Pocket

裸エプロン
画像はイメージです

 

義姉のムッチリしたお尻に勃起してしまった

 

俺は高3で大学への推薦入学が決まり、最近は毎日暇を持て余していた。

 

俺には結婚している兄貴がいて、その嫁さんも我が家に一緒に住んでいる。

 

しかしこの嫁さんが、童貞の俺には目の毒なのである。

 

義姉の結花さんは、色白の美人で身長もわりと高く、細身でおっぱいも大きくスタイルがとてもいい。

 

ミニスカート姿も多く、そこからスラリとした長い足が見え、丸みを帯びた形のいい尻、キッチンで料理をしている後ろ姿を見ながら、しょっちゅう悶々としていた。

 

「良雄くん!ちょっとっ!早く来て!」

 

家族が揃って出かけた休日、キッチンから義姉の慌てた声が聞こえてきた。

 

何事かと思って速攻で駆けつけると、戸棚の高い所にあった重いものを、一人で下ろそうとしている義姉がいた。

 

無理な体勢になって重いものを下ろそうとしていたので、動けなくなって固まってしまっていた。

 

しかも、背伸びしていたせいでミニスカートがせり上がり、後ろからパンティーが見えていた。

 

白いパンティーに隠れたムッチリしたお尻があらわになっていた。

 

数日センズリをしてなくて溜まっていたのもあり、義姉のムチムチヒップを見ただけで勃起してしまった。

 

そんなことより早く助けてあげないといけない。

 

義姉のお尻に勃起チンポが触れないように注意して荷物を支えてあげた。

 

どうしても体が密着する形になり、義姉の甘い香りが漂ってきた。

 

とてもいい香りにドキドキし、これ以上ないほどまでにガチガチに勃起した。

 

「ありがとう、良雄君。とっても助かったわ」

 

「いえ、どういたしまして」

 

荷物を徐々に下ろしていくと、義姉はようやく足のかかとを床に付けることが出来た。

 

ところがそれと同時に義姉のお尻が、モッコリと膨らんでいる俺のチンコに触れてしまった。

 

「あれっ!?」

 

義姉に気付かれてしまったみたいだ。俺は、

 

(ヤバい!)

 

と思いながらも、まだ荷物は下ろせてないので離れることも出来ず、焦りと恥ずかしさで顔が赤くなっているのは間違いない。

 

ところが、早く荷物を下ろしたいのに、義姉はなかなか下ろさない。

 

しかもお尻をくねらせ、俺の勃起チンポを刺激してきた。

 

「うふふ…良雄君、なんか当たってるんだけど?」

 

「い、いや・・・あの、それは・・・」

 

義姉は後ろを振り返り、不適な笑みを浮かべながらで聞いてきた。

 

正面を向かれたもんだから、ちょうど先端に義姉のパンティー越しのオマンコに当たって擦られてる。

 

当然、気持ちよかった。

 

「あのね?あなたのお兄さんったら、最近ずっと仕事が忙しく疲れてて・・・ずっと相手してくれてないのよ」

 

「えっ?何・・・の・・・ですか?」

 

「夜のせ・い・か・つ・・・」

 

(・・・!!)

 

「はっきり言って欲求不満なの。ねぇ、良雄君・・・エッチしちゃおっか?」

 

「ええっ?!」

 

「いいでしょ?!良雄君、彼女はいるの?」

 

「い、いえ、いないです」

 

「じゃあ、いいじゃない。私たちは血が繋がってないんだし」

 

「でも、兄貴に悪いですよ」

 

「悪いのはあなたのお兄さんの方じゃない。良雄君も私をいやらしい目で見たからこんなに大きくしたんでしょ?」

 

義姉は体を密着させたまま俺を誘惑してきた。勃起チンポは当たったままである。

 

「ねえ、溜まってるんじゃない?お姉さんがスッキリさせてあげるから・・・」

 

と言って腰をくねらせてきた。俺の勃起チンポはさらに擦られる。

 

義姉からの誘惑トークにチンポまで擦られたら我慢も限界。ついに、

 

「お願いしますっ!」

 

て言ってしまった。

 

(すまん、兄貴。でもこんな魅力的な女性と結婚した兄貴が悪いんだ。)

 

「良雄君が固くて大きなものを押し付けてくるから、濡れちゃったじゃないの・・・ほら見て・・・」

 

白いパンティーをずらして見ると、ネチョって感じで糸を引いていた。

 

「ね?濡れてるでしょ?良雄君のおちんちんが欲しくなってるの。もう入れていいわよ」

 

俺だってさっきからチンポ擦られ続けてガマン汁が出まくっていた。

 

義姉が入れてもいいって言うんだから遠慮なく挿入することにした。

 

童貞の俺はあっけなく・・・

 

荷物をとりあえず下に置いて、立ったまま後ろから義姉に覆いかぶさった。

 

