Pocket

 

玄関 セックス
画像はイメージです

 

元水商売の女とヤリたい

 

2年前の夏、俺の会社が倒産しました。

 

27歳のバースデーを迎えて間もない頃でした。

 

新卒で勤務し始めてから倒産するまで会社を変えた事がなかった俺は、突然訪れた無職の日々に呆然としながらも、何故か浮付いていた気もします。

 

今振り返ればアホですね。

 

1週間ぐらい、何にもせず自由にしていました。

 

仕事なぞ早々に決まるだろうという安易な気持ちと、よく分からない開放感から、毎日せんずりもしていました。

 

しかし、リアルな世の中というものは驚く程厳しかったんです。

 

無職になって2週間目ぐらいで初めて訪問したハローワークは失業者で満杯でした。

 

やっと自分の置かれたポジションを理解した俺は、毎日ハローワークに通うようになりました。

 

不可解なもので、毎日ハローワークに通っていると無職同士でも友達が出来るんです。まぁ、余り歓迎すべき事ではないですが・・・。

 

その友達の中に、ちょっとだけ気になってる女がいました。

 

美月という少し前まで水商売をしていた女でした。ついでに美月というネーミングは源氏名らしいです。本名は知りません。

 

彼女のビジュアルは、ちょっと華やかというか、やはりお水っぽいというか・・・。

 

まぁ、一目見た瞬間に水商売だろうなと思ってしまう感じです。ケバめの化粧に問題があるのかもしれませんが・・・。

 

しかし、スタイルは相当のものです。

 

手にちょうど収まるぐらいの大きさのおっぱいにスラリとした足。

 

伸長はちょっと低めですが全体的に釣合いが取れています。

 

初めに受けた印象がお水っぽい雰囲気からか、「大人の女性」という印象を受けましたが、実はまだ若いんです。

 

23歳だと知った時は、ショックを受けた程です。

 

しかし、まじまじと良く見ると顔はそれなりにロリ顔で、メイクを変えて、可愛らしい服でも着せたら想像以上に雰囲気が変わりそうな気もします。

 

美月は18歳の頃から水商売をしていたようで、店でも結構人気があったらしいです。

 

当然、男性経験もかなりあるみたいです。

 

彼女は、サバサバした性格な上に下ネタも好きで、自分のセックス体験とかも時々話してくれました。

 

俺は、リアルな体験談を聞かされる度に妄想が広がり、聞いているだけで勃起してました。

 

家に帰ってから何度ネタにしてせんずりした事か・・・。

 

「頼む!1回でいいからやらしてくれ!」

 

と何度もお願いしたんですが、冗談に受け取られ、

 

「よくストレートにそんな事言うね~。このセクハラおやじがっ!」

 

と、笑ってはぐらかされる日々でした。

 

俺の勃起したズボンの膨らみに気づけば、本気だと分かってくれると思うんだが・・・

 

そんなある日の正午ごろのことです。

 

「お腹空いたなぁ~・・・謙一、お昼奢ってよ」

 

美月が茶目っ気丸出しで、俺に昼飯をねだり始めました。

 

「無職の俺に昼飯を奢らせるなんて、とんでもねえ奴だな!」

 

とは言ったものの、俺は失業手当が出たばっかりでほんの少し余裕があったんです。

 

しかも、その日は無性に暑かった。

 

「まあちょっと金入ったし、暑いし、ビアガーデンでも行くか?」

 

美月は大喜びでついてきました。

 

(酔わせてやってやる!)

 

俺はそう決意しました。

 

酔った俺の上に乗っている?

 

ビアガーデンには、ネクタイを締めたサラリーマン達が昼間から大勢いました。

 

というかほとんどの客がサラリーマンです。

 

「なぜこやつらがリストラのターゲットにならんのだ!」

 

俺と美月はそんな事を愚痴ったりしながら、グイグイとビールを飲みました。

 

(酔わせてやってやる!)

 

繰り返しますが、そのことばかり考えていました。

 

2時間経ちました。

 

お約束通り、俺はベロベロに酔っていました。昼の酒は効きます。

 

元々そんなにアルコールに強いわけでも無いくせに、女の子と飲むなんて久しぶりだったので、ついつい調子に乗ってしまいました。

 

しかも相手は経験豊富な元・人気キャバ嬢です。

 

戦う前から勝敗は決まっていたのです。気付かなった俺が馬鹿でした。

 

ベロベロに酔った俺を、美月はわざわざ家まで送り届けてくれました。

 

その時の酔った俺の状態はと言うと、

 

「美月はなんてイイ女なんだ。一発やらせてくれ~」

 

とか

 

「美月のマンコ見せて~。マンコ、マンコ~」

 

とか言ってたらしいんです。

 

余りの気恥ずかしさと情けなさにげんなりです。

 

美月は家の玄関先まで俺を送ると、何度もセクハラ発言をする俺を置いてさっさと帰ってしまいました。

 

俺は部屋に入ると、カギもかけずに玄関に倒れこんで寝てしまいました。

 

(どれくらい経ったんだろう・・・喉が渇いた・・・)

 

意識が戻ってきましたが、朦朧としていて良く分かりません。

 

(もう朝なのか?)

