Pocket

女子高生逆レイプ
画像はイメージです

 

子供時代に僕をイジメた女子に高校で再開

 

僕には、Y美という同級生の幼馴染がいます。

 

Y美とは子供のころに、ちょこっと遊んだことがあって、

 

「男のくせに弱いね、本当は女の子じゃないの?」

 

と言われ、ズボンの上からチンコを捕まれたり、イジメられたり泣かされたりしたこともありました。

 

Y美の言うことも仕方ないとこがあって、僕は華奢でひ弱、しかも中性的な顔をしています。

 

当時の僕は気の強いY美の言いなりで、何でもいう事を聞いていました。

 

しかしながら、小学5年の時に僕は隣町に引っ越すことになり、Y美と遊ぶ事も会うこともなくなりました。

 

Y美と疎遠になってから数年の歳月が経ち、僕は勉強の甲斐あって、地元でもそこそこの男女共学の進学校に入学することができました。

 

入学してから1ヶ月ほど経ったある日、クラスで仲良くなった友達が、

 

「違うクラスにめっちゃ可愛い子がいるって噂だから見に行こう」

 

と誘われたんです。

 

情けない話なのですが、子供の頃Y美に苛められた僕はトラウマになり、思春期になっても女性と話すのが怖かったほどです。

 

いわゆる女性恐怖症だと思いますが、今でもクラスの女子と会話する時に動悸がするほどで、その事を周囲に悟られないようにするのも一苦労でした。

 

そういう僕なので、いまいち見に行くことに乗り気じゃなかったのですが、友人はよっぽど見たかったみたいで、とにかく強引で頑固でした。

 

そんなことで揉めて時間を無駄にしたくなかったので、僕は渋々ついて行くことにしました。

 

噂の子がいるというクラスに到着し、

 

「それでお前の言ってる子は誰だよ?」

 

と僕は聞きました。友人は、

 

「えっと~、いたいた!あの一番後ろの窓側にいる女子の中で、こっち側向いてるあの子だよ」

 

と女の子たちのいる方向を向いて、興奮した様子で教えました。

 

僕はそんな興奮した友人を見て多少呆れながら、数人の女の子達の方を見ました。

 

確かにその子は駄弁っている女子の中でも際立って可愛くて、思わず女性恐怖症の僕でさえも、

 

「ホントだ、かわいいね」

 

と即座に答えてしまう程でした。

 

しかし、可愛いと思うのと同時に、何か言い表せない違和感のようなものが、僕の頭の中を駆け巡っていきました。

 

その女の子を見るのは初めてだと思うけど、でもどこかで会ったことがあるような気もしたんです。

 

そしてしばらくすると、その子が誰なのか分かったのです。

 

確認のため、その子の名前を友人に聞くと、やはりY美だったのです。

 

僕は背筋が凍りました。

 

昔はわりと男っぽかったY美は、考えられないほど清楚で女の子らしくなっていて、とても可愛いのです。

 

一目見ただけでは分かりませんでした。

 

僕は子供の頃イジメられた記憶がよみがえって怖くなり、

 

「もう見たから満足したろ、早くクラスに戻ろうよ!」

 

と友人を急かして戻ろうとましたが、時既に遅しでした。

 

僕はパニック状態になって、結構大きな声で友人を急かしてしまったようです。

 

そのクラス全員からの視線を浴びることになってしまい、ビクビクしながらY美の方を見ると、Y美は僕の方を見てニヤニヤ笑っていたんです。

 

絶対にY美は僕の事を覚えていると確信し、僕の高校生活は終わったと思いながら、その場から急いで自分のクラスに戻りました。

 

捕まった僕はズボンとパンツを脱がされ・・・

 

その日の放課後、僕はY美のことが頭から離れず、急いで帰宅しようと思い、教室を飛び出して階段まで走りました。

 

しかし、運の悪いときはとことん悪いみたいで、階段に向かう途中の曲がり角で、僕はY美とぶつかってしまいました。

 

するとY美は、

 

「ごめんなさい!大丈夫ですか?」

 

とすぐに起き上がって手を貸して来たんですが相手が僕だと分かったらすぐに態度を変え、

 

「あら、あんただったの?謝って損しちゃった。丁度良いとこで会えたわ。あんた今日、私のこと見てあからさまに逃げたわよね。久しぶりで話したいこともあるからちょっと付きあって」

 

と言うんです。僕は震え上がって、

 

「ごめん!これから用事あるんで!」

 

と言い、恐怖であたふたしながら体を必死に動かして、Y美の横を走り抜けようとしました。

 

しかしY美は、可愛い見た目と違って合気道の有段者と友人から聞いていました。

 

Y美の横を抜けるという行為は、本来やってはいけない事だったのです。

 

しかし、恐怖とパニックでそんなこと考える余裕などない僕は愚かな行動をしてしまい、見事にY美から足払いをくらい、うつ伏せにねじ伏せられました。

 

僕は必死に手足をバタバタさせて抜け出そうとしましたが、ひ弱な僕では有段者のY美の力に勝てません。

 

「暴れないで!!腕が折れるわよ!」

 

と力強く言われてしまっては、降参するしかありません。

 

僕が何かしら運動でもしていたのなら、もう少し強く抵抗ができたのかもしれませんが、華奢でひ弱な体は子供の頃から変わっていません。

 

結局どうすることもできず、無力さを痛感しました。

 

バタバタしたことでスタミナが切れた僕を、Y美は無理矢理引きずって、近くの保健室に連れ込み鍵を掛けてしまったのです。

 

僕は保健の先生に助けてもらえることを期待したんですが、保健室には誰もいません。

絶望感と恐怖で、僕はへたり込んでしまいました。

 