急いでズボンを下ろしてビンビンに勃起したチンポを取り出すと、一気に義姉のオマンコの奥まで突入させた。

 

「ああん、良雄君!いきなりそんな奥まで、あんっ!大きい・・・」

 

「結花さんの中・・・とっても、あったかい・・・です」

 

「どう?私のオマンコ、気持ちいい?」

 

「は、はい、気持ちよすぎて・・・吸い込まれていくみたいです・・・」

 

「良雄君のおちんちんもスッゴク大きくて硬い・・・あの人のより大きいかも・・・」

 

人妻の蕩けるような柔らかさがたまらない。

 

ねっちょりした膣内は俺のチンポを柔らかく包み込み、時折キュッキュッと締め付けてくる。

 

童貞だった俺はあまりの気持ちよさに我を忘れてしまい、本能のまま義姉の体をギュッと抱きしめながら猛然と腰を振り続けた。

 

「いやあああん!良雄君、激しいわ!もっと優しくして!」

 

「ムッ、ムリですっ!結花さんのオマンコ、気持ち良過ぎですっ!」

 

パンパンパン・・・ズチュズチュズチュ・・・

 

2人しかいないキッチンに、卑猥な音が響く。

 

結合部からはどんどんツ愛液が溢れ、音がいやらしさを増していく。

 

義姉は俺の激しいピストン運動をリズムに合わせて受け止め、甲高い声で喘いでいる。

 

(俺は今、兄貴の嫁さんとセックスしているんだ・・・)

 

そう思うと余計に興奮し、義姉をイカせられないまま、俺の限界が来てしまった。

 

「うあああっ!」

 

と言ってきつく締め付けてくる義姉のオマンコからチンポを引き抜いた。

 

その瞬間に、チンポの先端から勢いよく濃くて白い精液が義姉の形のいいお尻や背中にまで飛び散った。

 

「ハァハァ、結花さん、とても気持ちよかった。もう我慢できませんでした。」

 

「そうねぇ、ちょっと早いかな、まだ私イケてないし」

 

「す・・・、すいません」

 

「でもまだ出来るでしょ?今度は私が上になるから」

 

裸エプロン姿に大興奮

 

場所を兄貴夫婦の寝室に移し、すかさず2回戦が始まった。

 

「結花さん、お願いがあるんだけど・・・」

 

「なあに?遠慮なく言ってみて」

 

「そのう・・・、エプロンだけ着けて欲しいんですけど・・・」

 

「それって裸エプロンって事?」

 

「そうです」

 

「良雄君たら、いやらしいわね。私でそんな事想像してたの?」

 

「はい、いつもエッチな目でお義姉さんを見ながら想像してました。」

 

「うふふ、いいわよ。なんだか私も興奮しちゃう。良雄君のこと、裸エプロンの格好で犯しちゃうから・・・」

 

義姉はそう言うと、すぐに裸エプロン姿になってくれて、僕の上に跨ってきた。

 

黒いエプロンが邪魔して、義姉の巨乳やオマンコが見えづらい。

 

その見えづらいところがとても興奮する。

 

エプロンの向こう側にある、すっかり濡れた義姉のオマンコに俺のチンポの先端が軽く擦られた。

 

そして義姉はゆっくりと腰を落とすと、また義姉のヌルヌルした温かいオマンコの感触にチンポが包まれた。

 

「あ~ん、良雄君すごい!もうこんなに硬くなってるじゃない」

 

「はい。結花さんが相手なら、何回でも出来そうです」

 

「や~ん、嬉しいこと言っちゃってぇ。もう、たくさん動いちゃうからぁ!」

 

義姉はそう言うと、腰をグリングリン回転させてオマンコ内で俺の硬いチンポの感触を味わっている。

 

オマンコの壁のあちこちに、色んな角度から当たるので、たまらなく気持ちいい。

 

俺の方も入り口を支点にして、義姉のオマンコの中ををくまなく探索した。

 

そして充分に俺のチンポを楽しんだ義姉は、回転していた腰を上下運動に変えた。

 

垂直になった俺のチンポを上からズボズボと抜き差ししてくる。

 

結合部が丸見えになって超いやらしい。

 

義姉のオマンコが俺のチンポに吸い付いているので、抜かれる時は引っ張られる様な持っていかれる様な感じ。

 

そして降りてくる時は溢れた愛液と空気でブチョッと音がし、チンポを包み込んでくる。

 

そんな卑猥な様子が何回も繰り返された。

 

「あ~ん、良雄君のおちんちん、すごく硬くっていい!いっぱい感じちゃう!」

 

「結花さん、すごくエロイですっ!結花さんがこんなにエッチな女性だったなんて・・・」

 

「いやんっ!そうよ、本当は私、とってもエッチな女なの!旦那の弟の硬くて大きいおちんちんが、欲しくてたまらなかったのよ!」

 

「嬉しいです!結花さん!俺のチンポで・・・いっぱい感じてください!俺も遠慮なく・・・結花さんのオマンコを味わいますからっ!」

 

