Pocket

ビッチ ヤリマン 女子高生
画像はイメージです

 

中学生の妻の連れ子にセックスを覗かれていた

 

俺は離婚経験のあるバツイチ野郎。

 

40歳の時に今の妻と出会い、再婚してちょうど1年経った。

 

妻も俺と同じバツイチの再婚で43歳。

 

俺は、前妻とは妻の浮気が原因で別れたんだ。

 

新しい妻は主人を交通事故で亡くして未亡人になり、そのショックから中々立ち直れない彼女に、色々と相談に乗ってあげているうちに、いつの間にか深い関係になっていた。

 

弱っている女は口説きやすいというが、ここまでには2年ほどかかっている。

 

俺は16歳の高校生の息子を引き取っていて、新妻には14歳の中学生の娘がいる。

 

以前住んでいたアパートから引っ越して、今は賃貸マンションに住んでいる。

 

3LDKで、夫婦用の寝室、息子、娘と子供には別々の部屋を与えている。

 

奥さんは小柄で156cm、Aカップの貧乳。

 

それなのに義理の娘は165cmで、中学生にもかかわらずDカップもある。

 

夫婦間のセックスにも励んでいて、この一年は週一ペースで楽しんでいる。

 

奥さんはイク時、必ず大声を上げて俺にしがみ付いてくる。

 

一年経ってもその姿が可愛く思え、まだまだセックスレスにはならないだろう。

 

俺はサービス業で土日が休みではなく、火曜と金曜が休日で、妻は土日祝日が休み。

 

子供が夏休みに入った最初の火曜日。

 

暑くて汗をかいたので昼からゆっくりとお風呂に入っていた。

 

そこに突如、14歳の妻の連れ子の娘が入ってきた。

 

もちろん全裸で。

 

今は娘になったとはいえ、血が繋がっていない義理の娘。

 

めちゃくちゃ驚いたが、張りのある突き出た巨乳に目が行ってしまった。

 

なんとか冷静になって、

 

「今お父さんが入ってるから駄目だよ。俺達はもう親子なんだから」

 

「だってママと毎週一回はエッチしてるじゃん。凄い声がするから知ってるんだよ。この間覗いた時なんか、ママがお父さんの上に乗って腰振ってヨガってるんだもの。もう堪らなくなっちゃって。私、部屋に戻ってオナニーしたんだよ。ずるいよ、私にもしてよ」

 

そう言って娘は抱きついて付いてきた。

 

年頃の連れ子に嫌われていないのは嬉しいが、いきなり裸で抱きつかれてはドギマギしてしまう。

 

娘の巨乳がムニュと俺の胸に押し付けられ、思わずチンポがムクムクと角度を上げていき、お腹に付きそうになっていた。

 

自慢だが俺のチンポは巨根でカリが発達しており、昔から女泣かせなのだ。

 

ヤリマン娘の豊満な体に我慢できなくなってしまった

 

勃起してきた俺のチンポに義理の娘が気づくと、しゃがんで軽く擦り、亀頭部分を舐めだした。

 

そりゃもう驚いたの何の、

 

「ダメだ、やめなさい!」

 

と言ったが、構わずチンポを前後に扱き、カリ首をレロレロ舐めている。

 

陰毛もまだ薄いが十分に生えていて、はっきりと割れ目が確認できるほどぷっくりとしたオマンコだった。

 

とても14歳とは思えない。

 

「もうセックスは経験してるのか?」

 

と聞くと、

 

「2年前から高校生の彼氏と週一でエッチしてるわよ」

 

とあっけらかんと答えた。

 

2年前ってことは小学6年で処女を失っている?

