Pocket

熟女 逆レイプ
画像はイメージです

 

射精の瞬間をおばさんに見られた

 

僕は地元の高校を卒業した後、東京の大学に進学して一人暮らしをするために上京しました。

 

そして六畳一間と台所のある古いアパートの二階で生活することになりました。

 

大学の講義は面白くなくて難しいし、友達も全然できなかったので、暇なときは部屋にいることが多くなりました。

 

部屋の中ではたいしてすることもないので、毎日せんずりをしていました。

 

僕は身長177cmでウエストはなんと69cm、体重は56kgの体形です。

 

高校の頃は体操部に入っていたのですが、当時から折れそうなくらい細い体でした。

 

しかし、華奢に見られる僕は精力だけは人並み以上に強いみたいで、毎日チンポばかりいじくっていました。

 

そのおかげか、チンポは17cmの長さに成長し、亀頭もズルむけでカリ首も段差が大きいです。

 

素っ裸でチンポを勃起させると、細い腰から隆々と太いチンポが生えています。

 

ある夏の日、部屋には冷房も扇風機もなく、窓を全開にして、いつものように全裸でせんずりをしていました。

 

そしてチンポから精液が出そうになったとき、テッシュが空になっていることに気付いたんです。

 

射精感は止められないので慌てて窓までいき、全裸でチンポを突き出して窓の外に射精しようとしたんです。

 

するとその時、運悪く向かいのアパートの部屋の窓がガラガラっと開いたんです。アパート同士の距離は1.5メートルくらいしか離れていません。

 

その目の前のアパートの窓ガラスが開き、おばさんが顔を出しました。

 

(やばいっ!でも止められない!)

 

ドピュッ!ドピュッ!ドクン

 

僕は包み隠さず、窓から飛び出したチンポから濃いザーメンを発射してしまいました。

 

突然のことにおばさんは驚愕したようですが、目の前のチンポをじっと見つめています。

 

ザーメンは、おばさんが開けた窓の手すりにまで飛びました。

 

そして、サビた鉄の手すりまで飛んだ僕のザーメンは、ドロリと下に滴り落ちました。

 

射精後、僕はとてつもなく気まずくなり、窓を閉めて部屋の中に閉じこもってしまいました。

 

僕のデカチンにおばさんは夢中

 

しかしながら、少し経って部屋のドアがノックされたので、パンツ一丁の格好で玄関を開けました。

 

そうすると、なんとさっきの向かいのアパートのおばさんが訪ねてきたのです。

 

もちろん隣なのでお互い顔見知りで、挨拶くらいは交わしていましたが、アパートに訪ねて来たのは初めてでした。

 

そのおばさんは四十代半ばで、わりとぽっちゃりした体型ですが明るく気さくなタイプです。

 

おばさんは、

 

「あんた凄いわねえ、あんだけ飛ばして。まだ若いからよっぽど溜まってるんじゃない?」

 

「私でよかったら処理してあげるわよ」

 

と言って勝手に部屋に上がり込んできました。

 

そしておばさんはすばやく僕のパンツをズリ下ろしました。

 

まだ射精したばかりのチンポは半立ち状態で、尿道には精液の残り汁が滲んでいました。

 

「まあ、さっきちょっとだけ見たけど、やっぱりいいおちんちんしてるわねえ」

 

「こんなデッカいおちんちん、おばさん見たことないから、一度味わってみたいわ~」

 

と言ってきます。

 

僕はチンポから精液を発射するところまで見られてしまったので、もうおばさんの言いなりです。

 

おばさんは嬉しそうにチンポにシャブリ付いてきました。

 

「んぐっ、んぐぅ」

 

亀頭をジュルジュルしゃぶった後、チュパ、チュパとサオを横から舐めます。初めてのフェラチオにチンポはすぐにピクンと勃起しました。

 

するとその次は金玉を揉み揉みしてきます。

 

「ああ~、やっぱりおっきなおちんちんだわ」

 

「ステキ、こんなデカチンポは初めて」

 

とおばさんは、嬉しそうにチンポに頬ずりしながら言います。

 

