Pocket

対面座位
画像はイメージです

 

雷が怖くて抱きついたら着替え中でした

 

私は都内の女子大に通っています。

 

この前、アルバイト先の人とエッチしちゃった体験談を書きます。

 

相手は3つ年上の男性で、お兄ちゃんの様に慕っていて、てっちゃんといいます。

 

てっちゃんとは普段からすごく仲良しで、一緒に帰ったり飲みに行ったりもしています。

 

てっちゃんには同棲してる彼女がいて、私にも彼氏がいるんだけど、そんなの気にせず本当の兄弟みたいに、いつも気さくな感じです。

 

その日もバイト上がりの時間が同じで、終わってからしばらく休憩室でテレビを見てて、他の人は全員帰りました。

 

「俺たちもそろそろ帰ろうか」

 

って言ってそれぞれ更衣室へ行きました。

 

更衣室で着替えてたら、ピカッ・・・ゴロゴロ、ドッカーン!

 

突然大きな音で雷が鳴ったんです。

 

雷が大っ嫌いな私は悲鳴をあげました。

 

てっちゃんが私の悲鳴に心配して、隣から飛んで来てくれて、怖かった私は泣きながら抱きつきました。

 

「メグは怖がりだなー」

 

って泣いて震える私を抱きしめて、髪を撫でてくれたんです。

 

そして近くにあったジャケットをかけてくれて、てっちゃんが戻ろうとしたけど、また雷が鳴ったんで怖くてさらにしがみついたんです。

 

「もうちょっとだけいて」

 

て言うとてっちゃんは、

 

「いや、無理だよ」

 

そう言って離れようとします。

 

「やだ、怖いよ」

 

「いや、マジでやばいって」

 

「いやだぁー」

 

「無理だって」

 

「いいのー」

 

「よくねぇよ!」

 

そう言っててっちゃんは無理やり離れたんです。

 

「何でー?」

 

「メグ、そのかっこ・・・」

 

気付いたら私は下着だけ、てっちゃんもパンツにTシャツだけだったんです。

 

「ごめん!」

 

ようやく我に返り、恥ずかしくて真っ赤になりました。

 

「あー、もー無理」

 

今度はてっちゃんに抱きしめられたの。

 

「ちょ、ちょっと!!」

 

「俺、ちんぽ勃っちゃった」

 

「いやだー」

 

「メグのせいだぞ」

 

「そんなこと言われても・・・」

 

(離れなきゃ!)

 

と思った瞬間キスされたんです。

 

「!!」

 

前に酔ってキスしたことがあるんだけど、てっちゃんはキスが上手かったの。

 

舌も入れられて、ピチャピチャという音が響いていました。

 

「んんっ、ふぅ・・・」

 

声が漏れます。

 

頭がボーッとしててっちゃんの首に手を回します。

 

慣れた手つきでブラジャーを外され、唇が離れます。

 

「すげー、きれー」

 

てっちゃんはそう言うとおっぱいにしゃぶりついてきて、そのまま畳に押し倒されちゃいました。

 

潮吹くほどオマンコ弄られたのでフェラチオしてあげました

 

筋肉質の大きな手でおっぱいを揉まれ、乳首をチュパチュパレロレロされて声が漏れます。

 

普段からエッチな話ばかりしてるから、てっちゃんはどうやったら感じるかも知ってて、重点的に攻められます。

 

「んっ・・・んー・・・あっ、あんっ・・・」

 

超気持ち良くて、てっちゃんの頭を掴んで、髪の毛をクシャクシャにしてただ喘いでいました。

 

「メグすげー可愛いよ・・・俺ずっとこうしたかったんだ」

 

てっちゃんはそう言って、スルッとパンティーの紐をほどいて、オマンコに手を伸ばしてきました。

 

「いやぁん・・・」

 

「嫌じゃないくせに、もう溢れてきてんじゃん」

 

そのまま指を二本入れられて、掻き回されたんです。

 

てっちゃんは指で攻めるのが得意と言ってたし、感じるところを確実に攻めてきます。

 

指をズリュズリュと深く出し入れしながら、同時にクリも触られて、

 

「あんっ…いやっ…んーっ…ああんっ……やっ…やぁっ…」

 

