Pocket

拘束 逆レイプ
画像はイメージです

 

目が覚めると見知らぬ女に縛られていた

 

深夜に目が覚めたら人の気配がして、目を開けてみると見知らぬ女が枕元に立ってんだよね。

 

いや、怖すぎる。

 

それで、よく見たら俺の足とか手をベッドに縛り付けられてて身動き取れないの。

 

「何だお前は!人ん家に勝手に上がりやがって!!」

 

って言ったらスッとナイフ出してきて

 

「抵抗したら刺すよ?」

 

とか言っってきた。

 

俺は恐ろしくなってあまり反発はしない事にしたけど、金を取る様子でもないし

 

(この女は何なんだ?)

 

と思ってたら、その女、いきなり俺のチンポ咥え出したんだよ。

 

女の顔は・・・まあ不細工じゃないが美人でもない普通って感じ。

 

「おい!お前何やってんだよ!」

 

って言ったらまたナイフ突きつけられて、

 

「もう一度言ってみな」

 

ってとんでもない冷静さを持って、無表情な顔で言われて正直ゾッとした。

 

こんな状況でも男の性か勃つもんは勃つわけで、それなりの硬さになってくると、その女が騎乗位で挿入してきたんだ。

 

で、当分入れたまま動かないんだ。

 

「おい!抜けよ!こlの変態女!」

 

って言ったら頬を思いっきりビンタされた。

 

「あんた自分の置かれてる状況分かってんの?マジ殺すよ。一切、口答えすんな。分かった?」

 

そう言う女の目はマジだった。

 

俺が恐怖で静かにしていると、上から覆い被さってきてディープキスをしてきやがった。

 

俺は最悪でも舌が入り込むのだけでも防御しようと口を瞑ってたら

 

「そんなに死にたいのかい、あんた。口を開けな」

 

と脅されて、結局仕方なく口を開けたら、俺の舌はもう吸われたり舐められたりべろべろされて、もう女のやりたい放題なんだよ。

 

で、徐々に女が腰を動かし出したんだ。

 

頭が少しずつボーっとしてきた俺は快感50%、まだ抵抗する意識50%ってぐらいの感じだったかな。

 

女はほどなく体を起こして腰をグリグリ回し始めたかと思うと、5分くらいしてイッたみたいで、俺の上に覆いかぶさってきたんだ。

 

俺はこれで終了と思ったんで、

 

「なあ、満足したんだろ?頼むから帰ってくれよ」

 

って言ったんだ。

 

そうしたらその女はニンマリして

 

「まだまだ、あたしが本当に満足するまで駄目。あんたはチンコおっ立てときゃいいの」

 

と言って、またキスしてきて、腰をグリグリ使い出した。

 

抵抗できない俺は中出しさせられた

 

俺は息が苦しくて無理やり口を離したんだが、女にキッと睨みつけられ、両手で顔を挟み込んでホールド状態にされてしまった。

 

この状態で、10分くらい激しく腰を使われて、俺はさすがに射精したくなった。

 

それに女は気付いたようで・・・。

 

「ふふ、イキそうなんだろ。ついでにあたしは今日、超危険日なんで。中出ししたら、あんたの赤ちゃんが出来ちゃうかもよ」

 

寒気がした俺は、

 

「頼む!ぬ、抜いてくれ!本当にもう出そうなんだ!早く抜いてくれ!」

 

俺がそう言うと女はニヤニヤして、俺にディープキスをしながら、なお一層グリングリン腰を使ってきた。

 

俺は必死に抵抗して口を離し、

 

「ヤバい!出る!お願いだ!抜いてくれ!!」

 

と言ったが、俺の体は拘束され、完全にホールドされてるし抜いてくれそうにない。

 

「どれだけ我慢できるかな?ほーら、もっと過激に動かしてやる。ほらほら!」

 

「おい!抜けって、なんでお前と赤ちゃん作らなきゃなんねぇんだ!」

 

「はいはい。こんなにチンコ勃起させといて何言ってんだかね。もうイキそうなんだろ?」

 

そう言うと、女は俺の限界が分かったかのように、俺の表情を確認しながら腰をどんどん激しく動かしてきた。

 

もう無理だ。俺はその女の中に、ドクドクと大量に射精してしまった。

 

女も一緒になってイッたようで、体がビクビク痙攣している。

 

「ふう。ちょっとしばらく黙ってて。喋ったら殺すからね」

 

女はそう言うと、俺に覆いかぶさり、しがみついたまま、しばらくハァハァ言いながらジッとしていた。

 

(余韻に浸っているのか?)

 

「こんなにたっぷり中出しちゃって・・・そんなに私と子作りしたかったの?」

 

気持ちの悪い女だ。お前が無理やり犯したくせして。

 

「誰がお前なんかと!!訴えてやるからな!」

 

俺がそう言うと、女はまたもナイフを俺の首筋にあて、

 

「私・と・赤・ちゃ・ん。作・り・た・か・っ・た・の・よ・ね・?」

 

と言った。

 

俺はその女の目がとても恐かった。

 

「答えろ!」

 

「あ、ああ、はい!」

 

「あらそう。じゃあ夜は長いことだし」

 

「は?頼むからもう帰ってくれよ!」

 

「ふふ。だってあんたが子作りしたいって言ったじゃない」

 

女はそう言うと、結局のところ夜が明けるまで俺を解放してくれなかったんだ。

 

中出しは合計4回。

 

その後、妊娠したことをネタに結婚を迫られ、今では俺の妻になっている。

 

このことを何もしらない子供を見て、今でも複雑な心境になる・・・。