Pocket

貧乳
画像はイメージです

 

 

チンコ触らせる代わりにおっぱい触らせろ

 

この前、T子って普通にOLやってる女友達と3年ぶりに会った。

 

T子とは高校の時の同級生で、お互いの彼氏、彼女の愚痴や相談から、チンコ・マンコとか下ネタまで平気で言いあえる仲だった。

 

久しぶりに会ったその日も、

 

「この3年どうしてた?」

 

って話からT子の彼氏の愚痴になったんだけど、T子は彼氏とのセックスに不満があるって話から飛んでいって、お互いのおっぱいとチンコの話になっていった。

 

これまで何度も言ってきたんだが、

 

「お前の胸は相変わらず小せえな」

 

って言ったら(実際T子のおっぱいはかなり小さい)、

 

「じゃあ、あんたのチンコのサイズこそどうよ?」

 

って言い返されたんだけど、具体的なサイズなんて知らないし、ズバリ聞かれるとちょっと恥ずかしいのもあって適当にはぐらかしてた。

 

しかしT子はその日に限ってあまりにしつこく聞いてきて、その後メシを食ってからもしきりにチンコのサイズの話から離れないので、

 

「そんなに俺のチンコが気になるなら触って確かめるか?」

 

って言ってやったんだ。

 

そう言ってやればいくらなんでも聞いてくるのも諦めるかなと思って。

 

そしたらいきなり「ムギュッ」って感じでチンコを掴んできたんだ。

 

俺はT子のまさかの行動に唖然としたけど、相手は単なる友達のT子だし、まして昼間だしエッチな雰囲気でもないのに勃起するわはずがない。

 

でもT子は何度もしつこく触ってくるもんだから、

 

「お前さ、立ってねえんだから、触ったところで意味ねーだろ」

 

って言ったら、

 

「何で立たないのー、立たせてよ」

 

って言ってきやがるし、俺はまた呆れつつ、

 

「バカか。こんな雰囲気で立てろって言われても立つわけねえだろ」

 

って言っても、

 

「何とかして立たせてよ!確認したいのにー」

 

とか言ってくるし、じゃあ俺もと思って、

 

「そんなに立たせたいんなら、お前の胸くらい揉ませろよ?」

 

って半分は冗談のつもりで言ったら、

 

「うーん、それで立つならいいよ」

 

ってまさかの返事がきた。俺は更に唖然。

 

「でも、おっぱい見せるのは恥ずかしいから、脱ぐのは勘弁してね?」

 

て言いながらマジでブラを外そうとするT子。

 

(え?マジかよ)

 

と思ったけど、俺には現在彼女もいないし、何でも話せるT子とはいえ、おっぱいが揉めるならラッキーと思った。

 

ブラを外したT子を俺の前に座らせて、後ろからおっぱいを揉む格好になった。

 

シャツの中に直接手を入れておっぱいを触ってみると、やっぱり小さい。

 

小さいというか、まったくといっていいほど、ない。

 

(やっぱりこいつ、普段はパッドを入れてたんだな)

 

とか思いながら、軽く乳首も摘んでみたりした。

 

貧乳だけどマンコの締りがきつい女友達

 

揉み始めてすぐに、

 

「実際に触らせてもらって改めて思った。お前の胸はやっぱりちっちぇーな。というより、ほぼないな。」

 

「う、うるさいなー!いいから早く立たせてよ!」

 

「もうちょっと揉み応えがあればなー。ありゃ?乳首が立ってきたんじゃねーの?」

 

なんて意地悪も言ったりしたんだけど、おっぱいを5分くらい揉み続けていると、それなりに興奮もしてくる。

 

そこまで密着せずに、後ろから手だけを入れてるって感じの体勢だったのに、いつの間にか密着してT子を背後から抱きしめてる感じになってた。

 

密着してきたもんだから、T子も俺のチンコを触りにくそうにして、でも結構エロい手つきでいじってくる。

 

さすがに興奮してきてチンコも勃起してきたし、T子とエッチしたくなったんだけど、こいつ彼氏いるしやっぱり無理だよなぁとか考えてたら、

 

「もうチンコ立ったでしょ?」

 

って聞いてくるから、

 

「触ってたら分かるだろ。結構立ってる」

 

って言ったら、T子はズボンの中にまで手を突っ込んできやがった。

 

そのままパンツの中に手を潜り込ませて、チンコを直接触ってきた。

 

「うわ!結構大きいじゃん、ピクピクしてるけど、これ以上おっきくなる?」

 

って聞かれたところで俺は、

 

「なるよ」

 

って一言答えて、エッチしたくなったのでT子を立たせてベッドに連れて行った。

 

T子をベッドに寝かせて、覆いかぶさる形で再びおっぱいを揉んでも、T子は少しも嫌がる感じじゃないので、Tシャツも脱がせてジーンズも脱がせた。

 

脱がせた後に、

 

「するの?」

 

って聞いてくるから、

 

「やっぱり、やめとくか?」

 

って一応聞き返したら、T子は無言で俺に抱きついてきてキスされた。

 

キスしながらT子はチンコ触りっぱなしなんで、俺もT子のパンツの中に手を入れて、マンコを触り始めたんだけど、ビックリするほど濡れてた。

 

(こいつも興奮してたんだな)

 

と思うと俺も余計に興奮して、マンコを少し弄ってすぐにパンツを脱がして、クンニしようとした。

 

だけそ、何故かT子はクンニだけはあまりにも嫌がるんで止めてあげた。

 

「もうチンコ欲しいの」

 

とか言い出すから、

 

「お前もやりたかったんだろ?」

 

と意地悪言ってみた。

 

「もー、いいから早く入れてよ」

 

て催促されるもんだから、前戯もそこそこにしてすぐに挿入したんだけど、結構マンコの締りがきつかった。

 

こんな締りのいいマンコは初めてだった。

 

で、お互い普段と違う情況に興奮してたのか、T子が瞬く間にイッて、そのすぐ後に俺もあっさりとイッた。

 

体位を変えてじっくりと、なんて余裕なかったなぁ。

 

本当は一度セックスして、まだやり足りなかったんだけど、その後に妹と親父が家に帰ってきたので、仕方なくその一回戦で終了となった。

 

駅までT子を送っていく時に聞いてみたんだけど、T子は俺と付き合うとかは思わないけど、一度セックスしてみたかったらしい。

 

「まぁ、俺も男だし、T子とやりてえとは思ってたけどね」

 

って言ったら笑ってた。

 

その後もこれまでのように普通の友達に戻ってるけど、お互いがセックスしたくなった時にはホテルに行くこともある。