Pocket

騎乗位
画像はイメージです

 

かつての女友達が泊まりにきた

 

僕は大学へ入学してから1人暮らしを始めました。

 

1年生の時は、高校の時の友達が遊びに来たり、2ヵ月に1回ぐらい僕は地元に帰ったりして遊んでいました。

 

しかし3年生になったころには、以前の友達と遊ぶことはほとんどなくなりました。

 

それで、3年生の夏休みはアルバイトばかりしていました。

 

だいぶお金も貯まってきたころに、突然小、中学の時に仲が良かった女友達の美緒から連絡が来ありました。

 

美緒は以前から妙に気の合う子でした。

 

その美緒から、週末の夜遅くに突然メールが来ました。

 

「お久しぶり、美緒です。突然の連絡でごめんね。良かったら少し話さない?」

 

美緒とは高校卒業以来だったので、ビックリすると共になんだか嬉しかったです。

僕がもちろんいいよと返すと

 

「メルアド変えてなかったんだね、よかった。今電話してもいい?」

 

「うん、いいよ」

 

ほどなく電話がかかってきました。

 

電話の内容は、なんと8月末に結婚するということでした。

 

結婚したらもう僕とはほとんど会えないし遊べなくなるから、久しぶりに遊ばないか、というものでした。

 

僕も会いたかったし、来週末ならいいよ、と答えました。

 

久しぶりに会ってみると、やっぱり気の合う美緒との遊びは面白かったです。

 

遅くなってきたので帰りの事がそろそろ心配です。

 

「何時ごろ帰んの?」

 

と聞くと、

 

「実は泊まるつもりだったの。ダメ?」

 

と可愛く手を合わせてお願いされました。

 

もちろん僕はOKです。

 

アルバイトばかりしていた僕の部屋は物があふれていて、2人で片付けなければならず、少しみっともなかったです。

 

何だか

 

(良い雰囲気だな)

 

と思いましたが、さすがにこれから結婚する女に手を出してはマズいと思いました。

 

それ以上に掃除が終わる頃には、僕はもう眠たくなっていました。

 

晩御飯は美緒がパスタを作ってくれて、二人で酒を飲みながら食べました。

 

美緒との会話は弾むので、食事が終わっても僕達はしばらくお酒を飲み続けていました。

 

そして気がつくと、僕は床の上で寝てしまっていました。

 

普段、バイトが忙しくて睡眠時間が少なかったのに、やはり美緒といると妙に落ち着くからかなと思いました。

 

その時、美緒はお風呂に入っていました。

 

何を期待したのか、僕は起きて美緒が出てくるのを待っていました。

 

風呂から上がった美緒は、僕のTシャツとトランクスを穿いていました。

 

「あれ、起きたの?起こそうと揺すったけど全然起きなかったんだよ」

 

と美緒は笑いながら言いました。

 

そして台所に生き、

 

「飲みすぎたんじゃない?はい、お水」

 

と言って、コップに水を入れて僕に渡してくれました。

 

酔っていたせいか水がとても美味しく感じ、僕は一気に飲み干して風呂場へと向かいました。

風呂に入っている間、まだ頭がボーっとしていましたが、美緒が入った後の良い香りが残っており、僕はちょっとだけ興奮しました。

 

ただ、何かおかしかったのです。

 

まるで自分の体では無い様な感覚で、フラフラとしてきていました。

 

僕のチンポをガン見して咥え、跨ってきました

 

立ち上がると平行感覚がとれないで、倒れそうになりました。

 

この感覚は、過去に辛いことがあって一時的にやけくそになった時、お酒と一緒にロヒとハルシオンを飲んだ時の感覚と似ている気がしました。

 

お風呂から上がって脱衣所に来るだけで、体がフラついて服もうまく着れません。

 

僕はフラフラしたままバスタオルだけ掴んで脱衣所から出ました。

 

部屋はなぜか豆電球だけの暗い照明になっていました。

 

僕は壁にぶつかり、バランスが崩れて床に倒れてしまいました。

 

