Pocket

中学生 逆レイプ
画像はイメージです

 

部室に男子を引っ張ってきて無理やり脱がせ・・・

 

私が中学に入学して間もないころでした。と言ったとしても、もうずいぶん前のことですが・・・

 

小学生の時に仲良しだった年上の女の子が、一足先に中学でヤンキーになっていました。

 

家は近所だったので、ヤンキーといっても私たちはよく顔を会わせていて、とりわけ彼女が怖いとも思いませんでした。

 

入学して一ヶ月もしないうちに、その女子不良集団の溜まり場(テニス部の部室)に誘われるようになり、私は時々行っていました。

 

そして事件はとある土曜の午後に起きました。部室に行ってみると、

 

「今日は男のチンコ見せてやるから期待して待ってな」

 

と言われ、私はなんかヤバい気配を感じました。

 

(Hな本でも持ってくるのかな)

 

って思って、昼から部室で、何人かとお菓子や飲み物で雑談をしていました。

 

4時頃になって運動部の部活がだいたい終わり始め、そろそろ私も帰ろうとした時、

 

「もうちょっと待ってな。」

 

と言われ、しばらく経過するとテニス部の2、3年生らしき女子が数人、体操着のまま1人の男子の腕を引っ張って、強引に部室に引きずり込みました。

 

私は、

 

(エッ?)

 

となり、

 

(まさか本当にやるの?)

 

とあっけにとられていましたが、テニス部の女子たちが、

 

「今日はこの男が私たちのスカートの中ずっと覗いてた!」

 

と言ってヤンキー女子たちの前に突き放ちました。男子は、

 

「ふざけるなっ!」

 

と言い放ってその場から逃げようとしましたが、すぐに数人の女子に取り押さえられて徒労に終わります。

 

ヤンキーの上級生が

 

「チンコ勃ってるか調べてやる」

 

とか言って、その仲間たちが5,6人で男子をマットに押し倒します。

 

短パンを脱がし、男子は暴れて抵抗しましたが、5,6人のヤンキー女子に押さえつけられては抵抗しきれません。パンツもあっさり脱がされました。

 

毛の生えたグロテスクなおちんちんが、ハッキリと私の目に飛び込んできました。

 

「勃起してねぇな!おまえ女子のブルマ覗いてたんだろ?」

 

と友達の女子が言うと、

 

「この男、部活の時は女子側のテニスコートチラチラ見てるし、今日は女子同士でスカートめくって遊んでた時もジッと見てたから、そん時勃ってたはずだよ。」

 

とか他の女子部員の子が言うし、男子は顔を真っ赤にして、目は恐怖のためか涙ぐんでいました。

 

「よし、じゃあ、始めようか」

 

と不良の先輩が言ったら、男子を押さえつけたまま1人のヤンキー女子が、男子のおちんちんを掴み上下に動かしていました。

 

実践でコンドームを使って性教育

 

私はまだ性に対する知識がほとんどなく、ただ

 

(先輩の男子はとても恥ずかしいことをされている)

 

という認識で見ていました。私の友達の先輩は、

 

「こうやってチンコを上下に擦ることを“シゴく”って言うんだ。こうやると男は口では嫌がっていても、体は気持ちよくなるんだよ。」

 

と教えてくれたのです。

 

「もうすぐ分かるから、じっと見てなよ」

 

と友達先輩が含み笑いしながら言うので、私も息を飲んでじっと見ていると、おちんちんがムクムク大きくなっていくところが、ハッキリと確認できました。

 

「止めて下さい、お願いします!」

 

と先輩男子は泣きながら敬語で懇願していましたが、ヤンキー女子たちは止めようとしません。

 

女子の一人が

 

「もっと近くでチンコを見てやる」

 

といって、後ろ向きに先輩男子のお腹の上に座り込み、そのままの体勢で男子の顔の近くにお尻を持って行き、

 

「ほら、お前の大好きな女子のブルマだよ、近く見れて興奮するだろ?」

 

と言いながら、顔はシゴかれているおちんちんをじっくりと見ていました。

 

「チンコから透明のガマン汁が出てくるよ。」

 

と先輩が言うと、男子がいっそう抵抗を始めたので、上に乗っかっている先輩女子が、

 

「うるさい!」

 

と言い放ち、ブルマ姿のまま四つんばいで先輩男子の顔を太ももで挟み込み、男子は頬がぷっくり膨れて何を言っているのか分からず、みんなアハハハと笑っていました。

 

「じゃあ、最後の仕上げをするから見てな。」

 

と友達の先輩女子が言うと、何かギザギザのついた銀紙の正方形のものを取り出しました。縁をちぎって丸いゴムみたいなものを出して、

 

「コンドームって、知ってる?」

 

と私に聞いてきたので首を横に振ると、

 

「使い方も教えてやるから。」

 

と言って、大きくそそり勃った男子のおちんちんに先ほどのゴムをかぶせていきました。

 

先輩は自分のセーラー服のスカートを自分でめくり上げて、ブルマとパンツを脱ぎだしました。私は、

 

(???)