 

恐るべしビッチな娘。

 

「ここでやっちゃう?それとも寝室に行く?」

 

中学生の娘にそう尋ねられ、俺はしばらく呆然としていた。

 

しかし、娘にしゃぶられた俺のチンポはフル勃起状態で、しかもピチピチした娘の肌に魅了されていた。

 

結局、俺達夫婦の寝室に行くことになった。

 

寝室ではピンクの豆電球を付けて、艶めかしい感じを出した。

 

14歳の娘の身体は、43歳の妻より遥かに豊満で、すでに濡れているオマンコの割れ目を両手で開いた。

 

その貝のような大陰唇はピンク色で、上端にはクリトリスが可憐に尖っていた。

 

クリトリスもピンク色で、女性器全体に若さが溢れていた。

 

クリトリスを指で優しく触り、舌を割れ目に押し込んで転がした。

 

「あんっ!やっぱりお父さん上手い~、凄い!もう欲しい~早く入れて~」

 

娘がわがままなことを言ってくる。

 

まだ発達していると思わなかったのに大陰唇を開くと、割れた小陰唇がビラビラといやらしくはみ出していて、ピンクの奥の粘膜が見えている。

 

もう我慢などできるはずもない。

 

ガチガチに勃起した巨根を、広げたオマンコに宛てがい、ゆっくりと挿入してみた。

 

俺の巨根を締め付けてくるビッチな娘

 

自慢の巨根に痛がるかと思ったが、グショグショに濡れた娘のオマンコに、ヌルッと挿入できた。

 

とても14歳のオマンコとは思えない。

 

「大きい~、凄い~、あ~感じる~、彼のオチンポよりめっちゃおっきー!」

 

そう言いながら、クリをゴシゴシと擦り付けるように腰を前後に動かしてくる。

 

その度にキュッキュッと巨根が締め付けられる感じがたまらない。

 

しかも両脚を尻の上に巻き付けて腰を振るなんて、とても中学生のできることではない。

 

このままだとすぐにイッてしまいそうだ。

 

「ゴムをはめるから、ちょっと休憩」

 

と言うと、

 

「生理前だから中出ししても大丈夫、私だってそれくらい知ってるよ」

 

と言ってきた。

 

10分ぐらい頑張って大きく腰を振っていると、

 

「あ~気持ちいい~、そろそろ出していいよ~、私ももうイッちゃうから」

 

下半身に娘の震えが伝わり、ピクピク痙攣してエクスタシーを迎えたようだ。

 

娘の全身がほんのりと赤く染まり、しっとりと汗ばんで、オマンコからは愛液が溢れ出していた。

 

俺はそれを確認しながら腰の動きを早める。

 

「すぐにイクからな~、俺もイクぞ~」

 

俺は叫んでオマンコの奥深く、子宮の入り口にグーッとチンポを押し込み、ドクドクとありったけのザーメンを娘の中に放出させた。

 

娘は絶頂し、失神に近い状態で白目を剥き、眼の焦点が合っていなかった。

 

「大丈夫か?そんなに気持ちが良かったか?」

 

最初は黙っていましたが、しばらくすると突然、

 

「私はどうなったの?」

 

と、意識を失ったので心配になった。

 

「私は潮を吹いたの?オシッコが飛び出したもの」

 

シーツには大きなシミが出来ていた。

 

こんなものを妻に見せたらやばい。

 

すぐに風呂場にある洗濯機に入れてシーツを洗い、乾燥機で乾かした。

 

「私、潮吹きしたの初めてだよ、最高のセックスだったわ。彼氏なんて挿入したらすぐに射精しちゃうんだもの、冗談じゃないわ。だから私がイクまでオマンコ舐めさせるの」

 

あっけらかんと娘は言う。

 

「失神してたからお前のマンコ写メで撮っといたよ。後でパソコンで見せてやるよ。マンコから俺のザーメンが溢れているのも撮ってあるからな」

 

そう言うと、

 

「ママだけには見せちゃだめよ」

 

と頼まれた。

 

もちろんだ。

 

俺は念の為に、

 

「息子と関係持つのだけは許さないからな」

 

と言っておいた。

 

息子は俺より背が高く、俺以上の巨根の持ち主かもしれないから。

 

「今は彼氏とお父さんとセックスできるから、お義兄ちゃんは暫らくは眼中にないわね。でもお父さんでこんな大きなオチンポだから、お義兄ちゃんのオチンポはもっと大きいのかな、うふふ」

 

妻の連れ子は、とんでもないビッチなヤリマン娘だったのだ。

 

もしかして新妻も昔は・・・なんてことを考えてしまう。

 

これから俺の性生活はどうなるのだろうか。