Pocket

熟女とセックス
画像はイメージです

 

下宿先のおばさんがとんでもなくエロかった

 

僕の実家はとても田舎だったので、高校進学とともに学校近くで下宿生活を始めました。

 

下宿したのは、四十代前半の奥さんと六十過ぎの旦那さんの年の差夫婦二人暮らしの家でした。

 

奥さんはまあまあふくよかでしたが、おっぱいも大きく色気ムンムンて感じでした。

 

一方、旦那さんはアルコールが大好きで、毎晩飲んだくれて帰ってこないことも頻繁にありました。

 

ある夏の晩、夜も更けて僕はお風呂から上がってそのまま部屋に帰ろうとしていました。

 

廊下をパンツ一丁で歩いていると、ご夫婦の寝室からウィ~ンという聞きなれない振動音が響いてきました。

 

寝室の障子が少し開いていたので隙間からこっそり覗くと、奥さんが一人布団の上でモゾモゾしています。

 

ハアハアという声もするので、僕は

 

「奥さん、どうしたんですか?」

 

と心配になり声を掛けました。

 

近寄って気が付いたんですが、奥さんは裸でバイブを使っていました。

 

色気のある奥さんだけに、みだらな姿を見てしまった僕は、思わず勃起してしまいました。

 

奥さんは布団も掛けず丸見えの状態なのに、隠そうともせず

 

「信二くん、こっちに来て、旦那は今晩は帰ってこないから。」

 

と誘ってきたんです。

 

ドキドキして近づいていくと、奥さんはパンツの上から僕のチンポを掴んできました。

 

ぼくは中学の頃からほぼ毎日センズリしていて、チンポの皮も剥け、亀頭も大きく発達していました。

 

「いや~年の割りにおっきいおちんちんね。最近の子は発育がいいのかしらね。」

 

「おばさんに今晩このおちんちん使わせてくれない?」

 

と言います。

 

そして、僕のもっこりと膨らんだパンツをズリ下げると、勢いよくビンビンのチンポが出てきました。

 

奥さんは嬉しそうにチンポをいじくり廻し始めました。さらに、

 

「こっちにおちんちんを向けてごらん、シャブッてあげるわ。」

 

と言ってフェラチオしてくれたんです。

 

おばさんは亀頭を舐め、竿や金玉を揉みながら、尻の穴にも舌を這わせてきます。

 

これが超気持ちいいんです。

 

本当に熟練女のフェラチオはテクニックがあるので、チンポはすぐ発射しそうになりました。思わず、

 

「ああ~もう出そうです!」

 

と言うとおばさんは、

 

「もうちょっと我慢しなさい。信二くん童貞でしょ。これから卒業までたっぷりエッチなこと仕込んであげるわ。」

 

と言われました。実際、その晩からぼくはおばさんの性奴隷と化しました。

 

おばさんは旦那さんが居ないとき、昼でも夜でも関係なく僕の部屋に入ってくるようになりました。

 

僕はカギのない二階の部屋にいる時は、いつもフルチンでいるように言われていました。

 

おばさんは部屋に入ってくるととすぐにチンポを触り、

 

「さあ、おちんちん勃ててごらん」

 

と言います。

 

竿や金玉を揉まれ、乳首も吸われると、いとも簡単にチンポは勃起します。

 

おばさんは、

 

「ああ、若い子のおちんちんはすぐビンビンになるわねぇ。この硬さがたまらないわぁ。」

 

とチンポに頬ずりしながら喜びます。

 

長時間チンポを吸いまくり、いじくり廻したりして遊びますが、なかなか射精させてくれません。

 

それから自分もスッポンポンになり、オマンコを舐めさせます。

 

「いい?オマンコの奥まで舌を入れて掻き回すのよ。」

 

「クリトリスはちゃんと皮を剥いて舐めてね。」

 

僕はチンポを勃起させたまま、おばさんのオマンコから愛液が出るまで、ベロベロ舐めまくります。

 

それから興奮した状態のおばさんは、チンポの上に跨ります。

 

おばさんは騎乗位が大好きみたいです。

 

大きなおっぱいをぶるんぶるん揺らし、ケダモノのような喘ぎ声を発しながらグリグリ腰を動かします。

 

「はあ~、もっとオマンコ突いて~。今日は安全日だから、中にたっぷり出してね」

 

とおばさんは僕に指示します。

 

淫乱おばさんとセックス漬けの日々

 

二年生の夏休みに、旦那さんが当分の間、遠方のふる里に帰省したことがありました。

 

その時は、おばさんと二人っきりなので、毎日ひたすらセックスしました。

 

一軒家だし誰に遠慮する必要もないので、二人とも真昼間から真っ裸で貪るように体を求め合いました。

 

隣近所も離れていて声が聞こえることはないので、おばさんは、

 

「オマンコ気持ちいい~!でっかいオチンポで、もっと突いて~!」

 

と淫語吐きまくってヨガっています。

 

僕も精子を毎日5発くらいは発射していたと思います。

 

おばさんはもう僕のチンポなしではいられない体になったみたいですが、童貞だった僕も、もうおばさんのオマンコの味が忘れらません。

 

そのうち旦那さんがいても、ぼくはチンポが勃起すると裸になり、おばさんのところに行くようになりました。

 

おばさんも階段に裸の僕を座らせ、いやらしくフェラチオしてくれます。

 

旦那さんは、そうなると感づいているのか、気遣ってぼくたちを避けるようになっていました。

 

旦那さんはどうも酒の飲みすぎで、インポになっているみたいです。

 

三年生のころになると、旦那さんは離れた部屋に一人で寝るようになりました。

 

そこで、学校から帰って来ると僕とおばさんは、遠慮なく裸になり貪欲にセックスを楽しみました。

 

チンポとマンコだけではなく、お互いのアナルも使っています。

 

危険日にはおばさんのアナルに中出しできるので、挿入したままの射精感が味わえてたまりません。

 

そして、僕もアナルに指を入れられながらフェラチオされるのが大好きになっていました。

 

今思うと、十代の男と四十代の女はお互いにとって最高の組み合わせではないかと思います。

 

四十代の女は淫乱で性欲旺盛で、若くて硬いチンポが欲しくてたまらない。

 

十代の男はチンポがおヘソにくっつきそうなくらいビンビンに勃起し、何回でも射精できます。

 

ぼくは高校生活の三年間で、女とセックスを徹底的に教え込まれて自信に繋がりました。

 

しかし、セックスのしすぎで勉強に身が入らずに大学受験は失敗、それからツライ浪人生活が始まったのでした。