「いいのね?好きなだけ感じて!」

 

「はいっ!好きなだけ感じて下さいっ!」

 

「嬉しいわ、大好きよ良雄君!」

 

欲求不満だった義姉は、溜まりまくっていた性欲を俺にぶつけてきた。

 

騎上位で、俺のチンポが折れるほど激しく責めてくる義姉の腰使いにタジタジ。

 

しかも、ギューッとオマンコを締めてくるから、たまらなく気持ちよかった。

 

本当に女性に犯されている気分になってきて、ちょっとだけM男の気持ちが分かった。

 

エプロンの向こうではぶるんぶるんと巨乳が揺れている。

 

その大きなおっぱいを下から掴み、揉みまくった。乳首がビンビンだ。

 

手に余るほど大きい柔らかなおっぱいの感触を楽しみつつ、乳首もいっぱい弄ってあげた。

 

危険日に中出ししてしまった?

 

オマンコは相変わらずヌチョヌチョして気持ちがいい。また我慢出来なくなってきた。

 

「結花さん、俺また出ちゃいそうです!」

 

「ダメよ!私ももう少しでイキそうなんだから!もうちょっと我慢して!」

 

「我慢しますけど・・・ダメだったら、このまま出していいですか?」

 

「ダメよ!私、今日は超危険日なの!」

 

「ええっ!?」

 

「今日中出しされちゃったら、妊娠しちゃうかも。だから我慢して!」

 

「もうヤバいです!抜いてください!」

 

「ダメよ、もし兄貴の嫁さんを妊娠させてしまったら・・・、なんて考えたら興奮するでしょ?」

 

「いや、興奮はしますけど、それはマズイでしょ?」

 

「そう。マズイわよ。だから興奮するの」

 

確かにメチャクチャ興奮する。興奮しすぎて本当にイキそうになってきた。本当にもう我慢の限界だった。

 

「結花さん!本当にもうヤバいですっ!抜いてくださいっ!」

 

「あんっ、あんっ、ダメ!まだ出しちゃ!」

 

義姉の腰使いは変わらない。

 

(もうイキそうだ・・・)

 

という限界ギリギリのところで何とか耐えた。

 

「んあっ、あんっ、イ、イキそう!」

 

「うあっ、無理っ、くうっ!」

 

「あぁ・・・、イクッ、いっちゃう!」

 

義姉の体がピクピク痙攣してきて、オマンコがギューッと俺のチンポを締め付けてきた。

 

その強い締め付けに、もう我慢できるはずもなかった。

 

何度も我慢を重ねていただけに、ものすごい快感が俺に押し寄せてきた。

 

「結花さん、もうダメだっ!出る!出ちゃうっ!」

 

「だめっ、妊娠しちゃう!」

 

そんな言葉とは逆に、義姉は倒れこみながら上から強く抱きついてきた。

 

両方の太ももで俺の腰はガッチリ固定されてしまい、逃げられないまま義姉のオマンコの奥にドクドク射精してしまった。

 

それは凄まじい勢いの射精だった。

 

体中の液体が、全てチンポから出てしまうんじゃないかと思えるほど、大量に中出しした気がした。

 

「ああん!入ってくる!良雄君の熱い精液が、私の中に入ってくるよ」

 

「うあっ、ああっ!・・・ごめん、兄貴」

 

かなりの罪悪感を感じたが、背徳による快感が勝っていた。

 

絶対にしてはならない禁忌を犯してしまっているのに快感が増すなんて・・・射精はすでに収まっているのに、あまりの快感だったため、余韻に浸って暫く動けなかった。

 

義姉も痙攣がおさまっていて、笑顔と潤んだ目で上から俺を見ていた。

 

中出ししてしまったのに、この笑顔は何だろうか。

 

「良雄君、いっぱい中出ししちゃったね?そんなに気持ちよかった?」

 

「めちゃくちゃ気持ちよかったけど、大変なことしちゃいました」

 

「ごめんね?本当は安全日だったんだよ、驚いた?」

 

「!!!」

 

「ほらっ、さっきいけない事をしてるってすごく興奮するって言ったじゃない。だからサービスよ!」

 

「えー!ホントびっくりした!もうっ」

 

「あっ、オマンコの中から良雄君の精子が出てきた」

 

安心して垂れ流れてくるザーメンを見てたらまた勃起してきた。

 

「結花さん、よくも騙しましたね!騙した罰を与えますからね!」

 

体勢を入れ替えて今度は俺が上に乗っかり、そのまま正常位で挿入した。

 

「俺を騙した結花さんに・・・罰として・・・子宮100突きの上に中出しの刑!」

 

「いや~ん、許して~ん」

 

裸エプロンはそのままで、スケベでいやらしい嘘つき義姉さんの子宮をめがけて、俺は硬いチンポを何度も突き入れてあげた。