そんな僕の様子を見抜いたのかY美は、

 

「保健の先生は出張でいないよ、残念だったわね」

 

とニヤニヤ笑っています。Y美は続けざまに、

 

「それにしてもあんた、子供の頃と変わらず華奢で女の子みたいだね、全然成長してないじゃん」

 

と僕をバカにします。

 

とても悔しかったんですが、実際Y美の言う通りです。

 

例え言い返しても、Y美に乱暴をされそうな気がして、怖くて言い返すこともできませんでした。

 

鍵を掛けた保健室で、Y美は抵抗できないでいる僕を、ベッドに包帯を使って縛りつけました。

 

僕は恐怖で体が震えていましたが、なんとか勇気を振り絞って、

 

「おい!何する気だよ!!この包帯解けよ」

 

と言いました。するとY美は、

 

「はぁ?これからあんたを懲らしめるのに、解くわけないでしょ?」

 

と冷酷に言い放ったのです。

 

そして有無を言わさず僕のYシャツを脱がせ始め、ズボンもパンツも一気にずり下げて、瞬く間に全裸にされてしまいました。

 

乳首責めで射精してしまった

 

僕のチンコを凝視したY美は、

 

「うわ…ちっちゃ、体だけじゃなくおちんちんも華奢なんだ」

 

と小馬鹿にしたように言い方で、僕を鼻で笑います。

 

確かに僕のチンコは仮性包茎でもあり、勃起しても5cm程度にしかならず、自分でもコンプレックスになっていました。

 

僕は悔しさと恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら、流石に我慢の限界なのでY美に言い返そうとしましたが、その瞬間、口の中に何かを突っ込んできたのです。

 

口の中に汗の強烈な臭いが広がります。

 

僕は一瞬、その臭いを不快に思いましたが、なぜか恍惚の表情を浮かべていました。

 

それはいつの間に脱いだのか気づきませんでしたが、Y美の靴下でした。

 

僕の表情を見たY美は嬉しそうに、

 

「こんな小さい子供おちんちんをぶらさげてるあんたには、私が部活で汗をかいたムレムレの靴下がお似合いね!」

 

と興奮した様子で僕を罵倒します。

 

そしてY美は急に僕の体の上に跨り、僕の乳首を舐め始めたんです。

 

僕は靴下を口に詰め込まれながら、

 

「あぁっ!やめて!恥ずかしいよ!」

 

と必死で哀願します。

 

しかしその言葉が、Sっ気のあるY美をさらに興奮させてしまったようです。

 

結果として火に油を注ぐことになってしまい、Y美の乳首責めは一段と激しくなります。

 

乳首を舐められ、甘噛みされたりしているうちに、僕のチンコはピンピンに勃起してしまいました。

 

「ふふん、口では嫌がってるくせに、あんたの体は気持ち良いって喜んでるじゃないの。この変態子供オチンチンを私が思う存分苛めてあげるわ」

 

と叫び、僕の乳首に強く噛み付きました。

 

僕は一瞬激痛に喘ぎながらも、Y美から漂ってくる汗の臭いと、度重なる乳首への愛撫に興奮していました。

 

結果的にチンコを触られるまでもなく、ドピュッと射精してしまいました。

 

Y美は、僕の射精したザーメンを嬉しそうに舐め取って口に含み、僕にディープキスをしてきました。

 

口の中に苦い味が広がる中、僕は恐怖心を感じつつも、なぜか強烈な快感を感じてしまい、連続で射精してしまいました。

 

強制中出しさせられて写真に撮られた

 

「今度はアンタの子供オチンチンを私のオマンコに挿れさせてあげるわ、嬉しいでしょ?」

 

と言ってY美は、射精した直後の僕のザーメンまみれの敏感なチンコの上に跨り、一気にオマンコに挿入しました。

 

グイグイと激しく腰を振るY美のオマンコは温かく、2回射精しているとはいえ、童貞の僕には刺激が強すぎます。

 

「あぁぁ!も、もっとゆっくり!」

 

とまるで女性のような声を上げてしまいました。

 

そして数回往復されただけで射精感が高まってきたので、

 

「もう出ちゃいそう・・・抜いて!」

 

とお願いしたんですが、

 

「ふざけないでよ!いくら童貞だからって、もうちょっと我慢しようって気構えぐらい見せなさいよ」

 

と怒鳴られて、側にあったゴムのチューブで、僕のチンコの根元をきつく縛りました。

 

小さいながらも、パンパンに膨らんだ自分のチンコを見て、僕はこのままチンコが破裂するのではないかと怖くなりました。

 

結局Y美は1時間ぐらい、僕にゴムチューブをつけたまま腰を動かし続け、

 

「そろそろイキそうだから、そのまま中に出しなさい!」

 

と言われて僕は、

 

「そんな!中だけはダメだよ!」

 

と言ったんですが聞いてもらえず、Y美はゴムチューブを外しました。

 

出したくても出せなかったむず痒さが開放され、それまで溜め込まれた精子が膣内に一気に大量放出されました。

 

あまりの気持ちよさに、僕は白目を剥き、泡を吹いて失神したみたいなのです。

 

しばらくして目が覚めると、Y美は僕の姿を写真に撮っていて、

 

「撮るなよ!」

 

と言っても完全無視で、パシャパシャとフラッシュ音が鳴り響きます。

 

結局その写真をネタに脅され、下校時間ギリギリまでY美に逆レイプされていました。

 

それは高校を卒業して大学に進学した今でも続いており、今ではエスカレートしてY美に女装させられたり、アナルを責められたりしています。