Pocket

 

熟女 バック
画像はイメージです

 

奥さんがピチピチの服装で誘惑してきた

 

僕のセックス初体験は近所の奥さんでした。

 

年齢は40歳前くらいだと思います。

 

小柄で少しぽっちゃりしてて、気さくないい奥さんでした。

 

旦那と娘の3人暮らしでしたね。

 

元々はうちの毋と仲が良くて、うちの家にも来たりしていました。

 

旦那さんは商社に勤めていて、海外出張も多かったみたいです。

 

自分は一人っ子だったので、奥さんの娘さんを妹のような感じで接していて、勉強とかも教えたりしていました。

 

初体験は夏でした。

 

娘さんにに勉強を教えに行ったら、その日はいなくて奥さんに、

 

「せっかくきたんだから、冷たいものでも飲んで行きなさいよ」

 

って言われて、

 

「ありがとうございます」

 

って家に上がったんです。

 

その時の事は今でもはっきり覚えています。

 

奥さんがピチピチのワンピース姿だったんです。

 

もうボディラインがくっきり出てて、おっぱいやお尻が強調されていました。

 

大人の色気というか、色っぽかったです。

 

何を話したか覚えてないくらい、胸ばっかり見てたような気がします。

 

そしたら、

 

「何処みてるのぉ?」

 

って言われて、

 

(ヤバい!)

 

と思ったけど、

 

「でも、女性に興味ある年ごろだよね」

 

って言うと、奥さんが玄関の方に歩いていったんです。

 

そして「カチャッ」と玄関にカギをかけたんです。

 

あの時は

 

(もしかして・・・)

 

と奥さんとエッチな展開になることを期待して、もうドキドキしてました。

 

玄関から戻ってきた奥さんは、不適な笑みを浮かべていたように思います。

 

それから奥さんが私の隣にスッと座り、体をくっつけてきました。

 

もうドキドキを通り越して心臓は破裂寸前の状態です。

 

そして何も言わず僕の手を取ると、奥さんは大きなおっぱいの上に持っていきました。

 

「どぉ?柔らかいでしょ?」

 

と耳元でそんな事を言っていた気がします。

 

もう僕は頭が真っ白で、顔は真っ赤になっていたと思います。

 

僕がオドオドしながらぎこちない手つきで胸を触っていると、今度は片ヒザを立ててきたんです。

 

むっちりとした白い太ももが目に飛び込んできました。

 

オマンコを舐めさせられました

 

もうチンポが痛いほどフル勃起状態で、こっそりズボンの上からチンポジを調整しました。

 

そしたら、

 

「私におちんちん見せて?」

 

と言ってきました。

 

もう恥ずかしさよりも興奮が勝っていましたから、奥さんに言われるまますぐにズボンとパンツを脱ぎました。

 

ビンビンに勃起しすぎて、チンポが勢いよく飛び出しました。

 

奥さんは、

 

「わぁ!すごい!」

 

と言って僕のチンポを触り、

 

「綺麗にしてあげるね」

 

って言ってウェットティッシュで拭き始めたんです。

 

皮を全部剥かれて亀頭が露出した時は、ちょっと痛みがありました。

 

そしてカリ首のところを中心に、丁寧に拭いてくれます。

 

チンポを女性に触られるなんて初めてですし、その刺激が強烈に感じます。

 

拭かれる度に、

 

「ああっ!」

 

「はうっ!」

 

と情けない悲鳴をあげていました。

 

そんな反応をする私の様子が気に入ったみたいで、ニヤニヤしながら拭くのを楽しんでいました。

 

チンポを綺麗に拭き終わると、奥さんが目の前のテーブルに腰かけました。

 

そしてゆっくり足を開くと、ピンク色のパンティーが見えました。

 

こんな目の前で女性のパンティーを見たのは初めてです。

 

そして奥さんがパンティーに手をやり、スルりと下ろしました。

 

今度は目の前にオマンコが現れました。

 

今思うと、陰毛は薄い方だったと思います。

 

色は流石に黒ずんでいました。

 

それでも目の前で初めて見る女性器にめちゃくちゃ興奮し、チンポを扱きたい衝動にかられていました。

 

