Pocket

乱交 ハーレム
画像はイメージです

 

超淫乱女とカップ喫茶へ行くと常連だった

 

出会い系サイトで顔見知りになった美幸は、想像を絶するほどの超ド淫乱な女で、今まで体験したことないような過激なセックスを俺に教えてくれた。

 

野外露出でセックス、女二人と俺のの3P、デパートの女性用トイレでフェラチオ、SMプレイ、そして先日は、カップル喫茶に行って物凄い乱交セックスを初めて体験してきた。

 

さすがに、最初から乱交なんてするつもりなかったんだけど、その場の空気に流されて、気がつくと数名で乱交セックスになっていた。

 

AVじゃあるまいし、3Pだって普通の人間は経験できないはずだと思うけど、乱交はとてつもなく刺激的だった。

 

なんかAVの世界に自分が男優として紛れ込んだような、夢を見ているような不思議な感じだった。

 

ただ興奮と快楽だけが俺を支配していて、何人の女と何回セックスしたのかも分からないぐらい、とにかく我を忘れて本能のままにセックスしまくっていた。

 

その日は美幸と二人でカップル喫茶に行った。

 

実は美幸はその店の常連で、顔パスで出迎えられ、なんと連れである俺も、お金を払わなくてよかった。

 

美幸はいかなるお客にもいやらしい体を差し出して、どんな変態チックなプレイでも快諾してくれるため、美幸目当てでこの店にやってくる客も多いとのこと。

 

実際、美幸の集客効果は凄くて、俺達が店に来た時には一組しかカップルがいなかったにもかかわらず、いつの間にか次々と客が集まってきた。

 

後で聞いた話だが店長が、

 

「美幸さんが来ている」

 

と常連客に知らせたみたい。

 

ここはカップル喫茶なので男女同伴でしか入れない。なのでみんなカップルで来店してくるんだが、どのカップルも男の方が興奮しており、女は多少、引き気味だ。

 

そりゃ、自分の男が美幸のセックスに熱中してチンポをビンビンに勃起させてりゃ、女もむしゃくしゃするよね。

 

美幸はすでにスッポンポンになっていて、他の客に見られて集中できていない俺の半立ちんぽを、見せ付けるようにいやらしくフェラチオしていた。

 

「あの・・・美幸さんに触らせていただいてもいいですか?」

 

いきなり若い男が、美幸の同伴者の俺に、許可を求めてきた。

 

俺はカップル喫茶に初めて来たんで、戸惑いながらも美幸に、

 

「美幸ちゃん、いいの?」

 

俺のちんぽをフェラチオし続けている美幸に聞くと、こくりと頷いたので、仕方なく了承した。

 

本当は他の男に美幸の体を触られるとか嫌だった。

 

しかしここはカップル喫茶だし、淫乱な美幸がこのような状況で、俺と二人きりのセックスで満足するはずがない。

 

若い男は嬉しそうにして俺に頭を下げ、早速美幸のオマンコを舐め始めた。

 

それを見ていた他の男達が次々と、美幸の体へ触れる許可を俺に求めてくる。

 

美幸はどんな男でも受け入れていたので、たくさんの男達が美幸のところに集まってきて、どえらいことになっていた。

 

男達に体中を触られ、揉まれ、愛撫され、舐めまわされている美幸は、引き続き俺のちんぽをフェラチオしている。

 

俺はそんなシチュエーションに妙に興奮し、早くも射精感が高まってきて、美幸の口の中にザーメンを発射してしまった。

 

美幸は俺のちんぽを口から引き抜くと、口を開けて俺が出した精液を男たちにひと通り見せつけた後、ごっくんしてザーメンを飲み干した。

 

さらに俺のちんぽを咥えて丁寧なお掃除フェラをし終わると、男達は美幸を連れ去っていってしまった。

 

ハーレム状態を堪能

 

口、マンコ、アナルと3穴を男たちのちんぽで犯されて、気持ちよさそうに感じている。

 

すると、美幸の痴態を複雑な気持ちで見ている俺に、常連客の男に連れられて来ていた一人の女が声をかけてきた。

 

