Pocket

 

ソープランド
画像はイメージです

 

女子大生のソープ嬢が優しくリード

 

僕の初めてのソープランド経験は、高校を卒業して大学に入学した直後でした。

 

3年の先輩にソープ好きな人がいて、その先輩からソープではどんなプレイができて、どんなことしてもらえるのか色々聞いていました。

 

童貞だった僕はソープランドにめちゃくちゃ興味が沸き、その先輩の薦める店に行くことにしました。

 

お金を払い、しばらくすると待合室から呼ばれてソープ嬢と対面し、軽く挨拶します。

 

彼女に誘導されて部屋に入ります。

 

丸顔で若い子でした。

 

部屋が薄暗いせいもあるかもしれませんが、彼女は美人に見えました。

 

その店の制服なのか、彼女の嗜好なのか分かりませんが、深いスリットの入ったチイナドレスでした。

 

部屋に入ってすぐに抱き合ってディープキスをしました。

 

僕のキスがぎこちなかったんでしょう。

 

「ソープに来るのは初めて?」

 

「はい、初めてです。僕、まだセックスの経験がないんです。よろしくお願いします」

 

「まあ、童貞なの?それじゃ今日が筆下ろしなのね。えっ、高校卒業したばかりってことはまだ18歳?本当はここは20歳以上じゃないといけないお店なんだけど、まあ分かんないし、いっか。でも私が筆下ろしできるなんて嬉しい!」

 

嘘か本当か分かりませんが、女子大の4年生だと言っていました。

 

「それじゃ、服を脱いでそのカゴに入れてね」

 

上着とズボンはハンガーに掛けてくれました。

 

「えっと、どこまで脱ぐんですか?」

 

「お風呂に入る時はスッポンポンになるでしょ。パンツまで脱ぎましょうね。やっぱり初めてだから恥ずかしい?」

 

女性の前で裸になったこともないので、確かに恥ずかしかったですが、彼女が湯船にお湯を入れている間に素っ裸になりました。

 

チャイナドレスから見える脚線美だけでも興奮していましたので、チンコはすでにビンビンに勃起していました。

 

彼女が僕のチンコを見て、

 

「まあ、もうこんなに大きくなって、嬉しい!しかも立派なおちんちんね。うふふ、楽しみだわ」

 

彼女は前から私に抱きつくように首に腕を回してきました。

 

「背中のファスナーを下ろして」

 

ファスナーを下ろすだけなのに、女性の服を脱がしているという行為に興奮します。

 

後は彼女が自分で脱ぎます。

 

ブラジャーを取ると、形のいいプリンとしたおっぱいが現れます。

 

パンティーを脱ぐと、薄めのヘアーが現れました。

 

チンコがピクンと反応します。

 

「じゃあ、体洗いましょうね。そこの椅子に腰掛けて。これ、スケベ椅子と言うのよ。知ってる?」

 

まず僕の体にお湯をかけ、ボディーソープを付けたスポンジで、優しくチンコを洗ってくれます。

 

女性に初めてチンコを触られて、もう痛いくらいに勃起していました。

 

それを見て彼女は、

 

「まあ、もうおちんちん爆発しちゃうかもね。最初は女の中でイキたいでしょう?先にまずセックスしましょうね。そしてその後でゆっくり楽しみましょう」

 

彼女はマットを素早く用意し、その上に私を仰向きに寝かせました。

 

私の上に彼女が跨がり、チンコを手に添えてオマンコの割れ目にあてがい、ゆっくりと上から腰を下ろすと、ズブズブとオマンコの中にチンコが沈んでいきました。

 

延長して何度も射精

 

生温かい感触がチンコを包み込みました。

 

彼女が腰を上下に動かすと、チンコが出入りしているのが見えます。

 

あまりの気持ちよさに、数回動かれただけで射精感が襲ってきました。

 

そしてあっけなく射精しました。彼女は、

 

「私も気持ちよかったわ。これでもう童貞卒業ね。立派な男になれたのよ」

 

それから再びスケベ椅子に腰掛け、彼女がチンコと体を洗ってくれました。

 

その後は湯船に一緒に入ります。

 

潜望鏡でチンコをフェラチオしてもらいながら、彼女のおっぱいを揉んだり、乳首を弄ったりします。

 

「もう一度マットにする?それともベッドに行く?」

 

「今度はベッドでお願いします」

 

バスタオルで丁寧に体を拭いてくれます。

 

チンコも優しく拭いてくれます。

 

ずっと萎えることなく勃起したままだったので、

 

「元気なおちんちんね。興奮してくれて嬉しいわ。今度はあなたが上になって動いてみて」

 

彼女はベッドに仰向きになります。

 

全裸の女性を美しいと感じました。

 

足を広げ、ヘアーを掻き分け、オマンコの割れ目に沿って指でなぞってみます。

 

口を近づけ、オマンコにキスをし、舐め、舌を出してペロペロ愛撫します。

 

大陰唇を広げると小陰唇が現れ、さらに膣の入り口が見えます。

 

(これが女性器なんだ)

 

目の前で初めて見るオマンコに大感激です。

 

一度射精したとは思えないほど、すでにチンコは硬く勃起しています。

 

「もう我慢できません!オマンコに入れたいです」

 

亀頭を割れ目に当てて入り口を確認し、チンコをグーッと押し込むと、亀頭がオマンコの中に入ります。

 

そうしてゆっくりとチンコの付け根まで挿入します。

 

チンコを何度か浅く深く出し入れしていると彼女は悶えました。

 

悶える様子がとても可愛く見え、僕はさらに興奮しました。

 

(実はこれはソープ嬢の演技で、本当に悶えているかどうか分からないことは後で知りました)

 

2回目の射精です。

 

彼女は、

 

「あん、ああー!」

 

と仰け反って悶えていました。

 

嬉しかったです。

 

興奮が治まらない僕は、その後も時間を延長して何度も挿入を繰り返し、射精しました。

 

体位も彼女がリードしてくれて、色々教えてくれました。

 

大満足です。

 

しかし、先輩も言っていましたが、延長代は安くなかったですね。

 

それでもソープランドに嵌った僕は、その後もアルバイトなどで必死にお金を貯め、頻繁にソープ通いをしました。

 

この時のソープ嬢は何度も指名しました。

 

いつも親切にしてくれて安心できました。

 

でも1年後には居なくなっていました。

 

彼女の言う通り4年生だったとしたら卒業したんでしょうね。

 

それとも他の店に移っただけだったりして?