目の前には座っている美緒がいました。

 

僕の体は思い通りに動きません。

 

全身がバラバラに切り離された感覚でした。

 

美緒は、

 

「大丈夫?もう寝る?」

 

と言ったような気がしました。

 

と同時に僕は、返事したかも覚えていないタイミングで、意識が遠のいていきました。

 

僕はしばらく眠っていたみたいですが、突然目覚まし時計が鳴って驚いて目を覚ましました。

 

時計を見ると深夜2時でした。

 

それはいつもアルバイトに起きる時間でした。

 

時計を止めようとして、手を伸ばそうとしましたが出来ませんでした。

 

どうしてかというと、僕の両手が縛られていたからです。

 

美緒が時計を止めました。

 

そして僕の方を向き、

 

「起きた?」

 

と聞きました。

 

この時、僕は全裸で仰向けにされていたのですが、バスタオルは掛けられていました。

 

僕はボーッとしながらも、瞬時に美緒が僕にしようとしていることを感じ取り、寝たままでいた方がいいと判断しました。

 

美緒は、

 

「起きた?」

 

という言葉を2回言った後、僕の顔をじっと覗き込みました。

 

僕は瞼を閉じて寝たふりをしました。

 

鼻の手前に手を当てて、僕の寝息を確かめていたと思います。

 

美緒は僕が寝ていると思い込んだみたいで、ゆっくりと僕の下半身の方へ移動しました。

 

美緒が移動した事を感じて、僕はほんの僅かだけ目を開けました。

 

美緒はそーっと僕のバスタオルを取ると、僕のチンポをガン見していました。

 

触らずに顔を近づけて色んな角度からチンポを眺め、匂いを嗅ぎ始めました。

 

そして、チンポを持ち上げて金玉袋の匂いを嗅ぎ始めました。

 

普通ならここまでされると勃起するはずですが、薬で僕の体は感覚が鈍くなっていて、勃起するほどの興奮はまだありませんでした。

 

しかし、突然美緒は僕のチンポを咥えました。

 

咥えたまま口の中で舌を動かし、亀頭の周りを舐めまわしました。

 

そんなことされるとひとたまりもありません。

 

一気に興奮して、僕のチンポはみるみる勃起しました。

 

大きくなるのを確認して、美緒のフェラチオは上下運動に変わりました。

 

チンポがガチガチに勃起すると、美緒は僕の足元に行き、足を開かせました。

 

そして足の間に入り込み、下から金玉袋を舐め始めました。

 

僕は金玉が弱く、思わず声を出しそうになりました。

 

美緒は金玉袋を舐めながら、チンポの根元から蟻の門渡りをなぞるように、肛門付近まで指を這わせました。

 

僕は興奮しましたが、声を出しちゃいけないと必死になって堪えました。

 

美緒はそれからもう一方の手でチンポを握ってシコシコさせました。

 

僕は思わず腰が浮き上がりそうになりました。

 

このまま続けられたら射精するかもしれない、という時に美緒は動き止めました。

 

そして、再度僕の顔を覗き込み、

 

「起きてる?」

 

と今度は聞かずに、黙って僕の上に跨ります。

 

「ごめんね」

 

と言って、オマンコを僕のチンポへと挿入していきました。

 

本当は僕のことが好きだった?

 

オマンコの奥まで沈めると美緒は

 

「あはぁ・・・」

 

と、うっとりしたように深い息を吐き出しました。

 

僕はそれ以上の声で息を吐き出したかったぐらいです。

 

初めての生挿入がこんなに気持ち良いものだと初めて知ったからです。

 

コンドームjを付けるのとは全然違う感触とぬくもりに驚きました。

 

美緒はしばらく少しずつ出し入れしていましたが、その度に美緒のオマンコがチンポに吸いついてくる感触を感じます。

 

それはまるで僕に射精を促すように動いているようでした。

 

美緒は一度オマンコの奥深くまで腰を落とすと、僕の首の後ろに両手を回してきました。

 

