Pocket

後背位
画像はイメージです

 

奥さんがエロい格好で俺を挑発している?

 

去年の夏のこと。

 

俺は現在20代半ばで、とあるマンションでTVアンテナの工事のアルバイトをしていた。

 

高級マンションではあったにも関わらず、ちょい古かったため、CS放送の受信にはいまだ対応していなかった。

 

屋上のアンテナと共用部分の機器は交換し終わって、あとは各部屋の中のテレビの端子交換を残すのみだった。

 

しかしこれがかなり大変で、だいたいの家庭のテレビの後ろは埃が溜まっているので、むせ返る事もしばしば。

 

俺は職人ではないので、材料の準備と工事の立会いを主にしていた。

 

そして最終日になったのだが・・・。

 

職人さんが突然交通事故に遭い、来れなくなってしまったのだ。

 

かなり焦ったけど、今日の予定は午前中の3件だけだった。

 

材料は揃っていたので急遽俺が工事をすることになった。工事の仕方はいつも注視していたので、なんとか出来るだろうと。

 

一軒目はスムーズに終わって二軒目の家に来た。

 

なんとそこの奥さんがとても官能的。

 

笑うと優木まおみにそっくりで可愛い。

 

しかも体型もやたらとエロチック。

 

Tシャツにジーパンといったラフな格好なんだけど、Tシャツから突き出たおっぱいに目を奪われてしまう。

 

下半身がピクンとして頭はクラクラ状態。

 

「あ、失礼しまーす」

 

「どうぞー、ごめんなさいねー。散らかってるの」

 

「いえいえ、とんでもないですよ」

 

部屋は本当に綺麗でちっとも散らかっていなかった。しかもなんともいえないいい匂いがする。

 

「じゃぁ早速工事に入らせていただきますね」

 

「場所はリビングと、あと寝室です。お願いしますね。あれ、あなた工事の説明会の時には居た?」

 

「あっ、自分は普段工事はしないんですが、急遽代打を頼まれまして」

 

「あら大変なのねー。急いでないからゆっくりでいいわよ」

 

覚えていてくれたことに妙に感動してしまう。

 

テレビを動かして端子の箇所を交換をしていると、奥さんが興味あるのか、四つん這いの状態で覗き込んでくり。

 

「へぇー、こんなふうになってるんだー」

 

覗き込む顔が近すぎてドキドキしてしまう。

 

工具を持ち替えるために体勢を変えた時、Tシャツの胸元から、ブラジャーに包まれた大きな谷間がバッチリ見えてしまった。

 

しかも至近距離で。

 

たまんねぇ。

 

ピンクだ。

 

仕事どころじゃねぇ。

 

いやいや、やることはやらないと。

 

リビングが終わって寝室へ移動する。

 

大きなダブルベッドを見て少し興奮する。

 

この時点で半勃起状態に。そりゃ仕方ないよね。

 

「ちょっと暗いからカーテン開けるわね」

 

そう言って奥さんがカーテンを開けると、ベランダに干してある洗濯物のブラジャーとパンティーを発見!

 

薄いピンクのものと黒があった。

 

やっぱりブラジャーがかなりデカい。

 

この時点でフル勃起。

 

そして作業中にまた奥さんが近い。

 

「すいまんせん、汗臭いんであまり近寄られると臭いますよ」

 

夏だったこともあり、実際ある程度汗をかいていた。

 

「大丈夫よ、嫌いじゃないから」

 

「え?あっ、は、はい」

 

奥さんはチャーミングな笑顔で見ている。

 

俺はもう心臓がバクバクしていた。

 

再訪問すると奥さんがさらにエロい格好に!

 

そしてさらに奥さんは顔を近づけてきた時に、動いた俺の肘に奥さんのおっぱいが当たった。

 

はっきりと弾力を感じ、柔らかくてたまらなかった。

 

おそらく顔が真っ赤になっていたはずだ。

 

「あっ、す、すいません!」

 

急いで謝ると、

 

「大丈夫よ、こんなオバさんの胸なんかねぇ」

 

「そんな、とんでもないです。奥さんすごいキレイっす」

 

後で年を聞いたが35歳だった。オッケーに決まってる。

 

正直、押し倒してしまいたい衝動にかられた。

 

仕事中だからなんとか理性を保てたんだと思う。

 

「ほんと?うれしーわ、もうサービス」

 

 

と言って、頬にチュッとキスをしてくれた。

 

「ちょ、ちょっと奥さん!仕事にならないっす」

 

笑いながら困てる顔をすると、

 

「ふふっ、ごめんねー邪魔して、じゃぁもう少し頑張ってね!」

 

ドキドキしながらなんとか無事に工事完了。

 

「終わりました」

 

「ありがとう、お疲れ様。なんか冷たいものでも飲んでいってね」

 

