Pocket

口内射精
画像はイメージです

 

お姉さんが教えてあげると強がる処女

 

これは俺が大学4年生の時の話。

 

俺が住んでいるアパートの隣の部屋にビックリするくらい可愛らしい女子大生が引っ越してきた。

 

パッと見は井上真央に似ていて胸も大きめ(Dカップだった)、愛想も良いし素直な良い子(名前はマオとしておきます)。

 

マオは偶然にも俺と同じ大学の新入生でしかも同じサークルに入部し、サークルの男ども全員のハートを鷲づかみしたみたいで、大半の男に告白されたと言ってた。

 

当の俺は、イケメンでもなんでもなく、相談しやすい先輩の位置づけで、完全に良いお兄さん的存在。

 

そんな俺もマオに対して恋愛感情というものではなく、一緒にご飯を食べたり、勉強を教えたり(同じ学部)、相談に乗ってあげたりして仲の良い兄妹のような関係になっていた。

 

一緒にいることが多いからか、マオも周りから、

 

「隆志さんと付き合っているの?」

 

と聞かれることが時々あるらしく、そういう時は、

 

「頼りになるお兄ちゃん」

 

というような答え方をしているようだった。

 

しばらくして冬が近づく頃に、マオが

 

「隆志さんに相談があるんですけど・・・」

 

と言ってきた。

 

どうやらマオに彼氏ができたようで、相手は同じバイト先の高校一年生。

 

俺はジェラシーとかは全く無く、それでどうしたどうしたと聞いていく。

 

相手は坂口健太郎な感じ(以下健太郎君)のイケメンで、バイト先でもお客さん相手でも大人気だそう。

 

そんな健太郎君に告白され、最近交際をスタートさせたばかりだそうだ。

 

俺は、マオは彼氏が高校生ということに悩んでいるのだと思い、詳しく話を聞くと、

 

「実は、健太郎君はまだ童貞で、私調子に乗っちゃって、『お姉さんが教えてあげる』みたいに言っちゃったんです」

 

と言って顔を真っ赤にしながらうつむくマオ。

 

「おぉ、処女なのに大きく出ちゃったね」

 

とニヤニヤする俺。

 

「えっ、何で分かるんですか?」

 

と驚くマオ。

 

「いや、しょっちゅう会ってるから、なんとなくそうじゃないかと」

 

とさらにニヤニヤしてしまう俺。

 

「キスも高校の時に女友達とふざけて一回しただけですし・・・」

 

とファーストキスの告白をするマオ。

 

「なにっ!その話をもっと詳しく」

 

とニヤニヤ最高潮の俺。

 

ファーストキスの話は聞けなかったが、話を聞いていくとマオは今までエロ本もエロDVDも見たことがないので、そういうのを見て勉強したいということだった。

 

おちんちん見せて下さい

 

それならと、俺のエロDVDコレクションの中に痴女ものがあったので、それを貸そうかと言うと、マオの部屋にはDVDプレイヤーがないとのこと。

 

DVDプレイヤーごと貸せばいいだけなのだが、困った顔のマオが見たくて、

 

「じゃあ俺ん家で見ていくといいよ」

 

と言ってみると、

 

「えっ、いいんですか?今から見てもいいんですか?」

 

と予想に反する答えが返ってきた。

 

早速DVDを再生しだして、人生初のアダルト動画を真剣に見るマオ。

 

そんなマオを見てニヤニヤしている俺。

 

動画ではなくマオを見ている俺に気づき、顔を真っ赤にしながら、

 

「もう!恥ずかしいから見ないでくださいよぉ~」

 

と抗議すしてきたがもちろん却下だ。

 

内容は痴女ものなので、若干マオの想像していたセックスと違ったらしく、

 

「セックスってこんなふうにするんですか?」

 

と聞いてきたので、

 

「これはお姉さんが教えてあげる的な内容だからね(女家庭教師が教え子の童貞をいただく話)、まぁマオには難しいと思うから、健太郎君に正直に話して普通にセックスした方が良いよ」

 

とお兄さん風のアドバイスをしてみた。

 

ところがマオは聞いているのか、何か考え事をしているようで意を決したように、

 

「あの、もう一つお願いがあるんでけど・・・隆志さんのおちんちん見せてくれませんか?本番までは出来ないですけど、途中までは練習しときたいんです」

 

とお願いしてきた。

 

なんでこの子はこう、極端な発想になっちゃうのか?