その体勢から、ピッチを上げて出し入れしだしました。

 

美緒は愛液が溢れていたので、グチュッグチュッといやらしい音が響きます。

 

さらに息が荒くなっています。

 

耳元に美緒の息がかかり、それは温かかったです。

 

美緒は小さな声で、

 

「あっ・・・」

 

と言ったかと思うと、直後にビクビクと痙攣し始めました。

 

オマンコがキュッと締まるのが分かります。

 

美緒は僕の胸の上に頭を乗せながら呼吸を整えています。

 

(もう終わったのかな)

 

と思っていると、美緒は再び頭を上げ、徐々にそして更に激しい動きでピストン運動を始めました。

 

しかも手で僕の弱い金玉袋を軽く揉みました。

 

僕は声が出そうになり、イキそうにもなりましたが、なんとか必死に耐えました。

 

それでも美緒は動きを止めません。

 

どんどん僕の射精感は高まっていき、限界が近づいていきます。

 

(まずい、このままでは中出ししてしまう)

 

と思い、僕は必死に耐えましたがもう限界です。

 

もう腕で美緒をどかそうと思いましたが、後ろ手に縛られているため上手くほどけません。

 

それでも諦めずに何か手はないかと考えましたが、美緒は僕の背中に腕を回し、後ろ手にされている両手も一緒に押さえ付けました。

 

もう諦めるしかありませんでした。

 

先にイッたのは美緒でした。

 

美緒は再び痙攣し、僕のチンポをオマンコの一番奥に入れたまま、僕の体に倒れ込みました。

 

チンポが根元まで包まれている状態で痙攣される快感に、たまらず僕は射精しました。

 

ビューッ、という音が聞こえるくらいの勢いで、僕は美緒の子宮の入り口で何度か射精を繰り返しました。

 

「ああぁ!」

 

と美緒は高い喘ぎ声を出しました。

美緒のオマンコは僕の出す精子を搾り取るように動いていました。

 

僕が全ての精子を出し終えるのに6回程の動きがあったと思いますが、それらを全て終えても美緒はまだ僕のチンポを奥深くに入れ込んだまま、僕の体にもたれていました。

 

中出ししたままなので僕は不安でもありましたが、美緒はその状態を続けました。

 

5分程は経っていたと思います。

 

ようやく美緒はゆっくりと僕のチンポを抜きました。

 

美緒のオマンコからザーメンが垂れているのが分かります。

 

美緒は僕のお腹の上で跨ったまま自分のオマンコを手で押えていましたが、諦めたのか手を外しました。

 

美緒のオマンコから僕のお腹へ少しずつたくさんのザーメンが垂れてきました。

 

ザーメンが出し終わると美緒は僕の横に移動してきました。

 

そして、チンポを口に含むと、残った精液をチューッと吸い上げました。

 

その刺激が気持ちよくて、また勃起してしまいました。

 

すると美緒は嬉しそうな表情で、また僕の上に跨ってきました。

 

何度も何度も出し入れを繰り返し、僕はまた気持よくなって中出ししてしまいました・・・。

 

僕の記憶はそこまでで途切れました。

 

その後美緒がセックスを止めたのか、さらに続けたのかは僕には分かりません。

 

もう深い眠りに落ちてしまっていたのです。

 

でも、ふと夜中に美緒の声が聞こえたような気がします。

 

「ごめんなさい、結婚する前に、本当は大好きだったあなたに抱かれたかったの・・・でもあなたに断られるのが怖くて・・・それでこんな方法を・・・ごめんなさい」

 

僕が目を覚ますとすでに明るくなっていて、手首を縛っていたロープもほどかれていましたし、パンツも新しいものに変わっていました。

 

部屋の中に美緒はいませんでした。

 

僕が起きる前に家を出ていったようです。

 

テーブルの上に一枚のメモが書き置きされていました。

 

「昨日はありがとう、これで思い残すことなく結婚できます」

 

そう書かれていました・・・。