「あ~すいません。次のお宅の工事が入ってますんで」

 

「あらそうなの。じゃぁお昼ご飯作るからあとで食べにおいでよ」

 

「えっ!いいんすか?11時半には終われると思いますけど」

 

「分かったわ。なんか適当に作っておくね」

 

「どうもありがとうございます」

 

そして次のお宅に工事に行ったが、頭の中は先程の奥さんのことばかり。

 

ミスをしそうになりながらも、なんとか工事は終わって、再び奥さんの家へ。

 

インターホンを鳴らすと、奥さんがドアを開けてくれた。

 

「あら、お疲れ様」

 

「すません、またお邪魔します」

 

なんと奥さんは赤いタンクトップに白いホットパンツ姿に変わっていた。

 

(さらにエロくなってる)

 

肌の露出が多くて思わず生唾を飲み込むと、奥さんが突然抱きついてきてキスをしてきた。

 

そして舌をねじ込んでくる。

 

首に手を回し、俺の口の中を貪るように。

 

そして右手を俺の股間に伸ばす。

 

そんなことされたらあっという間にビンビンに勃起。

 

奥さんもすぐに気づいたはずだ。

 

俺のチンポを求める奥さんに後ろから・・・

 

奥さんはチンポの形を確かめるようにギュッギュッと何度か握ったあと、チャックを下げ、チンポを引っ張り出した。

 

奥さんはしゃがみこんで俺のチンポをじっと見つめている。

 

「はぁ~」

 

奥さんの息がチンポにかかり、そしてぬくもりに包まれる感じがした。

 

「ほうっ・・・」

 

思わず仰け反るほどの快感が押し寄せる。

 

今まで経験した中で一番のフェラチオだった。

 

「お、奥さん、汗かいてるのに汚いですよ」

 

一応気を遣って聞いてみたけど、確か汗の臭いは嫌いじゃないって言ってたし。

 

奥さんはさらに激しくチンポを味わうかのように夢中で舐めてくる。

 

たまらず俺は手を伸ばして奥さんの巨乳を触ってみる。

 

(おいおい、ブラしてないじゃん!たまんねぇ!)

 

乳首に触ると、チンポを口に入れたまま、

 

「ん~んっ!」

 

と鼻にこもった感じの声で喘いでいる。

 

奥さんは手をズボンに掛けて俺のズボンを完全に脱がした。

 

そして汗臭いはずの金玉まで舌を伸ばしてくる。

 

しばらくペロペロ舐めた後、奥さんもホットパンツとパンティーを脱いで立ち上がった。

 

再びディープキスを交わした後、奥さんはくるっと回って大きなお尻をチンポに擦り付けてきた。

 

(俺のチンポが欲しいに違いない)

 

これにはもう我慢できない。背後から奥さんのオマンコ目掛けてズブズブ挿入。

 

「あんっ!あぁぁ・・・」

 

奥さんが仰け反って喘ぎ声を発している。

 

オマンコがチンポを包み込む気持ちよさと、可愛らしい喘ぎ声に早くもイキそうになった。

 

(これはやばい、気持ち良すぎる)

 

ヌルヌルに濡れて温かい奥さんのヒダが、俺のチンポにまとわりつく。

 

奥さんとの身長差が丁度いいのか、挿入角度がいいみたい。

 

かなり濡れているのに、チンポを擦る摩擦がたまらなく気持ちいい。

 

たぷんたぷん揺れている巨乳を後ろから掴んで揉みまくり、本能のまま腰を打ち付ける。

 

もうダメだ。このままではイッてしまう。

 

「奥さん、もうヤバイです」

 

そう言うと、奥さんのオマンコがギューッっと締めつけてきた。

 

「うあぁ!お、奥さん・・・!」

 

我慢の限界である。

 

すると奥さんはチンポをオマンコから抜いて、すぐさま口に咥えこんだ。

 

「はうっ!うおっ・・・ううぅ!」

 

たまらず射精してしまった。

 

奥さんの口の中で何度もチンポが脈打ち、ドクドクとザーメンを放出する。

 

奥さんはそれをすべて受け止めてくれた。

 

そしてなんと全部飲んでくれた。

 

一息つくと奥さんはニッコリと微笑み、

 

「ごめんね。私が襲っちゃったわね」

 

その笑顔がとても可愛い。

 

「とんでもありません、こんな素敵な奥さんとできて最高です」

 

「ほんと?嬉しいこと言ってくれるわね」

 

この後二人でシャワーを浴びて、奥さんの作ってくれたお昼ご飯をいただく。

 

その後さらにベッドで2回戦、3回戦。

 

夕方会社に帰る頃にはドッと疲れてフラフラでした。

 

メアドを教えてくれたので、その後も何回か奥さんの体を堪能させてもらいました。