Pocket

学校のトイレでセックス
画像はイメージです

 

ふいに発した一言が思わぬ展開に

 

僕が高校2年生の時の話です。

 

僕の顔はいたって普通レベルで、成績もたいして良くなかったです。

 

学校では、普通にクラスで騒いでる奴らのうちの1人、程度のありふれた男子でした。

 

とある夏の日、英語の小テストで20点しか取れませんでした。

 

英語の先生は僕のクラスの担任で、放課後に30分くらいの自習を命じられてしまいました。

 

その時たまたま教室に残っていた麻里ちゃんを先生が呼び、僕の勉強をサポートしてくれるみたいな事になったんです。

 

麻里ちゃんは僕と同じ中学で仲も良く、高校では成績優秀者でした。

 

丸顔でどちらかというと童顔、肌はほんの少し焼けて若干小麦色、髪型は黒髪のショートカットで、わりと可愛らしい子でした。

 

担任の先生が職員室に行った後、僕達は勉強を開始する事にしました。

 

僕は椅子に座り机にノートを広げ、麻里ちゃんは教えるために僕の前に座りました。

 

「え~、何から教えればいいかな?」

 

(まさかテスト範囲丸ごとなんて、ずうずうしい事言えないよな)

 

「えっと」

 

応えようとした時、暑さのせいか麻里ちゃんの首が汗でちょっぴり濡れているのが見えました。

 

それだけでなく、汗でおでこと首に髪がくっ付いています。鎖骨もくっきり見えて、僕はつい見とれてしまいました。

 

「ねえ、聞いてるの?」

 

ハッと我に帰り、麻里ちゃんに返事をしました。

 

「え、あぁ、セックス。」

 

(……)

 

(…………あれ?)

 

(なにを言ってるんだ?)

 

一変して僕の頭は焦燥感で一杯になりました。

 

ジェットコースターにでも乗っている気分でした。

 

とんでもないことを口走ったおかげで麻里ちゃんの目も見れません。

 

ところが、

 

「え?何?したいの?」

 

麻里ちゃんがニヤニヤしながら僕を見てきます。

 

「いや、その、違うよ、つい・・・」

 

「まぁ、興味あるんだろうね(笑)」

 

(やばい!早く勉強して帰ろう・・・)

 

「ジョ、ジョーダンだよ、勉強教えてよ、ね?」

 

慌てふためく僕にクスッと笑いながら、なんと麻里ちゃんがシャツのボタンを2個外したんです。

 

「え?ちょっ…」

 

ブラジャーが見えています。

 

白にピンクの模様入りのブラジャーでした。

 

僕はいつの間にか勃起していました。

 

「お、おい!何やってんだよ」

 

「だって暑いし」

 

手で顔を仰ぎながら麻里ちゃんが言います。

 

懸命にフェラしてくれる麻里ちゃんに悲劇が・・・

 

(ど、どうしたらいいんだ?)

 

「ねぇ、したいんでしょ?」

 

「え?」

 

「フフン」

 

そう言って麻里ちゃんはニコリと微笑むと、机の下に潜り込み、僕の盛り上がった股間を眺め始めます。

 

さっきシャツのボタンを外したせいで、麻里ちゃんの胸の谷間がよく見えます。

 

(Cカップくらいかな?)

 

そんな事を考えたら余計に興奮し、麻里ちゃんの目の前でチンコがビクッと動いてしまいました。

 

「うわっ!動いた」

 

僕は緊張して何も喋れませんでした。

 

すると麻里ちゃんは僕のズボンのベルトに手をかけました。

 

あまりの展開に動揺し、されるがままでした。

 

麻里ちゃんはゆっくり僕のベルトを外します。

 

そして、ついに僕のチンコがピョンと飛び出ました。

 

「うわっ!」

 

既に我慢汁が出ていました。

 

麻里ちゃんは不思議そうに見つめ、先っぽを指で触ってネバネバを確かめ、

 

「やっぱり男子って自分でするの?」

 

と可愛い上目遣いで聞いてきました。

 

