Pocket

ペニバンアナル責め
画像はイメージです

 

ケバい事務員に精子発射したらキレられた

 

私は富山の支店に支店長として転勤しました。

 

社員は営業マンが4名と派遣の女の子の総勢5名です。

 

唯一の女性である事務員は、まだ高校を卒業したばかりだといいますが、とてもケバイ感じがしています。

 

仕事の格好も制服がないとはいえ、茶髪でミニスカート、タンクトップのTシャツ、しかもタイトなので胸が強調され、オッパイの谷間も見えています。

 

私の赴任早々に歓迎会を開いてくれましたが、宴会は想像以上に下品です。

 

営業の男性社員はみんな地元で年齢もバラバラですが、全員酒好きです。その社員たちが派遣の女の子を取り囲んで、下ネタで盛り上がります。

 

「ねぇ、○○ちゃん、セックス好き~?今まで何人の男とヤッタの?」

 

「ねぇ、どんなチンポが好き?」

 

て、完全にセクハラだろってぐらいのエロイ質問攻めをしています。

 

しかし派遣の事務員も、

 

「いや~、ウチもセックス大好きなんですよね」

 

「この前、元カレのデカチンで5回もイカされたわよ~」

 

などと平気で応じています。

 

彼女も酒に強く、ミニスカートの太ももから黒いパンティーがチラチラ見えているんですが、全然気にしない様子です。

 

この子は“ヤリマン”だと確信しましたね。

 

ところで、支店長の私の仕事は、当然ながら営業マンが如何にしてノルマを達成させるかに掛かっています。

 

朝9時に朝礼で指示を出すと、営業マンは午前中から外廻りに出掛けます。

 

営業マンがその日のノルマを達成しないと、会社に戻ってきにくい空気を作ります。

 

営業マンが外出すると急にヒマになります。派遣の事務女の子ものんびりです。

 

私は彼女がヤリマンか確かめてみたくなり、肩を揉んであげる振りをしながら、スッと胸の谷間に手を入れてみました。

 

最初は嫌がっていましたが、そんなに抵抗する様子でもありません。

 

続いては彼女の背中に勃起した硬いチンポを押し付けました。

 

すると彼女は興奮したみたいで、

 

「支店長、チンポ硬くなってるねぇ、シゴイてあげよっか?」

 

と言って来ました。興奮した私は、

 

「○○ちゃん、チンポ好きそうだね。ちょっと舐めてくれないかな?」

 

と言ってみました。

 

彼女は私のチンポをズボンから取り出し、ペロペロシャブッていましたが、慣れたもので竿も金玉も上手に責めてきます。

 

私はたまらずに、

 

「ああっ!出るう~!」

 

と言って、我慢できずに射精してしまいました。

 

勢いよく射精したので、精液を彼女の茶髪にまで飛ばしてしまっていました。

 

すると彼女は一変して人が変わったようにキレました。

 

彼女のチンポ奴隷にさせられアナルまで犯されます

 

「てめ~、何してんだよ!きたねぇじゃねえか。どういうつもりだ!」

 

「ふざけやがって!てめ~がその気ならこれから毎日犯してやるよ。その変わり、給料上げろよ。」

 

「給料上げなかったら、セクハラで訴えてやるからな!分かったらとっとと、裸になりな。」

 

と言って私のスーツやネクタイを荒々しくむしり取り、私を素っ裸にしました。

 

そして私は机の上に仰向けにさせられ、女の子は射精したばかりのチンポに喰らいついて吸い上げてきます。

 

私の股を両手で開き、ウラスジからアナルまでベロベロ舐めあげます。

 

再び勃起すると女の子もパンツを脱ぎ、マンコにチンポを差し込みました。

 

激しくグリグリ腰を振りながら、

 

「てめぇ、なかなかイイチンポしてるじゃねえぇか」

 

と結構喜んでいます。思った通り彼女は元ヤンキーで、高校時代は相当ヤリマンだったらしいです。

 

翌日から私は、事務員の女の子の全裸チンポ奴隷にされてしまいました。

 

富山営業所は郊外の7階建てビルの最上階にありました。

 

一階入り口でインターホンを鳴らし、エレベーターで直接事務所に上がってくる仕組みになっています。

 

たとえ仕事中に全裸でいても、来客があればすぐに分かって対応できるのです。

 

朝礼が終わって部下たちが外回りに出かけると、私はジムの女の子に全裸にされ、マンコに奉仕する日々となりました。

 

パソコンを触っている彼女の机の下に潜り込み、股を広げてもらいマンコを舐め回します。

 

また私が素っ裸のまま電話で商談しているときでも、彼女はチンポを握ってシコシコします。

 

そうなると彼女のマンコはもうグショグショに濡れています。

 

日によっては私のチンポは何度も勃起させられ、彼女のマンコで犯されます。

 

そして、最後には机の上に全裸で仰向けのまま足を持ち上げ、アナルを犯されます。

 

彼女はペニバンを付け、

 

「さあ、てめぇのケツを犯してやるぜ!」

 

と言い、男みたいにいやらしく腰を動かしてきます。

 

さらにケツの穴をズコズコ突きながら、チンポにも手を回し、激しく扱いてきます。

 

私は我慢できずに、机の上にザーメンを飛ばしまくってしまうのでした。

 

そんな日々が続いたおかげで、富山では仕事の業績がまったく上がりませんでした。

 

しかし、チンポとアナルの両方を犯される毎日で、とても充実したセックスライフを送っています。