 

でしたが、

 

「アンタのお父さんやお母さんも同じ事ヤッてるんだから、しっかり見ときな。」

 

といい、毛がうっすらと生えたオマンコに、先輩男子のおちんちんを入れていきました。

 

オナニーを教わっている間に男子は何度も犯されていました

 

「イラつく男子は、こうやってとっちめてやるんだよ。オイ、あたしより先にイキやがったら、何回でも搾り取ってやるからな!」

 

と男子に言って、勢いよく腰を上下に動かしていました。

 

私はもうビックリして何も言えず、圧倒されて呆然と見ているだけでした。

 

かなりの衝撃でしたが、腰を振りながら、

 

「アンッ、アンッ」

 

と先輩が気持ちよさそうにしているのを見て、なんだかうらやましい気もしました。

 

「あっ!イクッ!」

 

と言って、先輩が体をプルプルと痙攣させているのが分かりました。

 

先輩男子は声に出してワァワァ泣いているのを横目に笑いながら、ヤンキー女子たちはそのまま部室を出後にしていきました。

 

「アンタも帰る? この男はコイツら(テニス部の女子たち)に任せるけど」

 

と友達先輩が言うと同時に、テニス部の女子たちはもう抵抗しなくなった先輩男子に、新しいコンドームをつけようとしていました。

 

興味津々の私の心中を察してか、

 

「じゃあ、アタシたちはこれで帰るから、もっと性教育を学んできな」

 

と言って別れました。

 

テニス部の先輩女子に、私も男子を押さえつけるように言われたりもしたんですが、私がバージン(処女)であることを言うと、

 

「まだセックスはしないほうがいい」

 

言われました。

 

リーダー格の女子がさっきの先輩のようにブルマとパンツを脱ぎ、同じように上に跨っておちんちんをオマンコに入れ、

 

「アンッ、アンッ」

 

と言っていました。

 

私はこの日初めてセックスを見ましたが、他の部員の子が私がセックスしない代わりに、私にオナニーのやり方を教えてくれました。

 

私のスカートを捲り上げると、ブルマ越しにオマンコをなぞるようにやさしく触り始め、勢いをつけてコスったりと、なんだか変な気持ちになっていきました。

 

前々からオマンコがムズムズすることもあったのですが、女子は

 

(みんな同じように感じていたんだな)

 

って思い安心しました。やがて私もブルマとパンツを取られ、

 

「ここのクリトリスって部分に、溢れてきた液をつけて、指でコスるんだよ。」

 

・・・・・・その瞬間、なんだか体から何かが抜けていくような気持ちになって、

 

「もうダメッ!」

 

・・そしてこれがイクという感覚なんだと生まれて初めて知りました。

 

あまりの気持ちよさにこの感覚をもっと味わいたくなっていると、他の女子がセックスしているにも関わらず、男子の顔に跨るように言われ、犯されている先輩男子に

 

「アンタが舐めてイカセてやれ」

 

と命令してくれたんです。

 

先輩男子は女子に犯されたり、手コキで発射させられたり、コンドームも4~5回ぐらい交換されていて、私も何度も舐めさせてイク感覚を味わい、結局日が落ちるまで部室にいました。

 

この時のことを先輩の不良友達に話すと、私はその先輩のグループに入れてもらえることになりました。

 

それ以降も男子を連れてくるのは上級生たちがほとんどでしたが、私や同級生の女子たちは、気に入らない女子や学級委員などのマジメな女子を連れ込んで、みんなの前で裸にし、泣き叫ぶ彼女らを無理やりイカセたりして遊んでいました。

 

ついでに申しますと、女子たちには口止めとして、解放するときは彼女たちのブルマを脱がして取り上げていました。

 

ブルマを奪われたなんて、親にも先生にも恥ずかしくて言うことができないはずですからね。