Pocket

先輩の奥さん
画像はイメージです

 

 

先輩の奥さんが欲求不満だった

 

2つ上の同郷の先輩が、俺の会社に転職してきたのが3年前のこと。しかも去年から職場も同じ。

 

うちの会社は例外はあるものの基本24時間シフト制の会社。

 

先輩は以前から、あえて言うなら、イジられキャラと言うか、からかわれるタイプの人間。

 

そして、ややこしい関係になってしまったんだが、俺が先輩の上司になる立場になってしまったんだ。

 

先輩がうちの会社に転職してきて、1年と数ヶ月経ったぐらいの時に結婚し、披露宴にも出席させてもらった。

 

奥さんは先輩と同い年の女性で、かなり可愛くて、俺の好みのタイプだった。

 

乗り気はしないが、披露宴では職場の上司として挨拶させて頂き、結婚後はお宅にお邪魔することも時々あった。

 

先輩が結婚してからしばらく経って、理由ははっきりしないが、うちの家の近くに引っ越してきた。

 

その頃から、先輩に誘導されて一緒に帰ってきて家にお邪魔させていただいたり、夕飯までご馳走になったり、3人で酒を飲んだりもした。

 

先輩が夜勤の時なんかでも気にせず奥さんが俺を招待してくれて、夕飯をご馳走になるような仲になった。

 

この間の夏の事。

 

その日は先輩が夜勤のシフトだったが、奥さんが俺を家に招いてくれて、会社帰りに俺は酒を買っていき、夕飯をご馳走してもらっていた。

 

夕飯を食べ終わり、酒を飲み始めようとすると、何かいつもと奥さんの雰囲気が違うような感じがしたが、気のせいかと思ってそのまま飲み始めた。

 

飲み始めると奥さんが今までよりも飲むペースが早く、俺が買ってきた酒も含めて早々と底をつき、あらためてコンビニに買いに行った。

 

お互いに近所なので、外の目を気にして変な事は出来ないが、Tシャツに短パンというラフな格好の奥さんが俺の腕に絡みついてくる。

 

時々おっぱいも当たってドキドキしながら、コンビニで酒をいろいろと物色し、結局焼酎の安くて大きなボトルを買うことにした。

 

あまり良い酒じゃないので、変な酔い方をしないか心配だったが、すでに相当飲んでいた奥さんは気にせず水割りを作って飲んでいた。

 

酔った奥さんの様子が面白くて、俺は部屋の隅っこに置いてあったハンディカムを手に取り、奥さんを動画で撮り始めた。

 

奥さんもノリノリで面白がっていた。

 

「奥さん、何か面白い事やってくださいよ」

 

と振ってみると、奥さんはなんとTシャツに手を入れて、ブラジャーを外し始めた。

 

俺がビックリしていると、奥さんは

 

「ねえ、おっぱい見たい?」

 

と聞いてきた。

 

唐突なことなので俺があたふたしていると、奥さんは俺の返事を聞く前に、Tシャツをまくっておっぱいをぷるんと出した。

 

手に収まるぐらいのほどよい大きさで、ツンっと上に向いた綺麗なおっぱいに、俺は見とれて言葉を失っていた。

 

奥さんが

 

「どう?」

 

と聞いてきたので、俺は

 

「き、綺麗です・・・」

 

となぜか小声で答えていた。

 

奥さんはそのままTシャツを脱いで、床に放り投げた。

 

そして、

 

「私の秘密、聞いてくれる?」

 

と言いながら、奥さんは妖艶な顔になって自分でおっぱいを揉んでいた。

 

奥さんの秘密というのは、先輩とは付き合っている時から年に数回のセックスしかしなくて、ほとんど毎日のようにオナニーをしていると言う事だった。

 

先輩が淡白でセックスの相性があまり良くないんじゃないかと思っているという事だった。

 

奥さんとの淫らな行為を録画

 

そのことをハンディカムに向かって、奥さんは赤裸々にカミングアウトしながら、自分で胸を揉んでいた。

 

俺はAV監督になったつもりになり、

 

「奥さん、じゃあ、いつものようにオナニーしてみようか」

 

と言うと、奥さんは躊躇することなく立ち上がり、短パンとパンティーを脱ぎだした。

 

脱いだ後は再び椅子に座り、足を広げてテーブルの上に上げ、自分で片手の胸を、もう一方の手でオマンコを愛撫し出した。

 

俺はハンディカムを持って奥さんに近づき、顔のアップからオマンコのアップまで奥さんをエッチな言葉で責めながら撮っていった。

 

我慢できずに奥さんのオマンコに俺が手を伸ばすと、奥さんの目がとろんとなって少し潤み、俺にキスを求めてきた。

 

さらに奥さんの手は俺のチンポをズボンの上から撫で、やがて俺のズボンとトランクスを脱がした。

 

先輩であり、部下でもある人の奥さんという認識はこの時点で忘れることにした。

 

奥さんが床に跪いて、俺のチンポをフェラチオしている姿もしっかりとハンディカムに収まり、再び濃厚なディープキスをしながら、寝室へと移動した。

 

