Pocket

女子大生 ハーレム乱交
画像はイメージです

 

高身長の女性集団に電車内で取り囲まれた

 

私が社会人になったばかりのころの話です。

 

その日は寝坊してしまい、駅に着くと普段乗っている電車が出発ギリギリで、ドアが閉まりかけているところを大急ぎで駆け込みました。

 

間に合ってホッとしたんですが、周りをよく見ると女性ばかりなんです。

 

女性専用車両に乗ってしまったことを、そこでやっと認識しました。

 

(ヤバい!)

 

と焦りましたが、次の駅で車両を移ろうと考え、ドア付近でじっとしていました。

 

しかしいつの間にか私は、6名と思われる背の高い女性陣に囲まれていました。

 

大学の運動部みたいで、高身長なのでバレーボール部とかバスケットボール部の女子大生ではないかと思われます。

 

全員私より背が高いので、女性の壁に包囲されたような状況で、その向こう側は全く見えません。

 

多少の圧迫感はありますが、私を睨んでる訳でもなく、しかも美人ばかりのグループでしたので、特に気にする事無くそのままの状態でいました。

 

次の駅に着くと、開いたドアは反対側だったので、

 

「すみません、降ります」

 

と言うと6人組の一人が小声で、

 

「間違えて乗っちゃったんでしょ?気にしなくて大丈夫ですよ。混んでますし」

 

と言って6人の包囲網から解放してもらえず、女性専用車両から降りられなくなってしまいました。

 

「こっち側が開くまでここにいていいですよ」

 

みたいなことも言われ、別に間違えて乗っただけで悪い事している訳でもないし、

 

(まあ、いっか)

 

ってあまり気にするのをやめて、こちら側のドアが開くまで、そこに乗りつづけることにしました。

 

その駅ではたくさんの人が乗ってきたみたいで、高身長女子大生集団の壁がさらに迫ってきて、私により密着してきました。

 

取り囲まれている私は背中や肩、胸などに、彼女たちの胸が押し付けられることになり、一気にチンポが勃起してしまいました。

 

(バレたらやばい)

 

と思いながらも態勢を変えられる訳でもなく、腰を引き気味にしてじっと立っていました。

 

すると、私の勃起したチンポに手が触れている感触があります。

 

(えっ?)

 

っと思い視線を動かすと、正面の女子大生がニコッと微笑んで私の顔を見つめてきます。

 

(嘘だろ?)

 

と困惑して彼女を見つめると、彼女は顔を近づけて私の耳元で、

 

「じっとしてて」

 

と小声で言いながらチンポを撫で回し始めました。

 

チンポを弄られてフェラチオで抜かれた

 

彼女の撫で方は巧みで、ズボンの上からチンポを揉んでいたかと思うと、先端を指でキュッキュッと摘んでみたり、金玉を下から押し上げたりと、いろいろな刺激を与えてきました。

 

これ以上ないぐらいチンポはビンビンに勃起すると、なんと彼女はズボンのチャックを下ろして直接手を入れてきたんです。

 

そしてそのままパンツの中に手をいれて直接勃起チンポを握られ、手首をひねりながら擦られます。

 

あまりの手コキの上手さに私はそのまま射精してしまいそうになりましたが、イキそうになる直前で彼女の手がスッと離れました。

 

その直後に、私の横に立っていた別の子が、私の手を掴んで自分のスカートの中に誘導しました。

 

正面の子が私のチンポを手コキしていたことを見ていたんでしょうか、この子のオマンコはパンティーの上からでも分かるほど濡れていいます。

 

私は興奮してオマンコのワレメに沿って指を動かします。

 

そのあたりから一斉に、私を囲んでいる女子大生集団の手が私の身体中を触り始めました。

 

ズボンのベルトも外され、パンツの前からも後ろからも手を入れられ、私のチンポやアナルまでも弄られます。

 

女子大生痴女軍団に逆レイプをされている状態です。

 

上半身もシャツのボタンを外され、両方の乳首を別々の子に弄られたり舐められたりしました。

 