 

と困惑しつつも、ここまでくると良いお兄さんではなく、狼になってやろうと決意をする俺であった。

 

「じゃあ、今から練習しようか」

 

と言って俺は服を脱いでベットに腰かけた。

 

俺は気を使って電気を消そうとしたんだけど、マオが

 

「ちゃんと見たいので電気つけたままにして下さい」

 

って、男と女の立場が逆だなと苦笑しつつも、足と足の間に座ったマオの頭を撫でて、

 

「とりあえず好きなように触って良いよ」

 

と言うとマオは恐る恐るチンポに触ってくる。

 

恋愛感情がないと言っても、この可愛い顔でチンポ触られたら反応しないはずがない。

 

俺のチンポは見る見る勃起していった。

 

「おちんちんって、本当に硬くなるんですね」

 

とか

 

「おっきー!うわっ、ピクピクしてる」

 

とか一通り感想を述べた後、意を決したのかパクッと咥えた。

 

フェラチオを教えておっぱいを攻撃

 

とてもぎこちないけど、美しい顔のマオが俺のチンポをフェラチオしているというだけで、イってしまいそうになる。

 

「隆志さん、気持ちいいですか?」

 

「まあまあかな。上目遣いで俺のことを見ながらしゃぶると痴女っぽくていいよ」

 

「こうですか?」

 

「そうそう、それで、アイスを舐めて溶かす感じでしゃぶってみて。早くしないと溶けちゃうから急いで食べる舐める感じで。噛んじゃだめだよ」

 

と言うと、さっきよりペースアップしてジュポジュポといやらしい音を立てて舐めてきた。

 

可愛い顔で素直に従うマオに興奮してくる俺。

 

「次はもっと深く咥えてみようか、亀頭が喉に当たる感じで。口で息しながらフェラチオすると男は喜ぶよ」

 

今度もマオは素直に従ってくれる。

 

ディープスロートまでしてくれてチンポへの刺激が強烈な上に、美女がヨダレを垂らしながらフェラチオをしているというこの状況。

 

俺もかなり興奮してイってしまいそうになったので、

 

「じゃあ、次は俺の体を舐めながら上がっていってみようか」

 

と言うとマオはヨダレを垂らしながらジワジワと上に舐め上がってくる。

 

乳首もぺろぺろ舐めてくれる。

 

あまり指示しなくても、さっき見たDVDの通りに実践する優秀な生徒だ。

 

「それじゃあ俺の口に舌を入れてみて」

 

と言うと、思いっきり吸い付いてきて激しいディープキス。

 

先ほどからマオに攻められっぱなしなので、そろそろ反撃しなくてはとマオのシャツを上にずらし、背中をさわさわ撫でるとマオはビクッと反応する。

 

そのまま太ももやわき腹などを撫でた後、ブラジャーのホックを外し、美巨乳に手を伸ばすと、マオは恥ずかしいのか俺を強く抱きしめて動きを止めてしまった。

 

俺は構わずに指で乳首を刺激しつつ、おっぱい全体を大きく揉んでいると、舌を絡めたままのマオの口から、

 

「んん~っんふん」

 

と吐息が漏れるので口を離して、

 

「おっぱいが気持ちいいの?」

 

と聞くと顔を真っ赤にして頷いた。

 

着ている物を脱がせると、

 

「電気消してください」

 

と恥ずかしそうに呟くのですが、先ほどの仕返しとばかりに俺は、

 

「ダメ」

 

とニッコリして返します。

 

先輩が始めてでよかった

 

マオの耳から首筋、脇、わき腹と舐めていくとビクビクッと震えるんだが、声を出したいのに我慢している様子。

 

「声は出したほうが男は喜ぶよ」

 

と耳元で囁くと、

 

「こんなの痴女の特訓じゃないでしょ?」

 

と潤んだ目のマオ。

 

「そんなこと無いよ、DVDのお姉さんもいっぱいいやらしい声出してたでしょ?それにマオが舐められて気持ちいいところは男だって気持ちいいんだよ」

 

そのまま下に下がっていき、パンティーに手をかけると、

 

「そこはだめです~」

 

と抵抗してきたが、

 

「特訓だよ、特訓」

 

と当然のようにパンティーを剥ぎ取った。

 

マオのオマンコはすでにビショビショ。

 

白い肌に映える綺麗なピンクのオマンコに小さめのクリトリス。

 

少し開いた膣口からトロトロと愛液があふれている。

 

「こんなに濡れて、すごいエッチだね」

 

と意地悪を言ってみると、

 

「いやっ!そんなことないです、恥ずかしいっ!」

 

と恥ずかしがるマオがめちゃくちゃ可愛い。

 

サークルのほぼすべての男が想像してせんずりしていると思われるマオのオマンコ。

 

そのオマンコが俺の目の前にある。

 