「あのー、もしよろしければ、私とセックスしませんか?」

 

美幸とは違ったタイプで、一見真面目そうな女だったんだが、結構な美人で、しかも巨乳でスタイルがいい女だったので、断るはずもなく俺はOKした。

 

さっそく抱き合って、舌を絡ませ合い、ディープキスへ。

 

そんな俺達を見ていた他の女達も群がってきた。

 

自分達をほったらかして、美幸に群がっている男達の乱交プレイに参加するのは気が引けたのかもしれない。

 

それと、男たちを魅了する女を連れている俺に、羨望の気持ちを持っているのかもしれない。

 

俺の方は、予想外のハーレム状態になっていた。

 

まるで国内中の美女を買う王様の気分だ。

 

といっても中にはちょっとブサイクな感じの女もいたが、巨乳、ロリコン系、美女と、よりどりみどりで、俺のちんぽはまたたく間に、ビンビン状態になっていた。

 

俺は手を伸ばして女達のおっぱいや尻を撫で回しつつ、フェラチオされる舌使いの気持ちよさや金玉袋を優しく揉んでくる細くて綺麗な手、アナルにまで舌を這わすスケベな女に翻弄されていた。

 

乱交に興奮した女達はオマンコを湿らせていき、ビチョビチョに濡れるとおまんこを開いて俺に向け、ちんぽをおねだりし始めた。

 

うまそうに愛液で濡れているオマンコが並んでいた。どれからちんぽを挿入しようか迷ってしまう。

 

とりあえず順番に左端の女のおまんこから、一人ずつ味見することにした。

 

俺が順番にオマンコにちんぽを挿入していくと、気持ちよさそうな女の喘ぎ声と、他の女達の羨ましがる声が聞こえる。

 

人生初めての、そして二度とないモテ期を堪能していた。

 

これがジャニーズ系のイケメンだったら、こんな経験もできるのかな、などとしょうもないことが頭に浮かんできた。

 

俺のちんぽを待ちきれずに、女同士でレズっている女達の姿は、レズ物のAVを見ているようだ。

 

非常にいやらしくて、こんな卑猥な女同士の絡みを見ずに、美幸にばっか群がっている男達が可哀想にも思えた。

 

確かに美幸の体はセクシーで素晴らしいけど、今までに何度もセックスしてきた俺にとっては、今更あの中に紛れた状態で乱交する必要性を感じない。

 

というか、こっちの女たちとセックスした方が新鮮だし興奮する。

 

とりあえず、この有り余るほどのオマンコ群をどう満足させていくかが問題だ。

 

挿入して二、三回ほど突いては、次のオマンコに移り、一番気持ちいいオマンコを見つけてじっくり堪能しよう思っているのだが、どのオマンコも気持ちよくて、甲乙つけがたい。

 

締まりのいいオマンコ、うねるオマンコ、ひくつくオマンコ、次々に挿入を繰り返しているうちに、だんだん射精感が高まってきてしまった。

 

「誰か、精子をたっぷり中出しされたい子は?」

 

「はーい、私のオマンコにいっぱい中出ししてぇ!」

 

「ダメ!私のオマンコにも精子ちょうだい!」

 

三人が名乗りをあげたので、とりあえず一番近いところにいた女のオマンコに中出しさせてもらうことにした。

 

挿入するとオマンコが痙攣するように俺のちんぽを締め上げ、ほどなくドクドクと中出しさせてもらった。

 

脳天が痺れるほど気持ちいい中出しだった。

 

射精した後のちんぽをフェラチオしてもらい、再度勃起させることを繰り返し、女達をなんとか満足させ終わった。

 

非日常的な場所で、非現実的なセックスを経験して、俺だけじゃなく他の女たちも完全にぶっ飛んでしまったようだ。

 

体もちんぽも疲労困憊でクタクタになってしまった。

 

それはレイプに近い乱交をしていた美幸も一緒みたいだった。

 

俺はふらつく足取りでようやく店を出た。

 

電車に乗る気力もなかったので、タクシーを拾って家に帰っていった。