それから何て言われたのか覚えてないのですが、とにかく長々とオマンコを舐めさせられました。

 

もう20分以上は舐めていたと思います。

 

最初はちょっとだけオシッコの臭いがしましたが、次第に気にならなくなり、後から変な味になったのは覚えています。

 

奥さんの締め付けにたまらず射精しました

 

延々とオマンコを舐めさせた後、奥さんは寝室に僕を誘いました。

 

寝室にはダブルベッドがありました。

 

旦那さんとは、このベッドでセックスに励んでいるのでしょう。

 

ベットの掛け布団をサッと除けると、奥さんはワンピースとブラジャーを取ってスッポンポンになりました。

 

僕も全部脱ぎました。

 

それから奥さんが引き出しの中からコンドームを取り出し、

 

「付けられる?」

 

と聞きますが、

 

「分からないです」

 

と言うと、

 

「そうだよね、初めてだもんね」

 

と言って、スルスルっとチンポにコンドームを被せました。

 

「とっちゃ駄目だよ」

 

と言うと奥さんはベッドにゴロンと仰向けになり、股を開きました。

 

「ここにおちんちん入れるのよ」

 

と指でオマンコを開きます。

 

黒ずんだオマンコでしたが、中はピンク色でした。

 

しかし、僕にとってそこは未知の領域でした。

 

アダルト動画では見たことありますので、なんとなくは分かります。

 

でも初めての僕にはスムーズに挿入ができません。

 

そこで奥さんに導かれながら、チンポをオマンコに差し込みました。

 

奥さんは、

 

「あんっ・・・」

 

と悩ましい声を出して目をトロンとさせていました。

 

中はそんなにキツくなく、締め付ける感じでは無かったですが、ヌルヌルしていてめちゃくちゃ気持ちよかったです。

 

オマンコの奥まで挿入すると、何か当たる感覚がありました。

 

初めてなのでぎこちなく、うまいことピストン運動ができてないので奥さんが、

 

「一回抜いて」

 

と言って奥さんは四つん這いになりました。

 

大きなお尻が強調されてとてもいやらしいです。

 

そしてオマンコを両手で広げると、

 

「ここに入れて」

 

と言いました。

 

今度はすんなりと挿入できました。

 

ズブズブ挿入していくと、今度は先ほどよりも締まっている感じがしました。

 

奥さんも、

 

「ああん、深くまで入っちゃった」

 

とか言って、自分で腰を動かしてくるんです。

 

僕は膝立ちのまま、奥さんが腰を前後にズボズボ、左右にグリグリ、円を描くようにグリングリンと動いてきます。

 

もう気持ちよすぎてたまりません。

 

一気に射精感が高まってきて、我慢の限界を超えてしまいました。

 

僕は耐え切れずに、

 

「んあっ!ああっ!」

 

とか声を上げて、チンポをオマンコの奥までグーッと押し込みながらドクンドクン射精してしまいました。

 

奥さんは、

 

「イッちゃったの?」

 

と聞いてきました。

 

バックで挿入してから1分と持たなかったと思います。

 

オマンコからスルッとチンポを抜くと、コンドームの中に白い精液が大量に溜まっていました。

 

奥さんはそれをキュッと縛ってごみ箱に捨てました。

 

奥さんは、

 

「気持ち良かった?」

 

と笑顔で聞いてきました。

 

それから2人でシャワーを浴びました。

 

奥さんにチンポを洗ってもらっているうちに、またムクムクと勃起してきました。

 

そこでシャワーを止めて奥さんが跪き、フェラチオをしてくれました。

 

奥さんは舌でチロチロ舐めたり、チュポチュポ吸い付いたり、金玉を揉んだりしながら攻めてきます。

 

これがもの凄い気持ちよくて、さっき射精したばかりなのに、またあっという間にイッてしまいました。

 

その後、奥さんが作ってくれた昼ご飯を食べて家に帰りました。

 

帰り際に玄関で、

 

「またいらっしゃい」

 

と言って奥さんがキスしてくれました。

 

家に帰ってからも興奮は収まらず、奥さんのいやらしい体を思い出して、その日の内に2回オナニーしました。