あたしは腰をクネらせながら、ただひたすら喘いでいたと思います。

 

指が奥深くまで入ってきて、ある一点を擦られた時に、今までに感じたことのない感覚が襲ってきました。

 

「あーーっ!!」

 

自分でもびっくりするほど大きな声が出てしまい、恥ずかしい気持ちもあるのに押さえられないんです。

 

「ここがいいの?」

 

そう聞かれたんですが、声を上げたまま頷くことしかできません。

 

てっちゃんは一層強く擦ってくると、頭の中で何かが破裂したみたいな感じがして、何かが勢いよく出たんです。

 

「メグ、潮!!」

 

乱れた息を整えて畳を触ってみると、なんと言うかオモラシをしたようにびしょ濡れになっていました。

 

「ヤバい、こんな気持ちいいの初めて・・・」

 

「マジで?すげー嬉しい、もう俺も興奮して限界、入れちゃっていい?」

 

「今度はメグがしてあげる」

 

そのままてっちゃんの大きくなったおちんちんを咥えました。

 

特別大きいってわけじゃないけど、かなり反り返っていてカリデカなんです。

 

指でタマタマとアナルを刺激しながら反対の手でシゴき、亀頭をすっぽり咥えて、尿道に舌をねじ込むように強く舐めてあげると、

 

「うほーっ・・・ほふっ…」

 

と声が漏れて聞こえます。

 

我慢汁もどんどん出てきて、

 

「やべぇ、もう出ちゃう・・・」

 

そう言われて奥まで咥えて、口全体でジュポジュポシゴきながら、おちんちん全体を吸い上げました。

 

「うっ・・・」

 

その声と同時に大量の精ザーメンがお口に流れ込んできました。

 

カリデカのおちんちんで失神しました

 

そのままゴクンと飲み込んで、今度はてっちゃんの乳首を舐めると、驚いた声を上げて、それでもそのまま舌先でチロチロと舐めたり甘噛みしたりしてみました。

 

おちんちんはあっという間に角度を増してビンビンに勃起し、また先っぽから我慢汁が出てきました。

 

てっちゃんは女の子みたいに、

 

「ひあっ・・・んんっ・・・あんっ・・・」

 

と上ずった声を出していて、その声であたしのオマンコがまたジュンッて濡れてくるのが自分でも分かりました。

 

「やべぇ、すげー気持ちいい、俺こんな声出したの初めてだよ」

 

おちんちんが復活したところで、対面座位で挿入します。

 

少し入れたところで、やっぱりカリの部分が引っかかります。

 

浅いところで擦れるのがたまらなく気持ちよくて、

 

「あんっ・・・てっちゃん・・・そこっ・・・そこがいいの・・・んんっ・・・あっ」

 

しばらく浅いところでヌチュヌチュ動かしてもらっていると、一気に奥まで突かれました。

 

「ああぁっ・・・んんーっ」

 

少し動くだけでも、カリデカのおちんちんは超気持ちいんです。

 

そのままの体位で、しばらくの間腰を動かされながら、乳首に舌を這わせて強く吸われ、

 

「あっ・・・んっ・・・んんっ・・・はあんっ・・・んーっ・・・いやぁっ・・・」

 

とあまりにも気持ちがよくて、涎を垂らしながら喘いでいると、クルっと体の向きを変えられました。

 

おちんちんを挿入したまま、バックの体位にされました。

 

「メグはこれが好きなんだろ?」

 

てっちゃんはそう言うと同時に腰を強く掴み、勢いよく突いてきます。

 

同時にクリをつまみ、私の一番感じるクリと皮の間のところを爪で引っかいてきます。

 

私は腕で体を支えることもできずに、クッションに突っ伏したままイってしまいました。

 

てっちゃんはそのまま激しく突いてきて、私の腕を引っ張って、私の体が反るようにして上下に腰をガンガン振ってきました。

 

お腹に腕を回して密着させることで、今までに感じたことのない箇所におちんちんが当たります。

 

イったばかりで敏感になっていることもあって、またすぐにイってしまいました。

 

そして、てっちゃんも私のオマンコの中で果てました。

 

その後しばらくは、失神してしまったみたいで記憶が飛んでいます。