私はとにかく興奮しっぱなしでした。

 

しかし声を出す訳にはいかないので、必死に堪えていました。

 

散々体を弄られた後に、正面の子がしゃがみ込み、チンポをフェラチオしてきました。

 

その間も、私の両手は別々の子のオマンコに誘導されて手マンしています。

 

正面の子は手コキも上手いが、フェラチオも上手いです。

 

しかもフェラチオで気持ちよくなっているところに別の子がディープキスまでしてきて、私の興奮はマックス状態に登り詰めました。

 

ついに私のチンポは我慢できなくなり、フェラチオしている彼女に口内射精してしまいました。

 

と同時に、私の手マンでオナニー状態だった彼女たちも、絶頂に達したみたいです。

 

そしてその後、逆レイプしてきた彼女たちは、私の服を元通りにきちんと整えてくれたんです。

 

痴女軍団に拉致されてハーレム乱交へ

 

そして私を囲んだまま、押し出されるように電車を降りました。

 

つまり、私も彼女たちと一緒に降ろされてしまいました。

 

そのまま手を引かれ、痴女軍団の中の一人が運転するワゴン車まで連れて行かれ、車に乗せられました。

 

形としては拉致ですが、すでに私は抵抗していませんし、この時は期待の方が大きかったです。

 

そしてとあるマンションへ到着しました。

 

そこは運転している彼女の部屋だったみたいです。

 

私はそこで服を全部脱がされ、ベッドに両手両足を括り付けられて、女子大生痴女軍団のオモチャにされます。

 

私の顔にオマンコ擦り付けて顔面騎乗で強制クンニをさせる子、乳首を舐め回す子、二人がかりでチンポを舐めるダブルフェラ、私の手をオマンコに導いてオナニーを始める子。

 

そしてフェラチオしていた子の1人が、私の上に乗っかって自分のオマンコにチンポを入れ、腰を動かし始めました。

 

その頃には、部屋の中は彼女らのいやらしい喘ぎ声が充満していました。

 

私は彼女の激しい腰使いに耐えられず、オマンコの中であえなく発射してしまいます。

 

そして間髪入れず、別の子が中出ししたばかりの私のチンポにしゃぶりつき、再び勃起するまで激しくフェラチオしてきます。

 

再勃起したのを確認すると私に跨り、いきなり激しくグラインドしながら腰を動かしてきます。

 

待たされている子は目の前のセックスを見て興奮し、レズまで始めるものもいます。

 

順番に交代して6人全員のオマンコに挿入させられました。

 

結局6対1のハーレム乱交パーティーは夜中まで続けられました。

 

日付が変わったころにやっと開放された私は、フラフラしながら帰宅の途につきました。

 

ふと財布の中身などが気になりましたが、盗まれたものは何一つありませんでした。

 

盗られたのは多量のザーメンだけという、とても疲れたましたが、とてもいい思いもしました。

 

そして翌日の帰りに、同じ駅から電車に乗りました。

 

今度は女性専用ではなく普通の車両です。

 

すると、そこに駆け込んできた若い女の子がいました。

 

その子をよく見ると、昨日の女子大生痴女軍団の一人で、電車の中で私にフェラチオして発射した精液を飲干したあの淫乱な女子大生でした。

 

「今日は私1人なの」

 

今度は縛られることなく、一対一で激しく濃厚なセックスを楽しみました。

 

あのときの6名の女子大生ですが、今はそれぞれの道を進んでいます。

 

結婚した子もいれば、会社で実績を挙げ、キャリアウーマンでバリバリに働いている子もいます。

 

何で私がそこまで知っているのかと思われるでしょう。

 

それは今の私の彼女が、あの翌日に1人で私に声を掛けてきた淫乱女子大生だからです。

 

今では彼女として交際していますが、もう1人秘密裏に月に1回くらいの頻度でセックスしている子もいて、その子は結婚して主婦になっています。

 

彼女らはやはり大学のバレー部でした。

 

体育会系の女子大生の性欲は凄まじいものがありました。