「ま、まあ、うん」

 

と返します。

 

明らかに平常心ではありません。

 

「フフッ」

 

麻里ちゃんは微笑むと、急に僕のチンコを舐め始めました。

 

先っぽをチロチロ舐めたり、竿をチュッチュッと舐めたり。

 

そして口を大きく開けて、麻里ちゃんは僕のチンコを優しく咥えました。

 

麻里ちゃんもフェラチオは初めてみたいで、頭を上下に動かしながらもぎこちない様子です。

 

AVとかで良く見る、ジュボジュボなんて音は出ていませんが、時々麻里ちゃんの「んっ」なんて声は聞こえてきて、それがまた興奮します。

 

そして麻里ちゃんが徐々にテンポをアップさせてきました。

 

その際、ガタッっという音が教室中に響きました。

 

麻里ちゃんが大きく頭を上下させたことで、机に頭をぶつけてしまったんです。

 

「いった~」

 

「だ、大丈夫?」

 

麻里ちゃんは頭を抑えてうずくまっています。

 

そこで僕はわずかばかり我に帰ることができました。

 

処女で出血しながら頑張ってくれた彼女

 

「もうすぐ30分経つし、もう帰ろうか?」

 

「う~ん、トイレ行こ」

 

「え?トイレ?」

 

「うん、トイレ」

 

そう言うと麻里ちゃんは先に小走りで教室を出ました。

 

僕も焦って追いかけます。

 

女子トイレに入った麻里ちゃんは奥の扉を開けます。

 

放課後ですが、念のため周りを確認してから後を追います。

 

麻里ちゃんが開けた扉に入ると、突然壁に押しつけられ、唇に覆いかぶさってきました。

 

と同時に、自分自信のコントロールが効かなくなりました。

 

今度は自分が麻里ちゃんを抱き寄せ、唇に熱いキスをしました。

 

僕の首に腕を回してきた麻里ちゃんをギュッと抱きしめました。

 

興奮しまくっている僕は、急いで麻里ちゃんのYシャツのボタンを外しにかかりました。

 

早くセックスしたくて、Yシャツはボタンを外しただけで、スカートは脱がさずにパンツだけを膝元まで下ろします。

 

もう我慢の限界でした。

 

僕は素早くズボンとパンツを下ろし、麻里ちゃんを抱き抱えるようにしてオマンコに挿入しました。

 

麻里ちゃんは感じているようにも見えましたが、同時に痛がっているようにも見えました。

 

その時、麻里ちゃんの太ももに血がついているのが見えました。

 

後で聞いたら、やっぱり処女でした。

 

その血を見て気になった僕は、動きをゆっくるにして優しく突き始めます。

 

ビチャビチャと卑猥な音を立てながら、自然とキスを交わします。

 

「痛くない?」

 

と麻里ちゃんに聞くと、

 

「ちょっと痛いけど、大丈夫」

 

しばらくして麻里ちゃんが短い悲鳴を上げてビクンと一瞬痙攣しました。

 

「はあ、イッちゃった・・・」

 

オマンコが一気に熱くなった気がします。

 

麻里ちゃんのオマンコの中はすごくネッチョリとしてて、締まりも良くて・・・。

 

このまま中出ししたかったけど、さすがにそれはまずいので、イッた麻里ちゃんを便器に座らせ、チンコを咥えてもらい、さっきよりも激しいフェラチオで僕は射精しました。

 

しかも麻里ちゃんの口の中に大量に射精してしまいました。

 

これまで何度もオナニーで射精はしていますが、こんなに気持ちのいい射精感は初めてです。

 

「うわっ!しょっぱい!味濃いね」

 

口から多少精液が溢れてしまいましたが、麻里ちゃんは指でそれをすくい舌先で舐めとりました。

 

「まずい?」

 

と聞くと

 

「そんなことない、美味しいよ」

 

と笑顔で言ってくれました。麻里ちゃんがとても愛おしくなりました。

 

その夜、英語の勉強が頭に入らず、再テストも赤点だったのは言うまでもありません。