Pocket

ドM
画像はイメージです

 

ドMの僕は女子に犯されるのが楽しみになりました

 

僕は思春期の頃からドMで、SM雑誌などを見ながらいつもオナニーしています。

 

中学3年の時、クラスメイトにU子という女子がいました。

 

顔は平均より下で背が小さく、人の話を聞かない自己中心的なところがあったので、クラスの人からはあまり相手にされていない子でした。

 

しかしどういう心境からか、僕はU子のことが気になり、U子に犯されたいという欲求を持つようになってしまったのです。

 

毎日U子に犯される様子を妄想しながらオナニーしていました。

 

ただ他の生徒に知られるとマズいので、U子に打ち明けるようなことはしませんでした。

しかし、とある休日にスーパーで偶然U子に会いました。

 

その時、思い切って自分の性癖をU子に全て話してしまいました。

 

彼女は最初呆れ顔でしたが、僕が真剣なのが伝わったのか、そのうちニヤリと笑って、

 

「ふーん、マサシ君てドMなんだー。」

 

と言いました。

 

そしてU子の家に一緒に行ったのですが、家の中に入ると、もう後へは戻ることができないと感じました。

 

僕は素っ裸にされて犯されました。

 

U子は服を着たまま僕のチンコを握り、扱き始めました。

 

だんだん気持ちよくなってきて、僕は思わず、

 

「あっ、あんっ・・・」

 

と情けない声で喘いでしまいました。

 

そしてU子は服を脱ぎ、僕を抱き上げました。

 

彼女は小柄な割りに力が強く、しかも僕が軽かったこともあったので、軽々と抱き抱上げました。

 

そして僕のチンコを目がけて、自分のマンコに挿入させました。

 

僕は両手を首に回してしがみついている格好となり、あまりの情けない格好に泣いてしまいました。

 

彼女は笑いながら腰をグリグリ動かしていました。

 

情けない格好でも僕は気持ちよくなってそのまま射精してしまい、ぐったりしてU子のベッドの上に仰向けに寝かされました。

 

チンコ丸出しの姿を写真に取られ、

 

「バラされたくなかったら私の言う事を聞きな。」

 

と言われました。

 

もはや断ることもできず、僕はU子の性奴隷になることを余儀なくされました。

 

すでに部活は引退していたので、その日から毎日のように放課後は彼女の家に行っては犯されました。

 

プレイ内容も日を追うごとにSMらしくなっていきました。

 

全裸で男の僕がお姫様抱っこされたり、首輪を付けられたまま犬のように四つんばいにさせられたり、大股開きでチンコを足で擦られたりしました。

 

僕のドMっぷりはどんどん拍車がかかっていきました。

 

携帯で呼び出されないと心配で、自分から連絡してお願いするようになり、U子に辱められることを楽しみにしていました。

 

学校中にバレて僕を犯したい女子が寄ってきます

 

しかしある日、僕がU子の家に入っていくのを、偶然クラスメイトに見られてしまいました。

 

それが原因で学校中にバレてしまったのです。

 

僕がドMだということも広く知られてしまいました。

 

学校のSな女子に言い寄られることもありました。

 

僕の性癖は知られてしまっているので断るわけにもいかず、その都度犯されました。

 

年下の女子に犯されたこともあります。

 

その女子はR子といってかなり可愛い子でした。

 

「マサシ先輩、私とエッチなことしませんか?」

 

と少し小馬鹿にするような言われ方でした。

 

エッチなことと言っても彼女が主導権を握ります。

 

僕はR子に従順になって言われるがまま股を開いたり、喘いだりしています。

 

しかし可愛いR子に命令されたり、頭をなでられたりするととても興奮します。

 

犯されているときも喜びでいっぱいでした。

 

R子の他にも多くの女子に言い寄られ、犯されました。

 

デブで不細工な女子にも犯されました。

 

そういう女子たちは普段あまり男子から相手にされないので、僕を犯してるときはとても喜んでいるように思えました。

 

僕が高校に進学しても、U子やR子、その他Sっ気のある女子に犯されるという日々は変わらず続いています。

 

相変わらず素っ裸にされて縛られたり、足を広げさせられたりして、情けない喘ぎ声を出しながら精子を搾り取られています。

 

男として女性に貢献する喜びを感じています

 

昨日いつものようにU子の家に呼ばれました。

 

夕方の四時半ごろにメールが来て、

 

「今からうちに来て、来なかったら承知しないからね。」

 

断る訳がないので当然行きましたが、この日はU子だけでなく別の女の子もいました。

 

U子によるとY美という子で、U子のいとこで中学三年生だそうです。

 

ちょっとおデブで、しかも高一の僕よりも体は大きいです。

 

「全裸になって」

 

といつものようにU子に命令されました。

 

Y美がいるので少し恥ずかしい気もしましたが、断れないので脱ぎました。

 

今日は何をされるのかと期待と不安が入り混じっていましたが、突然Y美に腕を捕まれました。

 

そして両足を持って僕を抱え上げました。

 

股を開いてチンコ丸見えの格好で、僕はY美に抱え上げられました。

 

Y美は力が強く、僕は身抵抗しようとしても無駄でした。

 

「あんたみたいにひ弱な男には負けないわよ。しっかしこんな華奢な体でホントに高校生なの?」

 

と言われて悔しかったですが、何もできないのです。

 

その情けないチンコ丸見えの格好をU子に写真に取られ、そのままU子にチンコを扱かれました。

 

僕は泣きそうな情けない声で、

 

「あん・・・はん・・・」

 

と喘いでいました。

 

Y美には

 

「こいつ感じてんの?まるで女みたい。」

 

と言われてしまいました。

 

そして扱かれ続けて射精してしまい、僕はヘナヘナとなってベッドに寝かされました。

 

「まだ終わりじゃないよ」

 

と言ってY美は僕のチンコに跨り、オマンコに挿入して腰をグリグリ動かし始めました。

 

僕は抵抗することも出来ないままイってしまいました。

 

そして次はU子が跨ってきました。

 

抵抗はしませんでしたが、SなU子を喜ばせないと終わらないと思ったので、

 

「許してください、お願いします。」

 

とか

 

「やめて、もうやめて。」

 

と情けない喘ぎ声を出しながら哀願しました。

 

そのうち僕の情けない姿に二人は満足したみたいで解放してくれました。

 

僕はヘトヘトでした。

 

しかし僕は幸せです。

 

一人の男として、女性を喜ばせることに貢献することができているのですから。