そして我慢できないとばかりに、スカートもパンティも脱ぎ、自分からオマンコにズブズブ入れてきました。

 

「すごい!硬い!もうこのおちんちんは私のモノよ!」

 

と言いながら自分で腰を振りまくって逝っていました。

 

それからなんと、翌日からそのおばさんは毎日ウチに上がりこむようになったんです。

 

御主人や子供を送り出したのち、毎朝十時ごろには僕の部屋に来ます。

 

さすがに休みの土日は来ませんが、平日は毎日ノーパンノーブラでやってきます。

 

部屋に上がり込むとすぐにおばさんは巨乳を揺らしながら全裸になります。そして、

 

「あんたも早く素っ裸になりなさい。どうせおちんちん勃起してるんでしょう?」

 

と言って、脱いだ途端チンポを握ってきます。

 

「ああ、こんな若いデカチンポを自由に楽しめるなんて嬉しいわ~」

 

と、うっとりして夢中になって舐め回します。

 

今までせんずりしか知らなかった僕にとって、おばさんのチンポ責めテクニックは激しくて射精を止められません。

 

それ以降は繰り返しておばさんのオマンコを舐めさせられます。

 

マンコの穴に舌を入れ込み、おばさんがイクまでベロベロ舐め廻さなければいけません。

 

そしてさらに僕のデカチンでオマンコを掻き回わさせて何度でも果てます。

 

こうして、お昼過ぎの15時くらいまで、僕はずっと丸裸でチンポを勃起させ続けているんです。

 

童貞だった僕は、おばさんにオマンコの舐め方やセックスの腰使いを徹底的に教え込まれました。

 

毛も剃られて全裸チンポ奴隷に・・・

 

そんな毎日を送りながら、2ヶ月位経ったある日、おばさんは僕のアパートに他の女性を二人連れてきました。

 

一人は四十代前半の細身の奥さんで、もう一人は五十路のぽっちゃりしたおばさんです。

 

細身の奥さんはバツイチで、中学生の息子と二人暮らしだそうです。

 

五十路のおばさんは、現在旦那さんが地方に単身赴任らしいんです。

 

「私のお友だちなの。夜の営みはご無沙汰なので、アンタのことを話したら仲間になりたいって言うので連れて来ちゃった」

 

と向かいのアパートのおばさんが言います。

 

それからはおばさん連中三人によるチンポ奴隷となる日々を送る事になります。

 

おばさん達は争うように僕を丸裸にすると、

 

「まあ、ホントに凄いチンポねぇ。」

 

「うわ~、なんて硬くて大きなおちんちんなの。ピンコ勃ちじゃない。こんなおちんちんで楽しみたかったわ。」

 

とおばさん達は素っ裸にした僕のデカチンやキンタマ、尻などを責めまくります。

 

僕は素っ裸で四つんばいにされ、亀頭を舐められ、サオを擦られ、キンタマをモミモミされます。

 

自分だけが裸にされてオモチャのように弄ばれています。耐えられるはずもなく、

 

「うああ~、ダ、ダメです。出ちゃいます~!」

 

僕はたまらずに叫びます。おばさん達は、

 

「いいのよ、出しても。ピュッピュ精子出しちゃいな。射精するとこ見たいの!」

 

と言ってきます。

 

僕はあまりの快感に腰を突き上げながら、ビクンビクンとザーメンを飛ばせました。

 

「イクーーーっ!」

 

一人のおばさんが、僕のケツを鷲掴みにして細い腰を引き寄せ、精液でヌメったチンポをいやらしく舐めます。

 

ザーメンが出た後も17cmのデカチンは勃起状態を保っています。

 

それを見ていたおばさん達は、みな一斉に裸になります。

 

目はギラギラと獲物を狙っているようにデカチンを凝視します。発情してもう我を忘れているみたいです。

 

争うようにデカチンを求めてきます。最初は五十路のおばさんです。

 

「ああ、久しぶりのおちんちんはいいわぁ。もう生理は上がってるから中出ししてもイイのよ!」

 