内モモからオマンコのまわりを焦らすように舐めまわすと、

 

「ひあっ!ふあん、んっ・・・」

 

と吐息が漏れる。

 

そしてオマンコ、クリトリスを優しく舐めると、

 

「ああ、いやん、ダメ・・・あん、あん、いやぁぁ!」

 

と声が大きくなっていく。

 

構わずに舐めていると、

 

「あぁ、ダメ、イク、イッちゃう~~!」

 

と絶叫と共に潮?を拭きました。

 

(処女でもここまで感じるものなんだな)

 

と感心しながらマオを見ると、肩で大きく息をしている。

 

「マオにいっぱいかけられちゃった」

 

って言うとマオは、

 

「ごめんなさい!」

 

と言って俺の顔を舐めて綺麗にしてくれる。

 

「まだ特訓続ける?(止める気はまったくないが・・・)」

 

と聞くと無言で頷いたので、マオの足を開き、チンポをマオのオマンコにスリスリ擦り付ける。

 

そしてそのままゆっくりと挿入。

 

こんな可愛い子の処女をもらえるなんてもう一生ないなと思うと、興奮が高ぶってくる。

 

亀頭を押し込むと多少痛がったが、そのままヌルッと入り込み、ゆっくりとオマンコの奥まで挿入したところでマオを見てみると、目から涙を流していた。

 

同様していた俺に気づいたマオが、

 

「これは、感動して出た涙です。わたし、初体験が隆志さんで嬉しいんです」

 

とめちゃくちゃ嬉しい気遣い。

 

「もう大丈夫ですから、隆志さん動いてください」

 

(よし、動こう)

 

と思ってもマオのオマンコはトロトロなうえに、締め付けが半端なく絡みつくような感じなので、少しピストンするだけで簡単に射精してしまいそうになる。

 

マオは入り口周辺は多少痛いものの、奥まで入ると気持ちいいみたい。

 

俺も大きく動くとイキそうになるので、奥まで入れてチョコチョコ動かす程度にする。

 

少し慣れてきたみたいなのでマオに、

 

「隆志さんのおちんちん気持ちいい」

 

「マオはオマンコの奥が感じるの」

 

「マオのいやらしいオマンコで、いっぱい気持ちよくなってね」

 

とDVDで覚えたばかりの、リアルなセックスではほとんど言わない台詞を言わせたところで、

 

「マオ、もう出そう」

 

と言うと、

 

「マオの口の中に、いっぱい出していいよ」(←これもDVDで覚える)

 

と言うので、イク直前にチンポを引き抜いてマオの口の中にドクンドクン口内射精。

 

我慢に我慢を重ねたので、相当な量のザーメンが出た。

 

「マオ、口の中でいっぱい精子味わって。そうそう、それじゃあゴックンしよっか。」

 

こんなことは普通しないが、一応痴女の特訓ということで(笑)。

 

痴女の特訓の成果は?

 

マオは処女だったし、特訓としては中途半端になったので、しばらく特訓を続けていこうということになった。

 

それから一週間、みっちりと痴女の特訓を続けた。

 

俺も可愛いマオとセックスが出来るので嬉しかった。

 

そして立派な痴女お姉さんになったところで、マオは本来の目的である健太郎君との初セックスに向かった。

 

その日の夜にマオが家にやってきたので、どんな様子だったのか聞いてみた所、二人でラブホテルに入って、俺との特訓のように健太郎君を攻めた所、挿入する前に4回射精させたとのこと。

 

しかも、攻め方がハードだったために健太郎君がドン引きしたらしい。

 

結局最後まで挿入することなく、健太郎君は帰ってしまい、そのまま別れたそう。

 

それを聞いて俺は大笑いしていると、マオは怒ってしまい、台所にある野菜を投げつけられた。

 

今でも壁には大根やニンジンの痕が残っている。

 

そりゃ怒るわな。

 

俺は真剣に謝り、お詫びとしてこれからもマオとの特訓(セックス)に付き合う約束をして今現在に至る。

 

もうすぐマオが大学を卒業するので、それに合わせて結婚するのだが、友人からは、

 

「どうやってお前があんな可愛い子を口説いたんだ」

 

と不思議そうに聞いてくるので、

 

「まあコーチと選手の関係だからかな」

 

と答えている。

 

友人はピンと来ないだろうが、マオにそのことを告げると、

 

「もぉ、そんなこと他人にばらさないでよ」

 

と照れるマオに萌える俺。

 

今では、痴女じゃなく俺に奉仕してくれるM女なんだが、本人もそれが楽しいみたいで良かったかな。