俺が仰向けになり、奥さんが覆いかぶさる感じでキスをしている場面もハンディカムに収め、シックスナインをしているときには、奥さんのオマンコやアナルもハンディカムに収め、さらに先輩にもしたことが無いと言う、俺のアナルをベロベロ舐めている様子も収めた。

 

オマンコがグショグショに濡れて我慢が出来なくなった奥さんが俺に跨り、自分から俺のチンポをオマンコに入れる姿もカメラに収めた。

 

「○○(先輩)よりも気持ちいいの・・・」

 

と呟いているところも収めた。

 

自分からオマンコに中出しを求め、俺のチンポを抜かなかったところも収まった。

 

さらに1回戦が終わると、少したってからニッコリと笑顔で俺のチンポにむしゃぶりつき、再びおねだりする姿も収まった。

 

途中で容量がなくなったので、俺はハンディカムからメモリを抜き取った。

 

結局奥さんのオマンコに2度の膣内射精をし、奥さんは疲れたのかそのままスースーと寝てしまった。

 

俺は奥さんにTシャツと短パンを着せ、おでこにキスをして家に帰った。

 

もちろん録画されたメモリも持って帰った。

 

メモリの中身には、初めの方に2人の新婚旅行中の映像が流れ、その後からいきなり奥さんの淫らな映像が流れてた。

 

そのギャップにビックリしたが、パソコンにバックアップを取り、ついでにDVDにもコピーしておいた。

 

記憶は飛んでいなかった

 

次の日の昼ごろに奥さんからメールが来て、

 

「昨晩、飲みすぎて記憶がないんだけど、私変な事してないよね?」

 

と聞かれた。

 

なんだか先手を打たれたような気がして、俺は返答に困った。

 

先輩は2日続けて夜勤だったから、あらためて夜に返信することにした。

 

そして夜、先輩が仕事に出掛けたと思われる時間帯に、

 

「今夜もお邪魔していいですか?」

 

とメールを打つと、奥さんから

 

「もちろん!」

 

と素早い返信が返ってきた。

 

一旦、家に帰ってから、メモリと昨日コピーしたDVDとを持って、途中で酒も買い、お邪魔すると奥さんはいつもと変わらぬ表情で出迎えてくれた。

 

昨日は何事もなかったかのように普通に夕飯をご馳走になり、再びお酒を飲み始めた。

 

「昨日は飲みすぎたみたいで、旦那にちょっとばかし怒られちゃったから、今日は控えめにしとくわ」

 

とか言っていたくせに、酒が進んでくると奥さんは前日残っていた焼酎を持ってきた。

 

奥さんが結構酔い始めた頃に、

 

(チャンスだ)

 

と思ってDVDをセットし、テレビの前のソファに移動して、2人並んで見ていると、奥さんは呆然としながら焼酎を飲んでいた。

 

でもDVD鑑賞を止めようとはしなかった。

 

しかし奥さんは俺の顔を全く見ようともしなかった。

 

そんな奥さんの様子を観察しながら、俺は奥さんの太ももに手を這わせ、軽く撫でるくらいの感じで太ももを愛撫した。

 

奥さんはまったく拒否しようとせず、自然な感じで足を開いていった。

 

太ももを撫でていた手をTシャツに入れ、ブラジャーを上にずらして乳首を軽くつまんで愛撫もしたが、奥さんの目は動じずにテレビの画面にくぎ付けだった。

 

耳元で

 

「乳首が立ってきた」

 

と言うと、奥さんは色っぽく笑って一度下を向いてから、再びテレビの画面を見つめていた。

 

背中にも手を伸ばし、少し腰をソファの前方に出させるような格好をさせ、奥さんの短パンの中に手を入れてみると、奥さんの方から足を開いていった。

 

パンティーの脇から指を潜り込ませると、奥さんのオマンコはかなり濡れていた。

 

「濡れてるよ」

 

と言うと奥さんは俺の方を振り向き、抱きついてキスをしてきた。

 

奥さんは我慢できなかったようで、俺がソファに押し倒される形になり、奥さんは俺の上で服を脱ぎ始めた。

 

俺もシャツのボタンを全て取られ、俺の体を奥さんが舐め回しながら、ズボンやトランクスも脱がされてしまった。

 

そして奥さんはフェラチオで俺のチンポをビンビンに勃起させ、自分から跨って腰をゆっくり動かしながら、

 

「昨日の事は、夢だと思っていたの・・・」

 

と言った。そして、

 

「ねぇ?これからも時々お願いしてもいい?」

 

と腰を動かしながら可愛くおねだりされると、俺は断る理由なんかあるはずがない。

 

先輩のシフトは俺が決めており、基本的には奥さんが生理の時や都合が悪いときに、俺と先輩が同じシフトで勤務するように設定している。

 

その事実に先輩は未だに気付いていない・・・

 

自分の都合で好みの女を抱けるなんて堪らない素敵な展開にはなっているが、最近、奥さんが先輩ではなく俺の子供を欲しいと言ってくるので、少し用心している。