Pocket

痴女軍団
画像はイメージです

 

酒の席で勃起してるのがバレた

 

昨年の秋ごろの話です。

 

俺は彼女と別れたばかりでひどく落ち込んでいました。

 

そんな俺を見て気に掛けてくれたのか、いつも何かにつけ俺を世話していただける先輩のOLが、家に友人を呼んで飲み会をやるから来ないかと誘われたんです。

 

その先輩は綺麗で親切で仕事のできる、社内でも好感度の高い先輩でした。

 

もちろん先輩の優しさが嬉しかったです。俺は誘われるまま飲み会に行く事にしました。

飲み会には先輩の友達という3人の女性が来ていました。

 

男友達も来ているんだろうと思っていた俺はちょっと戸惑いましたが、酒を飲みながら会話をしていく内にだんだんとに打ち解ける事ができていました。

 

初めのころは世間話や仕事の話が多かったんですが、酒が進むに連れて恋愛やHの話に変わっていきました。

 

その頃には女性陣も緊張感が解けたようで、4人の女性はスカートもめくれ、胸元もはだけてエロチックな雰囲気を漂わせていました。

 

女性がHな話をしていると、いくらなんでも入り込めず、俺は適当に笑顔で相槌を打ちながらも太ももや胸元を眺めて楽しんでいました。

 

すると1人が俺の目線に気づいて、

 

「ねぇ、さっきから何処見てんの?」

 

と言ってきたんです。突然だったのでびびりました。

 

びびった理由はまだあります。俺はビンビンに勃起していたので、それに気が付かれたかと思ったからです。

 

「い、いや、そんな事無いですよ!」

 

しかし次の瞬間別の女性が俺の股間に手を伸ばしてきました。

 

「やだー、この子。勃起してる~」

 

いきなりの事で言葉も発せず、ただ顔を赤くする俺を無視して、4人の女性陣はいきなりスイッチが入ったように豹変しました。

 

「脱がしちゃえー!」

 

と、あれよあれよという間に俺は素っ裸にされてしまいました。

 

気まずくて前を隠す俺の手を2人の女がどかして押さえつけます。

 

ビンビンに勃起したチンコが露わになり、女性陣に凝視されて俺は恥ずかしくて声が出ません。

 

「どうしよっかな~」

 

とニヤニヤしながら女たちは言います。

 

「な、何するんですか!」

 

もちろんそんな言葉は無視され。2人の女が俺のチンコをしゃぶり出したんです。

 

とんでもない痴女軍団だった

 

歯向かっても無駄と思い、俺は体の力を緩めました。

 

さらに1人は俺の乳首を舐め、1人はディープキスをしてきました。

 

4人で交代しながらそんな状態が続き、気女たちもいつのまにか全員スッポンポンになっていました。

 

交代で俺の顔に跨って、オマンコ擦り付けてきます。

 

「いっぱい舐めて」

 

とクンニを強要されます。その間も当然フェラチオ、さらにアナル舐め、と攻撃は止まりません。

 

しばらくすると1人が、

 

「私もう我慢できない」

 

とズブズブ騎乗位で挿入してきました。1人は顔に跨り、2人は両手の指でオマンコ弄らされています。

 

どの程度時間が経過したか見当がつかないくらい俺は翻弄されていました。

 

女達は交代で俺に跨り、激しく卑猥に腰をクネらせ、俺の反応を見ながら楽しんでいます。

 

そして俺が、

 

「あっ、イキます!」

 

と射精する度にチンコを口に咥え、ビクンビクンと俺が痙攣する様子を楽しんでいるみたいです。

 

チンコが萎えそうになると、

 

「まだまだ頑張ってもらうわよ」

 

とニヤニヤしながら、4人掛かりでアナル、乳首、キスと舐めまくられ、執拗に勃起させられました。

 

何回も射精して精液がほとんど出なくなっても手で扱き続け、口に含んでは

 

「精子おいしい。もっと出して」

 

と攻撃は繰り返されました。

 

結局朝まで俺はオモチャのように弄ばれました。

 

何回射精したか分かりませんが、チンコは赤く腫れ、しばらくヒリヒリと痛かったです。

彼女らはとんでもなく恐ろしい痴女軍団だったのです。

 

その日以来、何かと俺は先輩OL宅に呼ばれ、同じようにオモチャにされています。

 

最高では7人もの女を相手に犯される日もありました。

 

優しかった先輩はいつの間にか痴女と成り果て、会社の昼休みに俺を倉庫に連れ込んでセックスを強要したり、営業と会社に嘘を付いてホテルに行ってセックスしたり、という日々が続いています。

 

俺のこんな生活はいつまで続くのか分かりません。