 

いや、まだ身体にアルコールが残っています。

 

カーテンの隙間から西日が入り込んでいます。どうやら、まだ日が暮れる前みたいです。

 

(いや、そんな事はどうでもいい!体が重い!?)

 

朦朧として良く見えない上に、焦点が定まりません。必死に意識を集中させます。

 

(美月だ!美月が俺の上に乗っている!)

 

彼女がTシャツだけの格好で、俺の上で動いています。

 

「んっ、あっ、あんっ・・・」

 

小さな喘ぎ声を出しながら、ゆっくりとした動きで俺のチンポを出し入れしているんです。

 

まるで、じっくりとチンポを味わうような、いやらしい動きです。

 

俺はパニックに陥りました。

 

混乱している上に、かなり喉が渇いています。

 

頭痛もするし、その上吐き気もします。

 

正直セックスどころじゃない状況でした。

 

しかし、チンポは正直です。カチカチのギンギン状態でした。

 

そのうち、彼女の腰の動きが段々と激しくなってきました。

 

Tシャツ越しのおっぱいの揺れが、だんだん大きくなっています。

 

「あっ・・・いやっ・・・あっ・・・あん・・・だめっ・・・あんっ・・・あーーーん」

 

美月は後方に弓なりに反り返っています。

 

どうやらイッたみたいです。

 

マンコがキュッ、キュッっと締め付けてきます。

 

美月はイッた直後に俺に覆い被さってきて、小刻みに痙攣しています。

 

彼女のほのかな香水の匂いが俺の鼻をくすぐります。

 

(すげぇイイ匂い・・・堪らん)

 

俺のチンポが痛いくらい締め付けらています。

 

「スゴイよ謙一っ、こんなの久しぶり・・・」

 

そう言われて、なんか嬉しい・・・。

 

しかし、俺は無意識にチンポを勃起させているわけで、残念ながら何もしてないんですが・・・。

 

念願の女に中出しできた

 

俺は我に返って、美月に話かけました。

 

「美月・・・これはいったい・・・」

 

「うふふ・・・お目覚め?」

 

彼女はニコリと笑顔で俺を見つめました。

 

「この状況は何?・・・うわっ・・・あ、頭いてぇ・・・」

 

頭を起こそうとすると、頭痛が・・・。

 

「だってさ・・・謙一のおちんぽ・・・ビンビンになってて・・・生理前だったしムラムラしてたの」

 

「それで酔いつぶれた俺を?」

 

「そうね。ごちそうさまでした♪」

 

(それなら先に言ってくれれば・・・)

 

要するに美月は、セックスしたい日だった訳です。

 

「いや、正直嬉しいんだけどさ・・・」

 

俺はふと結合部を見ました。

 

「おい!な、生じゃん!」

 

「生理前だから大丈夫。それより謙一、病気持って無いわよね?」

 

「病気は無いけど・・・俺・・・もしかして中に出した?」

 

「いや、たぶん、謙一は1回もイってないよ」

 

「本当か?」

 

「だって全然萎えないもん」

 

「そういう理由か?」

 

でも、確かに俺はイって無いと思います。

 

締め付けられている感覚はありますが、泥酔していて、余りチンポの感覚が鈍いんです。

 

せっかく生セックスなのに・・・。

 

しかも中出しOKなのに・・・。

 

「私は3回もイっちゃった、こんなの初めてかも・・・」

 

そりゃそうだろう。

 

オモチャじゃない本物のチンポを使って、自分のいいようにオナニーをしたようなもんです。

 

「もう私は満足しちゃった。ありがとね謙一」

 

「ちょっ、ちょっと待て!俺はまだ満足して無いんだけど!」

 

「ふふっ、じゃあ私をもっと満足させてくれる?」

 

「当たり前だろ」

 

俺はそう言って彼女のTシャツを捲り上げると、程よい大きさの胸を揉み、乳首をゆっくりと舐め上げました。

 

頭痛に堪え、美月と体を入れ替えます。

 

そして彼女の両足を開いて身体を割り込ませると、ゆっくりと奥深くまでチンポをねじ込みます。

 

「あんっ!ゆっくり来て・・・ああん」

 

差し込む日差しが、美月の体を照らします。彼女の身体は、しっとりと汗ばんでいました。

 

「そんな見つめないで・・・恥ずかしい・・・だめぇ・・・」

 

その恥らう姿がめちゃくちゃ可愛くて興奮が高まります。

 

段々と意識が戻ってくると、チンポの感覚も戻ってきました。

 

それにあわせて快感も高まり、何度か腰を動かしただけですぐに射精感が訪れました。

 

「美月・・・ごめん、俺・・・もう」

 

我ながら情けない。

 

「いいよ・・・そのまま出して・・・大丈夫だから・・・」

 

面目ないですが、俺はアッという間に、彼女の温かいオマンコに包まれたまま果てました。

 

酔いつぶれて寝てた方が女を満足させられたわけです。

 

しかし、これが俺にとって初めての中出しでした。

 

これまでは、美月に対してやりたい気持ちはあっても、特に恋愛感情はありませんでした。

 

でもこの時、すごく彼女が愛しく感じました。