Pocket

 

近親相姦
画像はイメージです

 

寝ている弟のおちんちんにいたずら

 

私は女子大生で、4つ下で高校2年生の弟がいます。

 

水泳部で逆三角形の鍛えられた体をしていて女の子からも結構モテてるみたいです。

 

姉の私から見ても、最近いい男になってきたなと感じてはいました。

 

そんな弟なんですが、いけないなと思いつつも、時々すごくHな目で見てしまう時があるんです。

 

夏には毎晩のように、弟が風呂上りにトランクス一枚でウロウロしているんです。

 

そしてソファーに腰を下ろすと、トランクスの隙間から明らかにタマタママとおちんちんが見えるんですよね。

 

その光景を横目でチラチラ眺めて、私は興奮して度々濡れていました。

 

お盆がきて両親が田舎に帰り、私と弟二人きりになった時のことでした。

 

弟に、

 

「パンツの隙間からおちんちん見えてるよ」

 

って言うと、

 

「あれ、そう?まあ、見せて減るもんじゃないし、姉ちゃんなら気にならねぇ」

 

と言って、そのまま普通にテレビを見ていました。

 

そしてしばらくして、弟はソファーで寝てしまいました。

 

見たいテレビも終わり、とりあえず弟をそのままにして私はお風呂に入りました。

 

そしてお風呂の中で、弟に対してHな想像をしてしまいました。

 

(弟のおちんちん見たいな。お風呂上がってまだソファーに寝てたら、パンツ下ろして見ちゃおうかな)

 

なんてことを考えていました。

 

そしてお風呂からあがると、まだ弟は寝ていたので、そっと近づきました。

 

Tシャツとトランクス姿で寝ていましたから、風邪引かないようにそっとバスタオルを掛けます。

 

そして、トランクスを少しずつズリ下げました。

 

トランクスを下ろすと、横向きに寝ていた弟が、仰向けに寝返りを打ったものですから、弟のおちんちん私の目の前に現われました。

 

私はおちんちんをじっと見て興奮しました。

 

私はこれまで男性経験は1人だけなんです。

 

弟のおちんちんは、その男性よりも大きくて立派なんです。

 

トランクスをおろしても、弟は起きずにスースーと寝ています。

 

私は、弟のおちんちんに手を伸ばし、軽く触り、撫でてみました。

 

そうやっていると、おちんちんが徐々に大きく、硬くなってきたんです。

 

(すごい、こんなに勃起しちゃった)

 

と思ったタイミングで弟が目を覚まし、

 

「姉ちゃん、気持ちいいじゃん」

 

って言ってきました。

 

「ごめん、寝てたから風邪引いちゃいけないと思って、起こそうとおちんちんにいたずらしちゃった」

 

と言ったら、

 

「なんか気持ちいいから、そのまま、チンコ触ってていいよ」

 

と言いました。

 

私は弟のその反応にちょっと驚きましたが、内心は嬉しくて、そのままおちんちんを触り続けました。

 

お互いのアソコを舐めあって近親相姦もしちゃいました

 

弟は声に出して

 

「あー気持ちいいー!」

 

と繰り返しいうので嬉しくなり、

 

「もっと気持ちよくしてあげよっか」

 

と言って、弟の大きくなったおちんちんにチュッとキスをして咥え、フェラチオしました。

 

そしたら弟も興奮したみたいで、私の体に手を伸ばしてきました。

 

「姉ちゃん、おっぱい触らせて」

 

って言うので、ブラジャーを取って、弟に直接おっぱいを触らせてあげました。

 

ぎこちない手つきですがすごく感じてしまい、私のオマンコもさらに濡れてきました。

 

私がフェラチオをして2分くらい経った時だと思います。

 

弟が、

 

「うあっ!イクー!」

 

と言って、私の口の中でザーメンを発射しました。

 

弟の精子の味は、なんだかとても美味しく感じました。

 

そして私が、

 

「あんただけイッてズルい!私のも舐めてよ!」

 

って言ったら、弟は嬉しそうな顔をして、

 

「姉ちゃん、舐めてもいいの?」

 

と言って、すぐさま私のパンティーを下ろしてきました。

 

私もすぐに舐めてもらいたかったので、弟の顔の上に騎乗位で乗っかり、弟の口にオマンコを押しつけました。

 

弟は抵抗もなく、ペロペロビチャビチャと舐め回してくれて、私も気持ちよくなってすぐにイッテしまいました。

 

その後は言葉を交わさなくても、血の繋がった姉弟だからか、お互いにやりたいことが分かり、私の部屋に一緒に行きました。

 

私は弟のおちんちんを触り続け、弟も私のオマンコを触り続けました。

 

すごく気持ちがよくて、時間の経つのを忘れてシックスナインでお互いの性器を舐めあいっこしました。

 

そして、

 

「もう我慢できない」

 

と言って、弟の大きいおちんちんをオマンコに入れました。

 

弟も気持ち良さそうにガンガン腰を激振り続け、私のオマンコに中出ししてしまいました。

 

弟がイク瞬間、おちんちんがドクドク、ピクピクしているのをオマンコで感じて、とてもうれしく、そして気持ちよかったです。

 

中出しされて心配しましたが、翌日に生理が来てホットしました。

 

その日以来、近親相姦はいけないと思いつつ、弟のおちんちんで時々楽しんでいます。

 

ただし、それ以降は、きちんとコンドームを装着しています。