そのおばさんはツルツルのオマンコを剥き出しにして喘ぎながらイキました。

 

次は四十代の細身の奥さんです。

 

「ああ、いいおちんちんだわぁ。別れた旦那は祖チンだったのよ。」

 

「いい男の子紹介してもらったわ。私チョットSっ気あるけど、腰振りまくってやるわ。いいわね。」

 

「ホラ!チンポグイグイ突き上げなさい!」

 

と腰を振り乱しながら絶頂を迎えました。

 

最後に隣のアパートのおばさんが乗っかってきます。

 

「いいでしょうこのデカチンポ。私が見つけたのよ。」

 

「本当は独り占めしたかったんだけど、若いしいくらでも勃起するからね。」

 

と言いながらも、オマンコにズボズボ嵌めまくります。しかも自分でクリまで弄り、ついに絶頂に達します。

 

セックスが一巡した後も、おばさん達はチンポを離してくれません。交代で誰かが必ずチンポを擦ったり金玉を揉んだりしています。

 

チンポを萎えさせないためです。

 

男が女を自分の思い通りにして遊んでみたいと思うように、おばさんたちも同じみたいです。

 

まだ十代の若い男の強い精力で、チンポを思い通りに出来るんです。

 

「あんた、これから部屋にいる時は常に全裸になっていなさい」

 

「それからおちんちんシャブリやすくするために、毛を剃り上げるわね」

 

そう言うとおばさん達は石鹸を陰毛で泡立て、ツルツルに剃ってしまいました。

 

「まあ、毛のないおちんちんはとってもいやらしいわね。うふふ、金玉の毛もお尻の毛もみんな剃るのよ。」

 

おばさんはそう言って全裸の僕を仰向けにしたり、四つんばいにしたりして毛を剃りました。

僕はもうおばさん達の言いなり下がった“全裸チンポ人形”にされたのです。

 

チンポ奴隷の毎日で大学どころではなくなった

 

三人のおばさん達は毎日僕の住むアパートに来るようになりました。

 

僕はおばさん達を、全裸のまま仰向けになって、チンポを振り振りお迎えします。

 

犬がシッポを振ってご主人様を迎えるのと同じようにです。

 

「まあ今日もおちんちんが勃起してるわね、さすがねこのチンポ人形は。」

 

「まったくエロイわねぇ、このデカチンポ。もうガマン汁を垂れ流してるわよ。」

 

「どれどれ、おちんちんはツルツルでいやらしいわねぇ。尻穴まで拡げて見せなさい。」

 

おばさん達はみんなノーブラ、ノーパンなので、玄関先で素早く真っ裸になります。

 

そしてケダモノのように僕のデカチンに襲いかかってきます。

 

オマンコを舐めさせられ、巨乳でチンポを挟まれ、ケツの穴も犯されるようになりました。

 

全裸で大きく股を拡げられ、チンポから何度も精液を飛ばします。

 

「もう最高のチンポ人形ね。若い男をひんむいておチンポ遊びするのはたまらないわ!」

 

次第に、僕はおばさん達の前で恥ずかしいという感情などなくなっていました。

 

おしっこを出したり、ウンコをするところまでも見せるようになっってしまっていました。

 

チングリ返しの状態のまま自分の顔めがけて精液を発射したり、逆立ちしてオシッコしたりもしました。

 

細い体をブリッジしてチンポを突き出し、せんずりしたりもしました。

 

ともかく丸裸でチンポを勃て、様々な格好をして写真まで撮られました。

 

僕の精力が持続するように、おばさんたちが購入してきた精力剤を、通常の5倍ほど毎日飲まされています。

 

僕の金玉にはどんどん精子が作られ、チンポから常に射精を促されているようです。

 

朝起きると、おばさんたちが来るのを待ちわびて、チンポがウズウズしています。

 

こうして僕の“全裸チンポ人形”としての大学生活は、卒業するまで続きました。

 

しかし、ほとんど学校にも行かず、毎日チンポから何度も精液を飛び散らかすセックス三昧だったので、当然のように留年してしまいました。