕は1人目の女子のセックスを見た時に、興奮がマックスになって射精してしまいましたが、Yは射精しては勃起させられています。

 

繰り返し、後輩たちに犯されていました。

 

助けた僕も不良女子たちに・・・

 

へとへとになったYに彼女らはブルマを穿かせたまま(短パンとパンツは取り上げられた)、その上からジャージを穿かせて解放しました。

 

体育会の競技もフィナーレなので、

 

(別にいいかな)

 

と思っていましたが、閉会式の整理体操で教頭先生が、

 

「男女ともジャージを脱いできて、再度集合しなさい」

 

とアナウンスしたのです。

 

(まずい!)

 

と思ってYを見ると、やはり顔が青ざめていて、どうしようといった感じでした。

 

僕は友達なのでYのところに行き、

 

「気分悪い?」

 

としらじらしく聞き、近くにいた先生に、

 

「Y君が朝から調子悪かったみたいなので、教室で休ませて下さい」

 

と頼んで、Yを教室へ帰らせました。

 

偶然そういう展開になったのか、彼女らがそこまで考えてYにブルマを穿かせたかどうかは、その時は分かりませんでした。

 

しかし、数日後の文化祭ではっきり分かりました。

 

Yを庇ったということで、僕は不良女子グループに目を付けられ、別のことで目を付けられて連れて来られていた下級生の女子と、不良女子たちが見ている前でセックスさせられたのです。